こちらの記事は2019年5月29日の記事を2020年5月11日に加筆修正いたしました。

加筆修正箇所
・下記の項目を2020年5月11日の情報に更新いたしました。
 有名メーカーのおすすめゲーミングスピーカー
 FPSにおすすめのゲーミングスピーカー
 安価なゲーミングスピーカー
 音質がよいおすすめのゲーミングスピーカー
 ゲーム使用におすすめのBluetooth対応スピーカー

この記事では、ゲーミングスピーカーの魅力やメリット、注意点から選び方、おすすめの製品を解説します。

ゲームを、より高音質で臨場感のある音でプレイしたいという方に、おすすめをしたいのがゲーミングスピーカーです。

この記事を読むことで、自分の環境に合ったゲーミングスピーカー購入の検討が出来ます。

ゲーミングスピーカーとはなにか?

ゲーミングスピーカーと呼ばれているものは、アクティブスピーカーのことです。

アンプがスピーカー自体に内蔵されており、通常のスピーカーよりも音量や音質が高いのが魅力です。

映画のような臨場感を楽しむためにも、品質の良いアクティブスピーカー、もといゲーミングスピーカーを取り入れることで、より深い没入感を体験できます。

サウンドバーとはなにか?選び方のポイントとおすすめの品を解説
センタースピーカーって必要性があるのか おすすめもあわせて紹介
サウンドバーで安くていいのある?おすすめのサウンドバーの紹介
高級スピーカーってどんなの?選び方とおすすめの紹介
パワードスピーカーとはなにか?選び方のコツとおすすめの品を解説
パッシブスピーカー小型と大型のおすすめ製品のメリットと選び方
アクティブスピーカーとはなにか?選ぶ際のポイントとおすすめの商品
ライブ配信やSkypeにおすすめ!ステレオミキサーの種類や選び方の解説とおすすめステミキを紹介!
サウンドカードって必要? 解説とおすすめ商品の紹介
ps4向けのスピーカーの選び方とおすすめの品の値段と特徴を解説

ゲーム用に求められる音はなにか

ゲーム音は、映画やアニメといった他ジャンルの音響や音楽とは違い、遊びを重点的においています。

ゲーム音にはゲームをプレイすることで得られる成功や、勝利に対する喜びの感情を生み出す役割があります。

ゲーミングスピーカーは、様々な感情を引き起こす音の迫力を増すことで、ゲームをプレイするモチベーションをアップさせられるのが魅力です。

ゲーミングスピーカーを選ぶポイント

ゲーミングスピーカーを選ぶポイント①:チャンネル数

スピーカーには、数を表す「チャンネル」というものがあり、基本的に2.1ch、5.1ch、7.1ch、の3種類に分けられます。

1の位はメインスピーカーの数を表し、0.1の位は低音を出力してくれるサブウーファーの数を示しています。

チャンネル数毎の特徴は以下の通りです。

2.1Ch

2.1chには、前方についている左右のメインスピーカーが2つと低音出力用のサブウーファーが1つ付いています。

5.1chや7.1chのスピーカーと比べると見劣りをしますが、初めてスピーカーを購入する方にはおすすめです。スピーカーの数が少ない分手軽に導入できます。

5.1ch

5.1chには、前方についている左右のメインスピーカーが2つに中央に1つ、後方の左右に後方から音を流してくれるリアスピーカーと呼ばれるスピーカーが2つと、低音出力用のサブウーファーが1つ付いています。

2.1chと違う点は、リアスピーカーが追加されているため、音に2.1chを超える臨場感と、立体感が発生する点です。

スピーカーが増える分設置場所を幅広くする必要があり、説明書には推奨する設置場所という記載が存在するため、購入する際には必ずチェックが必要です。

7.1ch

7.1chは、前方についている左右のメインスピーカーが2つと中央に1つ、後方の左右にリアスピーカーが4つ付いており、低音出力用のサブウーファーが1つと、合計8つのスピーカーで成立しています。

5.1chのスピーカーと比べると、2つリアスピーカーが追加されているため、より画面内の音が聞こえる方向が分かるでしょう。

しかし、5.1chよりも設置場所を広く取り、セットでは売られていないため、バラバラにスピーカーを購入する必要があります。

値段も高額となっているため、上級者向きのスピーカーです。

5.1chスピーカーってなに?普通のスピーカーとの違いとおすすめ商品
7.1ch ヘッドホンってなに?仕組みの解説とおすすめの品を解説
ホームシアターシステム おすすめの紹介 どのように選べばいいの?

