アクティブスピーカーとは、アンプを内蔵しているスピーカーのことです。アンプを別におく必要がないために、コンパクトでいろいろな所にも置きやすく、まさにアクティブなスピーカーです。
スマホやパソコンの音を高音質で楽しむ人も多いため人気となっています。コスパのいいものも多くあり、どんなスピーカーなのか、仕様や需要についてご紹介します。

アクティブスピーカーはどんなスピーカー?

アクティブスピーカーは、アンプ内蔵型スピーカーやパワードスピーカーなどとも呼ばれているスピーカーです。USBでパソコンやスマホとすぐに繋げることができ、Bluetoothで無線接続もできて便利です。コンパクトなサイズのために、どこにでも置けて高音質や大音量も楽しめるスピーカーとなっています。

アクティブスピーカーの仕様は?

アクティブスピーカーには、USBタイプとBluetoothの無線タイプがあり、用途によって選ぶことができます。
人気のアメリカのJBL・BOSEなどの海外メーカー製や国内メーカーの製品も豊富に揃っています。
また、配線が大丈夫な場合には、ACアダプタータイプのものもあって出力パワーがあっておすすめです。
大きさはコンパックで縦に置くタイプやサウンドバー型で横に置くタイプなどパソコン周りにも置きやすく工夫されています。Bluetoothタイプでは、肩掛けタイプもあって携帯可能です。

どんな需要がある?

アクティブスピーカーの需要は、幅広いものです。おうち時間が増えたことで、家で音楽や映像観賞を楽しんだり、ゲームをしたり、大人も子供も高音質で臨場感のある音へこだわる人も増えています。
大きなアンプが必要ありませんので、室内でどこにでも置きやすく移動も楽なため、アウトドアやキャンプにも持参されています。

アクティブスピーカーの種類

アクティブスピーカーの種類をUSBタイプと無線のBluetoothタイプで分けてご紹介したいと思います。それぞれにいろいろなメーカーから出ていて、形も様々なものがあります。

あわせて読みたい

良い音は良いスピーカーから、アクティブスピーカーとはなにか?選ぶポイントとおすすめ

コスパの優れたアクティブスピーカーは?

アクティブスピーカーには、様々な種類が登場しています。コンパクトなアクティブスピーカーには、コスパの優れたアクティブスピーカーもありますので選んでみませんか。

コスパの良さは評価・口コミを参考に

コスパの良いアクティブスピーカーとしては、5,000円以下、1万円以下のものもあります。
評価・口コミを参考に選んでみるのがおすすめです。
アクティブスピーカーを購入する際には、重低音が響くものや音量などについて多くの評価・口コミが挙がっていますので、実際に参考にしてみるのがおすすめです。

5,000円以下のコスパのいいおすすめ商品

5,000円以下で購入するならば、「Creative Pebble V2 SP-PBLV2-BK」のUSB接続タイプが安くておすすめです。最大16Wの高出力で、音質も良くコスパに優れています。コンパクトでテレビの下やパソコンの下に置けて便利です。
Bluetoothの無線接続タイプでは、「Anker Soundcore 2」が幅約 16.8cmととてもコンパクトで防水になっているため屋外にも持っていきやすくなっています。最大24時間の再生もできておすすめです。アメリカ製の「JBL GO2 Bluetoothスピーカー」も手のひらサイズで防水なので、お風呂やアウトドアに持っていけます。コスパも良く口コミも良い商品です。

10,000円以下のコスパのいいおすすめ商品

1万円以下ならば、アメリカの「JBL Pebblesの バスパワードスピーカー JBLPEBBLESBLKJN」は、個性的なデザインで人気です。カタツムリのような変わった形が特徴のUSB接続のスピーカーで、縦置き、横置きのどちらでも可能です。安く購入でき、音量が大きいとの高評価になっています。
ヤマハ パワードスピーカー ホワイト NX-50」は、スリムで幅83mm、高さ184mmで小型テレビやパソコンのサイドに置けるコンパクトサイズが人気です。こちらはACアダプタータイプになっています。低音もよく響くと好評で、良い口コミも多くなっています。

created by Rinker
ヤマハ(YAMAHA)
¥9,100 (2021/09/26 21:49:40時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

アクティブスピーカーは、アンプ内蔵型でコンパクトな点が人気です。様々な場所、場面で活用することができ、どこででも高音質、大きな音量で音楽や動画鑑賞などができます。室内に限らず屋外利用にも便利なアクティブスピーカーは、コンパクトなためコスパが良いのも魅力。5,000円以下でも購入することが可能です。
USB接続、Bluetoothの無線接続とありますので、お好みに合わせてコスパのいいもの、出力が大き目のものや音質のお好みのもの、持ち運びが便利なものなどを購入してみるといいでしょう。