料理の温めや、食材の解凍、アレンジレシピや、料理の時短など、ご家庭の料理においてさまざまな面で活躍するのが電子レンジです。

ここでは、そんな日々進化する電子レンジの種類や機能、選び方やおすすめ商品などを紹介していきます。

電子レンジの種類

電子レンジは大きく分けて「単機能レンジ」と「オーブンレンジ」の2種類に分類されます。以下はそれぞれのレンジの特徴です。

単機能レンジ

「マイクロ波」と呼ばれる波長の短い電波で、食材を内部から温めるのが、単機能レンジの特徴で、一般的に温め機能だけを使えるシンプルなレンジとして知られています。

温めだけを目的としたシンプルな設計となっているため、一般家庭で多く使われ、比較的低価格で購入することができ、家庭用のイメージが強いですが、中には業務用として販売されているものも多くあります。

電子オーブンレンジ

単機能レンジのように食品を温める機能に加えて、ヒーターなどの熱源を使ったオーブン調理やグリル調理など、さまざまな調理にも対応しているのが、電子オーブンレンジの特徴です。

電子オーブンレンジは年々進化していて、熱風をファンで循環させる機種や、過熱水蒸気を使って調理できるスチームオーブンなども発売されています。

その他レンジ

電子レンジは大きく分けて「単機能レンジ」と「オーブンレンジ」の2種類に分類されますが、その他にもガスを使った「ガスオーブン」、庫内にファンを備えたオーブントースターの「コンベクションオーブン」などもあり、より専門的な料理や調理に対応したレンジも多く発売されています。

電子レンジの選び方

ここからは、電子レンジの選び方を、項目別に解説していきます。

庫内容量

庫内容量は使用される人数によって選ぶものが異なり、レンジの容量を選ぶ際は、使用人数や家族の人数に合わせてサイズを選ぶ必要があります。

目安としては

  • 一人暮らしの場合 20L
  • 2人家族の場合 20~25L
  • 3~4人家族の場合 26~29L
  • 4人家族以上の場合 30L以上

こちらがサイズを選ぶ際の目安になり、その他にも天井までの高さや、ターンテーブルの有無などの使用目的も、庫内容量を計るポイントになります。

例えば、ターンテーブルが無いレンジの場合であれば、庫内がフラットになりその分ゆったりと余裕をもって使うことができます。

基本となるL数に加えて、庫内スペースや使用目的などをチェックしながら選ぶことで、より良いレンジ選びを行えます。

テーブルタイプ

電子レンジの庫内は「ターンテーブル」と「フラットテーブル」の2種類のテーブルタイプがあります。

ターンテーブルはテーブルを回転させることで、食材に熱をムラなく与え、フラットテーブルはお手入れがしやすいなど、タイプによってメリットは異なります。

以前は「フラットテーブルは食材にムラがでる」などと言われていましたが、近年では技術が進化し、フラットテーブルでも食材をムラなく温めることができます。

センサー

電子レンジとオーブンレンジには、食品の分量や状態を検知するセンサーが搭載されていて、センサーには4種類のセンサー方式があります。

  • 赤外線センサー 食材から放出される赤外線を感知し、食品の表面温度を測定し、それを元に加熱時間などを調整します。
  • 重量センサー ターンテーブルに置いた食材の総重量から加熱時間を測定し調理時間を調整する方式ですが、食材に使用する食器が重い場合などは重量差を感知しづらいため、それによって加熱しすぎてしまう場合があるので、注意が必要です。
  • 温度センサー 電子レンジ庫内の温度を測定して調理時間を調整する温度センサーで、このセンサーはオーブンやグリル機能を搭載した電子レンジに多く使われています。
  • 湿度・蒸気センサー 食材を加熱した際に発生する水蒸気量や水蒸気の変化を感知して調理時間を調整するセンサーです。

性能の高いセンサーですが、ラップなどをかけて食材を加熱する場合は、蒸気を感知することができないため、それが原因で加熱しすぎてしまう場合があるので、注意が必要です。

