こちらの記事は2019年5月24日の記事を2020年1月30日に加筆修正いたしました。

加筆修正箇所
・電気ポットを選ぶ際のポイントに以下の項目を追記いたしました。
 省エネ・節電機能や安全機能
・電気ポットのおすすめを追記いたしました。

こちらの記事は2020年1月30日に更新された記事を2020年7月10日に加筆修正いたしました。

加筆修正箇所
・下記の項目の情報を2020年7月10日の情報に更新いたしました。
 電気ポットの大手メーカーと代表モデル
 おすすめの電気ポット

ここでは、電気ポットの選び方や、おすすめ商品の解説します。

沸騰したお湯を溜めておき、いつでも好きなタイミングでお湯を使うことができるのが電気ポットです。

この記事を読むことで、自分の環境に合った電気ポット購入の検討が出来ます。

目次

電気ポットとはなにかと主な機能

電気ポットとは、コンセントから電気を供給し、電熱線を利用してポットの中にある水を加熱させたり、沸騰させたりできる電気機器です。

電気ポットの主な機能は以下の通りです。

電気ポットの主な機能
・水を沸かす・加熱する
・保温・再沸騰
・注ぎ機能
・カルキ抜き(※1)
・内部洗浄モード
・安全装置(※2)

(※1)「カルキ抜き」は、水道水に含まれる殺菌効果の元であるカルキを取り除くことに特化した機能で、「内部洗浄モード」では、ポットの衛生面を保つことができます。

(※2)「安全装置」とは、子供のいたずらや、誤ってボタンを押した場合の事故を予防する「給湯停止装置」や、給湯ボタンとロックボタンを色分けして火傷を予防する「操作ボタンの色分け」など、ファミリー層向けを意識した設計の総称です。

電気ポットと電気ケトルの違い

保温機能

電気ポットには保温機能が付いていますが、電気ケトルには保温機能が付いていないことが、電気ポットと電気ケトルの最も大きな違いです。

電気ポットの場合は、沸かしたお湯を保温しておくことが目的の一つですが、電気ケトルの場合は、一度に使う必要な分のお湯を沸かすことを目的としているため、電気ケトルに保温機能はついていないものが多いです。

容量

電気ポットと電気ケトルには容量にも違いがあります。

保温機能と同様に、電気ケトルは一度に使う必要な分のお湯を沸かすことを目的としているため、電気ポットほどの容量がないのが一般的です。

電気料金

電気ポットと電気ケトルには、電気料金に違いがあります。

電気ポットの場合はお湯を沸かすことに加え、沸かしたお湯を一定の温度で保温する必要があります。

電気ケトルの場合は、一度お湯を沸かしてしまえば、ほかに電力を必要としないため、電気ポットを使用する方が電気料金が高い場合が多いです。

電気ケトルってなに?おすすめのケトルと選ぶ際のポイント
快適な温度で飲み物を飲める!魔法瓶の選び方とおすすめの品7選
お部屋のインテリアとしておしゃれな電気ケトルを購入しよう!

電気ポット選びではまず水量に注目する

電気ポットを選ぶポイントには、以下のような環境ごとにおすすめの水量の違いがあげられます。

一人暮らし用の電気ポットの水量は1~2Lがおすすめ

一人暮らしの場合は、大量にお湯を使うことが少ないため、基本的には電気ケトルでも問題ありませんが、来客があった場合などのために、1~2Lほどの水量を保温できる電気ポットがあるとよいでしょう。

