ほどんどのノートパソコンには、パッドを指でなぞったり軽く叩いたりすることで、マウスを使わずにポインターを動かしたり画面をスクロールしたりできる「タッチパッド」が搭載されています。

しかし、自分のパソコンにタッチパッドがついているのを知っていても使ったことがない人や、タッチパッドがあることに気づいていない人なども多いことでしょう。

この記事では、ノートパソコンでタッチパッドを使うとこんなことが便利、というようなノートパソコンのタッチパネルのメリットや、タッチパネル対応のノートパソコンを選ぶときのポイントを紹介します。

タッチパッドはマウス代わりになるポインティングデバイス

タッチパッドは、マウスの代わりに使われるポインティングデバイスで、トラックパッドともいわれています。

ノートパソコンのキーボードの下にある、長方形に区切られたような操作盤がタッチパッドです。

タッチパッドの使い方

タッチパッドを指でなぞったり軽く叩いたりすることで、ポインターの移動や画面スクロールなどができます。
代表的な使い方には次のようなものがあります。

指でなぞるとポインターを移動できる

タッチパッドを指でなぞると、なぞった方向にポインターが動きます。

1本指で叩くと左クリックになる

タッチパッドを1本の指で軽くたたくと、左クリックの動作になります。

2本指で叩くと右クリックになる

タッチパッドを2本の指で軽くたたくと、右クリックの動作になります。

2本指をスライドさせると画面スクロールになる

タッチパッドを2本の指をあててスライドさせると画面スクロールができます。上下左右、どの方向にもスクロールできます。

左クリックしたままスライドでドラッグ&ドロップ

目的のファイルの上でタッチパッドの左クリックボタンをクリックし、移動したい場所まで指をスライドさせて移動したら指を離します。

指を広げたり狭めたりでズームイン/ズームアウト

タッチパッドに指2本を置き、指の感覚を広げたり狭めたりすることで、画面の拡大、縮小ができます。

タッチパッドの操作はパソコンの機種によって違うことがありますので、自分の使っているパソコンの操作はメーカーのサイトなどで確認しましょう。

ノートパソコンでタッチパッドを使うメリット

ノートパソコンでタッチパッドを使うメリットには、次のようなことがあります。

メリット①:マウスのスペースが必要ない

タッチパッドはマウスとほぼ同等の操作がでるので、マウスを使う必要がなくなります。

持ち運びができることがノートパソコンの特徴ですから、カフェや乗り物の中などでノートパソコンを使うシチュエーションも多いでしょう。

出先でパソコンを使う場合はテーブルが狭かったり膝の上で作業しなくてはならないこともありますので、タッチパッドを使うことでマウスのスペースが必要なくなることは大変助かります。

メリット②:マウスを持ち歩く必要がない

タッチパッドを使えば、パソコンを持ち歩くときにマウスももっていかなくてはならないということがなくなります。

マウスを忘れたことに出先で気づいたり、マウスの電池が予期せぬタイミングで切れてストレスを感じることもありません。

メリット③:腕の疲れが軽減できる

キーボードとマウスの間で手を何度も往復させる動作や、マウスを上下左右に動かす動作を繰り返していると、腕のヒジから下の部分がかなり疲れてくることがあります。

タッチパッドを使うと腕ごと動かす動作がなくなるので、腕の疲れが軽減されます。

タッチパネル対応ノートパソコンの選び方

選び方①:ディスプレイのサイズで選ぶ

ディスプレイのサイズが大きければ、多くの情報を表示でき作業がしやすいという利点があります。サイズが小さいものは携帯性に優れていますが作業範囲が狭くなります。

ノートパソコンを使うメインの用途はなにかによって、自分に合ったサイズを見つけるとよいでしょう。

11インチ程度のものは楽に持ち運びできます。打ち合わせ時のメモに使ったりプレゼン資料を閲覧したりするだけなら、この大きさで十分といえます。

11インチでは心もとないという人は、13~14インチ程度を選ぶと携帯性と作業のしやすさのバランスがよいでしょう。14インチ以上のものは、家やオフィス用と考えたほうがよいでしょう。

選び方②:OSで選ぶ

パソコンのOSは大きく3つがあります。

Windows
マイクロソフト社が提供するOSで、ビジネスでは最も一般的に使われています。Windows搭載パソコンは多くのメーカーから発売されています。

 

MacOS
アップル社が提供するOSで、アップルが販売するMacBookシリーズに搭載されています。

 

ChromeOS
ChromeOSはグーグルが発表したOSです。Chromeの利用に特化しているのが特徴で、軌道が早く、比較的安価に手に入ります。ノートパソコンはブラウジングや動画視聴がストレスなくできるのが一番という人や、2台目のサブパソコンとして使いたい人にお勧めです。

 

OSは用途や好みで選べばよいですが、OSが違うとファイルの互換性がない場合があります。

オフィスで使う据え置きのパソコンと持ち歩き用のパソコンの2台を持つケースであれば、OSは揃えたほうが使い勝手はよいでしょう。

選び方③:CPUで選ぶ

CPUはパソコンの頭脳ともいわれる重要なもので、CPUの性能はパソコンの処理速度に大きく影響します。

多くのパソコンに搭載されているIntel Core iシリーズでいうと、Core i3からCore i9までがあり、数字が高いほどスペックが高くなりますが価格も高くなりますので、自分の求めるものがどれくらいなのかをよく検討して選ぶことをお勧めします。

選び方④:メモリで選ぶ

メモリは4GBのものから8MB、16MB・・とパソコンによってさまざまです。メモリは作業机の広さに例えられます。

一度に多くの作業を進めるならある程度の容量が必要ですが、一般的な用途なら8GBあれば不便を感じることはないでしょう。

おすすめのタッチパネル対応ノートパソコン

ThinkPad E480

ThinkPadの特徴は、キーボードの中央に、トラックポイントと呼ばれる赤い突起上のボタンが設置されていることです。このトラックポイントでポインターを動かせるので、タッチパッドまで手を動かす頻度が少なくてすみます。

CPUやメモリをカスタマイズできるので、自分好みの仕様が作れます。

Surface Pro 6

MicrosoftのSurfaceシリーズです。Windows10搭載でビジネス仕様にも遜色がありません。また、ディスプレイ部分を取り外してタブレットとしても使用でき、使い方が広がります。

ASUS Chromebook Flip C213NA

ChromeOS搭載、ASUSのChromebookは、11.6インチのディスプレで携帯性に優れたモデルです。動画視聴やブラウジングが手軽にできるノートパソコンを探している人にお勧めです。

タッチパッド対応ノートパソコンについてのまとめ

  • タッチパッドとは、パッドを指で操作することでマウスとほぼ同様の動きができるもので、ほどんどのノートパソコンに搭載されています。
  • タッチパネルを使うメリットとして、マウスのスペースが必要ないので外出先でも使いやすいこと、マウスを持ち歩く必要や電池切れの心配がないこと、腕の疲れを軽減できることなどがあります。
  • タッチパッド対応ノートパソコンを選ぶときは、ディスプレイサイズ、OS、CPU、メモリなどをバランスよく検討し、自分に合ったものを探しましょう。