この記事では紙パック掃除機の魅力や選び方、おすすめの品を解説します。この記事を通して、紙パック式掃除機の良さを知ることができ、自分に合った掃除機を選ぶことができます。

掃除機には紙パック式とサイクロン式がある

掃除機は、ゴミの集め方によって、2つの方式に分かれています。紙パック式掃除機は、吸い込んだゴミを本体にセットされている紙パックに集める方式の掃除機です。

サイクロン式掃除機は、吸い込んだゴミを回転させて、空気とゴミに分け、ゴミだけをダストカップに集める方式の掃除機です。

最近は、サイクロン式掃除機が主流になってきてはいますが、昔ながらの紙パック掃除機の根強い人気も残っています。

紙パック式のメリット

紙パック式のメリット①:ゴミに触れなくてよい

紙パック式では、ゴミがたまった紙パックごと捨てればよいため、ゴミに触れる必要がないのが特徴です。

サイクロン式では、ゴミがたまったダストカップを取り外してゴミを捨てるため、どうしてもゴミに触らなければなりません。

埃や髪の毛などの塊を触ることに抵抗ある人もいるでしょう。ダストカップは使い捨てではないため、掃除も必要になります。

紙パック式はゴミ捨てが楽で、尚且つ衛生的な点がメリットです。

紙パック式のメリット②:フィルターを掃除する必要がない

サイクロン式では、排気フィルターを定期的に掃除しなければなりません。フィルターの手入れを怠ってしまうと、吸引力が落ちてしまいます。

紙パック式での掃除機にはフィルターがついてないため、煩わしい掃除をする必要はありません。

紙パック式のメリット③:ゴミを捨てる回数が少ない

サイクロン式ではダストカップのゴミがすぐに一杯になってしまうため、こまめに捨てなければいけません。

紙パック式では、紙パックにゴミが満帆になままで捨てる必要がなく、ゴミ捨ての頻度は1~2ヶ月に1回で済みます。

紙パック式のデメリット

紙パック式のデメリット①:紙パックの購入代がかかる

紙パックは使い捨てであるため、その都度購入しなければなりません。高いものではありませんが、その分コストがかかるのがデメリットです。

紙パック式のデメリット②:ゴミが溜まると吸引力が落ちる

紙パック式では、紙パックにゴミが溜まってくると、吸引力が落ちてしまいます。

一方サイクロン式では、吸引力が落ちにくく、強いパワーで使うことができます。

紙パック式の掃除機を選ぶ際のポイント

選ぶ際のポイント①:掃除機にあった純正の紙パックがよい

消耗品となる紙パックは、純正のものを使うのがおすすめです。

いろいろなメーカーで互換性のある紙パックは、純正のものより安価なものが多いですが、つけにくかったり、気づかないうちにゴミが漏れてしまったりすることがあります。

その結果、吸引力が落ちたり、排気臭が臭うようになったりというトラブルが起きてしまうこともあります。
安心して使用するためには、純正の紙パックを選ぶとよいでしょう。

選ぶ際のポイント②:キャニスター型かスティック型か

キャニスター型は、本体とグリップ部分がホースで接続されているもので、力強い吸引力が特徴です。

コンセントから電源を確保するものが多く、運転時間を気にすることなく使用することができます。

スティック型は本体と吸口が一体になっているもので、コンパクトに収納することができ、置場所に困らないというメリットもあります。

コードレスのものが多く、可動域を気にすることなくどこでも使用することができます。

選ぶ際のポイント③:価格

紙パック式掃除機はサイクロン式に比べると比較的安い価格帯で販売されています。安いものだと5000円程度からあり、高いものだと4万円にもなるものもあるでしょう。

キャニスター型よりスティック型の方が値段が高く、更にコードレスのものが高い傾向にあります。

自分の掃除機の使い方を考えて、機能性と価格のバランスが自分に合ったものを選びましょう。

紙パック式掃除機のおすすめ5選

アイリスオーヤマ IC-SLDC4

コストパフォーマンスの良さで人気のアイリスオーヤマのスティック型掃除機です。

ヘッド内部にサイクロン気流を発生させ、細かなほこりやゴミをかき出し吸い取る「サイクロンストリームヘッド」により、99%のゴミを吸い取ることができます。

ほこり感知センサーが搭載されており、節電にも優れています。

重さが1.2㎏とかなり軽量で、持ち運びもしやすく、棚の上などの高いところの掃除もしやすいです。ブラシ付ノズルが内蔵されているので、細かい場所の掃除にも便利です。

パナソニック MC-PK20G-N

パナソニックのキャスター型の掃除機です。値段は少し高めですが、軽さと吸引力を兼ね備えたハイスペックなモデルです。

ノズルからでるマイナスイオンの力で、まるで拭き掃除をしたかのようなツルツルな仕上がりになります。

床上のハウスダストまで吸いとってくれるので、ペットを飼っている家庭やアレルギーのある人に特におすすめです。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥16,588(2019/05/26 21:11:42時点 Amazon調べ-詳細)

日立 紙パック式 小型・軽量ボディ CV-VP5 W

1万円以内で購入できるコンパクトなキャスター型の掃除機です。

極限まで軽量化されながら、カーペットや絨毯の上でも問題なく使用できる協力な吸引力をもっています。ヘッドが丸洗いできるので手入れが簡単なうえに衛生的です。

三菱電機 TC-FXF8P-P

4万円と、紙パック掃除機の中では高額ですが、ハイスペックなモデルです。Amazonの評価が4.4で、口コミでも好評価を得ています。

脱臭効果の高い備長炭が配合されている「炭脱臭紙パックMP-9(3層)」や5重構造のクリーン排気システムでハウスダストを約99%以上しっかりキャッチしてくれるんです。

紙パック掃除機の中で最上位モデルと言っても過言ではありません。

マキタ CL107FDSHW

最近人気が上がっているマキタは、1000件を超えるレビューがあり、口コミでも人気の掃除機です。

紙バック式掃除機の中でも数少ないコードレスの掃除機で、22分で充電が完了できる点も魅力的です。奥まで届きやすいノズル設計がされていて、ソファーの下も楽々掃除できます。

紙パック掃除機についてのまとめ

  • 掃除機には紙パック式とサイクロン式があり、更にキャニスター型とスティック型があります。紙パック式は、吸い込んだゴミを本体にセットされている紙パックに集める方式です。
  • サイクロン式は吸い込んだゴミを回転させて、空気とゴミに分け、ゴミだけをダストカップに集める方式です。キャニスター型は本体とグリップ部分がホースで接続されているもの、スティック型は本体と吸口が一体になっているものです。
  • 紙パック式の掃除機は、溜まったゴミを捨てる際に紙パックごと捨てればいいので、ゴミに触る必要がなく、衛生的で楽です。
  • また、サイクロン式のものと比べるとゴミ捨ての頻度が少なくて済みます。他にも、サイクロン式掃除機に必要なフィルター掃除をしなくて良いというメリットもあります。
  • ひと昔前のイメージがある紙パック式掃除機ですが、使いやすい点も多いです。それぞれの掃除機の特徴を知り、自分に合った掃除機を選びましょう。