まず知っておきたいのは VRゴーグルはパソコン用やスマートフォン用といったように対応するデバイスが決まっていると言うことです。

スマホ用ならば比較的安価なゴーグルもありますが、パソコンに接続して使用するゴーグルは なかなか気軽に購入するのは難しい価格設定になっています。

今回は、納得のいくPC用VRゴーグル の製品選びができるようおすすめ商品と共にご説明致します。

PC用のVRゴーグルの特徴

PCやPS4に対応するVRゴーグルは ヘッドセットやヘッドマウントディスプレイ(HMD)と呼ばれ、スマホ用ゴーグルと比較するととても性能が高いです。しかしその分価格も高く設定されています。

PC用ゴーグルはPCに接続して使用します。ゴーグルに同梱されているデバイスを接続することで、VR動画やVRゲームを楽しめます。

またPC用VRゴーグルはセットアップに若干手間がかかります。

スマホ用VRゴーグルならゴーグルにスマホを挿すだけのシンプル設定ですが、PC用VRゴーグルは機種によってPC本体にゴーグルを接続するものや Blutoothを介して接続するものなど様々です。

もうひとつ重要なポイントは、自分がどんなVRコンテンツを体験したいのかということです。

配信元のコンテンツプラットフォームによって体験できるコンテンツが異なるため、その上で体験できるプラットフォームに対応したゴーグル選択をする必要があります。

PC用のVRゴーグルのメリット

ほとんどのPC用VRゴーグルはVRゲームをプレイすることを念頭にしているため、ゲーム用コントローラーが同梱してあります。

PC用VRゴーグルはスマホVRと比べてクオリティーの高いゲームプレイできるのが 最たる魅力と言えるでしょう。
更にPC用VRにはルームスケールと呼ばれるモードがあります。

これは実際に室内を歩くことでゲーム内のキャラを操作出来るモードのことです。

室内を歩くためある程度の部屋の広さが必要になりますが、臨場感が飛躍的に高まる機能のため スマホ用VRにはないPC用VRならではの機能と言えます。

PC接続用VRゴーグルの選び方

最高峰のVR体験が楽しめるPC用VRですが、その価格の高さ故、どの製品を買うべきか大いに迷うところではないでしょうか。
価格を含め製品を選ぶポイントをご案内致します。

価格でVRゴーグルを選ぶ

スマホ向けVRであれば2千円〜3千円代の安価な製品が多く販売されている一方で、PC用VRの価格は3万円代から 最も高額な製品としては20万円近くするものまであります。

冒頭で述べたとおり、ヘッドセットやヘッドマウントディスプレイ(HMD)と呼ばれるPCやPS4に対応するVRゴーグルは スマホ用ゴーグルに比べると非常に高性能かつ高額です。

故にどのゴーグル製品を選んでも基本的にハズレはないでしょう。
しかし如何せん高価な買い物であるため、ディテールなどにもこだわりを持ち 納得のいく製品選びをしたいところです。
本体価格プラス他周辺機器を揃えるなら10万円以上はかかります。

スマホ用VRゴーグルが数千円で購入できることを考えると、PC用VRゴーグルがいかに高価であるかがわかります。

解像度でVRゴーグルを選ぶ

解像度とは画質のことを指します。
PCやスマホのディスプレイに映る映像は極々細かい”点”の集合によってできているため、点が細かければ細かいほど映像は綺麗です。

例えばOculus RiftとHTC Viveは同じ解像度で2160×1200ピクセルです。
VRだけではなくARにも対応しているWindows MixedRealityなら2880×1440ピクセルとなり、より解像度が高くなります。

視野角でVRゴーグルを選ぶ

視覚野は視界の広さのことですので、広ければ広いほど質の高いVR体験が可能となります。
現実世界での人間の視野は120度程度と言われていますが Windows Mixed Realityなら105度、HTC ViveとOculus Riftは110度です。

技術は日進月歩で向上しているため 現実世界により近い視野角のヘッドマウントディスプレイの登場も期待できます。
また メガネ使用者の気になる点ですが、多くのゴーグルはメガネ着用中でも装着できる仕様になっています。

