テレビ番組やブルーレイを映画館さながらに大画面スクリーンで鑑賞できるのが、プロジェクターの魅力です。最近では、価格が手ごろで高画質の製品が多く、ホームユースモデルでは、映画やスポーツ中継、ゲームなどのジャンルに合わせて画質を補正できる製品も増えています。

「こんな大画面でFPSとかできたら楽しそう」と思うゲーム好きも多いのではないでしょうか。そこで、ここではゲームにおすすめのプロジェクターについて解説します。

プロジェクターの種類と特徴

一般的なプロジェクターは、投影方式によって3種類に大別できます。1つは液晶パネルに光を透過させて投影する透過型の液晶方式です。このタイプは比較的安価なポータブルモデルが主流ですが、液晶ディスプレイ(LCD)を3枚使った高画質モデルもあり、選択肢が豊富です。画質は全体として良好ですが、液晶パネルに光を透過させるため、明るさとコントラストが低下しやすい欠点があります。

2つめはDMDという極小の可動式ミラーに光を照射して投影するDLP方式です。DLPは光をさえぎるパネルがないので映像のコントラストが高く、バリエーションも安価なポータブルモデルから、大型のシアターシステムまで、幅広く展開しています。

3つめは反射型液晶パネルを搭載するLCOS(エルコス)方式のプロジェクターです。LCOSはDLPと同様に反射型なので高コントラスト映像を投影できますが、構造が複雑で小型化がむずかしく、光量も大規模シアターに対応できるほど大きくないため、ホームシアター用のハイエンドモデルや、医療現場の手術室映像モニターなどに採用されています。

ゲーム用プロジェクターの選び方

一般向けのプロジェクターで、ゲームに適した製品を選ぶポイントとしては、画質と解像度、画面の遅延(応答速度が遅いこと)、画質や音質をゲームに最適化するゲームモードの有無をあげることができます。ゲームモードがないプロジェクターでも、高画質で遅延が少なければ、快適にプレイすることができます。

プロジェクターの画質で選ぶ

ゲームに求められる画質の条件としては、暗い部分がつぶれたり、ハイライトが白く飛んだりしないこと、ディテールを忠実に再現できることが重要です。特にシューティングゲームでは、見えにくい場所ほど敵が潜んでいる可能性が高く、画面のコントラストの善し悪しが勝負を分ける、といっても過言ではありません。

解像度も高いほどリアルで鮮明なバーチャル映像を楽しむことができます。最近では4K対応のプロジェクターも増えていますが、高解像度と高画質を両立したプロジェクターは、当然ながら価格も高くなりますので、予算の許す範囲で選びましょう。

プロジェクターの遅延で選ぶ

コンマ1秒を争うアクションゲームでは、プレイヤーの操作が映像に反映されるまでのわずかな遅延が勝敗を分けることもあります。この遅延は、プロジェクターの電子回路が映像信号を処理する過程で生じるタイムラグや、液晶パネルの応答速度の低さが原因とされています。

通常の映像ソースでは気になりませんが、スピード勝負のゲームでは、コントローラーの操作がすぐに画面に反映されない状態はもどかしいだけでなく、ゲーム展開にも影響が出てしまいます。電子回路の信号遅延はどんなプロジェクターでも多かれ少なかれ発生します。そこでゲームに最適化するために映像の遅延を抑えるゲームモードを搭載しているモデルがあります。ゲームをメインに選ぶ際には、ゲームモードの有無や遅延のレベルをチェックしてください。

機能で選ぶ

ゲームに没頭するには、画質や遅延だけでなく、動作音のチェックも必要です。プロジェクターは内部の光源が高温になるため、冷却用のファンを装備しています。プロジェクターを選ぶ際には、ファンノイズのレベルや、静音モードの有無もチェックしましょう。

