こちらの記事は2018年11月12日の記事を2020年4月17日に加筆修正いたしました。

加筆修正箇所
・日立ビートウォッシュのサイズ別モデルを2020年4月17日の情報に更新いたしました。

ここでは、日立のビートウォッシュ洗濯機の特徴や、サイズ別のモデルを解説します。

この記事を読むことで、自分に合ったビートウォッシュ購入の検討ができます。

ビートウォッシュとはなにか?

ビートウォッシュとは、日立製作所による、大型のウィング(洗濯ものを回転させる羽根)が特徴の洗濯機です。

従来の洗濯底についているウィングは小刻みなものが一般的でした。

しかし、ビートウォッシュでは大きく波打ったウィング(ビートウィング)を採用することにより、強力な遠心力を実現し、洗濯物を大きくかき回しながら洗えるようになっています。

強力な汚れ落とし性能により、少ない水でも十分に洗濯可能であるため、節水にも役立っています。

関連記事
東芝の洗濯機の特徴とは 洗濯機の選び方と合わせて解説
洗濯機の選び方のコツ 7kgの容量の魅力とおすすめのモデルを解説
斜めドラム洗濯機のメリットとは おすすめのご紹介
洗濯機で静音なモデルの選び方 静音性の高いメーカーとおすすめの品
洗濯機で一人暮らしのおすすめと購入のポイント
洗濯機の節水に適しているおすすめは?ドラム式と縦型それぞれの解説
洗濯機のおすすめってどういうの?タイプ別のおすすめを紹介
洗濯機の買い換えどきと買いどきにおすすめのメーカーを解説
洗濯機の選び方を機能・メーカー・運転音ごとに解説

