こちらの記事は2019年5月29日の記事を2020年5月7日に加筆修正いたしました。

加筆修正箇所
・おすすめのパソコンデスクを2020年5月7日の情報に更新いたしました。

この記事では、パソコンデスクの種類や選び方、おすすめ品を解説します。

デザインや機能性にこだわったパソコンデスクなど種類が豊富で、自分にあったパソコンデスクがどんなものなのか分からない方も少なくありません。

この記事を読むことで、自分に合ったパソコンデスク選びの検討が出来ます。

パソコンデスクの種類

スタンダードタイプ

スタンダードタイプは、一般的にサラリーマンが会社で使用しているタイプです。

パソコンデスク中央にセンター引き出しがあるタイプと無いタイプが存在します。

A4サイズのファイルや書類が入るキャスター付きの2段ワゴンが、付属で付いている種類のパソコンデスクもあります。

ワイドタイプ

ワイドタイプは、幅が1800mm以上あるパソコンデスクのことです。

パソコンだけでなくプリンターやパソコンの周辺機器を手元に置いておきたいという方におすすめです。

パソコンをデスクトップタイプとノートパソコンを2台置きたいという方にもおすすめです。

チェスト、ワゴン、卓上ラック、デスク上置棚などは別売りとなっており、セット販売になっていない事が多い事に注意が必要です。

L字型タイプ

L字型タイプは、1つ1つのパーツが約1500mm未満の幅が多いですが、L字に組み立てることによってワイドタイプよりも広く使えるパソコンデスクです。

L字型の特徴は内側に脚が少ない分フリースペースが多く移動がスムーズになっています。

キャビネットやキャスター付きワゴンを配置しやすいタイプのパソコンデスクで、いろいろとカスタマイズしたい方にはおすすめのパソコンデスクです。

ツインタイプ

ツインタイプは、夫婦、兄弟姉妹など2人で使用するためのパソコンデスクです。

同時に別々のパソコンで作業をする方におすすめのパソコンデスクで、置く場所に余裕があり、自宅で仕事をされるかたにもおすすめです。

ロータイプ

ロータイプは、床に座って机に向かえるタイプのパソコンデスクです。

どんな部屋にも合いやすいのが特徴で、スペースや空間を有効活用できます。

商品によっては高さを調節できるロータイプのパソコンデスクもあります。部屋の幅が少し狭いという方におすすめのタイプです。

パソコンデスクとの相性は健康面にも関わる

パソコンデスクや椅子の高さが合っていないと、姿勢が猫背になり、肩がこり、首や腰に痛みがでます。

デスクの高さを調整できるパソコンデスクを選ぶことが重要です。

デスクの高さのみを固定し椅子の高さの調整をしようとすると、今度は足が地面につかず、低すぎてしまいなかなか自分の高さに合った調整ができないという問題も発生します。

自分の身長を入力すると自動で理想の高さを算出してくれるサイトもあるため、参考にしてみると良いでしょう。

パソコンデスクの選び方

置く場所に適したサイズで選ぶ

置く場所に適したサイズで選ぶことは、パソコンデスクを選ぶ際に最も重要ポイントです。

ワイドタイプのパソコンデスクを購入したものの、部屋に入らない、邪魔になるということが無いようにする必要があります。

機能性で選ぶ

パソコンデスクは、機能性で選ぶことも大切です。

キャスター付きの引き出しがある、ブックエンドがある、コードが付いているといった機能性重視の方にも対応できるようなパソコンデスクもあります。

幅は60cmからあるため、使用しているパソコンがノートパソコンであれば、最も小さいサイズのパソコンデスクでも大丈夫です。

素材で選ぶ

パソコンデスクは素材で選ぶのもポイントです。

木製でできている木目調天板は汚れに強く、耐水性も高いメラミン化粧板で製作されているため、パソコンデスクの上で飲み物などをこぼした際には、さっとふき取るだけで大丈夫です。

