こちらの記事は2019年5月10日の記事を2020年1月29日に加筆修正いたしました。

加筆修正箇所
・掃除機には紙パック式とサイクロン式があるに情報を追記いたしました。
・紙パック式掃除機のおすすめの内容を2020年1月29日の情報に更新いたしました。
・紙パック式の掃除機を選ぶ際のポイントに、以下の項目を追記いたしました。
 アタッチメントの豊富さで選ぶ

この記事では、紙パック掃除機の魅力や選び方、おすすめの品について解説します。

この記事を読むことで、紙パック式掃除機の良さを知ることができ、自分に合った掃除機を選ぶことができます。

掃除機には紙パック式とサイクロン式がある

掃除機は、ゴミの集め方によって2つの方式に分かれています。

サイクロン式の掃除機は、吸い込んだゴミを回転させて、空気とゴミに分け、ゴミだけをダストカップに集める方式の掃除機です。

ダストカップは溜まったゴミ以外を捨てる以外にも、定期的なお手入れが必要であるため手間がかかりますが、紙パック式と比べて消耗品が必要ないためランニングコストがかかりません。

清潔さを重視する人はダストカップの丸洗い可否かどうか確認しておくとよいでしょう。

紙パック式掃除機は、吸い込んだゴミを本体にセットされている紙パックに集める方式の掃除機です。

使い捨てパックに集塵するため、ごみが溜まれば丸ごと捨ることが出来るお手軽さが魅力です。

ゴミを集めたパックがいっぱいになれば、そのまま捨てることができるためチリが舞いません。

紙パックは消耗品であるため、補充する必要がありますが、排気の際にフィルターの役割も果たすため、細かいお手入れが不要です。

紙パック式のメリット

ゴミに触れなくてよい

紙パック式では、ゴミがたまった紙パックごと捨てればよいため、ゴミに触れる必要がないのが魅力です。

サイクロン式では、ゴミがたまったダストカップを取り外してゴミを捨てるため、どうしてもゴミに触らなければなりません。

埃や髪の毛などの塊に触ることには、抵抗がある人もいるでしょう。ダストカップは使い捨てではないため掃除も必要です。

紙パック式はゴミ捨てが楽で、衛生的な点がメリットです。

フィルターを掃除する必要がない

サイクロン式では、排気フィルターを定期的に掃除する必要があります。

フィルターの手入れを怠ってしまうと、吸引力が落ちてしまいます。

紙パック式での掃除機にはフィルターがついてないため、煩わしい掃除をする必要がありません。

ゴミを捨てる回数が少ない

サイクロン式ではダストカップのゴミがすぐ一杯になってしまうため、こまめに捨てる必要があります。

紙パック式では、紙パックにゴミが満帆になるまで捨てる必要がなく、一般的なゴミ捨ての頻度は1~2ヶ月に1回程度で済みます。

紙パック式のデメリット

紙パックの購入代がかかる

紙パックは使い捨てであるため、パックの予備が減る度に購入しなければなりません。

高いものではありませんが、その分コストがかかるのがデメリットです。

ゴミが溜まると吸引力が落ちる

紙パック式では、紙パックにゴミが溜まってくると、吸引力が落ちてしまいます。

一方サイクロン式では、吸引力が落ちにくく、強いパワーで使うことができます。

紙パック式の掃除機を選ぶ際のポイント

掃除機にあった純正の紙パックがよい

消耗品の紙パックは、純正のものを使うのがおすすめです。

いろいろなメーカーで互換性のある紙パックは、純正のものよりも安価なものが多いですが、つけにくかったり、気づかないうちにゴミが漏れてしまったりすることがあります。

結果的に吸引力が落ちたり、排気臭が臭うようになるというトラブルが起きてしまうこともありえます。

安心して使用するためには、純正の紙パックを選ぶとよいでしょう。

キャニスター型かスティック型か

キャニスター型は、本体とグリップ部分がホースで接続されているため力強い吸引力が特徴です。

コンセントから電源を確保するものが多く、運転時間を気にすることなく使用することができます。

スティック型は本体と吸口が一体になっているものであるため、コンパクトに収納することができ、置場所に困らないというメリットもあります。

