ここでは、国内主要メーカーが開発した最新型の炊飯器の特徴や、選び方を解説します。

この記事を読むことで、自分に合った炊飯器購入の検討が出来ます。

炊飯器は加熱方式とメーカーによって味に差が出る

炊飯器の加熱方式は、「マイコン式」「IH式」「圧力IH式」の3種類に分けることができます。それぞれの方式で炊きあがりが変わってきますが、同じ方式の炊飯器でも、メーカーや機種によっても差が出てきます。

メーカー各社が考える「おいしいお米」の定義や、ねらいの違いといえるでしょう。

消費者としては、加熱方式とメーカーのねらいの両方が好みに合うものを選ぶのがベストです。

炊飯器の主なメーカー

電気炊飯器の国内シェアは、象印(ZOJIRUSHI)、パナソニック、タイガー、三菱電機の四社が上位を占めています。

圧倒的に評価の高い象印

象印マホービン株式会社は、炊飯器市場で国内シェアトップを誇るメーカーです。

消費者の多様な嗜好性に合わせて幅広い商品バリエーションを展開し、高い評価を得ています。

様々な機能が付いているタイガー

「炊きたて」シリーズでおなじみの、タイガー魔法瓶株式会社の炊飯器は、土鍋の内釜と、豊富な機能が特色です。

ごはんのねばり加減を5段階で調整できる「米(マイ)チューニング」機能や、土鍋ならではの「おこげ」を味わえる「3段階の火かげん調節」など、タイガーらしいこだわりの機能がついています。

おどり炊きが特徴的なパナソニック

パナソニック株式会社は世界で初めてIH炊飯器を発売したメーカーです。

その後、旧三洋電機の「おどり炊き」技術が加わり、「大火力Wおどり炊き」と「圧力可変Wおどり炊き」シリーズに発展しています。

内釜に炭を使用したものが多い三菱

三菱電機株式会社は、2006年に純度99.9%の炭素を使用した本炭釜炊飯器NJ-WS10を発売しました。

NJ-WS10は定価11万5千500円という破格の高額商品にもかかわらず大ヒットとなり、のちの高級炊飯器ブームの火付け役になりました。現代でも本炭釜は三菱電機の炊飯器のトレードマークです。

炊飯器の選び方

炊飯器の選び方①:炊飯量で選ぶ

炊飯器に求められる炊飯量は家族構成で変わってきます。目安としては、一人暮らしなら3.5合以下、一般家庭は5.5合、5人以上の大家族は1升が良いでしょう。

炊飯器の選び方②:IH炊飯など加熱方式で選ぶ

電気炊飯器の加熱方式には、「マイコン式」「IH式」「圧力IH式」の3つがあります。 「マイコン式」は、ヒーターが釜の底にあり、火力や機能は劣りますが、低価格で購入できるのがメリットです。

「IH式」は電磁力で内釜全体を発熱させて、ムラなく炊きあげる方式です。

「圧力IH式」は、ノーマルのIH式に圧力鍋の機能を加えたモデルです。高価ですが、お米の風味と甘みを最大限に引き出すことができるので、味にこだわるグルメに人気があります。

メーカー別人気ナンバーワン商品

象印 炎舞炊き NW-KA10

NW-KA10は、底部のIHヒーター3基を独立制御し、一部を集中加熱できる「炎舞炊き」機能を搭載した炊飯器です。

内釜にはアルミと鉄とステンレスから成る「豪炎かまど釜」を採用し、炊きあがりを各家庭の好みに合わせた「わが家炊き」機能も搭載しています。

created by Rinker
象印マホービン(ZOJIRUSHI)
¥71,366(2019/05/26 00:01:12時点 Amazon調べ-詳細)

パナソニック Wおどり炊き SR-VSX109

SR-VSX109はごはん粒を美しく炊きあげる「加圧追い炊きplus」と、炊飯時間を短縮する「スチーム高速コース」を初搭載したパナソニックの最新トップモデルです。

また「鮮度センシング」機能により、鮮度が落ちたお米でも新米のようにおいしく炊くことができます。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥104,600(2019/05/26 00:01:13時点 Amazon調べ-詳細)

