最近のスマートフォンは内蔵カメラの画質がとてもよいので、「スマホがあればビデオもデジカメもいらない」という人が増えています。

いまでは画素数やレンズのF値でデジカメを超えるスマホもありますし、ディスプレイもデジカメよりスマホの方がずっと大きくきれいです。

近年ではどのスマホメーカーもカメラの性能向上に力を入れており、インスタ映えする美しい写真がシャッターを押すだけで撮れることが、スマホカメラの必須条件になっています。ここではカメラの性能にこだわったスマホについて解説します。

スマホのカメラにこだわるメリット

SNSやインスタで映える写真を本気で撮りにいくとしたら、スマホよりもミラーレスや一眼レフのような高性能カメラのほうが有利なことは言うまでもありません。しかし、シャッターチャンスを逃さずにすばやく撮るには、スマホのほうが便利です。

高級カメラもミラーレスなら小さく軽いとはいっても、スマホとは比べものになりません。撮りたいときにバッグやポケットからスマホをサッと出してカシャッと撮るようなやり方は、大きなカメラではなかなかできません。

また、最近のスマホに多いデュアルやトリプルなどのマルチレンズカメラは、撮影後に写真の背景をぼかすことができますが、同じことをデジタルカメラでやろうとすると、フォトショップなどのレタッチソフトが必要です。

撮った写真をSNSやインスタグラムにアップするのもスマホのほうが簡単なうえ、プリントしたいときもWi-Fi 対応のプリンタやコンビニのネットプリントを利用することで簡単にできます。

ビデオも写真もスマホのカメラで満足できれば、高価なカメラを買わずにすむので安上がりなうえ、重い手荷物もいらなくなります。

高級カメラの画質はもちろん別格ですが、最近のハイクラスなスマホカメラなら、シーンによってはじゅうぶんデジカメの代用になります。スマホを選ぶときにはカメラの性能にもこだわりましょう。

 

スマホのカメラの選び方のコツ

スマホカメラを選ぶ際に重視したいポイントはセンサーの画素数とレンズのF値、そしてオートフォーカスや手ぶれ補正の性能です。センサーの画素数は写真の大きさと画質のきめ細かさを示します。

デジタル画像は正方形の色の点を数多く並べることで表示されます。画素数が大きいと点が増えるので写真のサイズが大きくなります。そのぶん細かいものまで写せますが、画素数が大きすぎるとスマホのメモリーを無駄に消費することになります。

スマホカメラは1200万画素もあればじゅうぶんでしょう。次にレンズのF値は、レンズが集める光の量を示す単位です。F値が小さいほど光が多く集まる=暗さに強いレンズになります。

おすすめはF2.0以下のレンズを備えたスマホです。他にもオートフォーカスが速くて正確なこと、手ぶれ補正機能がしっかりと働くこと、などがカメラを選ぶ際のポイントになります。

おすすめの高性能スマホカメラのランキング

第5位:ASUS ZenFone5

「ZenFone」でおなじみのASUS製スマホは、MVNO(携帯大手の通信回線を借りて、低料金で運営する携帯電話事業者)で販売されるSIMフリー端末として人気があります。

最新モデルの「ZenFone 5」はメインカメラが1200万画素F1.8、広角用カメラが800万画素のデュアルカメラです。

2つのカメラを望遠と広角で振り分けたスマホは珍しくありませんが、「ZenFone 5」の広角カメラは画角が120度という他に類を見ない超広角レンズを搭載しています。

これは35mmカメラに換算すると13mmレンズに匹敵します。これほどの超広角レンズは、スマホはもちろんコンパクトデジカメでもありえません。超広角レンズは風景や自撮りで背景を大きく取り込むことができるので、強烈な広がり感があるダイナミックな写真を撮ることができます。

惜しいのは広角側の画素数が少なく、描写も良いとはいえないことです。広角カメラの画質が改善されれば、風景写真好きにとって見過ごせないスマホになるでしょう。

撮影モードは16種類あるので選択に迷いそうですが、「AIオート」にすると、被写体の種類やシーンをAIが分析して、最適のモードを選んでくれます。HDRも自動設定ですので、設定し忘れることはありません。

