こちらの記事は2018年9月18日の記事を2020年10月14日に加筆修正いたしました。

加筆修正箇所
・以下の項目を更新いたしました。
おすすめのフードプロセッサー
おすすめのミキサー
おすすめのハンドブレンダー
おすすめのジューサー

この記事では、フードプロセッサーとはなにかや、フードプロセッサーとミキサー・ブレンダー・ジューサーなどとの違いについて解説します。

料理をする人にとって、手早く料理の下ごしらえができるフードプロセッサーは便利な道具です。

しかし、最初はフードプロセッサーがミキサーやブレンダーなどの調理器具とどう違うのかわからないという人もいるでしょう。

この記事を読むことで、自分に合った調理器具購入の検討が出来ます。

そもそもフードプロセッサーとはなにか?

フードプロセッサーとは、モーターで刃を回転させることで食材を切り刻んだり、混ぜたりする調理器具です。

容器に食材を入れてスイッチを押すだけで、面倒なみじん切り、ペースト、すりおろしなどを作ることができます。

包丁を使って手作業で切り刻むよりも、細かく素早く行うことが可能です。

離乳食を作る場合には、フードプロセッサーがあれば手軽に作る事が出来ます。

料理の下準備を時短するのにも、フードプロセッサーがあれば快適に行うことが出来ます。

フードプロセッサーとミキサーの違い

現代のフードプロセッサーとミキサーは基本性能が高いため、液体・個体の両方に対応できるモデルが少なくありません。

フードプロセッサーとミキサーの違いは薄くなっているため、経済面と収納スペースなどを考えて、用途に合った方を選ぶという方法もあるでしょう。

フードプロセッサーのメインの機能は、料理の下ごしらえです。

ミキサーよりも刃が容器の全体に届くため、肉や魚などの粘りの強い食材のカットも可能です。

ミキサーと比較したカットの特徴は、フードプロセッサーの方が大分粗く仕上がる事があげられます。

ミキサーが作れるのは、スープやジュースなどが主です。野菜や果物などに水分を加えてジュースなどを作ることができます。

食材をペーストにした初期の離乳食を作ることも可能です。

しかし、ミキサーは氷を入れて動かすと刃が欠ける可能性があるため、氷を使ったものを混ぜるのは避ける必要があります。

商品によっては氷対応のものもあるため、氷を入れたい場合には、対応しているかどうかを踏まえて購入する必要があるでしょう。

その他の注意点として、ミキサーの刃は下側についていているため、キウィやバナナなどのミキサー側面につきやすい食材は、うまく混ざらないことがあげられます。

ここまで見て、「もっとスープやジュースなどをメインに作りたいな。」と思った場合は、ミキサーについて解説している以下の記事が参考になるでしょう。

関連記事
ミキサーの選び方のポイントとおすすめのメーカーの品を解説

フードプロセッサーとブレンダーの違い

フードプロセッサーとブレンダーは、どちらもモーターで刃を回して食材を細かくするという点では機能が同じです。

ミキサーとブレンダーは似ているため、違いが分からないという人も少なくありません。

英語ではどちらもブレンダーと呼ばれており、ミキサーとブレンダーは本来同じものをさしています。

しかし、日本では大型でジュースやスムージーなどを作るものをミキサーと呼んでいます。

ブレンダーという名前の製品に多いのが、手持ちタイプのハンドブレンダーです。

マルチブレンダーやハンドミキサーと呼ばれることもあります。

このハンドブレンダーは手持ちで使えるため、直接鍋に入れて使う事ができます。

ミキサーに比べてコンパクトであるため、収納にも場所を取らない、軽くてお手入れしやすいという事が魅力です。

大量の下ごしらえでは、フードプロセッサーには叶いませんが、離乳食の作成や、ポタージュやスムージー、卵や生クリームの泡だてなど、色々な使い方ができます。

フードプロセッサーとジューサーの違い

ジューサーは、基本的に果実の実を絞る機能に特化した調理家電です。

フードプロセッサーやミキサーは、内部のカッターで食材を切り刻んで混ぜますが、ジューサーでは入れた物の水分を取り出す仕組みが特徴です。

ジューサーでは、水分を取り出した後の繊維や皮などは水分と分けて取り出すことができます。

おすすめのフードプロセッサー

テスコム Pure Natura TK213

テスコム Pure Natura TK213は、付属のアタッチメントを付け替えることで、きざむ、まぜる、粗目におろす、細か目におろす、泡立てるの5つの作業をこの商品1台で行うことができます。

特に従来の製品にはなかった泡立て機能は、滑らかな食感の自家製バターやホイップクリームを簡単に作ることが可能です。

また、使用していない時はアタッチメントを容器の中に全て収納できるため、収納場所にも困らないでしょう。

液漏れがしにくい軸とボトルが一体化した構造をしており、スープやドレッシングなど液漏れがしやすい調理でも安心して行えます。

肉料理や魚料理、デザートなど様々なジャンルの全10種類のレシピが載ったレシピブックが付属してくるため、毎日の献立作りにも役立つでしょう。

スイッチを押すだけで調理を開始できるため、子供と一緒に調理をしたい方にもおすすめです。

オーム電機 COK-MT1A

オーム電機 COK-MT1Aは、きざむ、まぜるの2種類の作業をスイッチを押すだけですばやく行うことができます。

面倒な下ごしらえを簡単に行うことができるため、料理の時短にもつながるでしょう。

また、容器の容量は、肉の場合は150gと比較的余裕があるため、家族がいる方にもおすすめです。

created by Rinker
オーム電機
¥1,973 (2020/10/29 18:23:33時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめのミキサー

