簡単なボタン操作で食材を温めたり下ごしらえができたりする電子レンジは、生活に欠かせない家電製品です。
また、惣菜や冷凍食材で夕食を済ませることも少なくない一人暮らしにも、電子レンジは適しています。
電子レンジにはたくさんの種類があり、単機能電子レンジやオーブンレンジなどがあります。
その中でも人気が上昇しているのは、オーブンレンジです。

単機能電子レンジだと機能が不十分、スチームオーブンレンジは高いなど考えている方ほど、オーブンレンジがおすすめと言えます。
オーブンレンジで調理すれば、料理のレパートリーが増えるうえに食材の表面がパリッとした食感になります。

一方、様々なメーカーから発売されているオーブンレンジの中から、自分に合った製品を選ぶのが難しいと感じる方も少なくありません。
そこで今回は、オーブンレンジに焦点を当ててじっくり解説します。
選び方のポイントなども説明するので、是非参考にしてください。

一人暮らしに電子レンジの必要性

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

一人暮らしにおすすめのオーブンレンジ

一人暮らしの方は、少しの出費でも致命的になる場合があります。
ですから、必要になる家電をしっかり見極めることが重要です。

一人暮らしに電子レンジは不要?と考える方もいますが、実は一人暮らしだからこそ電子レンジが必要だと言えます。
電子レンジは、お弁当などに入れる冷凍食品を温めたり料理の下ごしらえの短縮も可能です。

特にオーブンレンジやスチームオーブンレンジなら、煮る・焼くなどの本格的な調理もできます。
また、1人分の料理もすぐにできるため、自炊も簡単です。

場合によって、外食よりも手軽なので出費も抑えられます。
一人暮らしをするのであれば、電子レンジを真っ先に購入するのがおすすめです。

電子レンジの種類

電子レンジには、主に「単機能電子レンジ」「オーブンレンジ」「スチームオーブンレンジ」があります。
下記に、それぞれの種類の特徴を説明します。

・単機能電子レンジ
冷凍食品の解凍、食材や飲み物を温めるなどのシンプルな機能が搭載されている電子レンジです。
コンパクトサイズで価格もリーズナブルとなっており、狭いキッチンにも簡単に設置できます。
料理が苦手、コスパを重視する方が単機能電子レンジを選ぶことが多いです。

・オーブンレンジ
単機能電子レンジに、トースター・グリル・オーブン機能が追加されている優れものです。
このタイプの最大の特徴は、「温める」だけでなく「煮る」や「焼く」と言う調理もできることと言えます。
一人暮らしでも下ごしらえの短縮や本格的な調理ができるため、自然と料理のレパートリーも増えます。
オーブンレンジは、トースター・グリル機能がメインの安価な製品から、オーブン調理の自動メニューが搭載された高価な製品まであります。
ですから、予算と折り合いをつけてどのオーブンレンジを購入するか検討することが大切です。

・スチームオーブンレンジ
オーブンレンジの機能に、さらにスチーム調理機能が追加されているタイプです。
「温める」「焼く」「煮る」に加え、「蒸す」調理もできます。
食材の栄養素を閉じ込め素早く加熱することが可能なので、調理時間の短縮にも最適です。
現在では、300℃以上もある高温の水蒸気「過熱水蒸気スチーム」を使用した製品もあります。
加熱水蒸気スチームを利用すると、食材の油のみで揚げ物を作ることも可能です。
ただし、価格も高くなりがちなので予算との兼ね合いをとる必要があります。

このように、電子レンジの種類によって特徴も異なるためしっかり把握しておくと、電子レンジが購入しやすいです。

オーブンレンジの選び方

オーブンレンジは、「サイズ」「庫内構造」「出力」をチェックしましょう。
3つのポイントを確認すると、自分のニーズと照らし合わせやすいです。
各ポイントについて、下記に解説します。

