この記事では2019年1月時点で、プレミア価格がついているゲームサントラについてどのようなゲームなのか、サントラの中でどの曲がおすすめなのかを解説をします。
20代30代にとっては子供のことの思い出を音楽とともに呼び起こされるでしょう。

スーパーマリオRPG

Amazonロゴ

スーパーマリオRPG
ゲーム・ミュージック
Out of stock
発売日1996年3月9日
対応機種
スーパーファミコン
ジャンルアクションRPG
発売元任天堂

ゲームのあらすじ
いつものようにクッパにさらわれたピーチ姫を救うため、クッパ城へ向かうマリオ。戦いに決着がついたと思った直後、空から舞い降りた巨大な剣がクッパ城に突き刺さり、その衝撃で3名は城から吹き飛ばされてしまう。行方不明になってしまったピーチ姫を探す道中に出会った不思議な人形ジーノの口から、クッパ城に突き刺さってきた巨大な剣が、落下中に人々の夢を叶える巨大な星スターロードをバラバラにしてしまい、人形の体を借りてスターロードを修理するためにやってきたこと、武器世界の魔王カジオーが武器軍団を率いてマリオワールドに攻め込んできたことを知らされたマリオは、スターピースを取り戻し、世界に平和を取り戻すべく旅立つのだった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』スーパーマリオRPG

1996年に発売された、スーパーマリオRPGは当時の他RPGとは違い、戦闘やフィールドマップでボタン連打やタイミングよくボタンを押すなどのアクション要素がありました。また、キャラクターの会話にメタ要素が散りばめられ、終始コミカルに進行する物語と、このゲームが今も根強い人気を持つ理由でしょう。

サントラは2019年1月現在では、44,999円とかなりのプレミアが付いています。再販の見通しもないため、どうしても高値になってしまいます

ドレカウ編集部でのおすすめの楽曲は下記3曲です。

disc1トラック34のDocaty Mountain Railroad
アップテンポな曲調が、トロッコのスピード感をうまく表現しています。この曲が流れるあたりでは物語も序盤から中盤にさしかかり、ゲームとしてもワクワクが感じられます。

disc2トラック14のバーレル火山
ゲームも終盤に差し掛かり、難易度を感じさせる玄人好みの曲です。低めの音階から、緊張感を感じさせます。

一番人気の曲はdisc1トラック28の森のキノコにご用心でしょう。
この曲はスーパーマリオRPGを象徴するキャラクター「ジーノ」が仲間になるステージで鬱蒼とする森をかき分けるような曲となっています。

スーパーマリオ~ヨッシーアイランド オリジナル・サウンド・ヴァージョン

発売日1995年8月5日
対応機種
スーパーファミコン
ジャンル
横スクロールアクション
発売元任天堂

 

ゲームのあらすじ
ある日の夜、二つの布包みを咥えた一羽のコウノトリが飛行していた。コウノトリは、布にくるまれた双子の赤ちゃんを届けるべく、その子たちの両親のもとへ向かっていた。すると突然、猛スピードで飛び迫る謎の人物がコウノトリに襲い掛かり、布包みを奪い去った。しかし、その者が手にした包みは一つだけで、もう一つは地表へと落下していった。
コウノトリを襲った者の正体は、クッパ王国に仕える魔法使い・カメックだった。件の双子が王国の災いとなるという自らの占いに基づいた犯行だったが、片方の赤ちゃんを誘拐し損ねたことを知ったカメックは、部下に捜索を命じた。
一方、上空から落下した赤ちゃんは、ヨッシーたちが暮らす島「ヨッシーアイランド」に住む一匹のヨッシーの背中に着陸し難を逃れる。赤ん坊を保護したヨッシーたちが今後について相談している中、赤ちゃんは一つの方向を指差した。ヨッシーたちは手分けして赤ちゃんを運ぶことを決め、指し示された目的地へと向け出発する。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』スーパーマリオ ヨッシーアイランド

