2010年のiPad登場以来、タブレットPCは幅広いユーザー層から人気と支持を得ています。スマホより大画面で、安いものは1万円以下で手に入るタブレットは、SIMフリーやWi-Fiモデルなどバリエーション豊富です。

はじめて購入する方は選択に迷ってしまうことでしょう。ここではタブレット選びのポイントと、おすすめの人気モデルを解説します。

タブレット選びのポイントはサイズ

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

人気の安いタブレット

「タブレット」はスマホの大画面バージョンに近いアイテムです。操作方法もスマホとほとんど同じで、機種によっては電話もできます。

とはいっても、大きなタブレットで電話する人は少なく、タブレットの大半は電話機能を省いています。タブレット選びの重要なポイントのひとつはサイズです。

タブレットは7インチクラスが最も小型で安価ですが、最近はスマホも大画面になっているので差を感じにくいかもしれません。

できれば、8~10インチクラスを選んだほうが満足度は高くなります。タブレットはノートパソコンより薄くて軽いので、10インチクラスでも持ち運ぶのは苦になりません。

さらに大きなクラスになると、キーボード別体式のノートパソコンに近いモデルが多くなります。タブレット選びの大切なポイントの第2はOSです。

OSはコンピューターやスマホ、タブレットなどの動作をコントロールする大元のプログラムです。タブレット用のOSも、スマホと同様にアップルのiOSと、GoogleのAndoroid OSが主流です。

他にマイクロソフトのWindows、アマゾンのFireOSなどもあります。アプリをインストールする場合、OSによっては対応できないアプリがあります。

タブレットを選ぶ際は、利用したいアプリの対応OSをあらかじめ調べておきましょう。他には、インターネットの通信方式も重要な選択ポイントです。

タブレットにはWi-Fi専用モデルとSIMフリーやキャリアモデルのようなLTE対応モデルがあります。まずWi-Fiとは、パソコンをインターネットに接続する無線LANの規格です。

家や職場にWi-Fiルーターがあるか、あるいはWiMAXなどのモバイルルーターをお持ちなら、Wi-Fiモデルでインターネットを利用できますが、スマホのようにどこでも使えるわけではありません。

一方、LTEは携帯電話の通信回線の一種で、3Gの高速版にあたります。タブレットのSIMフリーモデルはスマホと同じで、LTEとWi-Fiの両方に対応しています。

したがって実用性はLTEモデルのほうが優れていますが、価格はWi-Fi専用モデルのほうが安価です。

人気の安いタブレット

Amazon Fire HD 8

Amazon「Fire HD 8」は8インチの液晶ディスプレイを搭載したWi-Fi専用タブレットです。価格はメモリー16GBのモデルで税込8980円です。

「CyberMonday」などの大型セール期間中なら、さらに値引きされることもあります。

OSはAmazon独自のFireOSで、Androidがベースといわれていますが、FireタブレットはAmazonのPrime Videoや、定額制音楽配信サービスのAmazon Music Unlimited、電子ブックのKindleストアなどを利用するために設計されているため、一般的なアプリやゲームには対応できない場合があります。

Acer Iconia One 7

Acer Iconia One 7(B1-790/K)はAndroid6.0を搭載したコンパクトなタブレットです。

ディスプレイは7インチIPS液晶で、プロセッサはMediaTek Cortex A53 MT8163クアッドコア1.30 GHz。1GBのRAMと16GBのストレージを内蔵しています。

通販サイトや大手家電量販店では1万円前後で購入できる低価格が魅力です。

HUAWEI MediaPad

中国の大手通信機器メーカーHuawei(ファーウェイ)のMediaPadシリーズは、コスパの高さで人気があります。

8インチディスプレイの最新モデル「HUAWEI MediaPad T3」もLTE対応モデルで実売価格は2万円前後と安価ですが、ボディはアルミ合金製で高級感があります。

人気のAndroidタブレット

GoogleのAndroidはタッチスクリーンを搭載したモバイル端末用のOSです。ここではAndroidを搭載した代表的なタブレットメーカーとその製品をご紹介します。

ASUS ZenPad

台湾のASUS(エイスース)はPCやスマホの世界的なメーカーです。ZenPadシリーズはASUSのAndroidタブレットで、ハイエンドからエントリークラスまで幅広いバリエーションを展開しています。

おすすめは「ZenPad 3S 10 Z500M」。9.7インチワイド液晶搭載のWi-Fi専用タブレットで、OSは「Android 6.0」を搭載しています。

ハイレゾ音源再生も可能で、「DTS Headphone:X」に対応し、ヘッドホンで7.1chバーチャルサラウンドサウンドを楽しめます。

Lenovo Yoga Tab

香港の世界的コンピューターメーカーLenovo(レノボ)のYoga tabシリーズは、本体にスタンドを内蔵した個性的なスタイルと使いやすさで人気のタブレットです。

本体下部を丸いグリップ状にしてスタンドと大型バッテリーを内蔵していて、携行性は不利ですが、手に持ちやすく、内蔵スタンドで自立もできます。

おすすめは「Yoga tab 3 10 ZA0J0034JP」。10インチのSIMフリーモデルで、Yogaシリーズならではの大容量バッテリーで最大約18時間の長時間駆動を実現しています。

人気のSIMフリータブレット

SIMフリーのタブレットは、MVNO(仮想移動体通信事業者)各社が提供する格安SIMカードを装着すると、携帯電話のLTE回線を通じてインターネットを利用することができます。

Apple iPad

iPadシリーズはアメリカのアップル社が開発販売しているタブレットの草分け的な存在です。最新のSIMフリーモデル、iPad Pro 11インチ Wi-Fi+CellularはRetina液晶ディスプレイを搭載しています。

ホームボタンが廃止され、全画面表示になりました。外部インターフェイスもLightningからUSB-C端子に変更するなど、大きく進化しています。

Apple iPad (Wi-Fi, 32GB) – スペースグレイ
created by Rinker
Apple(アップル)
¥40,824(2019/09/15 20:48:57時点 Amazon調べ-詳細)

Microsoft Surface Pro LTE Advanced

マイクロソフトの「Surface Pro LTE Advanced」はWindows10の最新タブレットで、SIMフリーに対応しています。

CPUはCore i5、メモリー8GB、ストレージは256GBのSSDというトップレベルの仕様を誇ります。

タブレットについてのまとめ

  • タブレットを選ぶときは、画面サイズとOSの種類、通信手段(LTEかWi-Fiか)が重要なポイントになります。
  • タブレット用のOSには、iOS、Andoroid、Windows、kindleなどがあります。
  • LTEモデルはWi-Fiにも対応していますが、Wi-Fi専用モデルはLTEに対応できません。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
Apple iPad (Wi-Fi, 32GB) – スペースグレイ
created by Rinker
Apple(アップル)
¥40,824(2019/09/15 20:48:57時点 Amazon調べ-詳細)