この記事では、全自動洗濯機の基本や選び方を解説します。

日常生活に欠かせない洗濯機ですが、壊れてしまったり、新生活などで買う必要に迫られた時、どのようにして選べばいいか迷う方もいるでしょう。

この記事を読むことで、自分の環境に合った洗濯機購入の検討が出来ます。

そもそも全自動洗濯機とはなにか?

洗濯機にも種類があり、大まかに分別すると、自動二槽式洗濯機と全自動洗濯機で分かれており、全自動洗濯機とは洗い、すすぎ、脱水を1つの槽で全て自動で行う洗濯機をさします。

現代の主流は全自動洗濯機で、中には全自動洗濯機に乾燥機能がついているものもあります。

全自動洗濯機のメリット

現代で主流になっている全自動洗濯機ですが、なぜ一般家庭に普及しているのか、特徴とメリットを解説します。

全てが自動なため手間がかからない

全自動洗濯機は、洗いからすすぎ、脱水、機種によっては乾燥までを全て自動で行ってくれる事が特徴です。

洗濯物を洗濯槽に入れ、洗剤を投入しボタンを押すだけで全ての工程を洗濯機が人に代わって行ってくれるため、時間を有意義に使うことができます。

二槽式とは異なり直接洗剤に触れなくて済む

全自動洗濯機は二槽式とは違い、洗濯物を別の槽に移す動作がない事もメリットです。

二槽式では洗いが終わった後、脱水槽に移し、汚水を綺麗な水に入れ替える作業が発生し、洗剤や冷たい水に触れるため、人によっては手を痛めてしまいますが、全自動洗濯機にはそのような心配はありません。

二槽式よりも騒音が少なく快適に使用できる

全自動洗濯機は、二槽式に比べて音が静かなことが特徴です。

静音設計にこだわっている機種も多く、二槽式の洗濯機も昔ほどうるさくはありませんが、脱水時の音は全自動洗濯機に比べると大きいのが現状です。

全自動洗濯機と二槽式洗濯機の違い

全自動洗濯機は注水から脱水まで全て行うのに対し、二槽式洗濯機は注水から洗いまで自動で行ってくれますが、すすぎ、脱水は脱水槽と洗濯槽を往復させなければなりません。

しかし、二槽式洗濯機もデメリットばかりではありません。

二槽式洗濯機の場合、半分は自分の手で行うため、洗った後の衣類の汚れ具合を確認することができ、どれくらいの水量でどの洗剤を使用するのが一番効率よく洗濯できるか、感覚的に覚えることができます。

無添加の石鹸を使用する場合は、全自動洗濯機よりも二槽式洗濯機の方が優れています。

無添加石鹸は水に溶けにくいため、攪拌力がある二槽式洗濯機の方が溶け残りの心配をしなくて済むでしょう。

しかし、手間暇や機能面を考えるとやはり全自動洗濯機の方が優れているため、現代の家庭の大多数が全自動洗濯機になっています。

全自動洗濯機の選び方

全自動洗濯機の選び方①:洗濯方式

洗濯機には、大きく分けて縦型、ドラム型(横型)、斜めドラム型があります。

縦型は洗浄力が高い反面衣類が傷つきやすい

むかしから馴染みのある型がこの縦型です。多くの水を使い洗剤を泡立たせ、洗濯物同士をこすって洗うので洗浄力が高いです。

反面、こすり合わせて汚れを落とすのでドラム式に比べて衣類が傷つきやすく、大物衣類の出し入れがしにくいというデメリットもあります。

ドラム型は経済的だが洗浄力が低い

縦型と比べて最近出てきたのがこのドラム式洗濯機です。ドラム式洗濯機は、横または斜めになった洗濯槽が回転し、中の衣類が浮き上がっては落ちることにより、叩き洗いをすることで汚れが落ちるようになっています。

縦型よりも大幅に水量が少ないため経済的で、洗剤も濃く、皮脂汚れには強いというメリットがあります。

反面、水量が少ないため縦型に比べて洗浄能力が低く、比較的色移りしやすいのがデメリットです。

全自動洗濯機の選び方②:洗濯機の容量で選ぶ

1人が1日に出す洗濯物は約1.5Kgといわれています。4人家族で毎日洗濯する場合は6.0kg、少し余裕をみて8.0kg前後の
機種を買えば問題ありません。

1人暮らしの方で何日か溜め込んで洗濯したいという方も、この計算でだいたいの容量を算出することができます。

全自動洗濯機の選び方③:機能で選ぶ

全自動洗濯機の機種によっては、洗い、すすぎ、脱水といった、基本的な機能の他に便利な機能を備えている機種があります。

乾燥機能

乾燥方式にはヒートポンプ方式とヒーター方式があります。ヒートポンプ方式はエアコンの原理と同じで、大気から熱エネルギーを回収し利用する方式です。電気代が安く、衣類にも優しいのが特徴です。