本作ゲームシナリオがマリオの赤ちゃん時代の設定でありスーパーマリオワールドとは異なることで、全体的なBGMが童謡のような穏やかな印象です。
しかしながら戦闘曲やボス戦ではクオリティの高い曲もあり、しっかりとマリオワールドを演出してくれています。さらにマリオシリーズのお馴染みの曲も面白いアレンジがされ使用されており懐かしさも感じるでしょう。

サントラは2019年現在では80,000円~90,000円でプレミア価格になっています。

編集部でのおすすめの楽曲は下記3曲です。

トラック20 マップBGM
ジャンプしたくなるような軽快なリズムの繰り返しから始まります。すごく頭に残るリズムです。
そのリズムに徐々にストリングス系や笛の音が加わり心地良い和音のリズムになり、ノリノリで冒険に出たくなるそんな一曲です。

トラック22 パワフル赤ちゃん
マリオがスターを取って無敵になった時のBGMです。メロディはそのままで打楽器で軽快なノリを演出し、管楽器の伴奏がつくアレンジです。
ヨッシーアイランドのイメージにピッタリな印象でゆったりとした印象に感じるBGMに仕上がっています。

トラック18 大ボスBGM
ボス戦のBGMだけあって、スタイリッシュに緊張感を演出しているBGMです。
オルガンのやや不協和音から導入し、高テンポのハイハットで焦りを感じさせしっかりバスドラムでリズムの深みを加えてから、スタイリッシュなメロディを展開します。
ボス戦が盛り上がるのは間違いないそんな一曲です。

 

スーパードンキーコング2

Amazonロゴ

スーパードンキーコング2
ゲーム・ミュージック
Out of stock
発売日1995年11月21日
対応機種
スーパーファミコン
ジャンル
アクションゲーム
発売元任天堂

ゲーム概要
レアが開発、任天堂が発売したテレビゲームである。スーパードンキーコングシリーズの第2作目。
やりこみ要素が練りこまれ、エンディング以降もクレムコイン集めやロストワールドでの腕試し、DKコインを集めて真のゲームヒーローを目指すなどの要素がある。スーパーファミコン用ソフトの国内売上第9位の記録を持つ。

ゲームのあらすじ
前作の主人公であるドンキーコングはある夜、1人でビーチへ散歩に出かけた。しかしドンキーは翌朝になっても戻って来ず、相棒のディディーコングがビーチへ行ってみるとそこには壊されたビーチチェアと無数の足跡が残されていた。その荒らされた跡には「ドジで間抜けなドンキーコングは捕まえた。返して欲しけりゃバナナをよこせ。ワッハッハッ キャプテンクルールより」と書かれた置き手紙もあった。ドンキーはクレムリン軍団にさらわれたのだ。ドンキーの一大事を知ったコング達は話し合いをした結果、ディディーとガールフレンドのディクシーコングがドンキーを助けに行く事に決定。ディディーとディクシーはさらわれたドンキーコングを助けにクレムリン島に乗り込む。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』スーパードンキーコング2

スーパーファミコンのゲームサウンドの中では特に人気が高い「スーパードンキーコング」シリーズですが、今作の作曲はイギリス人作曲家デビッド・ワイズです。
レア社製ソフトで多くのタイトルで彼の音楽が使われています。
そしてサントラの内容はCDジャケットに書いている「デジタルゴリラミュージック」を象徴するように打楽器的な効果音をメインにさまざまなエリアや環境を反映し多彩で、自然環境を彷彿させるスタイルの音楽を取り入れて作られています。そういった点がゲームと深くマッチし人気の秘密なのでしょう。
価格は2019年1月現在で、140,000円前後とかなりのプレミア価格となっています。

編集部でのおすすめの楽曲は下記3曲です。

トラック6 メインマスト・クライシス
空を船が走っている様子を上手く音楽で表現しています。爽快なメロディーに風の吹く音なども混ぜて環境音を上手く利用しゲームを盛り上げてくれます。

