11月も半ばを過ぎると 地球温暖化による異常気象だと騒がれた夏の暑さがまるで嘘だったかのように急に冷え込み、体調が追いつかなくなってしまいます。

12月に入り街がクリスマスカラーで溢れ出す頃には寒さも本番、いよいよ暖房器具の出番です。

寒くて辛い冬を乗り切るための暖房機器は必須ですが、電気代や燃料代のランニングコストに頭を抱えるでしょう。

そこで今回は数ある製品の中、少しでもランニングコストを抑えるためのコストパフォーマンスの良い暖房器具選びをご案内いたします。

コスパのいい暖房の選び方

自宅でのライフスタイルや部屋の広さなど、それぞれのご家庭によって適した暖房機器は違います。

購入した暖房器具では全く暖まらない、買ったはいいが光熱費が跳ね上がってしまい 恐ろしくて暖房をつけられない、なんていう事は避けたいものです。

暖房器具には製品によって長所と短所があります。それぞれの特性を生かして 快適に過ごせる工夫をしましょう。

そこでまずはご自分の生活環境や、どの部屋で使用したいのかを今一度考えてみる必要があります。

暖房の方式が部屋全体か部分的か

暖房器具を選ぶにあたり まず知っておきたいポイントが「暖房方式」です。暖房方式には2種類あります。

対流式
空気自体を暖めて循環させる方式です。
輻射式
面から発せられた赤外線が当たる部分を暖めます。

この方式を知る事で 暖房器具の選ぶべき方向性が見えてきます。

暖房は部屋のサイズに合わせて選ぶ

複数人がいる部屋全体を暖めたいのか、自分一人だけを暖めたいのかなどでも使用に適した暖房器具は変わってきます。

例えばハロゲンストーブを使用しても部屋全体を暖めるには不向きですが、自分一人がいる場所を暖めるには適しています。
ハロゲンヒーターは広い部屋全体を暖めるには適していないという事です。

広範囲を暖める暖房器具と、局所的に暖める暖房器具とを部屋の大きさやシーン別で分けて使用することが理想的と言えるでしょう。

また、家の素材によっても適した暖房器具は異なります。

鉄筋コンクリート住宅は木造住宅と比べて圧倒的に高気密になります。そこで注意すべき点はストーブの使用です。

燃焼ガスをそのまま室内に送り込むタイプのストーブは酸素欠乏の要因とななり得ますので鉄筋コンクリート住宅での使用は避けましょう。

一方で木造住宅は、気密性に関しては鉄筋コンクリートと比較するとどうしても劣りますが、灯油やガスなどの燃料を燃やして暖めるタイプの暖房は適しています。

そのためエアコンで暖めるのは時間がかかってしまい、全く暖かくならないことさえあります。

オイルヒーターのように電気を直接熱に換える暖房器具でも暖まり空気も汚しませんが、ほんわかとした暖かさになります。

しかし2月の身を切るような寒さには頼りなく感じるかもしれませんし、オイルヒーターは電気代がとても高いためコスパがいいとはとても言えないでしょう。

トイレの暖房の必要性とおすすめの暖房器具の解説
暖房器具のおすすめ ストーブとヒーターの違いとはなにか
コスパのいい暖房の選び方と暖房比較 それぞれの場面のおすすめの品
電気こたつってどんな種類があるの?それぞれの解説とおすすめモデル
ヒーターのおすすめはなに?一人暮らし・赤ちゃんなどタイプ別のおすすめ
冬に向けてヒーター選びの仕方と種類とそれぞれの特徴とおすすめ

エネルギー別コスパのいい暖房比較

効率が一番いいのはどの暖房なのでしょう。これは誰しも一番気になるところではないでしょうか。

結論から言うと暖房効率を考えた場合、エアコン>石油ストーブ>ガスストーブ>電気ストーブの順です。

遠赤外線ヒーターのおすすめとはメーカーごとの製品解説
石油ファンヒーターのおすすめとおすすめなメーカーの特徴を解説

コスパのいい暖房器具のおすすめ

先にも述べたように それぞれの家庭での生活スタイル、使用する部屋の広さによって適した暖房は変わってきます。

ここでは石油ストーブ・エアコン・ガスファンヒーターの特徴をご説明いたしますので、ご自分に最適な製品を購入する際の参考にして下さい。

石油ストーブは停電時も使える

地震が多い我が国日本では、停電もつきものです。その際に便利なのが灯油を使う石油ストーブです。あらかじめ石油ストーブ本体と灯油を常備しておくことで 防災用品としても人気です。

