冬が近づいてくるにつれて、また寒い季節がやってくると気が重くなってしまいます。

寒くなる前の準備として、暖房の備えは欠かせません。エアコン・ストーブがあれば部屋は暖められますが、両方ない場合はヒーターは必需品です。

寒さを凌ぐためにこたつにこもるより、ヒーターを使って冬を快適に過ごしましょう。

ヒーターの種類は3つある

ヒーターと一言で言っても、いくつか種類があります。それぞれ特徴があり、特徴を知った上で購入しなければヒーターの長所を発揮できません。

ここではまず、ヒーターの種類をご紹介していきます。ヒーターをこれから購入しようとしている方は、この特徴を把握した上で購入しましょう。

数が多いため一つずつ詳しく説明します。

温風で部屋を暖めるファンヒーター

ファンヒーターは温風を部屋に送り出して部屋を暖めるヒーターです。

ヒーターが付いたとき、冷えた手をかざすとじんわりと暖かさが伝わってきて温風を実感できるでしょう。

ファンヒーターには適応畳数が書かれており、ファンヒーターが暖められる部屋の広さは決まっています。

長所は持ち運びが容易にできる点、空間を暖められる、価格も安い部分です。

短所として灯油・ガスを使う、暖められる空間に限度がある、空気が乾燥しやすいという点になります。

どのようなものでも人でも、長所・短所はありますので特徴を理解して使っていきましょう。

では具体的にファンヒーターには3種類ありますので、詳しく見ていきます。

石油ファンヒーターは灯油と電気によって温風を送る

灯油と電気によって温風を生み出して、空間を暖めるものが石油ファンヒーターです。

上記で手をかざして~という部分は、このファンヒーターをイメージしています。

長所はこれから紹介する他のファンヒーターに比べて、コストが安い・空間を暖める力が強いという点です。

短所は温風が出るまでに時間を要する・灯油を購入しなければならない・換気が必要なことでしょう。

セラミックファンヒーターは電気で動く

必要な動力源は電気だけですから、購入してコンセントを差し込めばすぐに使えるという優れものです。

長所を挙げるとするならこの点が優れています。短所はパワーが弱いという点です。

寒冷地だとパワーがないという部分は致命的なものですが、そこまで寒くならない地域なら手軽に使えるので需要が伸びるでしょう。

ガスファンヒーターはガスと電気で温風を送り出す

ガスと電気で温風を送り出すガスファンヒーターは、石油ファンヒーターと同じような原理のファンヒーターになります。

長所は都市ガスを契約していた場合、コストが安い・すぐに暖まる点です。

短所はメンテナンスが大変という部分になります。ガス管とヒーターを接続しなければならず、管理をきちんとする必要があります。

遠赤外線ヒーターは俗にいう電気ストーブの事

次にご紹介するのは、遠赤外線ヒーターです。俗に電気ストーブと呼ばれるもので、原理として発熱体を温めて熱を発して暖めるというものになります。

スイッチを入れるとすぐに赤くなるものは、この遠赤外線ヒーターです。このファンヒーターは、コンセントがあればすぐに使えます。

ファンヒーターとの違いは、ファンヒーターが部屋全体を暖められるのに対して近くしか暖められないということです。

長所はすぐに温まることと、本体価格が安いという部分になります。

短所は暖められる範囲が狭いことです。では遠赤外線ヒーターには4種類ありますので、詳しく見ていきましょう。

ニクロム線電気ストーブは安く手に入る

発熱体に石英ガラスの間にニクロム線コイルをいれたものを使用しており、構造が単純です。

暖める力は放出される遠赤外線の量によって決まります。短所は単純な構造のため、発熱量が少なくパワーがないという点です。

長所は短所の裏返しですが、構造が単純であるが故に本体価格が安いということになります。

ハロゲンヒーターは減少傾向がある

ハロゲンランプを発熱体として用いたヒーターです。

人体に吸収されやすい遠赤外線ではなく、近赤外線を放出するため暖かさを感じにくいという短所が目立ちます。

近年ハロゲンヒーターに変わって、次にご紹介するカーボンヒーターへの移行が進んでおり出回っている数も減少傾向です。

カーボンヒーターはハロゲンヒーターより発熱量が2倍近くある

上記でご紹介したハロゲンヒーターの進化したバージョンが、カーボンヒーターになります。

発熱体に炭素化合物を使用しており、ハロゲンヒーターより発熱量が2倍近くあると言われているヒーターです。

上位モデルにはグラファイトヒーターというものがあり、発熱体に黒鉛を使っているものになります。

シーズーヒーターは発熱量が高い

犬の名前のようなヒーターですが、発熱量はご紹介した遠赤外線ヒーターの中で一番多いヒーターです。

発熱体は絶縁体で包んだニクロム線を金属製のパイプの中にいれたものを使っています。

長所は先ほど書いたように、遠赤外線ヒーターの中では一番発熱量があるという点です。

短所は温まるまでに5分くらいの時間を要することでしょう。メーカーによって名称も違いますので、仕組みを参考にしてください。

オイル/パネルヒーターは乾燥しにくい

上記までに紹介してきたヒーターとは、暖め方が違うヒーターがこのオイル/パネルヒーターです。