トラック11ようがんクロコジャンプ
溶岩ステージの曲で、非常に神秘的な演出を感じます。穏やかでありながらマグマの湧き出る音を用いて同時に緊張感も演出しています。この辺りの環境音と楽器の使い方の上手さは今作の最大の魅力です。

知名度が一番大きいのはトラック16のとげとげタルめいろでしょう。
鬱蒼とした森をかき分けるような曲はドンキーコングが出演する作品で、何度もリメイクされています。

がんばれゴエモン~ネオ桃山幕府のおどり オリジナル・ゲーム・サントラ

Amazonロゴ

「がんばれゴエモン~ネオ桃山幕府のおどり」オリジナル・ゲーム・サントラ
ゲーム・ミュージック, 影山ヒロノブ, 水木一郎, 立花敏弘, 太田悦世
Out of stock
発売日1997年8月7日
対応機種NINTENDO64
ジャンル
アクションアドベンチャーゲーム
発売元コナミ

 

ゲーム概要
武器やジャンプを駆使して道中ステージや城ステージを攻略していくというシリーズの特徴はそのままに、シリーズ初の3Dアクションゲームとなった。
日本を舞台にした旧作の和風テイストを踏襲しつつ、3Dグラフィックによってより臨場感ある表現で世界観が形作られると共に、3Dならではの立体感溢れるアクションに加え、旧作で確立されたアクションアドベンチャーの要素も大きく取り込まれている。

ゲームのあらすじ
平和な大江戸はぐれ町。ゴエモン達は飯屋で食事をしていたが、エビス丸が裸になって悪ふざけをしたため追い出されてしまう。そんな時、上空に突如、桃の形をしたUFOが現れ、さらに大江戸城へ向かって謎のビームを発射してヘンテコな城(いわゆる洋風)に作り変えてしまった。
殿様の頼みを受け犯人を捕まえるべく旅立った二人は、道中、この異変を単身調査していたヤエ、とある事情から身動きできなくなっていたサスケを助け出して仲間に加え、事の首謀者であるミュージカルスター・春風弾神とマーガレット蘭子率いる謎の組織「ネオ桃山幕府」がもくろむ「日本全土舞台化計画」の野望を阻止すべく立ち向かうのであった。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』がんばれゴエモン ネオ桃山幕府のおどり

1997年にコナミより発売された任天堂64のソフトで「がんばれゴエモン」といえばファミコンからの人気シリーズですが、シリーズ通して作中BGMは和風音楽が多くゲーム自体の純和風の世界観とマッチし旅情感が存分に味わえます。
それに加えて今作は音楽に注力されており、アニソン歌手で有名な影山ヒロノブさんがオープニングテーマ「がんばれゴエモンのテーマ」を歌い、さらにボス戦での挿入歌「おれはインパクト」には水木一郎さんを起用と、かなり豪華です。
また物語後半ではバリトンの立花敏弘さん、メゾソプラノに太田悦世さんの歌唱曲もありより物語を盛り上げます。

これだけ豪華なのでサントラも当然人気で品薄状態、2019年1月現在の相場はなんと120,000円~140,000円のプレミア価格が付いています。

編集部でのおすすめの楽曲を3曲紹介します。

オープニングテーマ「がんばれゴエモンのテーマ」
影山ヒロノブさんが歌うオープニングテーマ。ドラムのアップテンポなリズムに明るい曲調と歌詞で、聞き手のテンションが上がる事間違いなし!
所々に英単語のフレーズがあるのでどうしてもドランゴンボールの曲を彷彿とします。落ち込んでいる時に聞けば間違いなく元気が出る曲に仕上がっています。