家庭用の電気ポットの水量は2~4Lがおすすめ

家庭用の電気ポットの場合は、家族構成にもよりますが、標準タイプである2Lの電気ポットや、大家族であれば3~4Lほどの水量を保温できる電気ポットがおすすめです。

小さなお子様がいるご家庭などでは、安全面を考慮した機能の有無も選ぶポイントになります。

オフィス用の電気ポットの水量は5L以上がおすすめ

オフィスで電気ポットを利用する際には、授業員が多いことや、来客のシーンが多いことなどを想定し、5L以上の水量を保温できる大容量の電気ポットがおすすめです。

お湯の入れ替えが激しくなることも想定できるため、時間短縮機能や給水お知らせブザーなどの有無などもチェックするとよいでしょう。

電気ポットを選ぶ際のポイント

給湯タイプで選ぶ

電気ポットの給湯タイプには、ポットの蓋に設置されたプッシュプレート押してお湯を注ぐ「エアー式」と、電気を利用してワンタッチでお湯を注ぐ「電動式」、そのどちらにも対応した「電動式&エアー式」の3タイプがあります。

給油タイプ別の特徴は以下の通りです。

エアー式の特徴
構造がシンプルなため、安価のものが多く、お湯を注ぐだけであれば電気が不要なのが特徴です。
電動式の特徴
ワンタッチでお湯を注げるため、お年寄りでも使いやすい事が特徴です。
電動式&エアー式の特徴
簡単で使いやすく、プッシュ式であれば電気がなくても給湯することが出来ます。

温度調整機能で選ぶ

電気ポットに温度調整機能があれば、状況や用途に応じて細かい温度調整が可能です。

3段階の温度調整が一般的ですが、多いものであれば5段階調整まで可能な電気ポットもあります。

5段階調整が可能な電気ポットでは、70~80℃の設定も可能であるため、赤ちゃんのミルク作りにも最適です。

省エネ・節電機能や安全機能で選ぶ

電気ポットには省エネや節電機能が付いているものがあります。

ランニングコストを抑えたい方は保温機能が付いているものがおすすめです。

電源を入れていない場合でもある程度の温度を保ってくれているため、電気代の節約になるでしょう。

また、タイマー機能が付いているものもおすすめです。

使用していない時間帯に自動的に電源を切ってくれるものや、使用したい時間帯に合わせてお湯を沸かしてくれる機能は省エネにもつながるため、ぜひチェックしてみてください。

他にも蒸気による火傷を防ぐ蒸気レス機能や、チャイルドロックなどの安全機能が付いているものも数多くあるため購入の際に参考にしてみるとよいでしょう。

容量で選ぶ

電気ポットの容量は一般的に2~4Lの商品が多いですが、自分が使用する環境や家庭の人数に合わせた容量を選ぶのがおすすめです。

例えば、1人暮らしで自分しか使用しない場合は、1Lなど少量のお湯を沸かせるもので十分でしょう。

また、大家族の場合は7Lなど1度にたくさんのお湯を沸かせる商品がおすすめです。

購入する際にあらかじめ容量をチェックすることで自分にあった商品を選べるでしょう。

お手入れのしやすさで選ぶ

電気ポットは蓋が分離できるもの

こちらの記事は2019年5月24日の記事を2020年1月30日に加筆修正いたしました。

加筆修正箇所
・電気ポットを選ぶ際のポイントに以下の項目を追記いたしました。
 省エネ・節電機能や安全機能
・電気ポットのおすすめを追記いたしました。

こちらの記事は2020年1月30日に更新された記事を2020年7月10日に加筆修正いたしました。

加筆修正箇所
・下記の項目の情報を2020年7月10日の情報に更新いたしました。
 電気ポットの大手メーカーと代表モデル
 おすすめの電気ポット

ここでは、電気ポットの選び方や、おすすめ商品の解説します。

沸騰したお湯を溜めておき、いつでも好きなタイミングでお湯を使うことができるのが電気ポットです。

この記事を読むことで、自分の環境に合った電気ポット購入の検討が出来ます。

電気ポットとはなにかと主な機能

電気ポットとは、コンセントから電気を供給し、電熱線を利用してポットの中にある水を加熱させたり、沸騰させたりできる電気機器です。

電気ポットの主な機能は以下の通りです。

電気ポットの主な機能
・水を沸かす・加熱する
・保温・再沸騰
・注ぎ機能
・カルキ抜き(※1)
・内部洗浄モード
・安全装置(※2)

