本記事では、「サウンドカード(サウンドボード)」についての説明や、おすすめのサウンドカードの紹介をします。

パソコンの音質に興味のある方やこれからこだわってみたい方、FPSゲームなどで少しでも相手より優位に立ちたい! といった方は是非ご覧ください。

現在では、マザーボードにサウンドチップが搭載されているパソコンが一般的であるため、サウンドカードを別途取り付けなくても音声自体は出力されます。

しかし、パソコンの高度化にあわせて、立体的に音声が聴こえる「3Dエフェクト」や「同時発生音」の増加など、主にゲームなどに用いられる音響処理自体が高度化・複雑化しているため、このような機能を十分得るためにはサウンドカードが必要になります。

サウンドカードとは?

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

サウンドカードのおすすめ人気モデル:外付けモデル

サウンドカードとは、パソコンやゲーム機の音声の入出力機能を強化する拡張用のハードウェアです。

サウンドカードの存在意義は時代の変遷とともに少し変わってきてきます。

昔のパソコンは、サウンドカードを取り付けなければ音声自体が出力されなかったので、パソコンを組み立てる上でサウンドカードを取り付けることは必須でした。

一方、最近のパソコンはオンボードと言われ、マザーボードにサウンドチップが搭載されているので、サウンドカードを取り付けなくても音声自体は出力されます。

つまり、「音声を出力させるために搭載するもの」だったものが、最近では「音声出力において様々な付加価値を持つハードウェア」を指すというのが一般的になっています。

サウンドカードは大きく分けて2タイプがあり、パソコンへの取り付け方が異なります。

1つ目は、古くからあるマザーボードに取り付けるタイプの「内蔵型」で、2つ目はUSB接続で簡単に取り付けることができるお手軽な「外付け型」です。

サウンドカードの効果

では、サウンドカードを取り付けると具体的にどのような効果があるのでしょうか。

音質が良くなる

サウンドカードを取り付けることで、ノイズの混じらないクリアな音声になります。

サウンドチップが搭載されているマザーボードは、パソコンの構成要素のハードウェアのほぼ全てが接続されている心臓部であるため、様々な電気信号が飛び交っています。

オンボードのサウンドチップの場合はこの影響を受けてしまい、ノイズが入ってしまいますが、サウンドカードの場合はノイズが入る心配は少なくなります。

同時発生音が増える

サウンドカードを取り付けることで、同時に発生する音の数や音の種類が増えます。

これは、特にFPSやTPSと呼ばれる3Dのアクションゲームで真価を発揮します。

ゲーム自体に臨場感が出るのはもちろん、敵や味方の足音やリロードの音が聞きやすくなったり、5.1chなどの多チャンネルに対応したスピーカーをあわせて使う事で、音の発生源の方向がより把握しやすくなるため、サウンドカード未使用のプレイヤーよりも音から得られる情報といった点では優位に立つことができます。

サウンドカードの選び方

ステレオミックスできるか

ステレオミックスとは、パソコンの音声を録音する機能です。

この機能がサウンドカードに搭載されている場合は、専用のソフトウェアを導入しなくてもパソコンの音声が録音できるので、ゲーム実況やネット配信を音声付きで行ったり、Skypeの録音などができます。

