こちらの記事は2019年5月13日の記事を2020年3月18日に加筆修正いたしました。

加筆修正箇所
・全自動洗濯機のおすすめ商品を2020年3月18日の情報に更新いたしました。

この記事では、全自動洗濯機の基本や選び方を解説します。

日常生活に欠かせない洗濯機ですが、壊れてしまったり、新生活などで買う必要に迫られた時、どのようにして選べばいいか迷う方もいるでしょう。

この記事を読むことで、自分の環境に合った洗濯機購入の検討が出来ます。

そもそも全自動洗濯機とはなにか?

洗濯機にも種類があり、大まかに分別すると、自動二槽式洗濯機と全自動洗濯機で分かれており、全自動洗濯機とは洗い、すすぎ、脱水を1つの槽で全て自動で行う洗濯機をさします。

現代の主流は全自動洗濯機で、中には全自動洗濯機に乾燥機能がついているものもあります。

全自動洗濯機のメリット

現代で主流になっている全自動洗濯機ですが、なぜ一般家庭に普及しているのか、特徴とメリットを解説します。

全てが自動なため手間がかからない

全自動洗濯機は、洗いからすすぎ、脱水、機種によっては乾燥までを全て自動で行ってくれる事が特徴です。

洗濯物を洗濯槽に入れ、洗剤を投入しボタンを押すだけで全ての工程を洗濯機が人に代わって行ってくれるため、時間を有意義に使うことができます。

二槽式とは異なり直接洗剤に触れなくて済む

全自動洗濯機は二槽式とは違い、洗濯物を別の槽に移す動作がない事もメリットです。

二槽式では洗いが終わった後、脱水槽に移し、汚水を綺麗な水に入れ替える作業が発生し、洗剤や冷たい水に触れるため、人によっては手を痛めてしまいますが、全自動洗濯機にはそのような心配はありません。

二槽式よりも騒音が少なく快適に使用できる

全自動洗濯機は、二槽式に比べて音が静かなことが特徴です。

静音設計にこだわっている機種も多く、二槽式の洗濯機も昔ほどうるさくはありませんが、脱水時の音は全自動洗濯機に比べると大きいのが現状です。

全自動洗濯機と二槽式洗濯機の違い

全自動洗濯機は注水から脱水まで全て行うのに対し、二槽式洗濯機は注水から洗いまで自動で行ってくれますが、すすぎ、脱水は脱水槽と洗濯槽を往復させなければなりません。

しかし、二槽式洗濯機もデメリットばかりではありません。

二槽式洗濯機の場合、半分は自分の手で行うため、洗った後の衣類の汚れ具合を確認することができ、どれくらいの水量でどの洗剤を使用するのが一番効率よく洗濯できるか、感覚的に覚えることができます。

無添加の石鹸を使用する場合は、全自動洗濯機よりも二槽式洗濯機の方が優れています。

無添加石鹸は水に溶けにくいため、攪拌力がある二槽式洗濯機の方が溶け残りの心配をしなくて済むでしょう。

しかし、手間暇や機能面を考えるとやはり全自動洗濯機の方が優れているため、現代の家庭の大多数が全自動洗濯機になっています。

全自動洗濯機の選び方

全自動洗濯機の選び方①:洗濯方式

洗濯機には、大きく分けて縦型、ドラム型(横型)、斜めドラム型があります。

縦型は洗浄力が高い反面衣類が傷つきやすい

むかしから馴染みのある型がこの縦型です。多くの水を使い洗剤を泡立たせ、洗濯物同士をこすって洗うので洗浄力が高いです。

反面、こすり合わせて汚れを落とすのでドラム式に比べて衣類が傷つきやすく、大物衣類の出し入れがしにくいというデメリットもあります。

ドラム型は経済的だが洗浄力が低い

縦型と比べて最近出てきたのがこのドラム式洗濯機です。ドラム式洗濯機は、横または斜めになった洗濯槽が回転し、中の衣類が浮き上がっては落ちることにより、叩き洗いをすることで汚れが落ちるようになっています。

縦型よりも大幅に水量が少ないため経済的で、洗剤も濃く、皮脂汚れには強いというメリットがあります。

反面、水量が少ないため縦型に比べて洗浄能力が低く、比較的色移りしやすいのがデメリットです。

全自動洗濯機の選び方②:洗濯機の容量で選ぶ

1人が1日に出す洗濯物は約1.5Kgといわれています。4人家族で毎日洗濯する場合は6.0kg、少し余裕をみて8.0kg前後の
機種を買えば問題ありません。

1人暮らしの方で何日か溜め込んで洗濯したいという方も、この計算でだいたいの容量を算出することができます。

全自動洗濯機の選び方③:機能で選ぶ

全自動洗濯機の機種によっては、洗い、すすぎ、脱水といった、基本的な機能の他に便利な機能を備えている機種があります。

乾燥機能

乾燥方式にはヒートポンプ方式とヒーター方式があります。ヒートポンプ方式はエアコンの原理と同じで、大気から熱エネルギーを回収し利用する方式です。電気代が安く、衣類にも優しいのが特徴です。

