こちらの記事は2018年9月6日の記事を2020年3月4日に加筆修正いたしました。

加筆修正箇所
・トースターの選び方の項目に熱源の種類を追記いたしました。
・下記の項目を2020年3月4日の情報に更新いたしました。
 パンをおいしく焼くおすすめのトースター
 おすすめの安いトースター
 一人暮らしにおすすめのトースター

こちらの記事は2020年3月4日に更新された記事を2020年7月28日に加筆修正いたしました。

加筆修正箇所
・下記の項目を2020年7月28日の情報に更新いたしました。
 パンをおいしく焼くおすすめのトースター
 おすすめの安いトースター
 一人暮らしにおすすめのトースター

食パンが流行し出したのに合わせて、食パンをおいしく焼けるトースターも注目されています。
トースターといっても、種類もあるし数も多く発売されていて、買うのに迷ってしまう方もいるでしょう。

この記事では、トースターの選び方、パンをおいしく焼くおススメのトースター、おすすめの安いトースター、一人暮らしにおすすめのトースターなどを解説します。迷うことなく欲しいトースターを選べます。

トースターの選び方

トースターには、いくつかの種類があります。

ポップアップトースター
熱源にパンが近いので、短時間でおいしくトーストしてくれます。また、コンパクトなものが多く、置き場所・収納場所に困らないでしょう。
ただし、パンをトーストする以外の調理には使えないのが残念なところです。
オーブントースター
パン以外のものも調理したい人におすすめです。
4枚のパンを同時にトーストできるものもあり、忙しい朝の時短に役立つでしょう。ポップアップトースターに比べると、置き場所が必要になります。
熱風で調理をするコンベクションオーブン・ウォーターオーブン
このオーブンもトースト機能をもっています。置く場所を確保できれば、幅広い調理が可能なので、オーブンを選ぶのもいいでしょう。

上記のもの以外にも、トースターを選ぶポイントがいくつかあります。

熱源の種類

トースターは熱源によって焼き上がりや食感が変化します。

例えば、パンの表面だけにこんがり焼き目を付けたい方には電熱式がおすすめです。

遠赤外線やグラファイト式のトースターは焼きムラがなく、パンの内部までしっかりと熱を加えることができます。

また、スチームヒーターは、外はカリっと、中はふんわりとした食感のパンを焼き上げることができ、美味しいトースターを作ることができるでしょう。

自分の好みの食感や焼き加減を把握し、それに合った種類の熱源を使用したトースターを選ぶとよいでしょう。

参考:JEMA オーブントースターの中のオーブントースターの仕組みとタイプの項目を参考

一度に焼ける食パンの枚数

トースターは、1、2枚の食パンが一度に焼ける限界と思っている人も多いでしょう。しかし、大きめのトースターなら、3枚以上を一度に焼けるものもあります。

置き場所と一度に焼きたい枚数の兼ね合いから、自分に合った枚数を考えてみましょう。

パンを焼く以外の機能

ポップアップトースター以外は、トースト以外の調理もできます。
忙しい人には、ワンタッチでセットできるオートメニューの豊富なものがおすすめです。

また、トースターオーブンについている機能として、コンベクション(熱風)機能、ノンフライ調理などがあるでしょう。

トースターには、冷凍パントースト機能、湿気た食品を乾燥させるドライ機能、焼き芋機能などを搭載しているものがあるので、ライフスタイルからあると便利な機能を選びましょう。

メンテナンスのしやすさ

トースターを使っていると、思ったよりも内部にパンくずがたまります。また、他の調理もするなら、内部は意外と汚れやすいものです。

トースターの中には、内部のトレイが外れるものや扉も取り外しできるものもあります。

パンなどの食べ物を直接置いて調理することもあるので、掃除がしやすくて清潔さを保ちやすいものを選ぶのもいいでしょう。

デザインで選ぶ

トースターを選ぶ際、まずは置く場所とトースターの大きさを優先的に考えるべきです。しかし、キッチンで出しっぱなしになることが多いトースターなので、デザインにもこだわりたいところでしょう。

バルミューダ、デロンギ、アラジンなどのメーカーは見た目もスタイリッシュなトースターが見つかります。

パンをおいしく焼くおすすめのトースター

ZWILLING エンフィニジー 53101-900

ZWILLING エンフィニジー 53101-900は、冷凍したパンや、ベーグルなどパンの種類に合わせて焼き目を付けることができる機能を搭載したポップアップ式のトースターです。