電子レンジの機能紹介

電子レンジにはさまざまな機能が搭載されていて、その機能を使いこなすことによって、さまざまな調理を行え、料理のレパートリーを増やすこともできます。

スチーム機能

  • 過熱水蒸気 100度以上に加熱した水蒸気を使って調理する調理方法で、これによって栄養分の損失を防ぎ、余分な油分や塩分を取り除いて、ヘルシーで美味しい料理を作ることができます。
  • ノンフライ機能 油を使わず、レンジが発する熱を使って加熱することで、これによって油を使わないヘルシーな揚げ物料理を作ることができます。
  • スチーム方式 水を入れたタンクから自動的に給水して過熱水蒸気を発生させて、食材を加熱していき、それによって美味しさを保ちつつ、ヘルシーを実現します。

調理機能

  • 2段オーブン 上下2段で調理できるタイプの電子レンジ・オーブンレンジで、オーブン機能を使えば、2段で調理方法の異なる料理を調理することができ、効率よく料理を行うことができます。
  • トースト 電子レンジ=トースト機能とイメージしがちですが、オーブンレンジではトースト機能が備わっているものは一般的ではなく、トーストすることはできますが、時間がかかってしまいます。朝食にトーストをよく食べられる方やご家庭なら、トースト機能が搭載されたオーブンレンジがおすすめです。

その他機能

  • 自動お手入れ 清掃作業の一部を自動で行ってくれる機能で、レンジのお手入れを楽に行うことができます。
  • 音声対話 ネット接続をすることによってクラウド上のAIとつながり、それによって操作方法や献立の相談などを音声対話の形でサポートしてくれます。

おすすめのオーブンレンジ

ここからは、おすすめしたいオーブンレンジをいくつか紹介していきます。

エレック NE-MS265

  • メーカー パナソニック
  • 容量 26L
  • センサー 赤外線
  • 機能 作り置き機能 人数設定 全解凍

パナソニックから発売されたオーブンレンジで、マイクロ波をらせん状に放出して食材をムラなく解凍する「全解凍機能」、ダイヤルを回すだけで簡単に自動メニューの人数設定(1~4人)ができる「人数設定」など、機能性にも優れたオーブンレンジです。

created by Rinker
¥37,500(2019/02/20 09:37:01時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥23,250(2019/02/20 09:37:01時点 Amazon調べ-詳細)

石窯ドーム ER-SD3000

  • メーカー 東芝
  • 容量 30L
  • センサー 赤外線
  • 機能 熱風2段オーブン

「高火力×熱対流」をコンセプトにしたオーブンレンジで、「石窯ドーム」と「角皿スリット」による熱対流で、食材をムラなく焼き上げます。

350°のオーブン調理と、高火力のグリル調理など、さまざまな料理を行えます。

created by Rinker
東芝(TOSHIBA)
¥107,360(2019/02/20 09:37:02時点 Amazon調べ-詳細)

ヘルシーシェフ MRO-TS8

  • メーカー 日立
  • 容量 23~31L
  • センサー 重量
  • 機能 2品同時あたため

過熱水蒸気やレンジ・オーブン・グリルの加熱方法を組みあわせて、ヘルシーなメニューを作ることができ、ノンフライにも対応しています。

冷凍と冷蔵の2品や重さの違う2品を同時にあたためまることができる「2品同時あたため」など、機能性も優れています。

電子レンジ・オーブンレンジ まとめ

  • 電子レンジには「単機能レンジ」と「オーブンレンジ」の2種類があり、単機能は温めだけを、オーブンレンジはさまざまな調理に対応しています。
  • 電子レンジを選ぶ際は「庫内容量」「センサー」「テーブルタイプ」などをポイントとして、家族構成や料理内容など、状況や用途に適した電子レンジ選びが大切です。
  • オーブンレンジにはさまざまな機能が搭載されていて、どのような料理を作りたいか、作りたい料理にはどのような調理が必要かなどを把握して、それに適した機能が搭載されているオーブンレンジを選びましょう。