インパクト戦「おれはインパクト」
これは水木一郎さんの歌う曲なのですが、はっきり言ってマジンガーZです。
おそらくそれを狙って作られた曲だと思うので、いつもの水木一郎さんの魅力を味あうことができます。歌詞にも「鉄人」や「超合金」のフレーズがありヒーロー系アニソン曲に仕上がってますのでそれらのファンにはたまらない1曲であることは間違いないでしょう。

「大和の竹林」
がんばれゴエモンといえばこのBGMではないでしょうか。尺八がかなでる優雅なメロディーに三味線のリズムが加わり壮大な純和風世界にようこそ、といった感じで城下町の雰囲気にマッチしておりシリーズ通して使われています。聞くだけで懐かしさが込み上げてくるそんな一曲です。”

ニンテンドーDS ポケモン ダイヤモンド&パール スーパーミュージックコレクション

Amazonロゴ

ニンテンドーDS ポケモン ダイヤモンド&パール スーパーミュージックコレクション
メディアファクトリー and ゲーム・ミュージック
Check on Amazon
発売日2006年9月28日
対応機種ニンテンドーDS
ジャンル
ロールプレイングゲーム
発売元
株式会社ポケモン

ゲーム概要

今作からハードがニンテンドーDSになり、ゲームの画面構成がDS独自のデュアルスクリーンに適したものに再設計された。パッケージのポケモンは、『ダイヤモンド』が時間を操る力を持つディアルガ、『パール』が空間をつかさどるとされるパルキア。

この作品で言う時間と空間とは宇宙のことであり、作中でそれに関した伝承が語られている。

ゲームのあらすじ

ある日、シンオウ地方のフタバタウンに住む主人公は、ジョウト地方の「いかりのみずうみ」にいるという赤いギャラドスを特集したテレビ番組に触発された幼馴染のライバルに誘われ、町の近くの「シンジこ(シンジ湖)」に赤いギャラドスを探しに出かける。

湖畔の草むらに置き忘れられたナナカマド博士の鞄に入っていたポケモンを偶然から手にした2人は、改めて正式にポケモンをもらい、頼まれたポケモン図鑑の完成のための旅に出る。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』ポケットモンスター ダイヤモンド・パール

サントラは2006年にメディアファクトリーから発売され販売終了から10年以上が経過しています。ゲーム自体が完全新作のシリーズ4作目であり、ハードがニンテンドーDSになったのが今作からであり、デュアルスクリーンなども踏まえ今作は前作より新たな試みが多く用いられています。

BGMも影響を受けているようで全体的にテクノ系シンセサイザー音楽に仕上がっていて、当時は先進的だったかもしれないが今聞いてみると少し音色に深みが足りず浮ついた印象を受けるかもしれません。しかしながら、さすがはBGMに高評価のポケモンです。数多くの名曲が生まれています。
現在プレミア価格で取引されているのも納得で価格相場は17,000円前後です。

編集部でのおすすめの楽曲は下記3曲です。

DISC-2 107 ゲームコーナー
初代から引き継がれているゲーム―コーナーのBGMなのですが、よくぞこんなにカッコよく仕上げてくれた!という印象です。
曲の入りはまさにEDM曲でありクラブミュージックのような入りから、しっかりとサビのメロディーを展開すというファン納得の一曲です。

DISC-2 137 戦闘!伝説のポケモン
まさに今作を象徴する一曲です。テクノポップな高テンポで展開していくが、途中でテンポダウンさせたりピアニッシモでしっかり緩急をつけてくる。
ポケモンBGMのレベルの高さを思い知ります。

DISC-2 144 チャンピオンシロナ /145 戦闘!チャンピオン
物語終盤のチャンピオン戦の曲です。戦闘前の前奏144から始まるのですがグランドピアノの深い音色から奏でられるエチュードのような曲。チャンピオンという強敵の存在感を膨らませ緊張感を演出させられます。そして戦闘曲はこれぞポケモン王道戦闘曲といった感じに仕上がっており没入感は最高に高まるそんな一曲です。