ゲーミングスピーカーを選ぶポイント②:端子の種類と数

PS4とxboxOneは光デジタル端子に対応しているため、より高音質にゲームを楽しむ際は、ゲーム機器から直接、スピーカーに繋げるとよいでしょう。

そのためにはスピーカーで対応している端子を確認する必要があります。

また、物によってはUSB給電とUSBで音声接続が一緒になっているものがあります。

こちらは主にPCでの接続を想定したものです。テレビなどで利用するとから音声が出力されない場合があるため、注意が必要です。

ゲーミングスピーカーを選ぶポイント③:配置する環境

ゲーミングスピーカーを配置する環境を整えることも重要です。

せっかく品質の良いスピーカーを購入したところで、環境に合っていなかった場合は、うまく機能しないことがあります。

購入をする前に配置する環境はチェックをしておく必要があります。

ゲーミングスピーカーを選ぶポイント④:バーチャルサラウンド

映画のような音を出したいとこだわると、天井にまでスピーカーを設置する必要がありますが、家庭ではなかなか現実的に厳しいでしょう。

部屋中に複数のスピーカーを設置しているような音を聞くために生まれたのが、バーチャルサラウンドです。

バーチャルサラウンドとは、2つの耳だけで前後左右、高さ方向の音を認識している仕組みを使い、デジタル信号処理によって、仮想的に後方や上方の音を再現する技術のことです。

ホラーゲームやアクションゲームなどでは、後ろから迫ってくる敵の足音などを、リアルに再現することができます。

複数のスピーカーを部屋中に配置する必要がなく、テレビの前にスピーカーを置くだけで、後ろからの音響や臨場感を実現できるため、費用やスペースの問題も解決してくれます。

ヤマハ サウンドバー 4K HDR対応 HDMI DTS Virtual:X Bluetooth対応 YAS-107(B)
ヤマハ(YAMAHA)

ゲーミングマウスの特徴と選び方のポイント おすすめ品を解説
ゲーミングチェアってなに?特徴と選び方 おすすめの品を解説
ゲーミングタブレットは何を選べばいい?おすすめタブレット解説
ゲームや暗がりでの作業に!光るキーボードの選び方とおすすめ品5選
スカイプをする際におすすめなヘッドセットの製品と接続方式の特徴
ps4のモニターに使えるゲーミングモニターの選び方 おすすめの品
こだわって選ぼう、ゲーミングマウスパッドの解説
マウスパッドの選び方とおすすめの品 ゲーミングマウスパットを解説
小型ゲーミングpcってなに?オンラインゲームをやる上でのおすすめPC解説

有名メーカーのおすすめゲーミングスピーカー

Razer Nommo Chroma

Razer Nommo Chromaは、グラスファイバー繊維と呼ばれる素材をドライバーに使用しており、高音域を鮮明に再生し、音の重なりを忠実に表現してくれます。

スピーカーの背面にバスレフポートを搭載することで、ゲーム内の低音域を強化し、臨場感のある音を再生可能です。

また、奥行きを意識したチューニングがされているため、正確な定位感を実現しており、FPSゲームの使用にもおすすめです。

USB接続なため、電気によるノイズの影響を受けず、透明感のある高音質なゲームサウンドを楽しめます。

created by Rinker
Razer(レイザー)
¥23,980 (2020/07/13 02:42:20時点 Amazon調べ-詳細)

AVerMedia ゲーミングスピーカー Ballista

AVerMedia ゲーミングスピーカー Ballistaは、サテライトスピーカーと5.5chのサブウーファーを組み合わせることで、低音から高音まで臨場感のある音を再生することができ、戦闘ゲームの銃声や爆発音、武器の音まで迫力のある音を実現しています。

手元に置けるコントロールボックスが付属しているため、プレイ中でも音量や音域などを気軽に設定可能です。

また、入力端子を複数搭載しているため、PCはもちろんのこと、様々なゲーム機器に接続できます。

サテライトスピーカーに壁掛け用の穴が開いているため、置き場所が確保しにくい場所でも壁に掛けて使用できます。

ロジクール Z200nBK

ロジクール Z200nBKは、3.5mmオーディオ出力に対応している機器に使用できるスピーカーで、ベース音などを快適に再生してくれます。

ベース音を調節できるトーンコントロールが付いているため、自分好みの音を楽しめるでしょう。

また、フロント部分に音量コントロールや、3.5mmジャックが付いているため、設定も簡単です。

スマホやタブレットにも使用できるため、携帯ゲームをプレイする際の使用にもおすすめとなっています。

FPSにおすすめのゲーミングスピーカー

ロジクール G560

ロジクール G560は、DTS:X Ultraエンジンを搭載しており、FPSで重要な定位感を立体的に忠実に再現してくれるため、操作ミスを引き起こさない正確で臨場感のある音を再生してくれます。

ゲーム内のアクションや状況、音に合わせて光によるエフェクトを自動で起こすため、視覚的にも楽しめるでしょう。

USBや3.5mmジャック、Bluetoothまで様々な接続方法に対応しているため、幅広い種類の機器と接続可能です。

ゲームミュージックに特化したスピーカーなため、ゲームの世界により集中したい方におすすめです。

FOSTEX アクティブ・スピーカー PM0.3H(B)

FOSTEX アクティブ・スピーカー PM0.3H(B)は、ハイレゾ音質を実現しているため、ゲームの世界に入り込んだかのようなリアルな音を聴きながら、ゲームプレイを楽しめます。

低音に特化したウーハーと、高音に特化したツィーターの2ウェイ構成で低音から高音まで余すことなく高音質な音を再生します。

また、デジタルアンプが内蔵されているため、ボリュームの調節を始めとした様々な操作が楽に行えるでしょう。

FPSならではの敵の足音や銃声をリアルに再生してくれるため、緊張感のあるプレイを楽しめます。

created by Rinker
FOSTEX
¥11,655 (2020/07/13 02:42:22時点 Amazon調べ-詳細)

