こちらの記事は2018年8月22日の記事を2020年05月07日に加筆修正いたしました。

加筆修正箇所
・入力作業を効率化するBluetoothキーボードを、2020年05月07日の情報に更新いたしました。

この記事では、androidスマホにおすすめのキーボードアプリとそれぞれの特徴、おすすめのキーボードを解説します。

画面の小さなスマホほど、文字入力は億劫になってしまう事でしょう。長時間の入力となればなおさらです。

文字入力をもっと快適にするためにおすすめなのが「キーボードアプリ」や「Bluetoothキーボード」です。

この記事を読むことで、自分に合ったキーボードアプリやBluetoothキーボード購入の検討ができます。

便利な機能満載のandroid用キーボードアプリ

Androidスマホでの文字入力に不満を感じたら、日本語入力対応のキーボードアプリをインストールしてみるとよいでしょう。

以下では、おすすめのキーボードアプリとそれぞれの特徴を解説します。

Simejiはカスタマイズ好きな人におすすめ

若い世代に人気なのが「Simeji」です。カスタマイズ好きな若い世代からの支持を受けています。

自分ならではのマイキーボードにカスタマイズができ、キーボードの背景チェンジはもちろん、フォントや文字カラーも変更可能です。

種類も豊富にあり アニメやゲーム風等からのチョイスも可能です。

顔文字種類も多く、顔文字ランキングから今流行りの顔文字を知る事もできます。

月額240円でオプション機能が追加できたり、クラウド辞書の拡張や、広告を非表示にしたりなど、より利便性を高めることも可能です。

「クラウド 超変換」機能を使えば、クラウドサーバーへアクセスして固有名詞等の変換結果が表示でき、メールでのやりとりなどを楽にすることもできます。

FSKARENは初心者にもおすすめなアプリ

「FSKAREN」は、初心者のみならずタブレット使用時にも便利なアプリです。

QWEWRTY配列に加え、テンキーや50音キーボードも選択することができます。

スマホ初心者など、文字の打ち込みに不慣れな人や、独立したキーボードのないタブレットPCなど大きい画面で文字入力する人におすすめです。

有料ではありますが、音声入力対応なのも大きな特徴です。

カーソルキーボードの機能を使えば、コピぺやカーソル移動もシンプルに行えるため、編集作業の多い場面でも効率化が期待できます。

日本語入力キーボードはGoogle純正のアプリ

日本語入力キーボードは、Google純正の日本語キーボードアプリです。

Android搭載端末に適しており、無料でありながら高い機能性もあります。

Google検索サイトで得た情報を元にしているため、固有名詞に変換しやすいのが便利なポイントです。

ビジネスシーンなどでも、よく打つお得意先の会社名が変換候補に上がるため、文字入力もはかどるでしょう。

先に説明した「変換候補」だけでなく「単語登録」機能と、3文字入力すれば6文字予測変換してくれる機能も便利です。

ATOKはパソコン使用者にはお馴染み

「ATOK」は、日本語変換精度の高さが魅力のアプリです。

文字入力したら文字列を品詞毎に分解し、適切な変換候補を選び出してくれるという機能が備わっています。

「フリック入力」や「ケータイ入力」にプラスして、ユニークな「ジェスチャー入力」が可能なことも特徴です。

ジェスチャー入力とは、入力したい文字が割り当てられているキーをタッチし続けるとキーの周りに文字が表示され、それらを選ぶことで入力できる方式です。

慣れてしまうと片手でも素早く文を打てるようになります。

また、「ことわざ辞書」や「分列辞書」といった様々な拡張辞書を、無料で追加できるのも魅力でしょう。

クラゲ日本語入力はより少ない動作で入力できる

とにかく速く日本語で文字入力をしたい人には、「クラゲ日本語入力」がおすすめです。

クラゲ日本語入力は「より少ない動作で入力する」ことを目的としたキーボードアプリです。

一般的なフリック入力にプラスして、なんと8方向からの入力を可能にした「クラゲ配列」と、入力文字数が少なくてすむ「TK入力のワイルドカード配列」などがあります。

背景が透明で 後ろの画面や変換候補が透けて見えるのもスケルトンらしい「クラゲ」ならではの特徴です。

カーソルキーの向きを変えることもできたりと、豊富なカスタマイズ要素があるのも魅力です。

入力作業を効率化するBluetoothキーボード

エレコム TK-SLP01BK/ECは携帯しやすさと便利さが特徴

エレコム TK-SLP01BK/ECは、高い携帯性とマルチファンクションキーが特徴のウルトラスリムキーボードです。

最薄部は5.3mmという極薄設計で、カバンに気軽に入れて持ち運べます。

また、搭載されている13種類のマルチファンクションキーが便利で、音量調整や、動画・音楽再生や停止などの操作を行うことができます。

バッテリーには繰り返し充電できるリチウムイオン電池が搭載されており、ケーブルで接続すれば充電することが可能です。

エレコム TK-FBP102BK/ECは3台までペアリング可能

エレコム TK-FBP102BK/ECは、パソコンやタブレット、スマホなどの端末を、最大3台までペアリング可能なモデルです。

切り替えボタンを使う事で、登録済のデバイスを簡単に切り替えることができます。

最薄部が6.5mmで、重さが264gと、薄さと軽さを両立しており、気軽に持ち運ぶことができます。

UNIQ mokiboはカーソル操作も可能

UNIQ mokiboは、タイピングだけでなく、カーソル移動も可能にした薄型軽量のキーボードです。

独自の技術によって、キーボード背面に80ものタッチセンサーが搭載されており、キーボード表面をなでることでタッチ操作を行うことができます。

厚み7.5mmという薄型のデザインに加え、筐体にアルミニウムを使用しており245gという軽さも実現されており、気軽に持ち運んで作業することが可能です。

マイクロソフト QSZ-00019はショートカットキーが便利

マイクロソフト QSZ-00019は、便利なショートカットキーが特徴のモデルです。

ショートカット機能を使えば、絵文字やOffice、アプリ、メディアツールなどの機能を簡単に呼び出すことができ、作業効率を高く保つことが可能です。

デザインには薄く持ち運びやすい形状を採用しています。

また、バッテリーは3年間もの使用に耐えうる寿命を実現しているため、長期間の使用にも最適です。

マイクロソフト MS Bluetooth Keyboard QSZ-00019
created by Rinker
¥6,600(2020/05/26 02:00:25時点 楽天市場調べ-詳細)

BUFFALO BSKBB310WHは安定感のあるキータッチを実現

BUFFALO BSKBB310WHは、工夫されたパンタグラフ構造とラバードーム構造により、キーをまっすぐ押し込める、安定したキータッチ感があるのが特徴です。

無線接続にはBluetooth3.0が採用されており、最大10mもの離れた位置から通信をすることができます。

また、最大3台のデバイスとマルチペアリングが可能なため、PCやゲーム機、スマホなど、登録したBluetooth搭載機器への接続を素早く切り替えることが可能です。

省エネ設計のバッテリー面も特徴で、単4形電池2本で、約2~3年間使用することができます。