この記事ではゲーミングマウスのおすすめと、選び方を解説します。

ゲーミングマウスを有効活用するためには、用途に合わせて機能を選ぶことが重要です。この記事を通して、ご自身の用途にあったゲーミングマウス購入の検討が出来ます。

ゲーミングマウスと普通のマウスの違い

ゲーミングマウスは普通のマウスと比べて、操作性やカスタマイズ性を向上させたマウスであることに違いがあります。

パソコンでオンラインゲームを遊ぶ場合、ゲームキャラクターの操作をマウスで操作するため、マウス操作がオンラインゲームでの勝敗を決めると言っても過言ではありません。

ゲーミングマウスは普通のマウスよりも持ちやすく設計されており、操作性も向上しています。

ゲームで使用するコマンドをショートカットで呼び出せるように、クリックとホイール以外にも複数のボタンが設けられています。

用意されたボタンにゲームで使用するコマンドを割り当てる事によって、マウスからでも特定の機能を呼び出すことが可能です。

ゲームや暗がりでの作業に!光るキーボードの選び方とおすすめ品5選
こだわって選ぼう、ゲーミングマウスパッドの解説
マウスパッドの選び方とおすすめの品 ゲーミングマウスパットを解説
ps4でマウスを使う場合の解説 おすすめとメリット・デメリット

FPSでマウスにこだわるべき理由

FPS(First-Person Shooter)では、マウスポインタを狙った位置へ素早く・正確に移動する事が重要です。

FPSにおけるマウス操作は、キャラクターの視線移動や、相手キャラクターを射撃する時などに使用します。

射撃する際、相手キャラクターの頭を狙って打つ事(ヘッドショット)で、ゲームを有利に進める事ができ、狙った位置へ、いかに素早く・正確に移動できるかが重要になり、マウスの性能が大きく影響します。

ゲーミングマウスの選び方

ゲーミングマウスの選び方①:もちやすさでえらぶ

ゲーミングマウス選びでは、マウスの持ち方によっておすすめのサイズや重量が異なります。マウスの持ち方には「かぶせ持ち」「つかみ持ち」「つまみ持ち」の3種類です。

「かぶせ持ち」は、全体を覆いかぶせる一般的な持ち方で、自分の手の大きさに合ったマウスを選ぶのがおすすめです。

「つかみ持ち」はクリックがしやすいように指を立てる持ち方で、大きいマウスだと安定感が増し、クリックしやすくなります。

「つまみ持ち」は指だけでマウスを支える持ち方で、軽くて小さいマウスにすると、動かしやすくなります。

ゲーミングマウスの選び方②:DPIでえらぶ

ゲームに合わせてDPIを調整できるマウスを選ぶと、とっさの手の動きに対して臨機応変に対応できます。

DPIとは、マウスを1インチ(2.54mm)動かした際、パソコン上でマウスポインタが何ドット動くのかを表した数値のことです。

DPIの数値が高いほど、少しの操作でマウスポインタが大きく動きます。キャラクターや視線移動を素早く動かしたい場合はDPIを高くすると良いでしょう。

DPIの数値が低い場合、細かい操作が可能です。DPIの数値が低ければ小さな範囲での動きを行いやすいため、精密射撃をしたいときにはおすすめです。

ゲーミングマウスの選び方③:有線・無線でえらぶ

ゲーミングマウスは「有線」タイプの場合、動作が安定するためおすすめです。有線マウスであれば、電池切れの心配もありません。

無線マウスを選ぶ場合、遅延が発生しないように、レポートレートが高いモデルの無線マウスを選ぶと良いでしょう。レポートレートとは、1秒間に何回PCへ情報が送れるかの値です。

数値が高いほどマウスの情報をPCに素早く伝える事ができます。レポートレートが高ければ、遅延なくマウスを操作できるので、レポートレートの高いマウスを選ぶとよいでしょう。

使いやすくて便利な無線マウスの選び方とおすすめの製品を解説

ゲーミングマウスの選び方④:サイドボタンの有無で選ぶ

サイドボタンの有無は、ゲームの種類に応じて必要かどうか決まります。FPSの場合、武器やアイテムの切り替えなどはあまり必要がない事が多いです。

プレイするゲームでよく使用するコマンドをピックアップし、サイドボタンがいくつあれば良いか考えると良いでしょう。

マウスのチャタリングとはなにかと対策方法

マウスのチャタリングとは、短時間のうちにボタンの信号がONとOFFを繰り返す状態です。

ONとOFFが意図せず繰り返されることにより、実際にはシングルクリックしかしていないにもかかわらず、PCはマウスがダブルクリックされたと認識してしまいます。

そのような状態が頻発するようになったら、チャタリング対策を行うのがよいでしょう。

チャタリング対策は以下の通りです。

チャタリング対策①:専用のソフトウェアを使う

チャタリング対策ソフトウェアは、ごく短い間にONとOFFが繰り返された場合、ソフトウェアで入力を無視するソフトウェアです。

マウスを長い間使用していると、内部に溜まった静電気やスイッチの劣化などによる影響から、シングルクリックのはずがダブルクリックされたと認識されるようになります。

チャタリング対策ソフトウェアを実行する事で、ごく僅かの間にONとOFFが繰り返された場合には、ダブルクリックではなく、シングルクリックとしてPC側へ認識させる事が可能です。

チャタリング対策②:接点復活剤を使用する

チャタリング対策として、接点復活剤を使用するという方法もあります。

接点復活剤は、内部スイッチの電気接点の機能を回復してくれる物で、コンタクトスプレーとも呼ばれます。

マウスを分解する必要がありますが、チャタリングが発生してしまうスイッチに接点復活材を吹き付けることで、接点不良が回復し、チャタリングが改善されるようになります。

おすすめのマウス8選

有線/無線両対応のマウス

有線/無線両対応のマウスは、場合によって有線/無線ごとの特徴を使い分けることができる事が特徴です。

有線マウス

遅延が気になる人は、有線マウスを選ぶのがおススメです。

無線マウス

無線マウスは、コードがあることでストレスを感じる人におすすめのマウスです。

ゲーミングマウスについてのまとめ

  •  ゲーミングマウスは通常のマウスと比べて、操作性やカスタマイズ性を向上させたマウスです。
  • ゲーミングマウスを使用する事により、FPSで重要なマウスポイントを狙った位置へ素早く・正確に移動させる事が可能になります。
  •  ご自身の持ち方によって、マウスの選び方が変わります。スタイルに合わせたマウスを選ぶことが大切です。
  •  FPSにおいては、速く動かしたいときと正確に細かく狙いたいときがあるので、DPIの切り替えが出来るとマウスが便利です。
  •  有線マウスならば、動作が安定している事と充電が不要です。無線マウスは遅延が少ないマウスを選ぶ事で、有線マウスに劣らないスペックを引き出すことができます。
  •  サイドボタンはゲームによって必要数が異なります。プレイするゲームに合わせてボタン数を選ぶとよいでしょう。
  •  チャタリングソフトウェアを使用する事で、古くなったマウスのチャタリングを防止する事が可能です。
  •  接点復活剤を使用する事で、電気的接点の機能が回復し、チャタリングが改善されます。