コードレスのものが多く、可動域を気にすることなく使用することができます。

価格で選ぶ

紙パック式掃除機は、サイクロン式に比べると比較的安い価格帯で販売されています。

安いものだと5000円程度からあり、高いものだと4万円にもなります。

キャニスター型よりスティック型の方が値段が高く、更にコードレスのものが高い傾向にあります。

自分の掃除機の使い方を考えて、機能性と価格のバランスが自分に合ったものを選ぶとよいでしょう。

付属品の豊富さで選ぶ

サイクロン掃除機を選ぶ際には、付属品の多さにも注目するとよいでしょう。

狭い場所を掃除しやすい細めのノズルや、ゴミや髪の毛がくっつきやすい布製品やふとんにも効果的なヘッドがあります。

用途に応じた付属品が付いているかを確認して選ぶのがおすすめです。

紙パック式掃除機のおすすめ

東芝 VC-PH65A(W)は軽量でコンパクト

東芝 VC-PH65A(W)は、2.3kgと軽量で、コンパクトボディであることが魅力の紙パック式掃除機です。

まっすぐ握ることができ、操作が楽に行える「らくわざグリップ」と、ごみが漏れにくいシール弁などの便利機能が魅力です。

付属品には、や家具の間などの狭い所でも楽に掃除できる「すき間ノズル」も魅力でしょう。

アイリスオーヤマ IC-CSP5-Aは便利な機能が豊富

アイリスオーヤマ IC-CSP5-Aは、キャニスター型掃除機の特徴である吸引力の強さに、軽さと扱いやすさが加わった掃除機です。

使いやすく進化している次世代型スティッククリーナーも魅力でしょう。

ブラシの回転力によりヘッドが進む「自走式パワーヘッド搭載」により、ダストピックアップ率が高いのも特徴です。

ほこり感知センサーも付いており、ゴミやほこりの量を自動で見分けてパワーを制御するため、省電力にもなります。

パナソニック MC-PK20G-Nは軽さと吸引力が備わっている

パナソニック MC-PK20G-Nは、パナソニック製のキャスター型の掃除機です。

軽さと吸引力が備わったハイスペックなモデルです。

ノズルから出るマイナスイオンの力により、床を拭き掃除をしたかのような仕上がりにすることが出来ます。

パナソニック 紙パック式掃除機 シャンパンゴールド MC-PK20G-N
created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥23,800 (2020/06/05 22:31:20時点 Amazon調べ-詳細)

パナソニック MC-PA120G-Nは軽くてコンパクト

パナソニック MC-PA120G-Nは、軽くて強力パワーと、コンパクトさが魅力な紙パック掃除機です。

軽さと強力パワーが両立したコンパクトモデルと、見えないゴミも逃がさない「クリーンセンサー」搭載により、自動で掃除をサポートしてくれます。

使いやすさを追求している軽量アタッチメントが付いているのも魅力です。

シャープ EC-MS310Sは軽量なボディと自動制御機能が特徴

シャープ EC-MS310Sは、本体質量が2.4kgと軽量なボディが特徴の掃除器です。

とり回しがよく、フローリングやカーペットなどの床面を判別し、運転を自動制御するため消費電力を削減してくれます。

ヘッドにはモーター駆動のブラシを搭載しており、強力にゴミをかき取ってくれます。

紙パック掃除機についてのまとめ

  • 掃除機には紙パック式とサイクロン式があり、更にキャニスター型とスティック型があります。紙パック式は、吸い込んだゴミを本体にセットされている紙パックに集める方式です。
  • サイクロン式は吸い込んだゴミを回転させて、空気とゴミに分け、ゴミだけをダストカップに集める方式です。キャニスター型は本体とグリップ部分がホースで接続されているもの、スティック型は本体と吸口が一体になっているものです。
  • 紙パック式の掃除機は、溜まったゴミを捨てる際に紙パックごと捨てればいいので、ゴミに触る必要がなく、衛生的で楽です。
  • また、サイクロン式のものと比べるとゴミ捨ての頻度が少なくて済みます。他にも、サイクロン式掃除機に必要なフィルター掃除をしなくて良いというメリットもあります。