この記事では、デュアルモニターについて解説します。

この記事を通して、自宅のモニターをデュアルモニターにする方法や、デュアルモニターに最適なモニターを探すことができます。

デュアルモニターをお探しの方は、この記事を読むことで、自分に合ったモニター購入の検討が出来ます。

デュアルモニターのメリット

デュアルモニターにすることで、パソコンの作業効率が上がります。

モニターを2画面で使用することで、片方のモニターで調べながらもう一方のモニターで作業をすることが可能です。

デュアルモニターにするために、パソコンの出力端子にモニターを2台接続するだけで、2画面出力が可能です。

パソコン用のモニターはなにがいい?おすすめと選び方のご紹介

デュアルモニターが役立つ場面

デュアルモニターが役立つ場面は、調べながら作業をする時です。

パソコンで作業をする場合、検索したり、資料を参考にしながら作業をする場面があるでしょう。

1画面の場合は、画面内でウィンドウを2分割するため、1つのウィンドウサイズが小さくなります。

2画面であれば、片方のモニターを参考用、もう一方のモニターで作業することができるため、作業効率を上げることが出来ます。

モニターの選び方

デュアルモニターのモニターを選ぶ際は、下記のポイントを重視して選ぶとよいでしょう。

サイズ
作業机の上に設置できるかどうか確かめるために、自分の環境に置ける最大のサイズを確認しておくとよいでしょう。
ベゼルの幅
ベゼルとは、モニターフレームのことです。ベゼルが狭いと、つなぎ目が目立ちません。
光沢処理の有無
光沢処理は「グレア」と呼び、非光沢処理は「ノングレア・アンチグレア」と呼びます。
ピボット機能
モニターを回転して縦画面でも使用できる機能です。
音声出力機能
モニターから音声を出力出来るかどうかです。

「解像度」と「高さ」の表記の違いに注意

モニターを選ぶときは、「解像度」と「高さ」の表記の違いに注意が必要です。

「解像度」の単位は「px(ピクセル)」で、「高さ」の単位は「mm」です。

「解像度」の単位である「px(ピクセル)」は、画像の最小単位を表しています。

モニターの大きさではないため、モニターサイズを調べるときには「本体寸法」を確認するとよいでしょう。

デュアルモニターの接続方法

デュアルモニターの接続方法①:モニターを2台用意する

まず、パソコンに接続するモニターを2台用意します。

モニターを設置するときは、モニターの高さを揃えるとよいでしょう。左右のモニター間をマウス移動したときに、上下の視線移動を減らすためです。

設置面積が限られている場合、ピボット機能のあるモニター(スタンド)を使用すれば、モニターを縦に配置することで、設置面積を小さくする事が出来ます。

デュアルモニターの接続方法②:接続端子の種類を確認する

パソコンとモニターの接続端子を確認する必要もあります。

接続端子は、ディスプレイポート、HDMI、DVIが一般的です。USB Type-Cで接続可能な製品も増えてきました。

音声出力可能なモニターの場合、HDMIやUSB Type-Cで接続すれば、ケーブル1本で映像と音声が出力可能です。

デュアルモニターの接続方法③:ケーブルでつなぐ

用意したケーブル2本で、パソコンとモニター2台をそれぞれ接続します。

接続端子は上下で形状が異なるため、接続端子の形状を確認し、正しい向きで接続する必要があります。「USB Type-C」のみ、上下どちらでも接続が可能です。

おすすめのデュアルモニター7選

EVICIV EVC-1301 は持ち運びに便利

EVICIV EVC-1301は、持ち運びにも便利なモバイルモニターです。

「USB Type-C」ケーブルで接続することで、映像と電源供給がケーブル1本で行われます。

ベゼルの幅も狭いため、デュアルモニターに最適です。パソコンはもちろん、ゲーム機などのモニターとしてもおすすめできます。

ASUS VZ229Hはスリムなボディが特徴

ASUS VZ229Hは、モニターの薄さが7mmとスリムなボディのため、設置面積を小さくする事が可能です。

ベゼル幅が狭く、モニターを並べたときにも違和感を感じません。

目の疲れの原因となるブルーライト軽減フィルターがワンタッチで4段階に設定可能です。

ブルーライト軽減機能はドイツの「TUV Rheinland」認証を取得しているため、安心して使用することができます。

アイ・オー・データ EX-LD2383DBSは高さや角度が自由に出来る

アイ・オー・データ EX-LD2383DBSは、高さや角度を調整できる「フレキシブルスタンド」で、設置条件に選択肢が広がります。

液晶の視野角は上下左右178°と、どこから見ても色彩や明るさに変化がありません。

ベゼル幅が13.9mmと細く、ベゼルが気になりにくいため、デュアルモニターに最適な製品です。

BenQ GW2480 23.8インチは輝度を自動調節してくれる

BenQ GW2480は、輝度を自動調整してくれる「ブライトネスインテリジェンス」機能を搭載しており、明るい場所、暗い場所のどちらでも鮮明な映像を出力することが出来ます。

どこから見ても正確な色と画像を再現する「IPSパネル技術」を搭載しています。

Acer KA240Hbmidxはステレオスピーカーを搭載している

Acer KA240Hbmidxは、2W+2Wのステレオスピーカーを備えている製品です。HDMI端子で接続すれば、モニターから音声出力が可能です。

「ブルーライト」軽減機能を搭載したモニターで、目の疲れを抑えることができます。

モニターの調整メニューから、ブルーライト透過率を80%~40%までの4段階で調整が可能です。

iiyama XB2783HSU-B3は広い視野角が特徴

iiyama XB2783HSU-B3は、「AMVA+」と呼ばれるパネルを搭載しており、上下左右178°と広い視野角のモニターです。

「AMVA+」とは、液晶表示方式の1つである「VA方式」を進化させたもので、引き締まった黒を表現することができます。

モニターの位置調整に便利なスタンドが使われています。

高さが最大130mm、左右は各45°、上下の角度調整が27°傾けられるため、見やすい位置と角度に調整可能です。

Dell SE2719Hはシンプルでスタイリッシュ

Dell SE2719Hはベゼル幅が狭く、シンプルでスタイリッシュなモニターです。

画面のちらつきを抑える「フリッカーフリー」は、目の疲れを軽減するブルーライト軽減機能が付いているため、長時間の使用でも問題ありません。

発色がきれいな「IPSパネル」を採用しており、どこから見ても美しく表現されます。

HDMI端子は1つのみですが、27インチサイズでこれだけの性能を備えており、コストパフォーマンスに優れたモニターです。

デュアルモニターについてのまとめ

  • デュアルモニターのメリットとして、片方のモニターで調べながら、もう一方のモニターで作業することで作業効率が上がることがあげられます。
  • モニターは、サイズ、ベゼルの幅、光沢処理、ピボット機能、音声出力機能などから選ぶとよいでしょう。
  • デュアルモニターの接続方法は、パソコンとモニター2台をそれぞれをケーブルで接続することで行います。