こちらの記事は2019年3月12日の記事を2020年6月10日に加筆修正いたしました。

加筆修正箇所
・以下の項目を2020年6月10日の情報に更新いたしました。
 紙パック式のマキタの掃除機
 カプセル式のマキタの掃除機

この記事ではマキタ掃除機の中から、ご家庭に適した製品の選び方とおすすめのモデルをいくつかご紹介いたします。

この記事を読むことで、自分に合ったマキタの掃除機購入の検討ができます。

マキタとはどんなメーカー?

マキタとは、国内シェア約60%・世界シェア25%の実績を誇る国内最大手の総合電動工具メーカーです。

国内のみならず世界40ヶ国以上に進出し成功を収めています。

マキタは、リチウムイオンを使用したコードレス工具のラインナップが充実しており、中でもドライバーは根強い人気があります。

バッテリーのパワーにも定評があり、プロフェッショナルを含む幅広いユーザーから高い評価を得ているのも特徴です。

マキタの名前を世界中に知らしめた理由として、顧客へのきめ細かいアフターサービスがあげられます。

依頼を受けるとたったの3日で修理してしまうという、マキタの”修理3日体制”は有名です。

徹底した品質管理に加え、クレームの早期対応など、万全の品質保証体制を整えている事も世界中にマキタの名を知らしめた所以でしょう。

マキタのコードレス掃除機の特徴

マキタのコードレス掃除機の特徴は、バッテリーの互換性があるのが特徴です。

以下では、マキタ製コードレスクリーナーの2種類のバッテリーの特徴を紹介します。

外付け式
掃除機本体からバッテリーを取り外し、専用充電器を使用してバッテリーを充電するタイプ。
内蔵式
掃除機本体に専用の充電器コードを差し込み、バッテリーを充電するタイプ。

マキタの製品は、品番に「Z」がついている掃除機の場合「本体のみ」の製品で、バッテリーや充電器、ケースが付属しないことを意味します。

本体のみの製品は、すでにマキタ製のバッテリーと充電器をお持ちの方におすすめです。

反対に、品番に「Z」のない掃除機だと、バッテリーと充電器も本体とセットになっている事を意味しています。

自分がマキタ製のバッテリーと充電器を持っているかを踏まえて製品を選ぶことができます。

マキタの掃除機の選び方

バッテリーの種類で選ぶ

マキタの掃除機を選ぶ際のポイントとして、まずはバッテリーの種類に注目するとよいでしょう。

現在のマキタ製のバッテリーには、リチウムイオンバッテリーとニカド電池内臓バッテリーがあります。

リチウムイオンバッテリーは、急速充電や継ぎ足し充電(電池を使いきる前に充電すること)が可能で、さらに劣化にも強いという特徴があります。

ニカド電池内臓バッテリーに比べると少し高めに設定されていますが、機能性や寿命の長さが魅力です。

ニカド電池内臓バッテリーはリチウムイオンバッテリーと比べると寿命が短いですが、比較的安く購入することができます。

スイッチ・集じん方式で選ぶ

スイッチ・集じん方式で選ぶのもポイントです。

マキタのコードレス掃除機のスイッチは、トリガータイプとワンタッチタイプの2種類があります。

また、どちらのスイッチかによって、集じん方式はカプセルタイプか、紙パックタイプかが決まります。

スイッチ・集じん方式を踏まえて、自分にとって使いやすい方を選ぶとよいでしょう。

トリガータイプ

トリガータイプは、トリガー(引き金)部分を引いている間のみ電源が入り、常に強モードとなります。

小まめに電源を切りながら掃除をしたい人はトリガータイプがおすすめです。

トリガータイプのモデルの集じん方式は、カプセル内にゴミやホコリが溜まる方式を採用しています。

ワンタッチタイプ

ワンタッチタイプは、HIGH/LOWボタンで電源を入れる事ができ、パワーの強弱の切り替えができます。

ボタン一つでパワーの強弱をつけながら、ある程度時間をかけて掃除機をかけたい人はワンタッチタイプがおすすめです。

ワンタッチタイプの集じん方式は、使い捨て紙パック内にゴミやホコリが溜まる方式を採用しています。

トリガータイプのマキタの掃除機

makita CL108FDSHWは連続運転に最適

makita CL108FDSHWは、連続運転に最適な「ワンタッチスイッチ」により、高い所や狭い所など、スイッチから指が離れる場面での掃除を快適に行うことができます。

便利なLEDライトを備えており、掃除する箇所を明るく照らしたり、バッテリー切れが近くなるとお知らせしてくれたりします。

集じん方法はカプセル式で、ゴミ捨てはカプセル部をひねれば簡単に外すことが可能です。

また、別売りのサイクロンアタッチメントを装着する事で、サイクロンで小さなゴミを遠心分離し、ゴミ捨て頻度を低減させることができます。

makita CL281FDFCWは強力吸引が可能

makita CL281FDFCWは、高効率なブラシレスモーターと内部構造の見直しにより、最大吸込み仕事率は60Wという強力吸引を実現しています。

また、掃除機の騒音を抑えるために、排気口に「穴あき吸音スポンジ」を配置しているのも特徴です。

また、しっかりとカプセルを固定できる「誤取付防止構造」により、カプセル式掃除機に起こりやすい本体内部へのゴミ侵入を防ぐことができます。

ワンタッチタイプのマキタの掃除機

makita CL107FDSHWは軽量でコンパクト

makita CL107FDSHWは、重量1.1kgという軽量さと、コンパクトな本体を実現したコードレス式スティック型クリーナーです。

集じん方式は紙パック式であるため、集めたゴミはボタン一つで、手をゴミで汚さずに捨てることができます。

LEDライト付であるため、薄暗い場所でもゴミを見やすく照らして掃除することが可能です。

また、バッテリー容量が少なくなった場合は点滅によって知らせてくれるため、あとどのくらい掃除をかけられるかを測ることができます。

バッテリーの持続時間は、吸引力の最も高い「パワフルモード」で10分、「強モード」で12分、「標準モードで」25分です。

マキタの掃除機についてのまとめ

  • マキタ社は国内シェア約60%・世界シェア25%の実績を誇る、国内最大手の総合電動工具メーカーです。
  • マキタの”修理3日体制”は有名で、万全の品質保証体制が整えられています。
  • マキタ掃除機なら、家庭用として人気の高いコードレスクリーナーが軽量&コンパクトでおすすめです。
  • マキタ製品はバッテリーの互換性があるため、手持ちのマキタ製品バッテリーを掃除機に使用できます。
  • 急速充電・継ぎ足し充電が可能で、劣化もしにくいリチウムイオンバッテリーの掃除機がおすすめです。
  • 小まめに電源を切りながら掃除をしたい人はトリガータイプがおすすめです。
  • ボタン一つでパワーの強弱をつけながら、時間をかけて掃除機をかけたい人はワンタッチ式がおすすめです。
  • 集じん方式はカプセルタイプと紙パックタイプの2種類があります。