この記事では、ゲーミングスピーカーの魅力やメリット、注意点から選び方、おすすめの製品を解説します。

ゲームを、より高音質で臨場感のある音でプレイしたいという方に、おすすめをしたいのがゲーミングスピーカーです。

この記事を読むことで、自分の環境に合ったゲーミングスピーカー購入の検討が出来ます。

ゲーミングスピーカーとはなにか?

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

おすすめのゲーミングスピーカー

ゲーミングスピーカーと呼ばれているものは、アクティブスピーカーのことです。

アンプがスピーカー自体に内蔵されており、通常のスピーカーよりも音量や音質が高いのが魅力です。

映画のような臨場感を楽しむためにも、品質の良いアクティブスピーカー、もといゲーミングスピーカーを取り入れることで、より深い没入感を体験できます。

サウンドバーとはなにか?選び方のポイントとおすすめの品を解説
センタースピーカーって必要性があるのか おすすめもあわせて紹介
サウンドバーで安くていいのある?おすすめのサウンドバーの紹介
高級スピーカーってどんなの?選び方とおすすめの紹介
パワードスピーカーとはなにか?選び方のコツとおすすめの品を解説
パッシブスピーカー小型と大型のおすすめ製品のメリットと選び方
アクティブスピーカーとはなにか?選ぶ際のポイントとおすすめの商品
ライブ配信やSkypeにおすすめ!ステレオミキサーの種類や選び方の解説とおすすめステミキを紹介!
サウンドカードって必要? 解説とおすすめ商品の紹介
ps4向けのスピーカーの選び方とおすすめの品の値段と特徴を解説

ゲーム用に求められる音はなにか

ゲーム音は、映画やアニメといった他ジャンルの音響や音楽とは違い、遊びを重点的においています。

ゲーム音にはゲームをプレイすることで得られる成功や、勝利に対する喜びの感情を生み出す役割があります。

ゲーミングスピーカーは、様々な感情を引き起こす音の迫力を増すことで、ゲームをプレイするモチベーションをアップさせられるのが魅力です。

ゲーミングスピーカーを選ぶポイント

ゲーミングスピーカーを選ぶポイント①:チャンネル数

スピーカーには、数を表す「チャンネル」というものがあり、基本的に2.1ch、5.1ch、7.1ch、の3種類に分けられます。

1の位はメインスピーカーの数を表し、0.1の位は低音を出力してくれるサブウーファーの数を示しています。

チャンネル数毎の特徴は以下の通りです。

2.1Ch

2.1chには、前方についている左右のメインスピーカーが2つと低音出力用のサブウーファーが1つ付いています。

5.1chや7.1chのスピーカーと比べると見劣りをしますが、初めてスピーカーを購入する方にはおすすめです。スピーカーの数が少ない分手軽に導入できます。

5.1ch

5.1chには、前方についている左右のメインスピーカーが2つに中央に1つ、後方の左右に後方から音を流してくれるリアスピーカーと呼ばれるスピーカーが2つと、低音出力用のサブウーファーが1つ付いています。

2.1chと違う点は、リアスピーカーが追加されているため、音に2.1chを超える臨場感と、立体感が発生する点です。

スピーカーが増える分設置場所を幅広くする必要があり、説明書には推奨する設置場所という記載が存在するため、購入する際には必ずチェックが必要です。

7.1ch

7.1chは、前方についている左右のメインスピーカーが2つと中央に1つ、後方の左右にリアスピーカーが4つ付いており、低音出力用のサブウーファーが1つと、合計8つのスピーカーで成立しています。

5.1chのスピーカーと比べると、2つリアスピーカーが追加されているため、より画面内の音が聞こえる方向が分かるでしょう。

しかし、5.1chよりも設置場所を広く取り、セットでは売られていないため、バラバラにスピーカーを購入する必要があります。

値段も高額となっているため、上級者向きのスピーカーです。

5.1chスピーカーってなに?普通のスピーカーとの違いとおすすめ商品
7.1ch ヘッドホンってなに?仕組みの解説とおすすめの品を解説
ホームシアターシステム おすすめの紹介 どのように選べばいいの?

ゲーミングスピーカーを選ぶポイント②:端子の種類と数

PS4とxboxOneは光デジタル端子に対応しているため、より高音質にゲームを楽しむ際は、ゲーム機器から直接、スピーカーに繋げるとよいでしょう。

そのためにはスピーカーで対応している端子を確認する必要があります。

また、物によってはUSB給電とUSBで音声接続が一緒になっているものがあります。

こちらは主にPCでの接続を想定したものです。テレビなどで利用するとから音声が出力されない場合があるため、注意が必要です。

ゲーミングスピーカーを選ぶポイント③:配置する環境

ゲーミングスピーカーを配置する環境を整えることも重要です。

せっかく品質の良いスピーカーを購入したところで、環境に合っていなかった場合は、うまく機能しないことがあります。

購入をする前に配置する環境はチェックをしておく必要があります。

ゲーミングスピーカーを選ぶポイント④:バーチャルサラウンド

映画のような音を出したいとこだわると、天井にまでスピーカーを設置する必要がありますが、家庭ではなかなか現実的に厳しいでしょう。

部屋中に複数のスピーカーを設置しているような音を聞くために生まれたのが、バーチャルサラウンドです。

バーチャルサラウンドとは、2つの耳だけで前後左右、高さ方向の音を認識している仕組みを使い、デジタル信号処理によって、仮想的に後方や上方の音を再現する技術のことです。

