自宅で映画やゲームを楽しみたい方に、ホームシアターシステムは人気が高いです。
ホームシアターシステムがあれば、臨場感や迫力がプラスされてよりクリアな音を聴くことができます。

ホームシアターシステムは、複数のスピーカーを設置している製品やスピーカーとアンプを搭載した製品まで多種多様です。
様々な製品の中から、自分のニーズに合っているホームシアターシステムを選ぶ必要があります。

しかし、製品のラインナップが豊富なほど、選び方のポイントを知っておかないとどれを選ぶべきか分からなくなることも少なくありません。
ですから、選び方のポイントから種類などをあらかじめ把握するのがベストです。

そこで今回は、ホームシアターシステムに関して詳しく解説していきます。

ホームシアターシステムとは

ホームシアターシステムとは、テレビなどのサウンドに臨場感や迫力を付加するオーディオ機器です。
最近では、サウンドバータイプのコンパクトサイズのホームシアターシステムもあるため、スペースに困ることが少なくなっています。
スピーカーシステムの構成の表し方は、「5.1ch」などです。

最初の数字がスピーカーの数、次の数字だとサブウーファーの数を示しています。

種類(5.1/7.1chホームシアターシステムなど)

ホームシアターシステムの種類は、「5.1/7.1chホームシアターシステム」「2.1/3.1chフロントサラウンドホームシアターシステム」が主流です。
下記に、2つの種類の特徴を説明します。

・5.1/7.1chホームシアターシステム

5.1chは、高音や低音域を出力できるスピーカーを5本、サブウーファーを1本搭載した構造です。
そして7.1chは、2本のスピーカーを増設したタイプとなります。
また、サラウンド規格「Dolby Atmos」に対応した製品だと、7.1.2ch(数字の2は天井に設置したスピーカーの数)と示されていることもあります。
5.1/7.1chホームシアターシステムは、高出力のアンプも搭載されているため本格的なサウンドを楽しみたい方に最適です。

・2.1/3.1chフロントサラウンドホームシアターシステム

左右に1本ずつスピーカーがあり、サブウーファーを設置したタイプなのが2.1chです。
3.1chは、上記に加えセンタースピーカーが追加されています。
センタースピーカーがあると、声が聞き取りやすくなる効果があります。
このタイプの特徴は、「設置で場所をとらない」「サラウンド技術が優秀」なことです。
スピーカーが少ない分、省スペースでサラウンド技術に特化していると言えます。
コスパ良好、すぐにサウンド環境を整えられるため、初心者にもおすすめです。

ホームシアターシステムの種類によって、使い勝手や音質が変化するので事前確認を忘れないようにしましょう。

ホームシアターシステムの選び方

ホームシアターシステムは、「サブウーファーの有無」「対応サラウンドフォーマット」「入出力端子」「出力」の4つのポイントをチェックしましょう。
低音の響き、使い勝手、音の迫力に直結する要素なので、なるべく妥協しないことがおすすめです。
各ポイントの説明を、下記に述べます。

・サブウーファーの有無

低音域専用のスピーカーであるサブウーファーは、小型のスピーカーであっても重低音をしっかり響かせることが可能です。
基本的に、ホームシアターシステムにはサブウーファーが搭載されています。

サブウーファーがあると、ロックの重低音やアクション映画をより楽しめるでしょう。

最近は、ワイヤレスでアンプと接続できる製品、サウンドバー自体にサブウーファーを内蔵している製品までラインナップが豊富です。
ですので、設置場所に制限がある方なども購入しやすくなっています。

・対応サラウンドフォーマット

対応サラウンドフォーマットをしっかり確認しないと、コンテンツのフォーマットとホームシアターシステムが一致していないと購入後に気付く恐れがあります。
サラウンドフォーマットの主流は、アメリカのDolby社とDTS社の規格です。