焼き加減を7段階で調節することができるため、自分好みのトースターを気軽に焼くことができます。

独立した4枚のヒーターパネルを搭載することで、厚みのあるパンでも焼きムラがなく焼けるでしょう。

また、パンくずトレーが付いているため、使用後のお手入れも楽に行えます。

スタイリッシュなデザインで、オシャレな印象を与えるため、キッチンのインテリアとしてもおすすめです。

SHARP ヘルシオ グリエ AX-GR1

SHARP ヘルシオ グリエ AX-GR1は、加熱水蒸気でパンを焼き上げられるトースターです。

加熱水蒸気で水分を与えながら、素早く表面を焼き上げることで、常温、冷凍関係なく外はカリっと、中はもっちりとした食感のトーストを焼けます。

また、余分な油を落とすノンフライ調理をすることができるため、ヘルシーでありながらサクサク食感の揚げ物を楽しむことも可能です。

トレイや、焼き網などは取り外すことができ、お手入れも簡単に行えます。

普段から美味しいパンを食べたい方、冷凍のパンでもふわふわの食感を楽しみたい方におすすめです。

おすすめの安いトースター

タイガー魔法瓶 やきたて KAK-G100

タイガー魔法瓶 やきたて KAK-G100は、横幅が約32cmとオーブントースターの中でも比較的コンパクトなサイズの商品で、狭いキッチンにも設置しやすいでしょう。

ダイヤルを回すだけで5段階の火力切り替えを行うことができ、食材や作りたい料理に合わせて簡単に切り替えられます。

本体の上部に遠赤ヒーターを搭載しているため、食パンを焼きムラを作ることなく美味しく焼き上げることが可能です。

また、焼き網はネット状になっており、食材がヒーターにくっつくのを防いでくれるため、お手入れの手間を増やすこともありません。

焼いている最中にガラス部分から、中の様子を確認することができます。

5000円台と、トースターの中でも比較的安価です。

コイズミ KOS-1026

コイズミ KOS-1026は、トーストを同時に2枚焼くことができる、シンプルなトースターです。

操作も非常に簡単なため、安いトースターが欲しい方におすすめとなっています。

ヒーターを両面、上面、下面と切り替えられるため、焼き加減を少し調節することも可能です。

一人暮らしにおすすめのトースター

アピックス ATS-120

アピックス ATS-120は、1200Wの高火力ヒーターを採用することで、直火で焼いたかのような仕上がりを実現できる商品です。

本体の上部に搭載されたカーボンヒーターは、パンの表面をすばやく焼くことができ、下部に搭載された石英管ヒーターはトーストの中まで熱を伝えることができるため、外も中も美味しいトーストを焼くことができます。

前面に付いているドアは2重ガラス構造となっているため、保温性に優れており、ドアに触れた際に熱さを感じにくくなっています。

また、焼き網、トースト用焼き網を始めとした4種類の網が付属しており、食材や料理によって付け替え可能です。

1人暮らしに十分なサイズをしているため、コンパクトで高性能なトースターを購入したい方におすすめです。

象印 こんがり倶楽部 EQ-JA22

象印 こんがり倶楽部 EQ-JA22は、シンプルなデザインが特徴のトースターです。

マイコン自動コースという機能があり、トーストはもちろんのこと、手作りパンや冷凍ピザなどそれぞれの調理に適した温度を自動で設定してくれます。

また、とびらを取り外せるため、一人暮らしで面倒な掃除も簡単に行うことができます。

30秒刻みで最大30分まで設定できるロングタイマーを使用すれば、調理時間の長い料理にも挑戦できるでしょう。

サイズもコンパクトなため、一人暮らしのキッチンにも問題なく設置できます。

トースターのまとめ

  • トースターは、まずはポップアップトースター、オーブントースター、他のコンベクションオーブンやウォーターオーブンのトースター機能などから、どの種類がいいか考えてみましょう。
  • 他のトースターを選び方には、一度に焼ける食パンの枚数、パンを焼く以外の機能、メンテナンスのしやすさ、デザインなども考えるのがおすすめです。
  • パンをおいしく焼くおすすめのトースターには、パナソニックやバルミューダのトースターなどがあります。
  • 安いおすすめのトースターでは、タイガーやアイリスオーヤマなどが2,000円前後でおすすめです。
  • 一人暮らしには、一枚の食パンをトーストできるツインバードのポップアップトースターやコイズミの目玉焼き機能付きトースターなどがいいでしょう。
商品一覧
ご紹介している商品一覧