暖める方法ですが、熱を放出するのではなく機器を温めてその熱で周りを暖めていきます。

長所は乾燥しにくい・換気の必要はない・ホコリはでないことです。

短所は機器自体を温めるのに時間がかかる・広い部屋では暖まりにくい・電気代が高くなることでしょう。

オイルヒーターは熱が冷めにくい

機器の中にオイルが入っており、オイルを温めて熱を放出するのがオイルヒーターです。

長所として電源を切ってからも熱が冷めにくく、しばらくは暖かいという部分になります。

短所は電気代が高い点です。この短所は上記のようにある程度暖まった後、電源を切ってもしばらくは余熱で暖かさがあるのを利用して節電できます。

パネルヒーターは機器から熱を放熱して部屋全体を暖める

電気ヒーターをパネルで囲い、機器から熱を放熱して部屋全体を暖めるというコンセプトを元に作られています。

特徴としてすぐに暖かくなる(内部に電気ヒーターを使っているため)ことが挙げられるでしょう。

暖房の関連記事
コスパのいい暖房の選び方と暖房比較 それぞれの場面のおすすめの品
トイレの暖房の必要性とおすすめの暖房器具の解説
暖房器具のおすすめ ストーブとヒーターの違いとはなにか
石油ファンヒーターってなに?選び方のポイントとおすすめの品を解説
電気こたつってどんな種類があるの?それぞれの解説とおすすめモデル
遠赤外線ヒーターのおすすめとはメーカーごとの製品解説
ヒーターのおすすめはなに?一人暮らし・赤ちゃんなどタイプ別のおすすめ
石油ファンヒーターのおすすめとおすすめなメーカーの特徴を解説

エアコンの関連記事
エアコンの省エネってどうすればいい?省エネ方法とおすすめメーカー
エアコンメーカーの比較とそれぞれの特徴 主力のモデルを解説編集
エアコンってどこのメーカーがいい?おすすめ6社の解説
エアコンの機能での選び方と使用する部屋ごとでの選び方を解説
タワーファンってなに?概要と冷暖房できるおすすめの紹介

おすすめのヒーターの種類

ここまで見てきたように、ヒーターにはそれぞれ特徴があります。部屋の環境や生活事情によっても選び方が変わるでしょう。

ここからは今までご紹介してきたヒーターの中から、それぞれのシュチュエーションに合わせておすすめのヒーターを挙げていきます。

ヒーターを選ぶ際の参考にしてください。

乾燥対策ができる物で選ぶ

空気が乾燥してしまうと、喉や目の乾きが出てきます。

特に冬場の乾燥は風邪の原因にもなりますので、対策を講じる必要があるでしょう。

ここで乾燥対策のできるヒーターはオイル/パネルヒーターです。

温風を出さずに機器を温めて熱を放出するので、乾燥対策としてこちらのヒーターは最適だと考えられます。

ただし、家計的には優しくないヒーターだということは上記でもお伝えしている通りです。

あたたかさを持続する物で選ぶ

暖かさを持続させたい場合に考えるヒーターは、上記でもご紹介したオイル/パネルヒーターです。

電気代は高くなってしまいますが、機器から放出される熱でじんわりと暖かさが持続します。

広い空間を暖めるには向いていませんが、寝る前に寝室を暖めておくというような用途の場合朝まで使うと次のような電気代です。

8時間使用=約180円

これを1か月使うと5400円になります。使用用途を限定して節電しながら使いましょう。

狭い場所で使う場合の選び方

使う場所が狭い場合、ヒーターの種類として選ぶものは遠赤外線ヒーターが最適でしょう。

近い距離を暖めることが長所であり、すぐに暖かくなります。ネックとなるのが電気代ですが、使用時間が限られていればそこまで電気代は高くならず抑えられるはずです。

約1時間の使用で約20円とすると、月に600円となります。

このヒーターをメインとして使うことはないと思われますので、例えばキッチンやデスクワークなどで使うなど限定した用途だと重宝するでしょう。

安いヒーターで選ぶのもあり

本体の安さで考えるのであれば、ファンヒーターと遠赤外線ヒーターが価格が安いです。

エアコンだと本体価格も高いですし、安く済ませたいという場合にこの種類のヒーターは最適な候補です。

ただ、使用用途や購入後の費用面を考えた上で購入しなければ後々高くついてしまう場合があります。

例えば広い空間を暖める目的があるなら、ファンヒーターでなければ暖まりません。使用用途を考慮に入れて購入しましょう。

一人暮らしのヒーターのおすすめ方

一人暮らしだと部屋の広さは限られてきますので、おすすめとなるヒーターはファンヒーターと遠赤外線ヒーターです。

ワンルームの場合、ファンヒーター1つあれば部屋全体を暖めることが可能でしょう。

石油ファンヒーターの場合灯油を購入しなければならないというネックはありますので、部屋に1日中いる人なら遠赤外線ヒーターをおすすめします。

空間全体を暖められるファンヒーターは、使用時間がそこまで長くない場合セラミックファンヒーターだとすぐに使えますので便利です。

電気代はかかりますが、手軽に使える点で魅力があります。

ヒーター選びと種類まとめ

  • ファンヒーターは空間を暖めるのに最適です。
  • 遠赤外線ヒーターは近距離を暖めるのに最適です。
  • オイル/パネルヒーターは乾燥しにくいという長所があります。