5.1chのフォーマット「Dolby Digital」「DTS Digital Surround」、7.1chだと「Dolby Digital PLUS」「DTS-HD High Resolution Audio」などがあるのでチェックしましょう。
他にもブルーレイで採用されている規格「Dolby TrueHD」と「DTS-HD Master Audio」、立体的な音を楽しめる「Dolby Atmos」や「DTS:X」も存在しています。

・入出力端子

主な端子のタイプは、「HDMI」です。

多くの映像機器に採用されており、使い方も1本のケーブルを利用するだけで比較的簡単となります。
また、HDMI 4K/60pと表記されている場合、4K放送にも対応しています。
入出力端子は、使い勝手の面で影響があるため要チェックです。

・出力で選ぶ

音の迫力、音量に影響があるのが出力です。
ワット数で表記され、定格出力と最大ワット数がそれぞれ記載されています。
2.1chシステムなら定格出力100W、5.1ch以上だと最大出力が400W超えているのも取り揃えられています。

映画鑑賞におすすめのホームシアターシステム(いくつか紹介)

映画鑑賞におすすめのホームシアターシステムを紹介します。

・ヤマハ(YAMAHA) フロントサラウンドシステム YAS-108

created by Rinker
ヤマハ(Yamaha)
¥18,700(2019/03/19 02:30:19時点 Amazon調べ-詳細)

価格は、21379円です。
本体にスピーカーユニット25mmツイーター・フルレンジユニット・75mmサブウーファーを設置した、人気の高い製品となります。
サブウーファー出力端子によって、増設も可能です。
より迫力のある重低音を響かせることができます。
さらにコンパクトサイズでありながら、合計120Wと高い出力を誇っています。
視聴モード搭載、機能充実、拡張性も高くなっている優秀な製品です。

・オンキヨー(ONKYO) 2.1chシネマパッケージ BASE-V60(B)


価格は、36815円となります。
最新サラウンドフォーマット「Dolby Atmos」「DTS:X」やFLACやDSDなどのハイレゾ音源に対応、FM放送も受信可能です。
さらに、Bluetooth・Wi-Fi・有線LANに対応しており接続も簡単に行えます。
入出力端子もたくさんあるので、拡張性も優秀です。
コンパクトサイズなのに全体的に性能が高い製品を求めている方に、おすすめです。

ワイヤレスタイプのおすすめのホームシアターシステム(いくつか紹介)

ワイヤレスタイプのホームシアターシステムのおすすめを紹介します。

・パイオニア(Pioneer) フロントスピーカーシステム Bluetooth対応 ブラック HTP-CS1


価格は、30980円です。
サイズ幅150×高さ57×奥行き88mm、サブウーファー縦横置き両対応とコンパクトサイズで使いやすい製品となります。
スマホでもバランスのとれた良音を再生可能、HDMI出力や光デジタル音声入力など入出力端子も充実しています。
また、サウンドモードも選べるので、視聴する番組によって音を最適化することもできます。

・ボーズ(BOSE) Solo 5 TV sound system ワイヤレスサウンドバー

created by Rinker
BOSE(ボーズ)
¥25,920(2019/03/19 02:30:20時点 Amazon調べ-詳細)

価格は、32400円となります。
テレビと1本のケーブルを繋ぐだけで、音響を整えることが可能です。
サイズ幅548×高さ70×奥行き86mm、重量約1.7kgと女性も扱いやすいコンパクトで軽量な製品と言えます。
さらに、低音は5段階調整可能・ダイアログモード搭載・スマホとの連携が簡単など、音質に限らず使い勝手も非常に優秀です。

ホームシアターシステムのまとめ

  • ホームシアターシステムとは、テレビなどの音質をより向上させるオーディオ機器です。
  • 種類は、主に「5.1/7.1chホームシアターシステム」と「2.1/3.1chフロントサラウンドホームシアターシステム」があります。
  • 購入前に、「サブウーファーの有無」「対応サラウンドフォーマット」「入出力端子」「出力」を要チェックです。
  • サブウーファーは、重低音を響かせるために重要な機器となります。