はじめの頃は PCMCIAカードというものがありました。これはSDメモリーやUSBメモリーの様なものです。

しかし ノート型パソコンのクオリティーが高くなるにつれ それに追いつかなくなり、結果新しい規格であるExpress Cardに変わっていきました。PCMCIAカードとの互換性はありません。

ここまでで、「USBを使用すればいいのではないか」という疑問が湧いてくると思います。しかしUSBがまだ無かった時代は PCカードでしか機能拡張ができませんでした。

USBが世間に認知されるまでは しばらく時間がかかったという一因もあるでしょう。しかし拡張をUSBでできるようにした事で、ノート型パソコンでもデスクトップでもどちらでも使用できるようになりました。

皆さんはノート型パソコンをお使いでしょうか。ノート型パソコンを使用中に「こんな機能を付けることができればいいのにな」と思ったことはありませんか?

ここでご紹介するPCカードは、デスクトップ型に比べて拡張性が乏しいノート型パソコンの機能を拡張できる、非常に便利なアイテムです。PCカードと共に、知っておくと何かと便利なワードのご説明も致します。ぜひお読みください。

そもそもPCカードとはなにか?

簡単に言ってしまうと PCカードとは”主にノート型パソコンに機能を追加させるためのカードの種類のひとつ”の事です。例をあげてご説明致します。あなたが現在持っているノート型パソコンは、型が古くて無線LANが使えないとします。

そのガジェットには無線LANを使用するためのパーツが入っていないです。なので無線LAN用パーツを 手持ちのノート型パソコンに追加する事にしました。

しかしノート型パソコンは その名の由来どおり、薄くて中に部品を入れるスペースがありません。けれど カード状のパーツを挿入するためのホールは空いています。

無線LAN用のパーツはそのホールにはまる、カードタイプのフォルムをしています。そのカードタイプの無線LAN用パーツを ノート型パソコンのホールに挿入すると 無線LAN機能を持ったノート型パソコンとして活用できるという事です。

もちろんこれは一例であり 「無線LANの機能だけが追加できる」という訳ではありません。どんな機能が追加できるのかは カードによります。

つまり「ノート型パソコンのホールに挿して使用する、機能の追加ができるカードタイプの部品」これがPCカードです。

PCカードスロットとはPCカードを挿すための穴

「PCカードを挿すためのホール」を”PCカードスロット”と言います。先ほど記載したように、このホールは主にノート型パソコンに付いています。

しかしながら最近のノート型パソコンには このPCカードスロットが付いていない製品も少なくありません。これは「USB」が普及されたからだと言えるでしょう。

以前はPCカードとして製造されていた部品が 現在ではUSB接続できるように作られていることが多くなっています。このようにUSBの普及に伴い PCカードスロットが付いているノート型パソコンも徐々に見かけなくなりました。

PCカードをUSBスロットで読み込む商品

エレコム 小型メモリリーダライタ

SDメモリーカードシリーズ、メモリースティックシリーズ、マルチメディアカードシリーズ(MMCmicroを除く)などの主要メディアに対応しながらもコンパクトサイズを実現しました。持ち運びに便利なケーブル一体タイプの小型メモリリーダライタです。

何と48種類もの多彩なメディアの読み書きが可能で、アダプターを使用すれば更に6種類ものメディアの読み書きもできます。

ポータブルフォンの多くに取り入れられている”microSDメモリーカード”などの小型メディアも アダプター不要でそのまま挿しこみができます。駆動は外部電源を必要としないUSBバスパワーです。

こちらも 面倒な専用ドライバーなどのインストール作業が不要で、パソコンのUSBボートに接続するだけで使用可能な簡単接続です。マッキントッシュにも対応しています。

ケーブル一体型で、ケーブル紛失の心配もありません。

メモリースティックPRO(ハイスピード) PRO HIGH SPEED SDメモリーカード SDXCメモリーカードやSDHCメモリーカード、PRO HIGH SPEED SDメモリーカードなどの高速版メディアに対応しているため、大容量データでもサクサク素早く移動・コピーができストレスフリーです。

USB2.0(ハイスピード)に対応しています。

PCカードアダプターで様々なメモリーカードを差せる

PCカードアダプターとは 小型のデータ通信カードや多様な大きさのメモリーカードを パソコンのPCカードスロットに差し込んで使用するための機器です。

PCカードよりも小さいSDメモリーカードやコンパクトフラッシュなどのコネクション(接続)に用いられます。別名「PCカードリーダー」「PCカードドライブ」「PCカードリーダー/ライター」とも呼ばれます。

PCカードスロットに直接差し込む”カード型アダプター”の他、USB経由で外部接続するタイプもあります。

コンパクトフラッシュアダプタ サンワサプライ製

デジタルカメラなどのコンパクトフラッシュを”PCカード”としてパソコンに接続可能な「コンパクトフラッシュアダプター」です。

この製品でできること
・コンパクトフラッシュをパソコンカードに変換して、コンパクトフラッシュの読み書きができます。
・コンパクトフラッシュ64GBに対応しています。
・デジタルカメラ等の画像を パソコンに転送できます。
・ドライバー不要のシンプルな接続。

※注意 全てのパソコン・メモリーカードで動作を保証するものではありません。

BUFFALO CFカード専用 PCカードアダプター BSCRCFA

コンパクトフラッシュを本製品に挿し込むことで PC Card Type II フラッシュカードとしての使用が可能です。

対応機種:PC Card TypeIIスロット搭載のWindowsパソコン
対応メディア:コンパクトフラッシュ、CF Type I/II型通信カード

PCカードについてのまとめ

  • ワードの意味を知り お手持ちのパソコン(主にノート型パソコン)を機能拡張する際にお役立てください。
  • PCカード:ノート型パソコンのホールに挿して使用する、機能の追加ができるカードタイプの部品です。
  • PCカードスロット:PCカードを挿すための穴です。
  • PCカードアダプター:小型のデータ通信カードや多様な大きさのメモリーカードをパソコンのPCカードスロットに差し込んで使用するための機器です。
  • これらを抑えてしまえば あとは必要な機能の入っているPCカードを入手し、お手持ちのノート型パソコンを機能拡張してご使用できます。用途によって多種多様に使えるPCカードは あなたのパソコンを更に便利にしてくれる賢いアイテムです。
  • サイズは極々薄いカード状のPCカードですが、大きな可能性をもたらしてくれるこの便利なPCカードを 趣味にビジネスにと多岐に渡ってぜひご活用ください。