ヒーター式はヒーターで温めた熱風で衣類を急速に乾燥します。ヒートポンプ式に比べて乾燥時間は大幅に短くなりますが、衣類が傷みやすいというデメリットがあります。

お掃除機能

洗濯槽を清潔に保ちたいという方には自動お掃除機能付きの洗濯機がお勧めです。現代の洗濯機には脱水時の水の力で洗濯槽を洗ったり、イオンの力で抗菌、消臭を行う機種があります。

全自動洗濯機のおすすめ商品

ハイアール JW-C55D-K

ハイアール JW-C55D-Kは、自分に合った洗濯機能を複数のモードから選べる洗濯機です。

例えば、最短10分で洗濯を行える「お急ぎコースや」、自分で設定した内容を洗濯機に記憶させて次回から設定なしで洗濯ができる「自分流コース」など種類は様々です。

5.5kgと洗濯機の中でもコンパクトなサイズなため、一人暮らしの方でも置く場所に困らず快適に使用できるでしょう。

ハイアール 5.5kg 全自動洗濯機 ブラックhaier JW-C55D-K
created by Rinker
ハイアール(Haier)
¥21,249 (2020/06/05 11:59:59時点 Amazon調べ-詳細)

日立 NW-R704 W

日立 NW-R704 Wは、シャワーをかけながら衣類の洗浄を行える「シャワー浸透洗浄」が目玉の商品です。

シャワー浸透洗浄は、しつこい汚れもシャワーの洗浄力で丁寧に落とすため、汚れを残すことがほとんどないでしょう。

また、脱水を行うと衣類が絡まって洗濯槽に張り付き、洗濯機から取り出す際に大変な経験をした方も多いと思いますが、この商品では脱水の後、洗濯槽に張り付いた衣服をほぐしてくれるため、楽に洗濯物を取り出すことができます。

SHARP ES-GE5D-W

SHARP ES-GE5D-Wは、忙しい時に便利な「時短コース」などが付いているため、忙しい毎日を過ごしている方におすすめの商品です。

また、「通常の衣服よりも洗濯によるダメージが与えられやすいデリケートな衣服を、極力ダメージを抑えながら洗濯をしてくれる「おしゃれ着コース」などがあります。

黒ズミなどのなかなか落とすのが難しい汚れもしっかり落としてくれる機能があるため、汚れの多い衣服を洗う場合でも安心して使用できるでしょう。

東芝 AW-10M7

東芝 AW-10M7は、循環水流を利用して、洗剤を浸透させながら洗うことができる「パワフル洗浄」を搭載した商品です。

また、10kgと大容量なため、家族が多い方でも一度に多くの洗濯物をすることができます。

洗剤と柔軟剤を入れる場所が一か所に集まっているため、使いやすいのはもちろんのこと、ケースを取り外して洗うこともできるため、日々のお手入れも楽に行えます。

AQUA AQW-GV80H-W

AQUA AQW-GV80H-Wは、立体水流で洗濯を行う「3Dパワフル洗浄」でしつこい汚れも簡単に落とすことが可能です。

洗濯している様子が見えるワイドガラストップは、きちんと洗濯が行えているかどうかを簡単に確認できます。

また、P&Gのボールド、アリエールと共同開発した「ジェルボールコース」では、防臭や香りづけに特化した洗濯を行えるため、匂いを重視したい方におすすめです。

アクア 8.0kg 全自動洗濯機 ホワイトAQUA AQW-GV80H-W
created by Rinker
アクア(AQUA)
¥52,021 (2020/06/05 12:00:00時点 Amazon調べ-詳細)

全自動洗濯機についてのまとめ

  • 洗濯機には大別して全自動洗濯機と二槽式洗濯機があります。
  • 全自動洗濯機は洗い、すすぎ、脱水を全て自動で行い、騒音も二槽式の洗濯機に比べて静かです。
  • 全自動洗濯機の洗濯方式には縦型とドラム型があり、それぞれに特徴があります。
  • 洗濯機の容量は1人あたり一日1.5kgで計算し、少し余裕をもった容量を選定すとよいでしょう。
  • 現代の洗濯機には基本的な洗濯機能の他、乾燥機能やお掃除機能などがついて機種が出てきています。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
ハイアール 5.5kg 全自動洗濯機 ブラックhaier JW-C55D-K
created by Rinker
ハイアール(Haier)
¥21,249 (2020/06/05 11:59:59時点 Amazon調べ-詳細)
アクア 8.0kg 全自動洗濯機 ホワイトAQUA AQW-GV80H-W
created by Rinker
アクア(AQUA)
¥52,021 (2020/06/05 12:00:00時点 Amazon調べ-詳細)