タイガー 炊きたて JPH-B101

JPH-B101は、本物の土で作った厚い「本土鍋」を採用しています。

お米のもちもちした弾力を引き出す「可変W圧力」で、おいしいご飯を炊きあげます。コンパクトでハイセンスなリビングにピッタリのデザインも魅力です。

三菱電機 本炭釜 KAMADO NJ-AW109

NJ-AW109は、内釜全体を包み込む「八重全面ヒーター」と、底面トリプルリングIHでお米全体に熱を伝え、粒だったお米に炊きあげる羽釜タイプのIH炊飯器です。

内釜中心部を沸騰させて強力な熱対流をおこす「泡昇り釜底」により、お米のおいしさを引き出します。

硬めの美味しいご飯が炊けるおすすめの炊飯器3選

硬めのご飯が好きな方や、カレーやチャーハン用のシャキッとしたご飯を炊きたい方には、お米の弾力をほどよく高めるIH炊飯器がおすすめです。

象印 STAN. NW-SA10

NW-SA10は、沸騰後も火力を下げず、IHの高火力で炊き続けてうまみを引き出す「豪熱沸とうIH」を採用したIH炊飯ジャーです。

ごはんとおかゆのかたさは4段階で調節可能です。

スタイリッシュなSTANシリーズ共通のデザインは、見た目だけでなく、「フラット庫内」+「フラットトップパネル」+「シボ加工のフラットフレーム」の採用で、お手入れしやすいのもメリットでしょう。

created by Rinker
象印マホービン(ZOJIRUSHI)
¥47,000(2019/05/26 00:01:14時点 Amazon調べ-詳細)

パナソニック大火力おどり炊き SR-HX108

SR-HX108は、泡による強力な熱対流でお米をおどらせて均一に加熱する「大火力おどり炊き」を搭載したIH炊飯器です。

銀シャリコースでは好みに合わせて「ふつう」「かため」「やわらか」の3コースを選べます。

日立グローバルライフソリューションズ株式会社 おひつ御膳 RZ-BS2M

RZ-BS2Mは2合炊きの個性的なIH炊飯器です。本体は取り外し式ですが、全周断熱構造の採用で、熱を逃がさずに保温できます。

少量の炊飯でも水位の調整がしやすく、「おこのみ水位線」を目印に、「やわらかめ」や「かため」など、お好みのごはんに炊き分けられます。

柔らかめの美味しいご飯が炊けるおすすめの炊飯器3選

象印 極め炊き NW-JB18

NW-JT18は、「鉄器コート豪熱羽釜」を採用した一升(10合)炊きの圧力IH炊飯器です。

お米の甘みを引き出す「大火力」と、お米に甘みをしみ込ませる「高圧力」をコラボした「プレミアム対流」を採用しています。

使ううちにご家庭の好みの味に進化する「わが家炊き」メニューや、7種類の食感に炊き分ける「炊き分け圧力」を搭載しています。

created by Rinker
象印マホービン(ZOJIRUSHI)
¥43,799(2019/05/26 00:01:15時点 Amazon調べ-詳細)

パナソニックWおどり炊き SR-SPA109

SR-SPA109はスチーム&可変圧力IH方式で、甘くもちもちした食感の銀シャリを実現したパナソニックの最新モデルです。

「Wおどり炊き」でお米のかたさや食感を細かく選んで炊き分ける最高級の炊飯器です。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥83,530(2019/05/26 00:01:15時点 Amazon調べ-詳細)

タイガー炊きたて JPH-A101

JPH-A101は内釜に新素材の「プレミアム本土鍋」を採用し、豊かなかおりとうまみを引き出す炊飯器です。四日市萬古焼の本土鍋と、「可変W圧力」の採用で、もちもちとした弾力を引き出すことが出来ます。

炊飯器のメーカーごとの違いについてのまとめ

  • 炊飯器は、加熱方式によってマイコン式、IH式、圧力IH式の3つに分けることができます。
  • 電気炊飯器の国内シェアは象印、パナソニック、タイガー、三菱電機の四社が上位を占めています。
  • 炊飯器の炊きあがりは加熱方式だけでなく、メーカーの違いによっても差が出ます。