スマホやノートパソコンの普及により、最近ではパソコン用のモニターを使わない人が増えています。

一方で、パソコンをゲームや仕事で利用する人たちにとって、大画面で高精彩のパソコンモニターは他に代えがたい魅力があります。

そこでここでは、パソコンモニターの種類や選び方、おすすめの機種やメーカーなどを解説します。
パソコンモニターの購入を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

パソコンモニターの特徴

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

おすすめのパソコンモニター

 

パソコンモニターは、パソコン専用のモニターディスプレイです。
タブレットやノートパソコンの内蔵ディスプレイはサイズや解像度に制限があるため、フォトレタッチやWEBデザインなどの用途では作業効率が低下してしまう恐れがあります。

その点、デスクトップパソコンは、ユーザーの好みに応じたサイズや解像度のパソコンモニターを選択できるため、ゲームや映像製作、デザインや文書作成などに携わる人たちに人気があります。

パソコンモニターの種類

パソコンモニターは形状やパネルの種類によって、いくつかのタイプに分類できます。

形状の種類

パソコンモニターの形状を大別すると、縦と横の比率が3対4や、4対5のスクエア型と、10対16や9対16のワイド型があります。

最近はハイビジョンテレビの影響でワイドタイプが主流となっていますが、事務的な用途にはスクエアタイプも需要があります。
ちなみにワイドタイプよりもさらに横長のウルトラワイドモニターもありますが、幅が広いので、購入前にサイズと設置スペースの確認が必要です。

パネルの種類

現代のパソコンモニターはほぼ全機種が液晶ディスプレイを採用していますが、そもそも「液晶」とは何でしょうか。
「液晶」とは、液体の一部が結晶化している状態、つまり固体と液体の中間にある状態をいいます。

液晶テレビの液晶は、液体の中に細長い棒状の小さな結晶が規則的な配列を保って浮遊している物質です。
この結晶の配列には、電圧をかけると瞬時に向きを変える性質があります。

そこで液晶の裏側から光を当てながら、電気的に結晶の向きを変えることで光の透過率をコントロールして明暗を作り、文字や画像を表示できるようにしたのが液晶パネルです。

現在、パソコンモニターに使われている液晶パネルは、駆動方式の違いによって、IPS(In Plane Switching)、VA(Vertical Alignment)、TN(Twisted Nematic)という3の方式に大別されます。

まずTN方式は、電圧によって液晶内の結晶が斜めにねじれることで、光の透過率を可変する方式です。
TN方式は価格が安く、液晶の反応が早いため、ゲームなどで表示の遅延が生じにくいといったメリットがあります。

デメリットは結晶の配列が斜めになるため、見る角度によって画面の色や明るさが極端に変わってしまうことで、「視野角がせまい」とも言います。
次にVA方式は結晶が斜めではなく、垂直方向に動くパネルです。VA方式のディスプレイは遮光性が高く、黒色が濃く見えるので画像のコントラストが高くなります。TN方式の欠点とされる視野角のせまさも改善できますが、後述のIPS方式には及びません。
最後のIPS方式は、液晶が水平方向に回転することで、光の透過率を変える方式です。
視野角が広く、色再現性が高いので、最高級のパソコンモニターに採用されています。
デメリットとしては価格が高いことと、黒色の深みがVAほど高くないことがあげられます。
また応答速度も他の方式より遅いため、ゲーミングには不向きな方式とされています。

光沢、表面処理

液晶ディスプレイは画面の表面処理のちがいによって、「光沢(グレア)液晶」と「ノングレア液晶」に分類することができます。

光沢液晶はパネルの表面で光が乱反射しないように光沢加工したタイプです。

グレア液晶はパネルの光がまっすぐ目に届くため、色鮮やかでコントラストが高く見えるメリットがあります。
一方、デメリットとしては外光の映り込みが強く、映像が暗い場面ではモニターを見つめる自分の顔が鏡のように映り込んでしまうことや、傷や汚れが目立ちやすいことがあげられます。

映り込みの強さは疲れ目の要因にもなるので、業務用のモニターは表面につや消し加工を施したノングレアタイプが主流です。

パソコンモニターの選び方

パソコンモニターを選ぶ場合は、前述の駆動方式や、画面解像度とサイズが自分の用途に適しているかどうかで判断する必要があります。

解像度

デジタルテレビやパソコンモニターの映像は「画素(ピクセル)」という小さな光の点を縦横に並べることで表示しています。
「解像度」は映像の細かさを示す画素数のことです。

一般的には画素数が多ければ多いほど、画像は大きく高精細になります。

たとえばフルハイビジョンの解像度は横×縦の画素数が1920×1080ピクセルになります。パソコンモニターもフルハイビジョンが主流ですが、用途によっては縦方向にゆとりがあるほうが作業しやすいので、WUXGA(1920×1200)も人気があります。

またフォトレタッチや映像作成に従事する方にはさらに高解像度のWQHD(2560×1440)や4K(3840×2160)がおすすめです。
一方、文書作成の用途では、あまりに解像度が高いと文字の表示サイズが小さくなるため、30インチ以下のモニターではWQHDかWUXGAがおすすめです。

用途
パソコンモニターは用途によって最適なモデルが変わってきます。
たとえば映像制作やフォトレタッチ、文書作成などに従事される方は、VAかIPSタイプがおすすめです。
一方、ゲームに使いたい方は、遅延の少ないTN方式のモニターが有利になります。

おすすめのパソコンモニター

iiyama ProLite XUB2390HS-B3

XUB2390HS-B3はAH-IPS液晶パネルを採用した23インチのパソコンモニターです。
解像度は1920×1080。目の疲れにくいノングレアタイプです。
スタンドは高さ調節と90度回転が可能。
ビジネス用途に最適のモニターです。

IODATA GigaCrysta EX-LDGCQ271DB

EX-LDGCQ271DBはIPSに相当するADSパネルを採用した27インチのパソコンモニターです。
解像度は2560×1440で作業領域が広く、高さと角度を調整できるスタンドつきです。
ゲームからデスクワークまでオールマイティに活用できます。

LG モニター ディスプレイ 32UK550-B

32UK550-Bは31.5インチの4Kモニターです。パネルタイプはVA方式のノングレアタイプ。
映像鑑賞やゲームに最適の4Kモニターです。

おすすめのゲーム用モニター

BenQ XL2536

XL2536は24.5型のフルHDモニターです。
リフレッシュレートは144Hzに対応。
FPSやレースなどスピード感のあるゲームにおすすめです。

ACER KA271BBMID

KA271BBMIDは27型のゲーム向けモニターです。
応答速度はわずか1ms。 スピードの速いゲームでも残像はほとんどありません。
薄型フレームですっきりしたデザインも魅力です。

ASUS VG278Q

VG278Qは27型のフルHDモニターです。
応答速度1ms、リフレッシュレート144Hzを実現し、あらゆるジャンルのゲームが快適にプレイできます。

パソコン用モニターのおすすめのまとめ

  • 液晶タイプのパソコンモニターは、駆動方式の違いによりTN、VA、IPSの3タイプに分類できます。
  • IPSは高価ですが視野角が広く、TNは安価で遅延が少ないという特徴があります。
  • 最近のパソコンモニターはフルハイビジョン対応のワイド型が主流です。
商品一覧
ご紹介している商品一覧