ホラーゲームやアクションゲームなどでは、後ろから迫ってくる敵の足音などを、リアルに再現することができます。

複数のスピーカーを部屋中に配置する必要がなく、テレビの前にスピーカーを置くだけで、後ろからの音響や臨場感を実現できるため、費用やスペースの問題も解決してくれます。

ゲーミングマウスの特徴と選び方のポイント おすすめ品を解説
ゲーミングチェアってなに?特徴と選び方 おすすめの品を解説
ゲーミングタブレットは何を選べばいい?おすすめタブレット解説
ゲームや暗がりでの作業に!光るキーボードの選び方とおすすめ品5選
スカイプをする際におすすめなヘッドセットの製品と接続方式の特徴
ps4のモニターに使えるゲーミングモニターの選び方 おすすめの品
こだわって選ぼう、ゲーミングマウスパッドの解説
マウスパッドの選び方とおすすめの品 ゲーミングマウスパットを解説
小型ゲーミングpcってなに?オンラインゲームをやる上でのおすすめPC解説

おすすめのゲーミングスピーカー

人気メーカーの代表製品

ヤマハ スピーカーパッケージ NS-BP200(BP)

楽器やバイクなどで有名なヤマハですが、アクティブスピーカーといったオーディオ機器の業界でも、数多くの商品開発や販売の実績を上げています。

ヤマハ スピーカーパッケージ NS-BP200(BP)は、一般向けから音楽制作にかかわるプロが使用するモデルまで幅広く提供している製品です。

原音に忠実で、音を美しく再現させる技術によって、ゲームのもつ魅力を増大させることが出来ます。

JBL CONTROLX CONTROLXBLK

アメリカの老舗スピーカーメーカーであるJBLは、一般ユーザー向けだけでなく業務用のスピーカー取り扱っています。

一部の熱狂的なファンからは「JBLサウンド」と呼ばれ、インテリアにも最適なデザインも人気です。

近年はモバイル用のスピーカーも数多く制作され、小さくて購入しやすいPCスピーカーをリリースしています。

Bose Companion 2 Series III multimedia speaker system

Boseは、高い知名度を誇るオーディオメーカーです。

高度な技術と市場のニーズを汲み取るマーケティング力によって、オーディオ業界の最先端で製作しています。

重低音をしっかり聴かせる商品が多くことが特徴で、どの商品も音楽や映像の魅力を最大限に引き出す音を出すことができます。

Bose Companion 2 Series III multimedia speaker system PCスピーカー
created by Rinker
BOSE(ボーズ)
¥10,533(2020/01/17 09:29:55時点 Amazon調べ-詳細)

FPSによいゲーミングスピーカー

FOSTEX アクティブ・スピーカー PM0.3H(B)

アクティブ・スピーカー PM0.3H(B)は、ハイレゾを楽しめるアイテムとしても有名なモデルです。

前モデルも高音に定評があり、ハイレゾ対応という形で引き継がれることによってさらに、高音の広がり方や音質が良くなりました。

銃などの武器が放つシューティング音もリアルに再生されるため、FPSゲームが得意な方におすすめです。

FOSTEX アクティブ・スピーカー PM0.3H(B)
created by Rinker
FOSTEX
¥11,771(2020/01/17 09:29:56時点 Amazon調べ-詳細)

Logicool G560 LIGHTSYNC PC

FPSをするのであれば、より臨場感を味わいたい方にLogicool G560 LIGHTSYNC PCがおすすめです。

敵を倒すシューティング音や、場の雰囲気を盛り上げてくれるエフェクトを楽しめるのが最大の特徴です。

ゲーム用に開発されており、音だけでなく、視覚でもゲームを盛り立ててくれ、デザインにもこだわりがあります。

値段が安いゲーミングスピーカー

Logicool Z120BW

Logicool Z120BWは、価格が1万円以下で安いとされているゲーミングスピーカーの中でも、約1500円で購入できることが最大の特徴です。

USBから電源を供給しているためコンセントにつなぐ必要はなく、USBと3.5mmステレオミニジャックをパソコンに接続するだけOKです。

サイズもコンパクトであるため、ディスプレイと並べても邪魔になりません。スピーカーの裏側には余ったコードを収納できるスペースもあり、配線をまとめることができます。

LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW
created by Rinker
Logicool(ロジクール)
¥1,303(2020/01/17 09:29:56時点 Amazon調べ-詳細)

