オーソドックスなキーボードなら一般的には”テンキー”が搭載されており、本体幅は40㎝以上のモデルがほとんどです。

パソコン作業をする机の上は 書類・テキスト・筆記用具に加え、有線であればワイヤーもあるしで何かとゴチャゴチャしやすいです。

物で溢れた卓上にキーボードを置くとなると、更にスペースも狭まり窮屈な中での作業を強いられてしまします。

そんなシーンで大変役立つのがテンキーレスキーボードです。今回はテンキーレスキーボードについてのご説明と、お勧めメーカー・お勧め製品も併せてご紹介致します。

製品の選び方についても詳しくご案内するので、テンキーレスキーボードの購入を検討中の方はぜひチェックしてみてください。

テンキーレスキーボードとはなにか?

テンキーレスキーボードとは キーボードの右側に配するテンキー(所謂数字キーのこと)が省略されたキーボードの事です。

一般的なキーボードには100以上のキーがあります。それに対してテンキーレスキーボードは90前後のキー数になります。

キーの数が一般的なキーボードより少ない分、横幅が約10㎝ほど短くなります。

動画閲覧・文書作成・メール送信・ウェブ閲覧など、パソコンでの基本的な操作に於いてテンキーの使用頻度はそう多くはないと思います。

なのでテンキーを省いてその分作業スペースを広く使いたいという人には、テンキーレスキーボードはぴったりのアイテムです。

どうしても数字入力が必要な場合は キーボード上段に配列されているキーでも十分代用できますので、コンパクトなキーボードをお探しの人ならテンキーレスキーボードをお勧め致します。

テンキーレスキーボードの選び方

テンキーレスキーボードを選ぶ際のポイントは、接続・サイズ・配列に注目します。

テンキーレスキーボードの選び方①:接続方式

テンキーレスキーボードの接続方式には有線と無線があります。これは一般的なキーボードと同じです。有線タイプのほとんどは「usbType-A」を使用しています。

ワイヤレス接続方式よりもリーズナブルなものが大半のため、有線は人気の接続方式でもあります。

ワイヤレスタイプは大きく2種類に分けることができます。一つはパソコンにレシーバーを挿して使用する「usbレシーバー」タイプです。

そしてBluetooth機能を利用して接続する「Bluetooth接続」タイプもあります。

Bluetooth接続タイプはレシーバー不要ですが、Bluetooth対応端末でないと接続できないので注意が必要です。

テンキーレスキーボードの選び方②:サイズ

冒頭でも述べたようにテンキーレスキーボードは一般的なキーボードと比べてテンキーが省略されている分コンパクトです。
しかし同じメーカーのものでもモデルによっては微妙にサイズ感や重さが異なります。

持ち運びに特化したモバイル端末として使用するなら、200グラム前後の軽量モデルがお勧めです。

またキーボードのサイズは キーピッチ(キーの中心から隣のキーの中心までの長さ、距離)やキー配列によっても左右します。

カフェなど外出先での作業が多い人には できるだけコンパクトで軽量サイズをお勧めしますが、決まった場所でのご使用ならサイズにこだわらず、打鍵感など含めタイピングしやすいサイズのキーボードをお勧めします。

テンキーレスキーボードの選び方③:キー配列

テンキーレスキーボードのキー配列は大きく2種類に分けられます。日本語配列だと キーボード右側のEnterキーが大きめの仕様になっています。

また、キートップの文字プリントはアルファベットの他にひらがなが表記されています。英語配列だとカタカナ/ひらがな・半角/全角・変換・無変換のキーがなく、Enterキーも小さめです。

プログラミングなどの作業なら英語配列が便利ですが、通常の文字入力であれば日本語配列の方が使いやすいでしょう。

テンキーレスキーボードのおすすめメーカー

おすすめメーカー①:東プレ

東プレ株式会社ではRealforceラインが有名で、種類もいったいどのモデルを選べばいいのか迷ってしまうほど多岐に渡ります。

Realforceが採用している静電容量無接点方式スイッチは、物理的に電気接点が無いため接触による劣化・摩耗の心配がありません。

そのため耐久性は圧倒的に高いです。

初代Realforceは3000万回、第二世代のRealforceR2とRealforceRGBだと5000万回という驚くべき耐久性を誇ります。
そしてタイピンに重要な打鍵感ですが、ソフトタクタイルフィーリングと呼ばれるソフトなタッチ感です。

カチっとした底まで当たるスイッチ感ではないため、この打鍵感に慣れてくると指が疲れにくくなります。東プレがお好きな人は、ぜひRealforceラインを選択肢に加えてください。

おすすめメーカー②:ロジクール

ロジクールはラインナップが豊富なので、色々な用途に合わせたモデルを選ぶ際にとても頼りになるメーカーです。

パソコン周辺機器を数多くリリースしているメーカーでもあるため、ヘッドセット〜マウスパッドまでロジクール社製で全て統一することもでき、ゲーミング環境を整えたい人にお勧めのメーカーです。

価格帯もリーズナブルで購入しやすいものから ゲーミングに使われるハイスペックな高額商品まであります。

ロジクール独自のUnifyingという通信規格を使用することで、対応しているマウスとキーボードを一つのレシーバーでの接続する事が可能なので、usbレシーバータイプをお探しの人には特にオススメしたいメーカーです。

テンキーレスキーボードのおすすめ

東プレ NG0100 REALFORCE91U

東プレのREALFORCEのテンキーレスキーボードは、ミレニアム突入後しばらくしてから販売されたロングセラーモデルです。

最高のキータッチとの呼び声も高いこちらのキーボードは、今尚根強いファンがいるヒット商品です。

created by Rinker
東プレ
¥44,117(2019/03/18 19:07:06時点 Amazon調べ-詳細)

ゲーミングテンキーレスキーボードのおすすめ

ロジクール ゲーミングキーボード PRO G-PKB-001

Romer-Gメカニカルスイッチ採用のハイスペックキーボードです。キースイッチの耐久性はなんと驚異の7000万回と、静電容量無線点方式を上回っています。

キートップはカナ無し。カラーはブラックオンリーの潔いモデルです。照明機能付きで手元を明るく照らしてくれます。

テンキーレスキーボードについてのまとめ

  • 作業スペースを広く使いたいという人にはテンキーレスキーボードはぴったりです。
  • テンキーレスキーボードを選ぶ際のポイントは 接続・サイズ・配列の3つです。
  • レシーバーを挿して使用する「usbレシーバー」タイプと レシーバー不要の「Bluetooth接続」タイプがあります。
  • モバイル端末として使用するなら200グラム前後の軽量モデルがお勧めです。
  • キー配列はプログラミングなどの作業なら英語配列が便利だが 通常の文字入力であれば日本語配列の方が使いやすいです。