しかしハイエンドHMDの中では Oculus Riftがメガネのサイズによって多少きつく感じることがあるかもしれません。

メガネ着用時でのVRゴーグル装着感が気になってしまう人は、コンタクトレンズにするか フレームの薄いメガネ着用をおすすめします。

おすすめのPC用VRゴーグル

・HTC VIVE

HTC社が開発したPC VRゴーグルで価格は64,250円とハイエンドに分類されます。
2,160×1,060の高解像度と約110度の広い視野角を持っており、VRゲームプレイ時の没入感・臨場感に優れています。
しかしクオリティーの高さの分、販売価格設定が高額になっているため なかなか手を出しにくいという声もあがっています。
64,250円というプライスは 最新機種の高性能スマートフォン本体に匹敵する価格です。
また VRゴーグル本体にセンサーが埋め込まれているため、VRゴーグル本体が重たいということがちょっとした短所かもしれません。

しかしながらSTEAMと連携している点は この製品の最大のメリット・特徴と言えるでしょう。
STEAMで販売されているゲーム数は VRゲームだけに絞っても現時点で約3千本という脅威の数字です。
そのほとんどのゲームがHTC VIVEに完全対応となっているため、遊べるゲームの数も非常に多いのが魅力です。
またルームスケール機能も付いているので 高い解像度と視野角とあいまって VRゲームへの没入感はとてもハイレベルで臨場感のある仕上がりとなっています。

初期投資とも言うべき値段の高さで購入に二の足を踏んでいる人にも、対応しているゲーム数が多いことからおすすめしたいPC用VRゴーグルの一つです。VRゲームで遊ぶことを目的としているなら 最適なPC用VRゴーグルと言えます。

created by Rinker
HTC
¥82,992(2019/03/26 11:25:23時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
HTC
¥175,909(2019/03/26 11:25:23時点 Amazon調べ-詳細)

・Dell ヘッドマウントディスプレイ Dell Visor with Controllers VRP100

パソコン製品で世界的に認知されているDellですが、VR動画の持つ魅力を最大限に引き出すハイエンド製品がこの「Dell ヘッドマウントディスプレイ Dell Visor with Controllers VRP100」です。
スペックと高さとデザインの良さを兼ね備えたこちらの製品もまた、パソコンでのVR体験にうってつけのPC用VRゴーグルです。
1眼1440×1440の解像度と最大90Hzのリフレッシュレートは、VRゴーグルの中でも最高峰水準となっています。
映像の美しさを極限まで高めることで 目の前に広がる迫力がVRを通して圧倒的な臨場感を生み出します。
カメラに内蔵された高性能センサーとインサイドアウト方式のトラッキングにより、専用コントローラーとの連携を高めてくれるのも魅力のひとつです。

別のセンサーを外部に設置しなくても VR映像とのリンクをリアリティーを持って味わえるでしょう。
動きの激しいアクション性の高いPCゲームを楽しみたいならばこのDell Visorがとてもオススメです。
インテリアを選ばないスタイリッシュなデザインも魅力ですが、汚れ防止コーティングや レンズのみを外せるフリップアップバイザー機能など、製品を清潔に保つ工夫がされているのも嬉しいポイントです。

また顔と頭が触れる部分にはしっかりとしたクッション性があり、長時間の装着による疲労感を抑えてくれます。
レンズ部分は広めに設計されているため メガネを装着してのプレイも可能です。
VRゴーグル選択のポイントとなる「使いやすさ・装着感」からも おすすめできる製品となっています。

VRゴーグルのまとめ

  • 価格:本体プラス周辺機器を揃えるなら10万円以上はかかるため スマホ用VRと比べると非常に高価。
  • 視野角:広ければ広いほど質の高いVR体験が可能
  • 解像度:高いほど臨場感が増す
  • メガネ着用:メガネ着用でも装着できる製品は多い
  • コンテンツプラットフォーム:体験できるコンテンツが異なるため それぞれのプラットフォームに対応したゴーグル選択をする

各社しのぎを削って今後ますます製品改良されるであろうPC用VRゴーグル。
おいそれとは簡単に手を出せない高額製品であるからこそ、機能だけに止まらず デザインなど細かいディテールにまでこだわって納得のいく製品を選びましょう。