SAMSUNGの概要と歴史

サムスン(SAMSUNG)の正式名称はサムスン電子で、韓国最大の財閥であるサムスングループの中核企業です。韓国最大の企業であり、スマートフォンとNAND型フラッシュメモリの世界シェアが1位の企業です。

1938年にイ・ビョンチョルが韓国の大邱(テグ)で食品や衣料を主力とする三星商会を創業しました。

1969年にサムスンが子会社として設立され電気機器業界に進出し、冷蔵庫などのいわゆる白物家電やAV機器の生産からはじまりました。1980年代から半導体関連の事業に進出しフラッシュメモリ等の開発に乗り出します。

携帯電話の開発を1988年にはじめましたが、当時は品質の良くない製品も多くグローバル市場では成功とはいえない状況でした。

1990年代までは韓国国内における主要企業の中の一社ではありましたが、半導体事業により大きく躍進したこともあり、2000年代以降は韓国経済に大きく影響を与える企業として、電機メーカーの中でも世界有数の大企業に成長しました。

サムスンのスマートフォンはGalaxyというブランド名で売り出されており、2010年の発売から多数のモデルが開発されています。

日本国内のスマートフォン市場ではアップルのiPhoneが圧倒的なシェアとなっていますが、世界市場ではサムスンがトップのシェアを誇っています。

Galaxyシリーズはスマートフォンのみならず、タブレット、ノートパソコン、デジタルカメラ、スマートウォッチなども開発されています。

SAMSUNGの特徴

サムスン(SAMSUNG)のスマホブランド「Galaxy」ですが、日本国内の大手携帯電話キャリアではNTTドコモとauで取り扱われています。Galaxyシリーズの各モデルについて解説します。

Galaxy S

Galaxy Sはサムスンの主力モデルのスマートフォンです。

Galaxy Sの最新モデルではベゼルレスデザインにより、ディスプレイの外側の額縁が取り払われていることで5.8インチの大画面ディスプレイを実現しています。縦長なデザインとなっていることから、大画面でありながらも片手での操作しやすい形状となっています。

また、有機ELディスプレイが採用されているため、細かな文字もはっきりと見ることができ、動画や写真も色鮮やかな映像で見ることができます。

カメラにはデジタル一眼レフで採用されているデュアルピクセル技術が搭載され高速でのオートフォーカスを実現しています。さらにF値の明るいレンズを採用することで夜景や室内などの暗い場所でも明るく撮影することができます。

サムスン/Galaxyの歴史と特徴 価格帯の解説

Galaxy Note

Galaxy NoteはGalaxy Sよりも大画面の機種がラインナップされています。

Noteシリーズの最新モデルGalaxy Note8には専用のタッチペンであるSペンが付属しており本物の紙にペンで書いたような書き心地となっています。

画面オフメモという機能により、画面をオンにすることなく、端末内蔵のSペンでメモをすることができます。

また、6.3インチという大画面でありながら18.5:9の画面比率により持ちやすく手になじむデザインとなっています。

SAMSUNGの価格帯

価格帯
SAMSUNG
¥15,552~76,464

Galaxy S9

現行最新モデルのGalaxy S9はミッドナイト ブラック、ライラック パープル、チタニウム グレーのバリエーションがあります。

ドコモでは新規契約、機種変更の場合で実質負担金53,136円、MNPの場合は36,288円となっています。

auでは新規契約、MNP、機種変更いずれの場合も実質負担金47,520円です。

Galaxy S9+

現行最新の上位モデルのGalaxy S9+はミッドナイト ブラック、チタニウム グレーのバリエーションがあります。

ドコモでは新規契約、機種変更の場合で実質負担金64,800円、MNPの場合は47,952円となっています。

auでは新規契約、MNP、機種変更いずれの場合も実質負担金56,160円です。

Galaxy Note8

Noteシリーズの最新モデルGalaxy Note8はミッドナイト ブラック、メープル ゴールドのバリエーションがあります。

ドコモでは新規契約、機種変更の場合で実質負担金76,464円、MNPの場合は15,552円となっています。

auでは新規契約、MNP、機種変更いずれの場合も実質負担金59,400円です。

ただし契約状態により割引額等が異なる場合があるため購入の際は確認するようにしましょう。