(※1)「カルキ抜き」は、水道水に含まれる殺菌効果の元であるカルキを取り除くことに特化した機能で、「内部洗浄モード」では、ポットの衛生面を保つことができます。

(※2)「安全装置」とは、子供のいたずらや、誤ってボタンを押した場合の事故を予防する「給湯停止装置」や、給湯ボタンとロックボタンを色分けして火傷を予防する「操作ボタンの色分け」など、ファミリー層向けを意識した設計の総称です。

電気ポットと電気ケトルの違い

保温機能

電気ポットには保温機能が付いていますが、電気ケトルには保温機能が付いていないことが、電気ポットと電気ケトルの最も大きな違いです。

電気ポットの場合は、沸かしたお湯を保温しておくことが目的の一つですが、電気ケトルの場合は、一度に使う必要な分のお湯を沸かすことを目的としているため、電気ケトルに保温機能はついていないものが多いです。

容量

電気ポットと電気ケトルには容量にも違いがあります。

保温機能と同様に、電気ケトルは一度に使う必要な分のお湯を沸かすことを目的としているため、電気ポットほどの容量がないのが一般的です。

電気料金

電気ポットと電気ケトルには、電気料金に違いがあります。

電気ポットの場合はお湯を沸かすことに加え、沸かしたお湯を一定の温度で保温する必要があります。

電気ケトルの場合は、一度お湯を沸かしてしまえば、ほかに電力を必要としないため、電気ポットを使用する方が電気料金が高い場合が多いです。

電気ケトルってなに?おすすめのケトルと選ぶ際のポイント
快適な温度で飲み物を飲める!魔法瓶の選び方とおすすめの品7選
お部屋のインテリアとしておしゃれな電気ケトルを購入しよう!

電気ポット選びではまず水量に注目する

電気ポットを選ぶポイントには、以下のような環境ごとにおすすめの水量の違いがあげられます。

一人暮らし用の電気ポットの水量は1~2Lがおすすめ

一人暮らしの場合は、大量にお湯を使うことが少ないため、基本的には電気ケトルでも問題ありませんが、来客があった場合などのために、1~2Lほどの水量を保温できる電気ポットがあるとよいでしょう。

家庭用の電気ポットの水量は2~4Lがおすすめ

家庭用の電気ポットの場合は、家族構成にもよりますが、標準タイプである2Lの電気ポットや、大家族であれば3~4Lほどの水量を保温できる電気ポットがおすすめです。

小さなお子様がいるご家庭などでは、安全面を考慮した機能の有無も選ぶポイントになります。

オフィス用の電気ポットの水量は5L以上がおすすめ

オフィスで電気ポットを利用する際には、授業員が多いことや、来客のシーンが多いことなどを想定し、5L以上の水量を保温できる大容量の電気ポットがおすすめです。

お湯の入れ替えが激しくなることも想定できるため、時間短縮機能や給水お知らせブザーなどの有無などもチェックするとよいでしょう。

電気ポットを選ぶ際のポイント

給湯タイプで選ぶ

電気ポットの給湯タイプには、ポットの蓋に設置されたプッシュプレート押してお湯を注ぐ「エアー式」と、電気を利用してワンタッチでお湯を注ぐ「電動式」、そのどちらにも対応した「電動式&エアー式」の3タイプがあります。

給油タイプ別の特徴は以下の通りです。

エアー式の特徴
構造がシンプルなため、安価のものが多く、お湯を注ぐだけであれば電気が不要なのが特徴です。
電動式の特徴
ワンタッチでお湯を注げるため、お年寄りでも使いやすい事が特徴です。
電動式&エアー式の特徴
簡単で使いやすく、プッシュ式であれば電気がなくても給湯することが出来ます。