JBL Pebbles バスパワードスピーカー DAC内蔵

Pebblesは、USB-DAC機能という機能を内蔵しているためノイズの影響を受けにくく、高音質の音を楽しむことができます。

接続もUSBのみであるため、非常に簡単に接続が可能となっています。音質へのこだわりがあるのも特徴で、パソコンと接続するだけで、簡単に高解像度の音を楽しむことができます。

デスクトップパソコンだけでなく、ノートパソコンでゲームをしたいという方にもおすすめです。

音響重視なゲーミングスピーカー

Bose Solo 5 TV sound system 

Bose Solo 5 TV sound systemは、サウンドバータイプのゲーミングスピーカーで、コンパクトなデザインのモデルです。

迫力のある低音は強さを5段階に調整でき、低音を響かせたくない夜遅い時間でも扱いやすいのが特徴的です。

HDMIには対応していない点には注意が必要でしょう。

Bose Solo 5 TV sound system ワイヤレスサウンドバー
created by Rinker
BOSE(ボーズ)
¥29,630(2020/01/17 09:29:57時点 Amazon調べ-詳細)

イヤホン・音響機器ブランド BOSEの歴史と特徴 価格帯

ONKYO BASE-V60(B)

ONKYO BASE-V60(B)は、メインスピーカーとサブウーファーが独自の技術を使用しているため、非常に高性能なゲーミングスピーカーです。

音の空気管がクリアに聞こえ、迫力のある低音を響かせることができ、スピーカーを付け加えることによってリアルサラウンド環境にも対応できます。

「Onkyo Controller」というアプリをダウンロードするとスマートフォンで操作できるようになります。とにかく高性能なスピーカーを求めている方におすすめです。

イヤホン・音響機器ブランドONKYOの歴史と特徴 価格帯

Bluetoothのゲーミングスピーカー

Bose SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker

Bose SoundLink Revolve+ Bluetooth speakerは、すっきりして鮮やかな音を出してくれるゲーミングスピーカーです。

低音が少し苦手という方におすすめで、低音による音圧も抑えめにすることが出来ます。

高音が上に広がりがあるようによく聞こえ、360°音が広がっているため反射音により、放たれた音が壁からも音が飛んでくるのが特徴です。

Razer Leviathan RZ05-01260100-R3A1

Razer Leviathan RZ05-01260100-R3A1は、サブウーファーとワンバーボディがセットとなっているゲーミングスピーカーです。

バーチャル5.1chサラウンドに対応しているため、小型でありながら高音質の低音を響かせることができます。音質の設定をゲーム、映画、音楽の中から選べるためゲーム以外にも使用可能です。

ゲームだけじゃない用途にも使いたいという方におすすめです。

bluetoothってなに?Wi-Fiとの違い 接続方法の仕方とは

ビジュアル重視なゲーミングスピーカー

Harman Kardon SOUNDSTICKS 2.1ch SOUNDSTICKSBTJP

Harman Kardon SOUNDSTICKS 2.1ch SOUNDSTICKSBTJPは、クラゲのような独特のデザインをしているゲーミングスピーカーです。

音質もさることながらインテリアとしても活用できるため、デザイン重視の型にはおすすめとなっています。

Accessory Power社 GOgroove BassPULSE2.1

Accessory Power社 GOgroove BassPULSE2.1は、青を中心とした配色がきらびやかで美しいデザインのゲーミングスピーカーです。

使用しているときに本体が光り、音だけでなくデザインで場を盛り上げてくれます。とにかくデザインが派手なゲーミングスピーカーが欲しいという方におすすめです。

ゲーミングスピーカーのまとめ

  • 設置をする場所によって、使用するゲーミングスピーカーのチャンネルを選ぶとよいでしょう。
  • 出入力の端子の種類や数を認しないとゲーミングスピーカーを購入しても使用できないことがあるため、事前に端子の種類や数をチェックしておくことが重要です。
  • 価格やデザインが様々なため、どこを重要としているのかをはっきりさせたうえで、購入するのがおすすめです。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
Bose Companion 2 Series III multimedia speaker system PCスピーカー
created by Rinker
BOSE(ボーズ)
¥10,533(2020/01/17 09:29:55時点 Amazon調べ-詳細)
FOSTEX アクティブ・スピーカー PM0.3H(B)
created by Rinker
FOSTEX
¥11,771(2020/01/17 09:29:56時点 Amazon調べ-詳細)
LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW
created by Rinker
Logicool(ロジクール)
¥1,303(2020/01/17 09:29:56時点 Amazon調べ-詳細)
Bose Solo 5 TV sound system ワイヤレスサウンドバー
created by Rinker
BOSE(ボーズ)
¥29,630(2020/01/17 09:29:57時点 Amazon調べ-詳細)