ヒーター式はヒーターで温めた熱風で衣類を急速に乾燥します。ヒートポンプ式に比べて乾燥時間は大幅に短くなりますが、衣類が傷みやすいというデメリットがあります。

お掃除機能

洗濯槽を清潔に保ちたいという方には自動お掃除機能付きの洗濯機がお勧めです。現代の洗濯機には脱水時の水の力で洗濯槽を洗ったり、イオンの力で抗菌、消臭を行う機種があります。

全自動洗濯機のおすすめ商品5選

東芝 AW-5G5は洗濯物をため込みがちな人におすすめ

東芝 AW-5G5は、洗濯物を溜め込んでしまう方、雨の日などに部屋干しをしたくない方にお勧めのモデルです。

洗濯脱水容量5kgと1人暮らしの方にぴったりのサイズで、簡易乾燥機が搭載されているところも特徴です。

予約タイマー機能もついているため、騒音が気になる方でも早朝深夜を避けて洗濯することができます。

SHARP ES-P110-SLは高圧洗浄で省エネなのが特徴

SHARP ES-P110-SLは、高圧洗浄により、洗浄力が劣るとされているドラム式の欠点を見事に補っており、乾燥機能もヒートポンプとヒーターを使用したハイブリッド仕様で、省エネな上、衣類にやさしい乾燥を実現させています。

洗濯脱水容量11kg、乾燥容量6kgの乾燥機付きドラム式洗濯機です。マイクロ高圧洗浄機能を搭載したハイグレードモデルです。

created by Rinker
シャープ(SHARP)
¥329,978(2019/05/26 03:11:31時点 Amazon調べ-詳細)

Panasonic NA-FA120V1は温水機能用のヒーターが特徴

Panasonic NA-FA120V1は、専用のヒーターを搭載し、洗剤を温めることによりさらに洗浄力が向上しています。乾燥機能がつかない縦型洗濯機で温水機能がついている数少ないモデルです。

洗濯脱水容量12kgと、お子様のいるご家庭でも十分使用できる大きさです。Panasonicの洗濯機の特徴は泡洗浄にあり、洗剤を泡にすることで衣類と洗剤が触れる表面積を増やし、汚れを素早く落とします。

HITACH BD-NX120CL-Sは「AIお洗濯」が特徴

HITACH BD-NX120CL-Sは、洗濯物の汚れや布質、汚れの量などをモニターし、各工程で最適な条件で洗濯してくれる「AIお洗濯」機能が特徴です。

また、スマートフォンアプリにも対応しており、洗濯完了通知や遠隔操作まで行えます。

洗濯脱水容量12kg、乾燥容量6kgの乾燥機付きドラム式洗濯機です。

TOSHIBA ZABOON TW-127V7Lの特徴はウルトラファインバブル洗浄

TOSHIBA ZABOON TW-127V7Lは、衣類の奥まで浸透させる「ウルトラファインバブル」を搭載しているところが特徴です。

一般的に水温が下がると汚れの落ちは悪くなりますが、超微細の泡を生成させることによって、汚れの落ちは変わらず、常温でも十分黄ばみを抑えることができます。

洗濯脱水容量12kg、乾燥容量7kgの乾燥機付きドラム式洗濯機です。乾燥機能付きモデルなので、温水での洗濯も可能です。

全自動洗濯機についてのまとめ

  • 洗濯機には大別して全自動洗濯機と二槽式洗濯機があります。
  • 全自動洗濯機は洗い、すすぎ、脱水を全て自動で行い、騒音も二槽式の洗濯機に比べて静かです。
  • 全自動洗濯機の洗濯方式には縦型とドラム型があり、それぞれに特徴があります。
  • 洗濯機の容量は1人あたり一日1.5kgで計算し、少し余裕をもった容量を選定すとよいでしょう。
  • 現代の洗濯機には基本的な洗濯機能の他、乾燥機能やお掃除機能などがついて機種が出てきています。