近年では、電子レンジ1台で、様々な調理ができるハイスペック製品が続々とリリースされています。

温め機能はもちろんの事、煮る・焼く・蒸す、そして、油不要のフライヤー機能を搭載した健康志向のオーブントースターなども発売されていますよ。

この記事では、電子レンジとオーブンの違いや使い分け、更にはどういった料理ができるかなどを紹介いたします。ぜひ、購入する際の参考にしてみてください。

レンジとオーブンの違い

レンジとオーブンの明らかな違いは、電子レンジはマイクロウェーブで温めるのに対し、オーブンは四方からの対流熱によって調理する点です。

最初に開発されたのは、電子レンジで、発売当初は「冷たい食材を温める」事を目的とし、1960年代頃から一般家庭に普及し始めました。

その後1970年代に入り、食材の内側から温める電子レンジと外側から焦げ目をつけられる電気オーブンを組み合わせた調理家電として、オーブンレンジが発売されました。

一般的に、オーブンレンジの方が電子レンジよりも機能・値段共に高いです。

電子レンジの定義は、高周波エネルギーで食物加熱を行う調理機器で、定格高周波出力が1キロワット以下のものに限るとなっています。そのため、オーブン電子レンジは電子レンジに含まれることになりますよ。

オーブン機能を有するものはオーブンレンジとなり、オーブン機能を有するもの以外は単機能レンジ(電子レンジ)となります。

電気代はそれほど変わらない

電子レンジやオーブンレンジの出力が、消費電力と直結していない事は意外と知られていませんが、電子レンジとオーブンレンジの電気代にそれほど大きな違いはありません。

そのため、レンジかオーブンどちらの購入をするのか、ランニングコストで決める必要はないでしょう。調理方法・機能に着目して選択することをおすすめします。

レンジの種類

ここからは、レンジの種類「単機能レンジ」「オーブンレンジ」「スチームオーブンレンジ」の3つを紹介いたします。

温める機能のみを持つ単機能レンジ

オーブン機能を有するもの以外は、単機能レンジ(電子レンジ)です。

食品を温める機能のみに特化した調理家電となっています。

温めるだけでなく焼く機能も備わったオーブンレンジ

食品を温めるだけでなく、焼く機能も備わったグリルやオーブンなどの調理にも対応しているのがオーブンレンジです。

焼く調理が必要な料理に使用することができますよ。

スチームオーブンレンジ

へルシー志向の人が増えている昨今では、熱風をファンで循環させて調理する機種や加熱水蒸気を使って調理をするスチームオーブンが特に人気を博しています。
スチームオーブンレンジは電子レンジととてもよく似た形状をしています。
蒸気を用いて調理するスチームオーブンレンジは、ヒーターの熱によって加熱するオーブンレンジに蒸気を出す機能が搭載された調理家電の事です。
焼く・煮るの調理法のみのオーブンレンジと比べ「蒸す」が可能です。
スチームのみで食品の再加熱ができる”スチーム温め機能”が搭載されているものもあります。

アルミホイルを使えるかどうか

電子レンジ機能を利用する時にアルミホイルを使用する事はできません。
電子レンジ機能を使う時に出るマイクロ波は金属に反射しやすいため火花が散ってしまうからです。
時には爆発するなど大きな被害が出ることもあるため、アルミホイルの使用は控えましょう。

しかしながら最近の電子レンジは温め機能以外にもいろいろな機能があるオーブンレンジが主流となってきています。
そういったオーブン機能の中でなら、アルミホイルの使用が可能な場合もあります。
アルミホイルを使いたい時は、取扱説明書などで必ず確認してからご使用下さい。

おすすめのオーブンレンジ

パナソニック 単機能レンジ 22L ホワイト NE-E22A1-W

用途に合わせた使い分け”レンジ出力3段階切り替え”&”連動調理”機能付き。
レンジ出力が3段階で切り替え可能。
また蒸気センサーで温めも解凍もこれ一台でおおまかせです。
素早くあたためられる”850Wインバーター”&”ヘルツフリー”搭載。
自動あたため機能によりご飯やおかず、冷凍食材もワンタッチでホカホカです。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥13,322(2019/05/22 17:26:28時点 Amazon調べ-詳細)

パナソニック オーブンレンジ エレック 26L ブラック NE-MS264-K

シリーズ好評の”煮物10分”に新メニューの追加。一人分のパスタがたった10分で出来上がります。
家族人数やシーンに合わせて1〜4人分が選択できる”自動メニュー人数設定”機能付き。
多機能なのにコンパクト設計なので設置場所にも困りません。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥29,500(2019/05/22 17:26:29時点 Amazon調べ-詳細)

シャープ スチームオーブン ヘルシオ(HEALSIO) 18L 1段調理 レッド AX-CA400-R

スチームオーブンレンジの代表選手がシャープのヘルシオです。

水の力で焼くと言う画期的な調理法が可能なヘルシオは、たっぷりの水を使って熱量の高い過熱水蒸気により食材を焼きます。
火加減や加熱時間が違う食材でも一度に調理可能なカンタン焼き・蒸しが可能。

忙しい毎日にとても嬉しい機能です。
出来合いのお惣菜や買ってきたパンも、たっぷりの加熱水蒸気を入れながら加熱するので作りたてのような美味しさが楽しめます。
低温調理でドライフードもカンタンに作れます。
過熱水蒸気での焼き物メニューはこんがり美味しく仕上がります。
毎日調理する人にも、出来上がったお料理を温めるだけでヘルシーに召し上がりたい人にもオススメの製品です。
お手入れ方法もカンタンでお料理後は布巾などでサッと拭き取るだけ。
庫内の汚れが気になる時は、お手入れモードで蒸気の匂いや汚れも落としやすくします。
所要時間も20分なので いつでも気軽にお手入れが可能です。

オーブンレンジのまとめ

  • 一般的にオーブンレンジの方が電子レンジよりも機能・値段共に高い
  • オーブン機能を有するものをオーブンレンジと言い、食品を温める機能に加えてグリルやオーブンなどの調理にも対応している
  • オーブン機能を有するもの以外は単機能レンジ(電子レンジ)と言い、食品を温める機能のみに特化している
  • 電子レンジとオーブンレンジの出力は消費電力と直結していないので、電気代に大きな違いはない

電子レンジとオーブンレンジは一見似て非なるもの。その特性は異なります。
普段調理はせず、出来上がった料理など温める機能しか使わない人なら電子レンジで事足りるでしょう。
蒸し料理などのヘルシー志向の調理がお好みであれば、スチーム機能を搭載したスチームオーブンレンジがおすすめです。
電子レンジとオーブンレンジの違いを知って、それぞれのライフスタイルにぴったりな製品を選んで下さい。