こちらの記事は2019年2月25日の記事を2020年3月6日に加筆修正いたしました。

加筆修正箇所
・ホームシアターシステムの選び方に設置スペースに合ったch数で選ぶの項目を追記いたしました。
・おすすめのホームシアターシステムの項目を2020年3月6日の情報に更新いたしました。

この記事では、自宅で映画やゲームを楽しみたい方に、ホームシアターシステムとはなにかや選び方、おすすめのモデルを解説します。

ホームシアターシステムがあれば、臨場感や迫力がプラスされるうえ、よりクリアな音を聴くことができます。

ホームシアターシステムは、複数のスピーカーを設置している製品やスピーカーとアンプを搭載した製品までラインナップが多彩です。

しかし、様々な製品の中から、自分のニーズに合っているホームシアターシステムを選ぶ必要があります。

この記事を読むことで、自分に合ったホームシアターシステム購入の検討が出来ます。

ホームシアターシステムとはなにか?

ホームシアターシステムとは、テレビなどのサウンドに臨場感や迫力を付加するオーディオ機器です。

現代では、サウンドバータイプのコンパクトなサイズのホームシアターシステムもあるため、スペースに困ることが少なくなっています。

スピーカーシステムの構成の表し方は、「5.1ch」などです。

最初の数字がスピーカーの数、次の数字だとサブウーファーの数を示しています。

ホームシアターシステムの種類

ホームシアターシステムの種類は、「5.1/7.1chホームシアターシステム」「2.1/3.1chフロントサラウンドホームシアターシステム」が主流です。

上記の2つの種類の特徴は以下の通りです。

5.1/7.1chホームシアターシステム

5.1chは、高音や低音域を出力できるスピーカーを5本、重低音をしっかり響かせるサブウーファーを1本搭載した構造です。

7.1chは、2本のスピーカーを増設したタイプです。

サラウンド規格である「Dolby Atmos」に対応した製品の場合、7.1.2ch(数字の2はスピーカーの天井に設置したスピーカーの数)と示されていることもあります。

5.1/7.1chホームシアターシステムは、高出力のアンプも搭載されているため、本格的なサウンドを楽しみたい方に最適です。

2.1/3.1chフロントサラウンドホームシアターシステム

左右に1本ずつスピーカーがあり、サブウーファーを設置したタイプが2.1chです。

3.1chは、2.1chに加えてセンタースピーカーが追加されています。

センタースピーカーがあると、声が聞き取りやすくなる効果があります。

設置で場所をとらないことや、サラウンド技術が優秀なことが2.1/3.1chの特徴です。

コスパがよく、すぐにサウンド環境を整えられるため、初心者にもおすすめです。

ホームシアターシステムの選び方

サブウーファーの有無で選ぶ

低音域専用のスピーカーであるサブウーファーは、小型のスピーカーであっても重低音をしっかり響かせることが可能です。

基本的に、ホームシアターシステムにはサブウーファーが搭載されています。

サブウーファーがあると、ロックの重低音やアクション映画をより楽しむことが出来ます。

対応サラウンドフォーマットで選ぶ

対応サラウンドフォーマットを確認しないと、コンテンツのフォーマットとホームシアターシステムが一致しておらず、求めていた体験が出来ない事になりかねません。

サラウンドフォーマットの主流は、アメリカのDolby社とDTS社の規格です。

5.1chのフォーマットには、サラウンドが楽しめる「Dolby Digital」「DTS Digital Surround」や、7.1chには高音質な「Dolby Digital PLUS」「DTS-HD High Resolution Audio」などの種類があります。

他にも、ブルーレイで採用されている規格である「Dolby TrueHD」「DTS-HD Master Audio」などのより高音質なフォーマットや、立体的な音が楽しめる「Dolby Atmos」や「DTS:X」も存在しています。

入出力端子で選ぶ

主な端子のタイプは「HDMI」です。

多くの映像機器に採用されており、使い方も1本のケーブルを利用するだけと比較的簡単な事が魅力です。

HDMI 4K/60pと表記されている場合、4K放送にも対応しています。

入出力端子は、使い勝手の面で影響があるためチェックが必要です。

出力で選ぶ

音の迫力、音量に影響があるのが出力です。

ワット数で表記され、定格出力と最大ワット数がそれぞれ記載されています。

2.1chシステムの場合は定格出力100W、5.1ch以上は最大出力が400W超えているなど、大音量が出せるモデルも取り揃えられています。

設置スペースに合ったch数で選ぶ

設置したい空間に合わせてch数を選ぶのもポイントです。
以下では、一般的なch数であるバーサラウンド・2.1ch・5.1chの3つを例に配置に適したスペースを解説します。