温度調整機能で選ぶ

電気ポットに温度調整機能があれば、状況や用途に応じて細かい温度調整が可能です。

3段階の温度調整が一般的ですが、多いものであれば5段階調整まで可能な電気ポットもあります。

5段階調整が可能な電気ポットでは、70~80℃の設定も可能であるため、赤ちゃんのミルク作りにも最適です。

省エネ・節電機能や安全機能で選ぶ

電気ポットには省エネや節電機能が付いているものがあります。

ランニングコストを抑えたい方は保温機能が付いているものがおすすめです。

電源を入れていない場合でもある程度の温度を保ってくれているため、電気代の節約になるでしょう。

また、タイマー機能が付いているものもおすすめです。

使用していない時間帯に自動的に電源を切ってくれるものや、使用したい時間帯に合わせてお湯を沸かしてくれる機能は省エネにもつながるため、ぜひチェックしてみてください。

他にも蒸気による火傷を防ぐ蒸気レス機能や、チャイルドロックなどの安全機能が付いているものも数多くあるため購入の際に参考にしてみるとよいでしょう。

容量で選ぶ

電気ポットの容量は一般的に2~4Lの商品が多いですが、自分が使用する環境や家庭の人数に合わせた容量を選ぶのがおすすめです。

例えば、1人暮らしで自分しか使用しない場合は、1Lなど少量のお湯を沸かせるもので十分でしょう。

また、大家族の場合は7Lなど1度にたくさんのお湯を沸かせる商品がおすすめです。

購入する際にあらかじめ容量をチェックすることで自分にあった商品を選べるでしょう。

お手入れのしやすさで選ぶ

電気ポットは使用し続けることで、カルキと呼ばれる汚れが付着しやすくなるため定期的なお手入れが必要です。

そのため、蓋が分離できるものであれば、毎日のお手入れもしやすくなるでしょう。

また、間口が広いものなら、中までしっかりと洗浄できるため、おすすめです。

清潔なお湯を使用するためにも、お手入れの面は考慮しましょう。

電気ポットの大手メーカーとおすすめ商品

象印製は省エネだけでなく機能性や使いやすさも優れている

象印の電気ポットは、魔法瓶タイプで省エネに優れたモデルを多く販売しており、機能性や使いやすさにも優れています。

象印 VE電気まほうびん 優湯生 CV-RA50

象印 VE電気まほうびん 優湯生 CV-RA50は、まほうびん構造を活かすことで消費電力を抑えてくれる、まほうびん保温が特徴の商品です。

5Lと電気ポットの中でも比較的大容量となっており、大家族でも快適に使用できます。

また、ポットの中の水量が500mL以下になると、センサーが自動で感知し、ブザーや液晶パネルなどで給水のタイミングを教えてくれるため、給水タイミングを逃さずに済むでしょう。

最大16時間までタイマーをセットできるため、オフィスなどを退社する際にタイマーをセットしておけば、翌日出社した際にはお湯が沸いた状態にでき、すぐに使用できます。

タイガー魔法瓶製は蒸気レスや電動式&エアー式の製品が豊富

タイガー魔法瓶の電気ポットは、蒸気レスモデルや、電動式&エアー式タイプのモデルなどのラインナップが豊富です。

タイガー魔法瓶 蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん PIM-G220

タイガー魔法瓶 蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん PIM-G220は、蒸気を水滴に変えてから、ポット内に戻してくれる蒸気キャッチャー構造を搭載しているため、蒸気を外に出すことなく、どこでも安心して設置できます。

お湯計量機能が搭載されており、カップなどに注いだお湯の量を液晶パネルに表示してくれるため、計量カップなどで測り直す手間を掛けずに済むでしょう。

また、本体が転倒した場合にお湯漏れを最小限に抑えてくれる、転倒お湯漏れ防止機能や、カラだきを検知して電源を自動でオフにしてくれるカラだき防止機能など安全機能も豊富です。

