ROLEX(ロレックス) サブマリーナーの歴史と概要

ROLEX(以下:ロレックス) はスイスの時計メーカーです。ロレックスの中の人気モデルのうちの一つが「サブマリーナー」です。

完全防水を続けてきたロレックスは、油田探索等の世界の海底調査が活発化してきた1950年代、本格的なダイバーズモデルであるサブマリーナーを誕生させました。

その圧倒的存在感は、誕生から半世紀以上たった今でも多くのモデルチェンジを重ね常に、ロレックスのスポーツモデルの象徴になっています。

1926年、オイスターケースを発明して以来ロレックスにとって「防水性」は、他社の追随を許さない唯一無二の技術分野でした。

ロレックスは1950年代、それまでに蓄積してきた防水性、耐久性等の高度技術をベースとし、プロフェッショナルの為の特別な時計開発に乗り出していきました。こうして完成されたロレックス特殊モデルの第1号となったのが「究極の防水時計」サブマリーナーです。

高い防水性は、海に潜るプロフェッショナルにとっては、必要不可欠な機能です。その防水性は技術の進歩によって徐々に高まっていき、初代サブマリーナーの100メートル防水性から、現在では300メートルまでと大きく進化しています。

世界最初のダイバーズ軍用時計はパネライという時計ですが、潜水時間を測定する為の回転ベゼルを備えた世界初のダイバーズウォッチはサブマリーナーです。

想像を絶する程の水圧に耐えることが出来る、圧倒的な堅牢性を誇っており、海中や海上等の過酷な環境でも耐えることが出来るサブマリーナー。ロレックスの時計の中ではスポーツモデルに分類されます。

カジュアルな装いに合うのは勿論のこと、冠婚葬祭等のフォーマルなシーンであっても主張しすぎないデザインの為、スーツにも絶妙にマッチします。

もちろんビジネスでも使用出来ますし、カジュアルでもフォーマルでも両方で使用出来る一本です。

ROLEX(ロレックス) サブマリーナーの特徴

サブマリーナーには、カレンダー付きの「サブマリーナーデイト」と、カレンダーなしの「サブマリーナーノンデイト」の2種類が存在します。基本的にサブマリーナーノンデイトの事をサブマリーナーと指すことが一般的です。

デイトとノンデイトの違う箇所は、以前であればクロノメーターの有り無しという部分で異なっていましたが、現在では両モデル共、クロノメーター認定がされており、基本的にはカレンダー機能が付いているかどうか、カラーバリエーションモデルが複数あるか等の違いになります。

定価価格はサブマリーナーデイトのほうが高くなります。

なお、サブマリーナーデイトは1965年に発表された「Ref1680」からの物になるため、それ以前までのモデルは全てカレンダー機能が付いていないモデルになります。

高級実用時計を目指すロレックスは長期間美しさを維持する為、ベゼルの耐傷性向上にも取り組んでいます。

初期の回転ベゼル上のインサートはプラスチック製でありましたが、1953年にサブマリーナーの回転ベゼルはアルミニウム製に変わりました。

ROLEX(ロレックス) サブマリーナーの価格帯

価格帯
ROLEX(ロレックス) サブマリーナー
¥1000000~

現行のモデルは「サブマリーナーREF.114060」です。価格は100万~が相場になります。

1953年に誕生したサブマリーナーを忠実に継承しつつ、最新の時計製造技術が投入された「Ref.114060」、直径40mmの300m防水ケースを備えており、肉厚のラグと堅牢性の高いブレスレットを装備しています。

セラミック製逆回転防止ベゼルは、硬度の高いセラミック素材の為傷が付きにくく、外観の美しさを長期間維持します。

これまで高級モデルに採用されていた一体型フラッシュフィットの搭載、暗闇でライトブルーに光る夜光クロマライト、2mm刻みで最長20mmまで伸びるグライドロックエクステンション付きクラスプ装備等、ロレックスが持つ技術が集約された一本です。