旅行や、出張など様々な理由で飛行機を利用される方は多いと思いますが、
飛行機に乗るにあたって持ち物の制限がある事をご存じでしょうか。
制限がある物の1つにモバイルバッテリーがあります。
ですが、今や必要不可欠なスマホを充電するのに大変必要な物と言えます。
今回は、そんなモバイルバッテリーの持ち込みについて対処法を紹介したいと思います。

飛行機内のスマホ事情

飛行機内のスマホの使用は、実は制限があり、普段使う時のように使う事はできません。
その理由として、飛行機内には様々な電気配線がありスマホやパソコンなどの電子機器がオンになっていると電子機器から発生した磁気が電気系統の磁界に影響があり誤作動や誤発信を招く可能性があるからです。
では、飛行機内ではスマホや携帯電話を使う事が出来ないのでしょうか。

携帯電話やスマートフォンの扱いについて

飛行機内でスマホや携帯電話を使う事が出来ないわけではありません。
2014年に航空法改正によって飛行機外の通信設備に無線通信しない状態(機内モード)であればスマホやパソコンなどは利用する事が出来るようになりました。
機内モードとは、データ通信、Wi-Fi、Bluetooth、GPSの4つの機能を一括で停止できる機能の事を指します。

そういった機能が停止する事によってインターネットの閲覧やメールの送受信、通話が出来なくなりますが、受信済みのメールや事前にダウンロードしておいた音楽や動画は楽しむ事が出来ます。
また、機内にWi-Fiのサービスがある飛行機ならインターネットの利用が可能です。

モバイルバッテリーは航空法で預入禁止

動画や音楽を機内で楽しんでいるとやはりスマホのバッテリーの減りは早くなってしまいます。
そんな時、モバイルバッテリーを機内で使う事は出来るのでしょうか。
機内で使用する事は可能ですが、過去に航空機火災につながった事件がきっかけで預入れが出来なくなった為、モバイルバッテリーは預入れする事が禁止されています。

モバイルバッテリーは手荷物として持ち運ばなければいけません。
ただ、持ち運びにも制限があります。
ワット数が制限容量を超える場合は持ち込みであってもモバイルバッテリーを使う事はできません。

その理由として、万が一、モバイルバッテリーが爆破、炎上した時に対処できる規模に限界がある為とされています。
持ち込みの制限容量は航空会社や便よって異なるので注意が必要です。
また、一般的に国内線より国際線の方が基準は厳しいようです。

充電器(コンセント、乾電池、USBタイプ)OK

では、飛行機内でスマホや携帯電話を充電したい場合は、モバイルバッテリーではなく充電器での充電は可能です。
充電器の種類としてコンセント、乾電池、USBタイプだと機内での使用が可能で、機内にコンセントが付いている飛行機があります。

 

国内線と国際線、モバイルバッテリーの容量とルール一覧


ここでは、国内線、国際線のモバイルバッテリーの容量とルールを紹介したいと思います。
まずは、国際線からご紹介します。

 

航空会社 容量
JAL ~100Wh 制限なく持ち込み可

100Wh~160Wh最大2個まで持ち込み可

ANA ~100Wh 制限なく持ち込み可

100Wh~160Wh最大2個まで持ち込み可

スターフライヤー ~100Wh 制限なく持ち込み可

100Wh~160Wh最大2個まで持ち込み可

AIRDO ~100Wh 制限なく持ち込み可

100Wh~160Wh最大2個まで持ち込み可

ピーチ ~100Wh 制限なく持ち込み可

100Wh~160Wh最大2個まで持ち込み可

スカイマーク ~160Wh:2個まで持ち込み可
ジェットスター ~100Wh 制限なく持ち込み可

100Wh~160Wh最大2個まで持ち込み可

次は国際線を紹介します。

アメリカン航空 ~100Wh:制限なく持ち込み可

100Wh~160Wh最大2個まで持ち込み可

160Wh~300Wh特別支援サポートに問い合わせる必要あり

ユナイテッド航空

 

~100Wh:制限なく持ち込み可

100Wh~160Wh最大2個まで持ち込み可

160Wh~300Wh機内持ち込み不可

デルタ航空

 

~100Wh:制限なく持ち込み可

100Wh~160Wh最大2個まで持ち込み可

160Wh~機内持ち込み不可

ブリティッシュ・エアウェイズ

 

~100Wh:最大4個まで

100Wh~160Wh最大2個まで持ち込み可 ただし航空会社の許可必要

160Wh~機内持ち込み不可

エールフランス航空

 

~100Wh:制限なく持ち込み可

100Wh~160Wh最大2個まで持ち込み可

 

ルフトハンザドイツ航空

 

~100Wh:最大2個まで

100Wh~160Wh用途によって条件が異なる

KLMオランダ航空

 

~100Wh:持ち込み可

100Wh~160Wh持ち込み可だが航空会社に許可が必要

機内持ち込みは合計2個まで

大韓航空

 

~100Wh:持ち込み可

100Wh~160Wh最大2個まで持ち込み可

機内持ち込みは合計5個まで

中国国際航空

 

50Wh以下:制限なく持ち込み可(最大8個まで)

50Wh~100Wh最大2個まで持ち込み可

100Wh~160Wh機内持ち込み可(最大2個まで)

中国東方航空

 

~100Wh:制限なく持ち込み可

100Wh~160Wh最大2個まで持ち込み可

100Wh~160Wh機内持ち込み不可

チャイナ・エアライン ~100Wh:制限なく持ち込み可

100Wh~160Wh最大2個まで持ち込み可(ただし航空会社の許可必要)

カンタス航空

 

~100Wh:最大20個まで

100Wh~160Wh最大2個まで持ち込み可

ジェットスター航空

 

~100Whまたはリチウム含有量8g以下:制限なく持ち込み可

リチウム含有量8g~25g:最大2個まで

ZIPAIRTOKYO

 

~100Wh:制限なく持ち込み可

100Wh~1600Wh:最大2個まで

 

まとめ

今回は、飛行機内の充電器の持ち込みについてご紹介しました。
以前までは携帯電話やスマホの持ち込みは、機内にある様々な電気系の磁界に影響があり、誤作動や誤発信を招く恐れあり禁止されていましたが、2014年の法改正により機内モードであれば、持ち込みが出来るようになりました。
また、スマホや携帯電話に使われるモバイルバッテリーは火災の原因になる為、預け入れが出来ず、持ち込みでの使用が可能です。
ですが、持ち込める容量にも限りがあり、注意が必要である事や持ち込める容量は航空会社によって様々なので確認が必要だという事が分かりました。