この記事では、センタースピーカーの必要性や選び方のポイントなどを具体的に解説します。
ホームシアターシステムの導入に必要になってくるのが、センタースピーカーです。

また、車載用のサラウンドシステムでも、センタースピーカーは非常に重要となります。
センタースピーカーは、主に音に立体感などを出すために必須な音響機器です。

一方、センタースピーカーの効果などをよく知らず導入していると言う方も少なくありません。
中には、センタースピーカーは本当に必要?と考えている方もいます。

このような考えになってしまうのは、センタースピーカーの必要性を理解していないからだと言えます。
購入する際に、是非参考に当記事をご覧ください。

センタースピーカーとは

センタースピーカーとは、ホームシアターや車載用のオーディオのサラウンドシステムを構築する際に、中央部に設置するスピーカーのことです。
音の位置や距離感が明確になる・ボーカルなどの声が聞き取りやすく改善されるのが、主なメリットとなります。
形状は、基本的に横長の箱型が多いです。

また、通常のLRサラウンドの場合、定位感にずれが生じる可能性がありますがセンタースピーカーを配置すれば補強することができます。
ですので、ボーカルの声を強調したい場合や映画の台詞をしっかり聞きたいのであれば、センタースピーカーが最適です。
他にも音質の大幅な向上、サラウンドに立体感が生まれるなどの利点もあります。

必要性を考慮する

センタースピーカーは、5.1chサラウンドにも対応しているため車載用のオーディオに必須の音響機器です。
通常、カーナビでは5.1chサラウンドに対応していないことが多々あります。

しかし、センタースピーカーなら対応しているので、手軽に音に臨場感が生まれます。
そのうえ、センタースピーカーを取り付けないと定位感も安定しないためボーカルサウンドが聞き取り辛いことがありますが、センタースピーカーを取り付けることで、格段に台詞が聞き取りやすくなります。

設置すれば、音楽に限らず映画や野球中継などもさらに楽しめるでしょう。
つまり、カーオーディオで映画や音楽を楽しみたい方やホームシアター用として音質の底上げをしたい方は、センタースピーカーは必要不可欠と言うことです。

取り付ける位置を考える

取り付ける位置は、視聴する位置の前方や自分の耳の位置の高さと合わせるのが一般的です。
車載用に設置する場合でも、取り付ける位置はほぼ同じとなっています。

ただし、ダッシュボードの前に置くよりは、上に置くほうが邪魔にならないのでおすすめです。
また、車載用のセンタースピーカーの場合、薄型の形状となっている商品も多いのでチェックしましょう。

センタースピーカーの選び方

センタースピーカーを選ぶ際は、「スピーカーユニット」「サイズ」「デザイン性」を要チェックです。
自分に合ったセンタースピーカーを購入したいのであれば、最低限3つのポイントは確認しておくと無難だと言えます。
下記に、それぞれのポイントに関して詳しく解説します。

スピーカーユニット

スピーカーユニットの数は、価格や音質に大きく影響があります。
スピーカーユニットは、「フルレンジスピーカー」「2WAYスピーカー」「3WAYスピーカー」が主流です。
各スピーカーユニットについて、説明します。

・フルレンジスピーカー
1種類のユニットのみで全音域を再生する、低価格でコンパクトなスピーカーです。
オーディオ用の場合、低音域と高音域がやや弱い面があります。
しかし、他のスピーカーを用いることで補強することも可能です。
安価なので、初心者やパソコン用のスピーカーにも適しています。

・2WAYスピーカー
高音用と低音用にユニットがそれぞれ分かれている、音質面が優れているスピーカーです。
センタースピーカーで最も主流なのが、このタイプとなっています。
そのため、ラインナップも豊富なので自分に合っている商品が選びやすいです。

・3WAYスピーカー
低音域や中音域、高音域を再生するユニットに分けられているスピーカーとなります。
高級で大型なスピーカーに多いタイプで、2WAYよりも広い音域を再生することが可能です。
ただし、センタースピーカーに3WAYは少ないので注意しましょう。