ワンルームにはバータイプ・2.1chがおすすめ

バーサラウンドは、薄く長いバータイプであるため、導入が容易である事が特徴です。

部屋にスペースを取らないため、オプションスピーカーを追加したい方にもおすすめです。

テレビの前面のスペースを有効活用して配置できるのが魅力でしょう。

接続ケーブルも少なく、短い時間での設置ができます。

2.1chは置き場所に困らないため、ワンルームなどの狭い空間であっても無理なく設置できます。

 

バーサラウンドと同じく部屋にスペースを取らないため、あとでスピーカーを追加したい方にもおすすめです。

しかし、手軽に環境を整えるのには適しているものの、最新の音声方式であるDolby Digital PLUSなどに対応していないこともあるため、接続したい機器に対応しているかの確認も必要です。

5.1chは12帖前後から設置可能
5.1chは、前方と後方に2つずつスピーカーを置き、センタースピーカーとウーファーも配置する5.1chは、映画鑑賞に最適です。

ほぼ全方向からの音響を体感することができます。

視聴場所を囲む形で配置する必要があるため、購入する際はある程度余裕のあるスペースを確保しておいた方がよいでしょう。

おすすめのホームシアターシステム

イーサプライ  EZ4-SP088はコンパクト

イーサプライ  EZ4-SP088は、横幅41cmのコンパクトサイズにより、テレビやデスクトップパソコンなどにも設置しやすいサウンドバースピーカーです。

24インチ程度のパソコンモニターから、40インチほどの薄型テレビにも簡単に接続できます。

コンパクトデザインですが、最大50Wの高出力が可能なのも魅力でしょう。

LG SL7Yは立体的なサウンドが出せる

LG SL7Yは、LG製品のTVリモコンと連携できるChromecast、Googleアシスタント対応のサラウンドスピーカーシステムです。

高音質なハイレゾ対応もしており、リアルで臨場感のある立体的なサウンドが出せる「DTS Virtual:X」も魅力でしょう。

Denon DHT-S216は便利機能も魅力

Denon DHT-S216は、3Dサラウンド技術である「DTS Virtual:X」対応のモデルです。

このスピーカー単体で、後方や頭上など各方向からの音に包み込まれるオーディオ体験を可能にしてくれます。

対応するテレビには、HDMIケーブル1本で、接続されたテレビの音声やブルーレイプレーヤーなどの音声をDHT-S216から再生することができます。

ヤマハ NS-F210は音質を重視した設計

ヤマハ NS-F210は、音質を重視した設計が魅力のモデルです。

独自の音場創生技術である「シネマDSP」により、臨場感を追求しています。

Wi-Fi経由でハイレゾ音楽再生や、専用のアプリを使ったワイヤレス操作を実現してくれるネットワーク機能も魅力です。

省スペース性に優れた、設置場所を選ばないコンパクトなキャビネットも付いています。

ヤマハ AVレシーバー 7.1ch Dolby Atmos DTS:X Bluetooth Wi-Fi ネットワークオーディオ ハイレゾ ブラック RX-V583(B) & フロア型スピーカー NS-F210 ブラック NS-F210(B) (1台)
ヤマハ(YAMAHA)

ヤマハ YAS-108は増設しやすい

ヤマハ YAS-108は、本体にある出力端子によって増設も可能なホームシアターシステムです。

より迫力がある重低音を鳴らすことができます。

コンパクトなサイズでありながら、合計120Wと高い出力を誇っているのも魅力でしょう。

created by Rinker
ヤマハ(YAMAHA)
¥24,800 (2020/12/01 09:53:21時点 Amazon調べ-詳細)

ホームシアターシステムのまとめ

  • ホームシアターシステムとは、テレビなどの音質をより向上させるオーディオ機器です。
  • 種類は、主に「5.1/7.1chホームシアターシステム」と「2.1/3.1chフロントサラウンドホームシアターシステム」があります。
  • 購入前に、「サブウーファーの有無」「対応サラウンドフォーマット」「入出力端子」「出力」を要チェックです。
  • サブウーファーは、重低音を響かせるために重要な機器です。