サイズで選ぶ

一人暮らし用のオーブンレンジを購入する場合、サイズは15~23L程度のコンパクトサイズがベストです。
小型なので冷蔵庫や棚の上にも、設置ができます。
また、1人分の食材を温めるにもこのサイズが最適です。
基本的に、コンパクトサイズであるほど価格も安くなります。
20L以上のサイズなら、本格的なオーブン調理やお菓子作りにも挑戦できます。
購入前に、設置場所に本体が収まるかも要チェックです。
きっちり寸法を測ること、放熱スペースを考慮することも忘れないようにしましょう。

庫内構造で選ぶ

電子レンジやオーブンレンジなどの庫内構造は、主に「ターンテーブル」「フラットタイプ」の2種類です。
庫内スペースを有効に活用したい方は、フラットタイプのオーブンレンジを購入しましょう。
フラットタイプの利点は、大きいサイズの四角い弁当が入る・庫内に凹凸がないため、油汚れなどがたまりにくいなどがあります。
従来のターンテーブルよりも優れているため、なるべく庫内構造がフラットタイプのオーブンレンジがおすすめです。

出力でえらぶ

なるべく早く温めたい方は、出力が600W以上のオーブンレンジがベストです。
出力がパワフルであるほど、温める時間が短縮されます。
より手早く調理がしたい方は、出力700W・800Wのオーブンレンジがおすすめです。
中には、1000Wのオーブンレンジもあるため、購入の際は確認しておきましょう。

東日本と西日本のヘルツの違い

電子レンジやオーブンレンジの中には、東日本用50HZ・西日本用60HZと限られた地域でしか使えない製品もあるので、留意しましょう。
電源の周波数の違いから、このようなことが起こることがあります。
通常は、どの地域でも使用できる「ヘルツフリー」が一般的です。

しかし、一人暮らし向けの低価格な電子レンジだと、ヘルツフリーでないことも珍しくありません。
ですから、コストを抑えた低価格な電子レンジを購入する際は、ヘルツの違いなども要チェックです。

一人暮らしにおすすめのオーブンレンジ

一人暮らしにおすすめのオーブンレンジを紹介します。

・シャープ ヘルシオ グリエレンジ AX-HR2-R

シャープ ヘルシオ グリエレンジ レッド AX-HR2-R
created by Rinker
シャープ(SHARP)
¥22,800(2019/11/11 23:32:30時点 Amazon調べ-詳細)

価格は、24800円です。
独自技術のウォーターオーブンにより、余分な油や塩分まで落とせます。
また、油なしで揚げ物ができるフライ機能もあるため、ダイエットをしている方にも最適です。
背面にくっつけても使用可能なので、限られたスペースに置くこともできます。
手頃な価格のオーブンレンジを求めている方・カロリーを気にする方に、おすすめです。

・パナソニック オーブンレンジ エレック NE-MS234-W

パナソニック オーブンレンジ エレック 23L ホワイト NE-MS234-W
created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥28,800(2019/11/11 23:32:30時点 Amazon調べ-詳細)

価格は、23800円となります。
30種類の自動メニューがあるので、本格的な調理がより簡単です。
例えば、焼き魚・煮物・蒸し料理・スポンジケーキなどを作ることができます。
それに加え、脱臭機能やお弁当セット機能も搭載、さらに最大出力1000Wとなっています。
調理時間の短縮、簡単に本格的な調理がしたい方に最適な製品です。

オーブンレンジ この記事のおさらい

  • 一人暮らしだからこそ、簡単に自炊ができる電子レンジが必須です。
  • 電子レンジの種類は、主に「単機能電子レンジ」「オーブンレンジ」「スチームオーブンレンジ」があります。種類によって、搭載されている調理機能も異なります。
  • オーブンレンジを購入する場合、「サイズ」「庫内構造」「出力」を要チェックです。
  • 庫内構造は、ターンテーブルよりフラットタイプのほうがおすすめです。手入れが簡単で、大きいサイズのお弁当も入りやすくなっています。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
シャープ ヘルシオ グリエレンジ レッド AX-HR2-R
created by Rinker
シャープ(SHARP)
¥22,800(2019/11/11 23:32:30時点 Amazon調べ-詳細)
パナソニック オーブンレンジ エレック 23L ホワイト NE-MS234-W
created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥28,800(2019/11/11 23:32:30時点 Amazon調べ-詳細)