鏡面仕上げ天板は硬質でポリウレタン塗装が施されており光沢があるため高級感を演出できます。

水分や汚れが付きにくいのでお手入れが楽でありながら、非常におしゃれなパソコンデスクとなっています。

ガラス天板は反射が美しく、傷に強い強化ガラスを使用しています。清涼感があるためパソコンデスクも綺麗に使用できます。

種類やデザインで選ぶ

パソコンデスクは種類やデザインで選ぶのもポイントです。

単なるグレーで単調な色もありますが、どうせなら可愛くておしゃれなパソコンデスクが欲しい、木目調のパソコンデスクが欲しいという方もいるでしょう。

パソコンデスクは、意外にもデザインの種類が豊富なため、自分のお気に入りのデザインを選んでみるのがおすすめです。

予算で選ぶ

パソコンデスクは予算で選ぶ必要も出てくるでしょう。

パソコンデスクを、安く購入したいという方は、予算を考慮し、約1万円以下で購入できるパソコンデスクがおすすめです。

安いパソコンデスクを購入する場合は、欲しい機能が付いているかどうかをあらかじめ確認するとよいでしょう。

おすすめのパソコンデスク

FLAMJASM ラック付きデスク

FLAMJASM ラック付きデスクは、3段ラックが付属したパソコンデスクで、書類など仕事に必要なものも収納しやすいでしょう。

傷や汚れなどに強いメラミン加工がされているため、耐久性も抜群です。

8本の足全てにアジャスターが付いており、ネジを回すだけで調節できるため、ぐらつきを抑え、床を傷つける心配もありません。

スタイリッシュなデザインをしているため、インテリアにも馴染みやすいでしょう。

FANG コンピューター 卓上テーブル

FANG コンピューター 卓上テーブルは、100cm×48cmと非常に広いスペースを確保しており、仕事を始めとした様々な作業に向いています。

鉄骨構造をしているため、荷重容量に優れており、物を乗せてもぐらつきがなく安定した状態で使用できるでしょう。

また、引き出しが付いているため、仕事に必要な細かい備品の整理も楽に行えます。

3タイプのカラーから自分好みの色を選べます。

LOWYA パソコンデスク 3点セット

LOWYA パソコンデスク 3点セットは、パソコンデスク・キャビネット・チェストがセットになった商品です。

デスクの天板にはPVC張りを使用しているため、頻繁に使用する場合でも傷がつきにくくなっています。

また、デスクの下に収納スペースが付いているため、本やCDなどの収納が可能です。

キャビネットやチェストにはロック式のキャスターが付いているため、移動や固定も簡単です。

FLEXISPOT スタンディングデスク

FLEXISPOT スタンディングデスクは、63~126cmの好きな高さに自分で調節することができる電動式のパソコンデスクです。

タッチするだけで好きな高さに変えることができ、メモリー機能を使用すればあらかじめ記憶させておいた高さにすぐ変更することができます。

自分の快適な高さに調節できるため、仕事だけでなくゲームでパソコンを使用する方にもおすすめです。

天板と足の取り付けは付属のネジとレンチだけで行えるため、組み立ても簡単です。

ぼん家具 パソコンデスク

ぼん家具 パソコンデスクは、幅約75cmとコンパクトなサイズ感をしているため、狭い場所にも設置することができます。

天板の手前の部分がアーチ状になっているため、長時間パソコンを使用する際に手首が当たっても痛めにくく負担が少ないでしょう。

側面がスチール製になっており、マグネット製品を貼ることができるため、マグネット付きのコンセントタップを設置することも可能です。

デスクの下にパソコンを収納するスペースもあるため、パソコンを使用しない時でも置き場所に困らないでしょう。

サンワダイレクト 100-DESKH010W

サンワダイレクト 100-DESKH010Wは、幅が120cm、天板耐荷重は40kgと広々と使用でき、ある程度の重さにも耐えられるためパソコンや周辺機器の設置を問題なく行えます。

背板でデスク本体を支えているため、横揺れなどの揺れにも強いです。

また、天板にケーブルスリットが付いているため、配線も絡まることなくスッキリとした見た目で行えます。

別売りの専用デスクワゴンを使用することでA4サイズの書類なども簡単に収納できます。

山善 GHP-65HC

山善 GHP-65HCは、幅65×奥行27cmとコンパクトなサイズ感でありながら、上棚が付いているためプリンターなどの備品も設置しやすいでしょう。

キャスターが付いているため、設置場所を変更したい場合でも簡単に移動を行えます。

デスクトップパソコンを使用する場合、スライド式の棚にキーボードを置けるため、必要な時に出し入れができます。

シンプルな見た目でオシャレな部屋に設置しても違和感がないでしょう。

パソコンデスクについてのまとめ

  • パソコンデスクは、種類が豊富で選び方も様々ですが、サイズに注意しないと部屋に入りきらないことがあるため、部屋に合ったパソコンデスク選びが重要です。
  • デザインが豊富でありながら、傷や水分に強い素材を使用しているため、ある程度は使用する際に気にしなくてもよいでしょう。
  • 自分の身長に合ったパソコンデスクを使用しないと、肩こりや首、腰を痛める場合があるため、事前に高さを調節できるパソコンデスクを選ぶ必要があります。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
ペットフード工房『ドッグフード工房』500円モニタ