日立ビートウォッシュの特徴

ナイアガラすすぎ

ナイアガラすすぎとは、洗濯底に付いているウィングによる遠心力を使い、洗濯槽の上部から水を滝のように落とす洗い方です。

前述の通り、強力な汚れ落とし性能と、節水効果が特徴です。

また、最近のビートウォッシュには、温水を利用した「温水ナイアガラビート洗浄」も搭載されています。

温水ミストが洗剤の酵素パワーを活性化させて洗浄力を強化できる上、洗剤も残らず洗い流すことができます。

つけおき洗浄

ビートウォッシュの「つけ置き機能」は、設定時間によって目的が違います。

設定時間は以下の2つです。

  • 120分
  • 360分

120分は黄ばみ予防で、360分は黄ばみ除去が行えます。

黄ばみは白い衣類だと目立つ上、一旦ついてしまうと、なかなか落ちません。

つけ置き機能では、少ない水で溶かした高濃度洗剤液を使い、じっくりつけ置きしながら、優しい動きのビートウィングで衣類をじっくり洗うことができます。

衣がえの季節や、ひどく汚れている衣類の洗浄におすすめです。

出し入れしやすい投入口

自宅で毛布やカーテンなどを洗いたいと思う事があるでしょう。

ビートウォッシュは投入口が大きい作りであるため、大型の洗濯物でも出し入れしやすくなっています。

投入口が大きい作りは、普段の洗濯の行いやすさにも役立つでしょう。

また、投入口は大きくても、底までの距離は楽に手が届くように作られているため、奥まで手を伸ばさずに洗濯物が取り出すことが可能です。

糸くずフィルター

ビートウォッシュには、スライド式で簡単に糸くずを捨てられる「糸くずフィルター」も付いています。

溜まった洗濯ゴミを触らずに捨てられるため、衛生的で簡単にお手入れをすることができます。

ほぐし脱水

「ほぐし脱水機能」は、洗濯ものの絡まりを解消してくれる機能です。

洗濯から脱水までを行ったあとは、衣類が絡まって取り出しにくいと感じる場合が少なくありません。

ほぐし脱水を使えば、脱水の後の洗濯ものを出すストレスを軽減することができます。

AIお洗濯

ビートウォッシュには「AIお洗濯」という機能により、内蔵されているAIが、洗濯物の重さや量を自動で判断し、洗い方と洗濯時間を自動で適切なものに設定してくれます。

洗濯の際の細かな設定を任せられる上、余分な洗濯を省く事もできるため、節水や時短につなげることができます。

日立ビートウォッシュのサイズ別モデル

日立  BW-V70E 7.0kg

日立  BW-V70Eは、最近のビートウォッシュの中で最も小さい容量のモデルです。

ビートウォッシュシリーズは一般的な洗濯機より値段が高いですが、7.0kgサイズは中でも最も安いモデルです。

created by Rinker
日立(HITACHI)
¥74,800 (2020/08/05 15:00:39時点 Amazon調べ-詳細)

日立 BW-V80E 8.0kg

ビートウォッシュ BW-V80Eは、上のモデルより一回り大きな容量のモデルです。

違いは容量のみで、性能に差はありません。

created by Rinker
日立(HITACHI)
¥74,000 (2020/08/05 15:00:40時点 Amazon調べ-詳細)

日立 BW-DV90E 9.0kg

ビートウォッシュ BW-DV90E、上のモデルより一回り大きな容量のモデルです。

違いは容量のみで、性能に差はありません。

created by Rinker
日立(HITACHI)
¥89,800 (2020/08/05 15:00:40時点 Amazon調べ-詳細)

日立 BW-V90E-S 9.0kg

ビートウォッシュ BW-DV90Eは、上記でご紹介したモデルに、洗剤の種類によって洗濯の仕方を変える「洗剤セレクト」が加わった上位機種です。

他の機能については上記モデルとも同じであるため、価格と機能を踏まえて検討するとよいでしょう。

created by Rinker
日立(HITACHI)
¥89,800 (2020/08/05 15:00:41時点 Amazon調べ-詳細)

日立 BW-V100E-N 10kg

ビートウォッシュ BW-V100E-Nも、同じく洗剤の種類によって洗濯の仕方を変える「洗剤セレクト」が加得られた上位機種です。

家族の人数に合わせて購入を検討するとよいでしょう。

created by Rinker
日立(HITACHI)
¥208,062 (2020/08/05 15:00:41時点 Amazon調べ-詳細)

日立 BW-DV120E 12kg

日立 ビートウォッシュ BW-DV120E、洗濯ごとに液体洗剤・柔軟剤を自動で適量投入してくれる「液体洗剤・柔軟剤自動投入」機能が搭載されたモデルです。

洗濯の度に行う計量や投入の手間を省く事ができます。

また、スマートフォンアプリ「洗濯コンシェルジュ」との連携も特徴で、地域ごとの洗濯指数や花粉情報をもとに洗濯の時間帯をアドバイスする「洗濯アドバイス機能」が便利でしょう。

ユーザー好みの仕上がりを学習し、洗い方を変えてくれる「わがや流AI」コースにより、自分に合った洗いあがりを洗濯機側が行ってくれます。

created by Rinker
日立(HITACHI)
¥155,231 (2020/08/05 15:00:42時点 Amazon調べ-詳細)

日立ビートウォッシュについてのまとめ

  • 構造も工夫されており、快適に使うことができます。
  • 一般的な洗濯機より価格は高めですが、機能面が充実しています。
  • 最新モデルは、容量の違いによって機能にいくつかの差があります。選ぶ際は注意が必要です。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
created by Rinker
日立(HITACHI)
¥74,800 (2020/08/05 15:00:39時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
日立(HITACHI)
¥74,000 (2020/08/05 15:00:40時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
日立(HITACHI)
¥89,800 (2020/08/05 15:00:40時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
日立(HITACHI)
¥89,800 (2020/08/05 15:00:41時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
日立(HITACHI)
¥208,062 (2020/08/05 15:00:41時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
日立(HITACHI)
¥155,231 (2020/08/05 15:00:42時点 Amazon調べ-詳細)