ティファール ミックス&ドリンク ネオ BL13AEJP

ティファール ミックス&ドリンク ネオ BL13AEJPは、コンパクトなサイズ感でありながら、300Wと強力なパワーを発揮できる商品で、野菜など硬い食材でも簡単に調理できます。

アイスクラッシュ機能を搭載しているため、硬い氷も楽に砕くことが可能です。

また、高速と低速の2種類の速さを自由に調節できるため、食材に合わせたスピード設定ができます。

2段階ロックシステムを採用しており、食材が誤って飛び出してしまうリスクも減らしてくれるでしょう。

パワフルな力を発揮できる商品を購入したい方におすすめです。

山善 真空ブレンダ― YMG-V1000

山善 真空ブレンダ― YMG-V1000は、ボタンを押すだけでボトル内を減圧することができ、鮮度と栄養を閉じ込めた状態で食材を砕くことができます。

真空状態にできるため、空気が容器内に入らずに済み、食材の酸化を防止可能です。

また、容器は取り外しができるため、ジュースなどを作った際にグラスに注ぎやすいでしょう。

操作画面はタッチメニュー式となっており、誰でも簡単に操作できます。

減圧がない状態でも使用できるため、通常の調理と減圧調理の両方を行いたい方におすすめです。

おすすめのハンドブレンダー

パナソニック MX-S102

パナソニック MX-S102は、混ぜるとつぶすの2種類の作業を1台で行うことができ、野菜や果物も繊維からカットしてくれるため、非常に柔らかい状態に調理可能です。

ロック解除ボタンを押している間だけ運転ボタンをオンにできるダブルアクションスイッチを採用しているため、誤作動が起きる心配もないでしょう。

また、本体に負荷がかかり、モーター部分の熱が上昇した場合などに自動で運転をオフにしてくれるモーター保護装置も搭載されています。

部品ごとに食洗器が使用できるかどうかが決まっているため、お手入れの際には注意が必要です。

ドリテック ブラン・ハンドブレンダー HM-805

ドリテック ブラン・ハンドブレンダー HM-805は、約500gとハンドブレンダーの中でも軽量な商品で、手にフィットしやすいため力を入れることなく調理を行えます。

つぶすとまぜるの2種類の作業に対応しており、お鍋などに直接使用できるため、下ごしらえのために無駄な食器を使用せずに済み、後片付けも楽になるでしょう。

また、プラスチック製のガードが歯の部分に付属しており、使用した際に容器や食器を傷つけずに済みます。

専用容器の底にはシリコン製のすべり止めが付いているため、作業中に容器が転倒するリスクも防止可能です。

シンプルなデザインで様々なキッチンに馴染みやすいため、インテリアにこだわる方にもおすすめとなっています。

created by Rinker
¥6,600 (2020/10/30 09:49:37時点 楽天市場調べ-詳細)

おすすめのジューサー

パナソニック MJ-L600-H

パナソニック MJ-L600-Hは、低速回転により、栄養豊富なコールドプレスジュースを作れる「低速圧縮絞り方式」が特徴です。

濃厚なとこみのあるジュースを作れる「あらごしフィルター」や、かたい食材も最後までしぼりきる「分散型圧縮構造」も魅力で、様々な食感のジュースを作る事が出来ます。

クビンス JSG-721R

クビンス JSG-721Rは、投入口が広いため、小さめのりんごや皮を剥いたオレンジをそのまま投入することができ、材料を切る手間を省くことができます。

刃が無いため摩擦熱が発生せず、栄養素の損失を最小限に抑えられるのも魅力です。

低速回転で石臼のように圧力をかけ、ゆっくりとすり潰す事で、栄養豊富なコールドプレスジュースを手軽に楽しむことが出来ます。

created by Rinker
Kuvings(クビンス)
¥43,780 (2020/10/29 18:23:34時点 Amazon調べ-詳細)

フードプロセッサーについてのまとめ

  • フードプロセッサーとは、モーターで刃を回転させることで、食材のみじんきりやペーストをなどをする調理器具です。
  • フードプロセッサーとミキサーの違いは、ミキサーはスープやジュースを作ることがメインで、フードプロセッサーは料理の下ごしらえがメインです。
  • フードプロセッサーとブレンダーの違いは、ブレンダーはミキサーと同じでスープやジュースがメイン。現代では手持ちタイプのハンドブレンダーが一般的です。
  • フードプロセッサーとジューサーの違いは、ジューサーはメイン機能は果実を絞ることで、絞った後の繊維や皮などは残る事です。フードプロセッサーは食材を切り刻んで混ぜるのが特徴です。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
created by Rinker
オーム電機
¥1,973 (2020/10/29 18:23:33時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥6,600 (2020/10/30 09:49:37時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
Kuvings(クビンス)
¥43,780 (2020/10/29 18:23:34時点 Amazon調べ-詳細)