画質については、HDR(High Dynamic Rangeハイダイナミックレンジ)規格に対応していれば、問題ありません。また、ゲーム機とプロジェクターの接続にはHDMIケーブルが最適です。ゲーム用のプロジェクターを選ぶ際には、HDMI端子があるものを選びましょう。

おすすめのゲーム用プロジェクター

ソニー ビデオプロジェクター VPL-VW255

ソニーのVPL-VW255は、HDRに対応した4K(3840×2160ドット)のホームシアター用ビデオプロジェクターです。

投写方式は反射型液晶のLCOS方式。ディスプレイのデバイスにはソニー独自開発の1.55型ネイティブ4K・SXRD(4096×2160)パネルを搭載しています。この解像度は劇場用デジタルシネマプロジェクターと同じで、4K映像を臨場感たっぷりに楽しめます。入力にはHDCP2.2に対応するHDMI端子を2系統装備。最大18Gbpsの高速伝送で4K60p 4:4:4など最新のHDR規格に対応した高精細映像の入力を可能にしています。またゲーム用に低遅延モードを搭載し、60fpsで1.7フレームという低遅延を実現しています。

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥508,225(2019/02/20 12:58:32時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ソニー(SONY)
¥508,225(2019/02/20 12:58:32時点 Amazon調べ-詳細)

BenQ(ベンキュー) ホームプロジェクター TK800

BenQのTK800は、3840×2160ドットの4K・UHD解像度に対応するホームユース向けのプロジェクターです。

投写方式はDLP。0.47インチのシングルDMDにより、3000ルーメンの輝度と、HDR10対応の高画質映像を実現しています。DLP方式は液晶方式よりも残像感が少なく、ゲームやスポーツなど動きの激しい映像の再生に適しています。TK800ではさらにスポーツ観戦に最適化した「スポーツモード」を搭載。

スピード感あふれる選手のプレイを、大画面に投影して楽しめます。またサウンドモードにゲームモードを搭載しているのも見逃せないポイント。遅延の少ないダイナミックな映像と、ゲームプレイの興奮を高めるビビッドなサウンドが楽しめます。

created by Rinker
ベンキュージャパン
¥120,800(2019/02/20 12:58:33時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ベンキュージャパン
¥150,000(2019/02/20 12:58:33時点 Amazon調べ-詳細)

コスパが良いゲーム用プロジェクター

エプソン プロジェクター EB-W05

エプソンEB-W05は1280×800ドットのハイビジョンの液晶パネル搭載した液晶方式のプロジェクターです。

最大輝度は3300ルーメン、コントラスト比は15000:1という高輝度高コントラストの映像を投影できるので、明るい部屋でも映画やゲームを楽しむことができます。画素数はフルハイビジョンではありませんが、液晶パネルを光の3原色に合わせて3枚使用した3LCD方式により、ディテールの再現性と色の階調性を高めています。

投写レンズは短焦点タイプで、最短投写距離は約2.3m。斜め方向から投写しても映像がゆがまない「ピタッと補正」(横方向の台形ゆがみと縦方向の台形ゆがみを自動的に補正する機能)を搭載。投射位置がずれていても正確な投影ができます。本体には2Wのスピーカーを内蔵しているので、外部スピーカーがなくても音声の再生が可能です。冷却ファンは静音設計なので、至近距離でも動作音を気にせず映画やゲームを楽しむことができます。

created by Rinker
エプソン
¥36,661(2019/02/20 12:58:33時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
エプソン
¥66,290(2019/02/20 12:58:34時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
エプソン
¥100,339(2019/02/20 12:58:34時点 Amazon調べ-詳細)

プロジェクターでゲームをやる際のまとめ

  • 一般的なプロジェクターは液晶方式、DLP方式、LCOS方式の3つの投影方式が主流です。
  • ゲーム用のプロジェクターには、画質の良さと遅延の少なさ、静音性の高さが求められます。
  • 家庭用のプロジェクターの中には遅延を抑えるゲームモードや、ゲーム用のサウンドモードを搭載した製品があります。