内蔵か外付けかに注意

内蔵型か外付け型で全く付け方が異なります。

内蔵型はマザーボードに取りつけるのに対して、外付け型はUSB端子に接続します。

内蔵型はパソコンの内部に取りつけるため、一度取り付けてしまえば邪魔になりませんが、外付け型は簡単に取り付けられる反面、置き場の確保が必要です。

ヘッドセットやスピーカーのチャンネル数を合わせる

多チャンネルの音声を楽しむためには、サウンドカードが対応している必要があります。

せっかく5.1chや7.1chのスピーカーを導入しても、サウンドカードが対応していなければ意味がありません。

お手持ちの製品やこれから導入予定のヘッドセットやスピーカーと、チャンネル数を合わせたサウンドカードを選びましょう。

関連記事
5.1chスピーカーってなに?普通のスピーカーとの違いとおすすめ商品
7.1ch ヘッドホンってなに?仕組みの解説とおすすめの品を解説
7.1ch ヘッドホンとはなにか?映画やPS4でおすすめのモデル
ゲーミングスピーカーの選び方のポイント 注意点とおすすめの製品
ホームシアターシステム おすすめの紹介 どのように選べばいいの?
スカイプをする際におすすめなヘッドセットの製品と接続方式の特徴
おすすめのヘッドセットとは 選び方と商品の紹介
スマホにぴったりなヘッドセットと選び方のコツ おすすめの品を解説
ヘッドセットのおすすめ!種類と特徴 シーンに合わせた選び方を解説

性能の見方

商品選びの参考になるように、サウンドカードの性能の見方を簡単にご説明します。

SN

S(シグナル)とN(ノイズ)の比率を表した数値のことで、単位は「dB(デシベル)」です。

SN比が高いほどノイズの影響が小さく、低いほどノイズの影響が大きくなりますので、この数値が高いほど高性能なサウンドカードになります。

周波数特性

そのサウンドカードが出力可能な周波数の帯域のことで、単位は「Hz(ヘルツ)」です。

サンプリング周波数

音声をデジタル信号にする際に、1秒間に何回データをサンプリングするかという数値で、単位は「Hz(ヘルツ)」です。

この値が高いほど音質は良くなりますがデータ量は大きくなります。

量子化ビット数

音声をデジタル信号にする際に、何bitのデータとして変換するかを示したものです。

この値が大きいほど音質は良くなりますがデータ量は大きくなります。

サウンドカードのおすすめ人気モデル:外付けモデル

Creative Sound BlasterX G6 高音質 ポータブル ハイレゾ対応 ゲーミング USB DAC PC PS4 Switch SBX-G6

大人気だったら前モデルから更に進化し、PS4やSwitchなどのゲーム機にも高いレベルで対応したハイパフォーマンスな外付け型サウンドカードです。

特にFPS用に特化しており、リロードや足音などの音をハイライトして敵の位置を把握し易くする「スカウトモード」が搭載されているのも特徴です。

Creative Sound Blaster Play! 3 USB オーディオ インターフェース 最大 24bit/96kHz ハイレゾ再生 SB-PLAY3

約2000円と低価格でシンプルな外付けサウンドカードです。

値段はお手頃ですが、ハイレゾにも対応しているなどサウンドカードの役割は十分果たしてくれるので、オンボードからの切り替えのお試しや入門用のサウンドカードとしておすすめです。

サウンドカードのおすすめ人気モデル:内臓モデル

Creative ハイレゾ対応 サウンドカード PCIe Sound Blaster Z 再生リダイレクト対応 24bit/192kH

大人気MMORPG「ファイナルファンタジーXIV」の公式推奨サウンドカードで、SN比116dB、量子化ビットとサンプリング周波数は24bit /192kHzのハイパフォーマンスな内蔵型サウンドカードです。

こちらもスカウトモードが搭載されています。

Creative ハイレゾ対応 サウンドカード Sound Blaster Audigy Fx PCI-e SB-AGY-FX

値段は3000円前後ですが、オンボードからの乗り換えには十分なパフォーマンスを持った内蔵型サウンドカードです。

安価でも高い音質の内蔵型サウンドカードをお探しの方におすすめです。

Creative ハイレゾ対応 サウンドカード Sound Blaster Audigy Fx PCI-e SB-AGY-FX
created by Rinker
クリエイティブ・メディア
¥2,956(2019/12/07 20:10:09時点 Amazon調べ-詳細)

サウンドカードのまとめ

  • サウンドカードとは、パソコンやゲームの音声の入出力機能を強化するための、拡張用のハードウェアです。
  • サウンドカードには、マザーボードに取り付ける内蔵型と、USB端子に取り付ける外付け型があります。
  • 2000~3000円前後の安価なサウンドカードでも、オンボードと比較すると大きく音質や音の拡張性が高まりますので、興味のある方はこれを機に是非購入を検討してみて下さい。