ちなみにHDR(High Dynamic Range)は、明暗差を自動的に補正する機能で、シャッターを切ると同時に、露出を段階的に変えながら連写を行い、それを1枚に合成することで、白飛びや黒つぶれのない写真を生成します。

お手持ちのスマホにHDR機能があれば、設定をオンにしておくとよいでしょう

ASUS ZenFone5

第4位:Apple iPhone XS

話題の新型iPhoneはXS(テン・エス)とXS Maxがツインカメラ、XR(テン・アール)がシングルカメラという仕様になります。新型iPhoneのカメラ機能は画素数もF値も旧型と変わらず、機能の進歩もマイナーチェンジのレベルにとどまっています。

新型iPhoneをカメラの性能で選ぶとしたら、デュアルカメラのXS MaxかXSがおすすめです。ディスプレイのサイズはXS Maxが2688×1242ドットの6.5インチ、XSが2436×1125ドットの5.8インチで、ともに有機ELを採用しています。

それに対し、XRは有機ELではなく、1792×828ドットの6.1インチ液晶にグレードダウンしてしまうのもマイナスポイントです。

Apple iPhone XS

第3位:Samsung Galaxy S9+

Samsungのハイエンドモデル、Galaxy S9+は1200万画素のデュアルカメラを搭載し、広角と望遠の光学2倍ズーム撮影ができます。

広角レンズには絞りを装備し、F値を1.5と2.4のいずれかに切り替えることができる「デュアルアパチャー」機能も備えています。

最近のスマホカメラは夜景など暗いシーンの撮影に対応するために、レンズの口径を大きくしてF値を下げる傾向にあります。しかしF値が小さいと逆に明るいシーンでオーバー露光になりやすく、白トビを起こしてしまう危険も高くなります。

デュアルアパチャーは絞りを自動的に調整し、最適の露出で撮影します。
Samsung Galaxy S9+

第2位:HUAWEI P20 Pro

HUAWEIはいま最も勢いのあるスマホメーカーのひとつです。同社の最新アンドロイドスマホP20 Proは高品質で知られるLeicaカメラを3つ搭載したトリプルカメラです。

具体的にはモノクロ2000万画素F1.6、カラー4000万画素F1.7、ズーム800万画素F2.4となっています。4000万画素はプロ用の超高級デジカメ以外に採用例がありません。

さらに背景を自由にぼかせるワイドアパーチャ機能、女性に大人気の美白に撮れるビューティーモード、専用レンズによる5倍ハイブリッドズームを備え、スマホとはとても思えないハイレベルな写真を撮ることができます。

自撮り用のインカメも2400万画素の高画質センサーを採用。AI制御の手振れ補正機能や、スーパースローモーション動画が撮れる960fpsの高速撮影モードなど、動画も抜かりがありません。

HUAWEI P20 Pro

第1位:Sony Xperia XZ2 Premium

Xperia XZ2 Premiumの「Motion Eye Dualカメラシステム」はXperiaシリーズ初のマルチカメラです。

他メーカーのマルチカメラは「広角」や「望遠」など焦点距離を割り当てる場合がほとんどですが、 Xperia XZ2 Premiumは高画質と高感度を両立するためにカラー用センサーとモノクロ用裏面照射型センサーで構成されています。

カラー用センサーはメモリー積層型で、画素数は約1,920万画素。レンズはF1.8となっています。またモノクロ用センサーは画素数約1,220万画素で1F1.6となります。

撮影モードは「プレミアムおまかせオート」が基本ですが、マニュアルモードに切り替えると、ISO感度やシャッタースピード、デュアルカメラの切替などが可能になります。

またデュアルカメラモードでは、ISO感度の上限が51200という超高感度になります。実用的には3200や6400が上限となりますが、それでもスマホカメラとしては飛び抜けた高感度特性を持っているといえます。もちろん背景をぼかす「ボケ」モードも選択できます。

Sony Xperia XZ2 Premium

スマホカメラのランキングについてのまとめ

  • 最近のスマホカメラの性能は、一部ではデジカメに迫るレベルにあります。
  • マルチカメラ搭載のスマホには、ボケのコントロールなどデジカメにない機能があります。
  • 写真のプリントも方法によってはスマホのほうが便利です。