安価なゲーミングスピーカー

プリンストン PSP-BPR-BL

プリンストン PSP-BPR-BLは、背面にバックパッシブラジエーターが搭載されているため、コンパクトなサイズでありながら、迫力のある重低音を実現しています。

USBケーブルを接続して使用するため、PCゲームでの使用におすすめです。

有線リモコンが付属しているため、手元で音量の調節が可能です。

2千円台と非常に安価で、気軽にゲームプレイをしたいという方なら十分満足できるスピーカーでしょう。

created by Rinker
プリンストンテクノロジー
¥2,726 (2020/07/13 02:42:23時点 Amazon調べ-詳細)

バッファロー BSSP100UWH

バッファロー BSSP100UWHは、最大出力3.6Wで、パソコンに内蔵されているスピーカーの音声ではゲームプレイに物足りないという方におすすめの商品です。

ボリュームコントローラーが付属しているため、ゲームプレイ中でも手元で気軽に音量調節ができます。

また、USBから給電するため、コンセントのない場所でも問題なく接続可能です。

無駄な配線が必要なく、スッキリとした見た目で快適にゲームミュージックを楽しめるでしょう。

created by Rinker
バッファロー
¥1,666 (2020/07/13 02:42:23時点 Amazon調べ-詳細)

音質がよいおすすめのゲーミングスピーカー

ONKYO GX-70HD2

ONKYO GX-70HD2は、新型アンプを搭載しており、高域から低域まで高音質な音を再生できます。

音の広がりを従来のモデルよりも向上させたことで、より臨場感のある空間でゲームを楽しめるでしょう。

PCやテレビとの接続はもちろんのこと、スマホとも接続できるため、スマホの音質をアップしたい方にもおすすめです。

音質に定評のあるONKYOの製品なため、音にこだわりがある方でも安心して使用できるでしょう。

created by Rinker
オンキヨー(Onkyo)
¥16,800 (2020/07/13 09:11:21時点 Amazon調べ-詳細)

BOSE Companion 2 Series III multimedia speaker system

BOSE Companion 2 Series III multimedia speaker systemは、2台のスピーカーを駆使して、クリアで聴き心地のよい音を奥行き感やライブ感のある状態で再生可能です。

低音域や細かい部分まで部屋に響き渡るような包み込む音を実現しています。

iPhoneなどのスマホ機器を接続するだけで、音質を向上させることができ、スマホでプレイするゲームも高音質で楽しめます。

また、本体にヘッドホンジャックやボリュームコントローラーが付いているため、簡単に設定を行えるでしょう。

created by Rinker
BOSE(ボーズ)
¥10,707 (2020/07/13 09:11:21時点 Amazon調べ-詳細)

ゲーム使用におすすめのBluetooth対応スピーカー

JBL 104-BT-Y3

JBL 104-BT-Y3は、スピーカー・ユニットを新たに開発し、原音に忠実な音を実現しています。

コンパクトなサイズ感でありながら、モニタースピーカーとしても使用できるほどの高音質です。

また、指向角度を120°×120°に広げたたため、正面から少し外れた位置でも正確に音の位置や、バランスを把握できるでしょう。

Bluetooth5.0を採用しているため、データー転送速度が速く、通信範囲も広いです。

Audioengine A5+ WIRELESS SPEAKER SYSTEM

Audioengine A5+ WIRELESS SPEAKER SYSTEMは、Bluetooth5.0に対応した機器であれば、どのデバイスにも対応可能なスピーカーです。

アナログアンプを内蔵しているため、細部までこだわった音楽を聴くことができます。

接続に必要なパスワード設定や、ネットワーク環境も必要ないため、ゲームプレイをすぐに高音質で楽しみたい方におすすめとなっています。

ウッド調のデザインをしており、インテリアにも馴染みやすいでしょう。

ゲーミングスピーカーのまとめ

  • 設置をする場所によって、使用するゲーミングスピーカーのチャンネルを選ぶとよいでしょう。
  • 出入力の端子の種類や数を認しないとゲーミングスピーカーを購入しても使用できないことがあるため、事前に端子の種類や数をチェックしておくことが重要です。
  • 価格やデザインが様々なため、どこを重要としているのかをはっきりさせたうえで、購入するのがおすすめです。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
ヤマハ サウンドバー 4K HDR対応 HDMI DTS Virtual:X Bluetooth対応 YAS-107(B)
ヤマハ(YAMAHA)
created by Rinker
Razer(レイザー)
¥23,980 (2020/07/13 02:42:20時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
FOSTEX
¥11,655 (2020/07/13 02:42:22時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
プリンストンテクノロジー
¥2,726 (2020/07/13 02:42:23時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
バッファロー
¥1,666 (2020/07/13 02:42:23時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
オンキヨー(Onkyo)
¥16,800 (2020/07/13 09:11:21時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
BOSE(ボーズ)
¥10,707 (2020/07/13 09:11:21時点 Amazon調べ-詳細)