この記事では、スピーカースタンドを選ぶ際のポイントや、おすすめ商品を解説します。

スピーカーの機能を十分に発揮させるにあたり、スピーカースタンドはとても役立つアイテムです。

この記事を通して、自分に合ったスピーカースタンドを選ぶ検討が出来ます。

そもそもスピーカースタンドとは何か?

スピーカースタンドとは、スピーカーを設置するため台座のことです。

単なる台座ではなく、スピーカーの機能を踏まえた上での設計になっている点がポイントです。

現代ではさまざまな種類のスピーカースタンドが販売されているため、選択肢が広く、自分の目的に合った製品を選ぶ必要があります。

ゲーミングスピーカーの選び方のポイント 注意点とおすすめの製品
ブックシェルフスピーカーってなに?性能の見方とおすすめの製品6選
ブックシェルフスピーカーってなに?性能の見方とおすすめの製品6選

スピーカースタンドを使用することによるメリット

スピーカー本来の音を引き出すことができるのがメリット

スピーカースタンドを使用することにより、そのスピーカーが出せる音のクオリティをそのまま体感することができます。

スピーカーから出る音は、どのような環境に設置したのかによって大きく左右されることに注意が必要です。

スピーカーを床に置いてしまうと、音が出た段階で発生する振動が床に伝わり、共振を起こしてしまいます。

その共振音はスピーカーの音に影響を及ぼすことになるため、スピーカー本来の音を聴くことができなくなります。

それに対し、スピーカースタンドを使用する形であれば、共振による音の変化を一定程度防ぐことができるため、本来の音を引き出すことが出来ます。

高級スピーカーってどんなの?選び方とおすすめの紹介

見た目をよく設置できるのがメリット

スピーカースタンドを使用することにより、スピーカーだけが独立して設置されることになります。

そのため、いろいろなものが置かれた床や机に対して直に設置するよりも、見た目が良いのが魅力です。

やや高い位置に設置できるということも、見た目をよくする要素の一つでしょう。

スピーカースタンドの選び方

素材を確認してスピーカースタンドを選ぶ

スピーカースタンドは、主に木製のものと金属製のものに分けられます。

どちらの素材なのかによって音が変化する点が、選ぶ際のポイントです。

木製のスタンドの場合、スピーカーの音がやわらかくなることが特徴であり、良い響きで心地よさを感じられるという点がメリットです。

それに対し、金属製のスタンドの場合は引き締まった低音の印象が強くなります。低音のクオリティを求める人におすすめです。

適切な高さでスピーカースタンドを選ぶ

いい音を聴くにあたり、スピーカーの高さはとても重要です。

スピーカーの高さと耳の高さに大きな開きが出てしまうと、スピーカーが出す本来の音を聴くことができなくなります。

できるだけ耳の高さに近いところにスピーカーを設置することを意識し、スピーカースタンドを選ぶとよいでしょう。

壁掛けスピーカーってなに?特徴と魅力 選び方のコツとおすすめの品

スピーカーの大きさに合ったスピーカースタンドを選ぶ

スピーカースタンドの大きさは商品によって異なるため、所有するスピーカーをしっかり支えられるものを購入する必要があります。

特に重要になるのは天板のサイズです。

この部分のサイズがスピーカーの底面よりも小さい場合、スピーカーが落下する可能性が高くなるため、購入の際によく確認しておく必要があるでしょう。

デザイン性でスピーカースタンドを選ぶ

スピーカースタンドのデザインについても商品によって異なります。

カラーリングだけでなく、形状についても商品によっていろいろなため、選択肢がとても広くなっています。

部屋のレイアウトにマッチするようなデザインのスタンドを選ぶことで、全体的な見栄えもよくなるため、その点を踏まえて選んでみるのもよいでしょう。

スピーカースタンドを選ぶ際の注意点

店舗に行かず、通販などでスピーカースタンドを購入する場合は、「画像と実物の違い」について踏まえておく必要があります。

商品情報に目を向けた上で、サイズや素材などの基本的なことを押さえておかないと、実際に商品が届いた時に大きなギャップを感じることになるかもしれません。

また、購入を検討する商品が「セット」であるかどうかにも目を向けましょう。

所有するスピーカーが1つだった場合、セットを購入してしまうと1つ余ってしまいます。

スピーカースタンドのおすすめ品5選

キクタニ MO-SPSは落ち着いた雰囲気で耐久性が高い

キクタニ モニタースピーカースタンド MO-SPSは、黒色で落ち着いた雰囲気が特徴の金属製スタンドです。

12kgまでの重量に耐えることができるため、耐久性の面で優れています。

高さは206mmですが、天板のサイズは240mm×210mmとなっているため、さまざまなモニタースピーカーに対応できるのが魅力です。

ハヤミ工産 NRシリーズ NR-600は手軽に持ち運べる

ハヤミ工産 NRシリーズ NR-600は、ローポジションタイプの木製スピーカーです。

重厚な雰囲気がありますが、1台当たりおよそ3.5kgであるため、手軽に持ち運ぶことができます。

ブラウンカラーで木目調のデザインになっているため、温かみを感じられるというメリットがあります。

キクタニ AV-SPSはスタイリッシュで高さ調節の幅も魅力

キクタニ スピーカースタンド AV-SPSは、スタイリッシュなデザインが特徴のスタンドです。

高さを約575mm~1,045mmの間で調整できますので、好みの高さでスピーカーを設置できるというメリットがあります。

細身のスタンドではありますが、耐荷重7.5kgと丈夫なうえ、ネジ穴のあるスピーカーについてはネジでガッチリ固定することができます。

シンプルなデザインで持ち運びや収納がしやすいというメリットもありますので、非常におすすめです。

TAOC WST-C60HBは小型なデザインが特徴

TAOC WST-C60HBは、比較的小型なデザインが特徴の金属製スタンドです。

小型スピーカーの特徴を存分に活かすことのできる設計になっています。

重量は10kg以上ということで重さがありますが、耐久力があるため、長く使うことができるでしょう。

ヤマハ SPS-90は2つのスタンドがセットの商品

ヤマハ SPS-90は、タイプの違う2つのスタンドがセットになった商品です。

とてもスリムなデザインが特徴であり、省スペースに設置できるというメリットがあります。

また、伸縮式であり、高さを910~1200mmの間で調整することができるという点もポイントです。

ヤマハ スピーカースタンド SPS-90 ブラック SPS-90(B) (2台1組)
created by Rinker
ヤマハ(YAMAHA)
¥8,814(2019/08/22 04:03:31時点 Amazon調べ-詳細)

スピーカースタンドについてのまとめ

  • スピーカースタンドを使用することでスピーカー本来の音を引き出せます。
  • スピーカースタンドの素材によってスピーカーから出る音が変わります。
  • スピーカー本来の音を聴くにあたってスタンドの高さは重要なポイントです。
  • スピーカーに対応したサイズのスタンドを購入する必要があります。
  • 通販でスタンドを購入する場合は細かな商品情報に目を向けることが大切です。