スクエアフォルムと呼ばれるシンプルでありながらオシャレなデザインを採用しているため、キッチンのインテリアとしても使用しやすいでしょう。

パナソニック製は機能性に優れた製品が多い

大手家電メーカーのパナソニックでは、コードレスで使えるモデルや、ドリップコーヒー向けに給湯量を調節できるカフェ給湯モデルなど、機能性に優れた電気ポットが人気です。

パナソニック NC-BJ224

パナソニック NC-BJ224は、高性能な真空断熱材「ユーバキュア」を、ポットの内容器に採用することで、放熱を防止し、保温中の消費電力を抑えてくれます。

ドリップコーヒーへの使用におすすめのカフェ給湯機能が搭載されているため、毎日コーヒーを飲む方にもおすすめです。

また、あらかじめ設定した温度でお湯を沸かしてくれるお好み温調機能が付いており、省エネと時短を実現してくれるでしょう。

電気を節約しながら、賢くお湯を沸かすことができる商品です。

ピーコック製はコスパが高い製品が多い

ピーコックは、昭和25年創業のガラス製魔法瓶やステンレスボトルなどを主に取り扱う老舗メーカーで、価格帯が安くコスパに優れた電気ポットを多く販売しています。

ピーコック WZP-22

ピーコック WZP-22は、電源なしのコードレス給湯ができるため、お湯を沸かしてからであれば、コンセントがない場所でも問題なく給湯可能です。

上ぶたが取り外しできるため、給水やお手入れを簡単に行うことができ、毎日清潔に使用できます。

また、本体の素材にプラスチックを使用しており、長期間使用してもサビにくいでしょう。

給湯をする際に押す、プッシュプレートの押し心地が軽いため、力を入れることなく給湯可能です。

created by Rinker
ピーコック魔法瓶工業(The-peacock)
¥6,530 (2021/06/18 08:07:58時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめの電気ポット

象印 STAN. CP-CA12

象印 STAN. CP-CA12は、約コーヒーカップ2杯分にあたる240mLのお湯を約2分で沸騰させることが可能な1300Wハイスピード沸とうを採用しているため、すばやくお湯を沸かしたいという方におすすめの商品です。

お湯を少量ずつ注ぐことができるゆっくりカフェドリップ給湯機能を搭載しており、ドリップコーヒー作りにも役立つでしょう。

また、内容器には目盛りが記されているため、どの程度給水すれば、目的の容量になるかが一目で把握できます。

70℃・90℃保温ができるため、赤ちゃんのミルク作りなどにも使用しやすいです。

created by Rinker
象印マホービン(ZOJIRUSHI)
¥13,400 (2021/06/18 08:07:59時点 Amazon調べ-詳細)

THANKO 折りたたみ電気ケトル CSFIELKT

THANKO 折りたたみ電気ケトル CSFIELKTは、本体中央に付属しているシリコン部分を押すだけで、約3分の1の大きさに折り畳むことができる商品です。

コンパクトな状態にでき、カバンなどに入れて旅行先などに持って行くこともできるでしょう。

また、30~90℃まで1℃単位で温度を設定できるため、コーヒーなど飲み物への使用はもちろんのこと、赤ちゃんのミルク、野菜のお湯洗いなど様々な場面で使用できます。

電気ポットの代表的な汚れでもあるカルキを飛ばすことができる、カルキ抜き機能が搭載されているため、衛生面でも安心して使用可能です。

電気ポットについてのまとめ

  • 電気ポットは、一定の水量を一定の温度で保温でき、家庭用・オフィス用などさまざまな場面で使うことができます。
  • 電気ポットを選ぶ際は、生活環境や家族構成、使用目的などに応じて、選ぶ電気ポットの容量に注意が必要です。
  • 電気ポットを選ぶ一番のポイントは、電気ポットの容量ですが、使いやすい機能が搭載されているか、安全性はどのくらいあるのかなど、必要となるほかの機能のチェックも忘れず行うとよいでしょう。
ペットフード工房『ドッグフード工房』500円モニタ