このように、スピーカーユニットの数によって音質などが変わるので、しっかり確認することが大切です。

サイズで選ぶ

スピーカーは、サイズが大型になるほど低音再生能力などが高くなります。
ただし、設置場所や重さを考慮した場合、サイズが大きいほど良いとは言えません。
通常の設置場所は、テレビなどの映像機器の下のことが多いのでバランスをきちんと考える必要があります。

デザイン性で選ぶ

センタースピーカーは、あくまでもサラウンドシステムの構築の補助的な役割です。
また、他のスピーカーと組み合わせることもあるため、デザインが派手過ぎない商品がおすすめと言えます。
色は黒や茶系、材質はマットな質感のセンタースピーカーを選ぶなど、ある程度デザイン性も考えることが大切です。

センタースピーカーのおすすめ

センタースピーカーのおすすめを紹介します。

・ ヤマハ(YAMAHA) センタースピーカー NS-C210

created by Rinker
ヤマハ(Yamaha)
¥2,761(2019/03/19 12:52:48時点 Amazon調べ-詳細)

価格は、2768円です。
コンパクトサイズでリーズナブルな価格なので、センタースピーカーに詳しくない方でも設置しやすくなっています。
また、アルミコーン型ウーハーで中音域をクリアにし、バランスドーム型ツイーターを搭載することにより100kHzの高域まで再生可能です。
さらにサイズがコンパクトなだけでなく、重さも2kgとかなり軽量と言えます。
この商品に合ったフロントスピーカーを配置すれば、より高音質になるでしょう。
安価でも音質を妥協したくない方に、おすすめです。

・オンキヨー(ONKYO) センタースピーカーシステム ブラック D-109XC

created by Rinker
オンキヨー(Onkyo)
¥9,397(2019/03/19 12:52:49時点 Amazon調べ-詳細)

価格は、9397円となります。
この商品の特徴は、低音域のウーハーユニットに自社で開発した「N-OMF振動板」を採用していることです。
また、さらに低音を強化できる「砲弾型イコライザー」も搭載しています。
そのうえ、高音も補強するために「バランスドーム型振動板」を使用し、ハイレゾ音源も惜しみなく再生できます。
微細な音まで再現したセンタースピーカーを求めている方に、最適です。

車載用センタースピーカーのおすすめ

車載用センタースピーカーのおすすめを紹介します。

・ソニー(SONY) 2ウェイ・スピーカーシステム SS-CS8

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥7,679(2019/03/19 12:52:49時点 Amazon調べ-詳細)

価格は、7803円です。
独自技術の「MRC(発泡マイカ)」素材を使用、ツイーター部の形状の調整をすることにより台詞の再生能力が向上しています。
余計な音の反響が少なく、クリアな音声を楽しめます。
車内だとエンジン音などの雑音があるため、明確に台詞が聞き取れる当商品は適していると言えるでしょう。
車内で映画を見ることが多い方に、おすすめの商品です。

・デノン(DENON) センタースピーカー SC-C37

created by Rinker
デノン(Denon)
¥12,209(2019/03/19 12:52:49時点 Amazon調べ-詳細)

価格は、12196円となります。
サイズが幅320x高さ100x奥行178mmなので、車にも取り付けやすいです。
また、再生周波数範囲が50Hz~60KHzとなっており、低音域とハイレゾ対応の高音域まできちんと再生できます。
パワフルなアンプと組み合わせることで、小型なのに力強さも付加されます。
設置しやすく広帯域、加えてハイレゾ音源を車内でも楽しみたい方におすすめです。

まとめ

  • センタースピーカーは、音の定位感の補強や音質の向上など色んなメリットがあります。
  • 台詞が聞き取りやすくなる、音に臨場感が生まれるためセンタースピーカーは必要不可欠です。
  • 設置する際は、視聴する位置の前方や自分の耳の位置に合わせるのが、一般的となります。
  • センタースピーカーを選ぶ場合、「スピーカーユニット」「サイズ」「デザイン性」を要チェックです。