スマホやタブレットの普及によって、ブルーライトを気にする人も増えてきました。

ブルーライトを防ぐことで生活リズムが改善したり、睡眠の質が良くなるなど、多くのメリットがあります。

このページでは、ブルーライトが及ぼす影響や、ブルーライトカットの機能がついたスマホについて紹介します。

そもそもブルーライトとはなにか

ブルーライトは、名前のとおり波長の短い青色の光のことです。

主にパソコンやスマートフォン、携帯ゲーム機のディスプレイから発される光ですが、白色光と呼ばれる太陽や蛍光灯の光にも含まれています。

日常生活で最も多くブルーライトを含むのが、LEDです。

自然の光がさまざまな光を混ぜ合わせて白色を作り出しているのに対し、LEDは青色と黄色の光だけで白色を表現しています。そのため、自然光よりもブルーライトの比率が高くなります。

ブルーライトは、浴びる距離によっても影響の強さが変わります。距離の二乗に反比例して影響するため、20cmの距離と2mの距離では、浴びる量に100倍ほどの違いがあります。

そのため、少なくとも1m以上離れて見るテレビがブルーライトの影響が少ないのに対し、20〜40cm程度の距離で見るスマホやタブレット、PCの影響は格段に大きいものとなります。

ブルーライトによる影響

ブルーライトは可視光線の中で紫外線に一番近い波長域の光です。

高エネルギーで目の奥の網膜まで届くため、網膜や角膜などにも影響を及ぼします。

さらに、睡眠や精神への影響、肥満や癌への影響にもつながるとされています。

眼精疲労を引き起こしやすくなる

波長の短いブルーライトを含む画像は、像がちらつき、ぼやけた画像になりやすい特性があります。

人間の目はぼやけた画像に対応するため、カメラのレンズのようにピントを合わせようとします。

このピント合わせの作業が、眼精疲労に繋がります。また、ブルーライトは他の光よりも高エネルギーであるため、瞳孔を縮めようとして目の筋肉を酷使し、眼の疲れや痛み、肩こりなどを引き起こします。

体内リズムが崩れ睡眠を妨げる

食事や運動が体内リズムに関係しているように、ブルーライトも体内リズムに大きな影響があります。

ブルーライトは悪影響ばかりが取り沙汰されがちですが、朝や昼間はある程度ブルーライトを含んだ光を浴びることも大切です。

朝にブルーライトの刺激を受けることで脳が「朝だ」と判断し、睡眠を司るメラトニンというホルモンの分泌が抑えられてすっきりと目が覚めます。

一方で、夜にブルーライトを浴びるとメラトニンが分泌されず、脳が昼間だと勘違いしたまま眠りを妨げることとなります。

日常的に夜遅くまでパソコンやスマホのLEDディスプレイでブルーライトを浴びていると、自律神経系や内分泌系、免疫系にまで悪影響が及びます。

寝つきが悪い、眠りが浅いなどの悩みを持つ人は、ブルーライトによる体内リズムの乱れが原因の一つかもしれません。

ブルーライトをカットすることで影響を防げる

意識的にブルーライトをカットすることで、眼精疲労などの悪影響を防ぐことができます。

ブルーライトの対処法としては、パソコンやスマホの使用時にブルーライトカットのメガネを着用するのが代表的です。また、ブルーライトカット対応のスマホや、アプリを使用する方法もあります。

ブルーライトの影響によって眼精疲労などの症状が出てしまっている場合は、ビタミン剤や目薬などで症状を和らげるのもおすすめです。

ブルーライトカット機能が付いているスマホ

最近ではブルーライトを抑えたり、遮断する機能がついたスマホも多くリリースされています。

ここからは、ブルーライトカット機能がついた人気の機種を紹介します。

XperiaX

ソニーの人気機種XperiaXも、ブルーライトカット機能を備えたスマホです。

XperiaXは、メタル素材のボディが魅力のスマホです。高級感のあるヘアライン加工のホワイト、グラファイトブラックや、サンドブラスト加工を施したライムゴールド、ローズゴールドなどのカラーで展開されています。