特に寒冷地での災害には欠かすことのできない必需品です。ストーブの上にやかんを載せて使用することで、お湯を沸かせたり加湿器がわりにもなる 昔ながらの優れものです。

ただ、小さなお子さんやペットがいるご家庭では十分に注意してご使用下さい。また、石油ストーブは対流型と反射型があります。

対流型は部屋の空気の流れにのせて熱を運んで自然な流れで暖めるので、比較的広い部屋におすすめです。

反射型はストーブ内に取り付けた反射板によって、前方部を暖める仕組みのため、壁際に置くことになります。そのため狭い部屋に適しています。

コロナ(CORONA) ポータブル石油ストーブ RX-2918WY
凹凸が付いているスピード消火ボタン部分は押し間違いの心配がありません。

エアコンは熱効率が最もよい

熱効率が最も良いとされるのはエアコンです。

その理由はエアコンにはヒートポンプ技術が用いられているため、1kWhで860kcal以上の熱量を生み出すことが可能だからです。

エアコンのヒートポンプ技術は 空気を圧縮することで熱を作り出します。

圧縮された空気は熱を持ちます。この特性を利用することで エアコンは効率よく部屋全体を暖めることができるのです。

エアコン暖房でさらに効率的に部屋を暖める方法として、エアコンの風量を上げる裏技を利用しましょう。

「風量を上げると電気代は上がるのでは?!」と心配になると思いますが、大丈夫です。風量を上げるために使用される電力量はごくわずかです。

エアコンで暖房をつける時には まず風量を上げて部屋全体を速く暖め、ある程度温まったところで風機能だけを止めましょう。

ただ、エアコンの暖房機能は 冷房と比べると電気代がかかります。それは冬の方が家の内と外の気温差が激しいため、暖める際に相当な電力を必要とするからです。

けれど最近は省エネに優れた製品がたくさんリリースされています。上位モデルは特に優れた省エネ機能がついていますので、購入価格は高くてもコスパ的にはとてもお得です。

ダイキン「うるさら7」Rシリーズ
圧倒的な快適性と省エネ性が魅力。 エアコンの気流をうまく制御できるのは空調メーカーならではです。

エアコンの省エネってどうすればいい?省エネ方法とおすすめメーカー
エアコンメーカーの比較とそれぞれの特徴 主力のモデルを解説編集
エアコンってどこのメーカーがいい?おすすめ6社の解説
エアコンの機能での選び方と使用する部屋ごとでの選び方を解説
タワーファンってなに?概要と冷暖房できるおすすめの紹介

ガスファンヒーターは速暖性が高い

速暖性ではガスファンヒーターが一番でしょう。ガス管を繋ぐだけで給油の必要がないので、寒い朝に灯油を切らして焦ってしまうということもありません。

燃料タンクを持たないので軽くて持ち運びも楽です。また、ガスファンヒーターはほとんどの機種にエコ機能が搭載されており、設定温度を自動変更してくれます。

このスマート機能により ガス代は20パーセント近くも節約が可能です。

タイマー機能付きなら、帰宅した時既に暖められた部屋が出迎えてくれるなどという使い方も可能です。

ノーリツ GFH-4005S
35号の中型ガスファンヒーターで、木造建築なら11畳まで、コンクリート建築なら15畳までの部屋にぴったりです。

コスパのいい暖房の選び方のまとめ

  • 暖房効率はエアコンがいちばんです。
  • 防災用にもなる石油ストーブは 木造住宅にもおすすめです。
  • 早く暖めたい時には ガスファンヒーターが速暖性がありおすすめです。
  • 真冬の寒い日にはガスファンヒーターで素早く暖めることができます。暖まったところでエアコンに切り替える、木造住宅ではストーブを使用するなど複数の暖房器具をうまく使い回す事でランニングコストの節約に繋がります。