高精細な約2300万画素を誇るメインカメラに加え、フロントカメラにおいても約1320万画素という先進のカメラ性能を備えています。Qnovo社と共同開発したバッテリーも非常に長持ちで、2年使用しても劣化しにくいのも嬉しいポイントです。

また、ウォークマンで培ったハイレゾ音源の技術により、音楽や動画を視聴するときに高音質で堪能できるのもこのモデルならではです。

スマホ Sony/Xperiaの歴史と特徴 価格帯の解説

Galaxyのブルーライトカット機能の設定の仕方

ホーム画面から「設定」を開き、「画面設定」の「ホワイトバランス」をタップします。

「R(赤)」「G(緑)」「B(青)」の3つのバーから、カラーバランスを調整します。RとGを30〜70程度に、Bを0にすることでブルーライトを抑えることができます。

サムスン/Galaxyの歴史と特徴 価格帯の解説

Galaxy

サムスンの高性能スマホシリーズ、Galaxyも最近の機種ではブルーライトカット機能を備えています。

最新のGalaxyS9/S9+では、人間の瞳のようなクオリティの革新的なカメラを搭載しています。デュアルアパーチャーによってレンズが光の量を自動で調節し、太陽光の下でも暗い部屋のなかでも美しい写真を撮影できます。

独自のアバターを作成したりAR絵文字が使えるのもこのモデルの特徴。顔認証と虹彩認証を組み合わせたロック解除も革新的です。

Galaxyのブルーライトカット機能の設定の仕方

ホーム画面から「設定」を開き、「ディスプレイ」の項目をタップします。画面内にある「ブルーライトフィルター」の欄をタップし、「今すぐON」のスイッチをオンにすることでブルーライトを抑制します。

「予定時刻にON」を選ぶと、スケジュールの設定が可能。夜間のみブルーライトを抑えるなどの設定ができます。

また、ブルーライトフィルターが有効になっているときに、「フィルター強度」のスライダーバーを左右に動かして、フィルターの強度を調整することが可能です。

MONO MO-01K

ドコモのMONO MO-01Kも、本体にブルーライトカットモードを備えています。

シンプルかつ手になじむデザインが特徴で、高性能CPUと3GBのRAMを搭載しているためサクサク操作できます。

長時間の2,800mAhバッテリーに加え、ワンタッチのマナーモードスイッチなど便利な機能を数多く搭載しています。

MONO MO-01Kのブルーライトカットの仕方

ホーム画面から「設定」を開き、「ブルーライトカットモード」をオフにします。

AQUOS R SH-03J(特徴、ブルーライトカット機能の設定の仕方)

AQUOS R SH-03Jは、リラックスビューの設定でブルーライトを抑えられます。

液晶テレビで培った美しいディスプレイや大容量バッテリー、4GBRAMなど機能性も申し分なし。さらに、生活サイクルを学習し、就寝時間が近づくと自動的にブルーライトを抑える機能も搭載しています。

ブルーライトカット機能の設定の仕方

ホーム画面から「設定」を開き、「壁紙とディスプレイ」をタップします。その後「リラックス設定」を選び、「リラックスビュー」を選ぶことでブルーライトを抑えた目に優しい画質に設定できます。

また、「リラックスビュー」の「画質設定」から、リラックスビューの強度を調整することが可能です。

ブルーライトカットについてのまとめ

  • ブルーライトは、高エネルギーの青い光です。LEDディスプレイに多く含まれ、特に近距離で視認するスマホやタブレットから大量に浴びやすいです。
  • ブルーライトのぼやけた像を眼が補正しようとすることで、眼精疲労を引き起こします。また、夜に浴びることで体内リズムが乱れ、睡眠の質に悪影響を及ぼします。
  • ブルーライトカット機能がついたスマホや、ブルーライトカットのメガネを着用することで悪影響を防ぐことができます。