この記事では、アクティブスピーカーの説明から始め、実際の使い道や商品を選ぶポイントの解説をします。

記事の最後には具体的なおすすめの商品の紹介もするため、この記事を読むことで製品購入の際の検討が出来ます。

アクティブスピーカーとはそもそもなにか?

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

アクティブスピーカーのおすすめ(PC用)

 

アンプが内蔵されているスピーカーを「アクティブスピーカー」といいます。

世に出回っているスピーカーは大きく2つの種類に分けることができます。1つはスピーカーの筐体内部にアンプが内蔵されている「アクティブスピーカー」、もう1つはアンプが内蔵されていない「パッシブスピーカー」です。

一般的に「PCスピーカー」と言うと、アクティブスピーカーのことをさします。

通常、オーディオプレイヤーやパソコンなどの機器の音声信号はとても小さく、そのままではスピーカーから大きな音を出すほどのパワーがありません。

スピーカーから音を聞くために「増幅器」とも呼ばれる「アンプ」を介して音声信号を増幅してスピーカーから音を出しています。

増幅器としてのアンプの機能を、スピーカー筐体内部に最初から内蔵しているのが、「アクティブスピーカー」の最大の特徴です。

これに対し「パッシブスピーカー」は、アンプが内蔵されておらず、そのままでは音が出せないため、アンプを別途用意する必要があります。

アクティブスピーカーは、パッシブスピーカーと比較すると、「安価」「お手軽」「配線が簡単」「省スペースで設置可能」といったメリットの反面、「音質が劣る」「音の出力が小さい」といった傾向があります。

アクティブスピーカーは設置が簡単なものが多い

アクティブスピーカーはお手軽に導入することができます。

アンプが不要で、接続もシンプルなアクティブスピーカーは、オーディオ機器の知識にそれほど明るくない方でも簡単に導入することができるため、とりあえず手軽にパソコンやスマホで迫力のある音楽・映画を楽しみたい、といった方に特におすすめです。

また、サイズの小さい製品も多く発売されているため、省スペースで設置でき、自宅のデスク周りなどあまり場所が取れない場合に導入する際にもおすすめです。

さらに、Bluetoothに対応したコンパクトなアクティブスピーカーであれば、持ち運びもしやすく、外出先でも迫力のあるサウンドを楽しむことができるでしょう。

アクティブスピーカーで高音質な製品を選ぶ際のポイント

安価でお手軽な製品も多いアクティブスピーカーですが、その製品の幅は広く、ハイレゾ音源と呼ばれる高音質の再生にも対応した、ハイクラスな製品も多く発売しています。

また、基本となる2chのほか、重低音をより楽しみたい場合は2.1ch、立体的で迫力のある音声を求める場合、5.1chのスピーカーの導入を検討するなど、目的にあったスピーカーを選ぶことが重要です。

アクティブスピーカーのおすすめ(PC用)

JBL Pebbles

「Pebbles」は、重低音もしっかり聞こえると評判のオーディオ専門JBLブランドのアクティブスピーカーです。

USBケーブルで繋ぐだけなので接続も簡単で、値段も5,000円前後とお手頃価格な割に音質も良く、非常にコストパフォーマンスが高いアクティブスピーカーです。

ヤマハ NX-50

ヤマハの高音質技術を詰め込み、幅広い迫力のあるサウンドを楽しむことができるスピーカーです。

コンパクトでスリム型なのでデザイン性も高く、パソコンだけではなく、リビングのテレビのスピーカーにもおすすめです。

ヤマハ パワードスピーカー (左右1組) ブラック NX-50(B)
created by Rinker
ヤマハ(YAMAHA)
¥8,780(2019/10/17 22:19:17時点 Amazon調べ-詳細)

ONKYO GX-70HD2

音響機器専門メーカー、オンキヨー製の「GX-70HD2」は、低音から高音までバランスの良い再生ができるハイレゾ対応のアクティブスピーカーです。

音の広がり感もあるため、「オールラウンダー」のキャッチコピーの通り、パソコン音源の再生だけではなく、テレビやゲーム機音声のスピーカーとしてもハイレベルな音質を楽しむことができます。

アクティブスピーカーのおすすめ(持ち運び用)

JBL CHARGE3

JBLブランドの「CHARGE3」は、IPX7の防水と、モバイルバッテリー機能も搭載した、高音質Bluetooth対応スピーカーです。

防水機能があるので、キャンプや海水浴への持ち込みにも向いています。また、音質もクリアで評判が良く、いざというときはスマホなどのバッテリーとしても利用可能であることも魅力の1つです。

ソニー SRS-HG10

ソニーの「SRS-HG10」はコンパクトでありながら、高音質なBluetooth対応のスピーカーです。

持ち運びに向いているコンパクトさを持ちながら、ハイレゾにも対応した高音質が特徴のアクティブスピーカーです。

Anker SoundCore 2

モバイルバッテリーで有名なANKER製のSoundCoreは、大容量バッテリーの搭載により、長時間再生できることが特徴です。

また、価格もお手頃でIPX5の防水性能もあり、重量も軽量な割に音質も良く、コストパフォーマンスが高く、アウトドアにぴったりのスピーカーです。

アクティブスピーカーのおすすめ

JBL JEMBE

ジャズファンに絶大な人気を誇る、JBLブランドのミドルクラスなアクティブスピーカーです。

低音から高音まで幅広い音域を安定して出力できるため、迫力のあるJBLサウンドを楽しむことができます。また西アフリカのパーカッション「ジャンべ」をモチーフにした特徴のあるデザインも印象的です。

ONKYO GX-D90

「GX-D90」は、オンキョー独自のノイズ低減の特許技術「VLSC」を搭載したアクティブスピーカーです。

ハイレゾ対応でハイクオリティで繊細なサウンドを再生できる為、クラシック音楽を聞く際におすすめです。

FOSTEX PM0.3H

FOSTEX(フォステクス)の「PM0.3H」は、お手頃価格でハイレゾ対応のスピーカーを導入したい方におすすめのアクティブスピーカーです。

出力も30wとハイパワーであるため、広い空間で使う際にも申し分のない音量の再生が可能です。

FOSTEX アクティブ・スピーカー PM0.3H(B)
created by Rinker
FOSTEX
¥11,771(2019/10/17 22:19:19時点 Amazon調べ-詳細)

Bose Companion 20 multimedia speaker system

「Companion 20 multimedia speaker system」は、パソコン用に特化したBose製のアクティブスピーカーです。

重低音もしっかりと再生でき、パソコンでの音楽・映画の再生からゲームのサウンドまで迫力のある音声が楽しめるため、パソコン用にハイクオリティなスピーカーを探している方におすすめです。

Bose Companion 20 multimedia speaker system PCスピーカー
created by Rinker
BOSE(ボーズ)
¥30,800(2019/10/17 22:19:20時点 Amazon調べ-詳細)

Logicool Z625

「Z625」は、パソコン周辺機器メーカーのロジクール製のPS4に最適な2.1chのスピーカーです。

明るい音質と迫力のある低音が特徴で、特にゲームや映画でリアルな臨場感のあるサウンドが楽しめます。

アクティブスピーカーについてのまとめ

  • アクティブスピーカーとはアンプが内蔵されているスピーカーのことで、「安価」「お手軽」「配線が簡単」「省スペースで設置可能」といった特徴があります。
  • 現在ではお手頃価格で導入できる製品から、音質にこだわったハイクラスなアクティブスピーカーまで多くの種類が発売しているため、用途や目的にあった幅広い商品選びができることが魅力です。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
ヤマハ パワードスピーカー (左右1組) ブラック NX-50(B)
created by Rinker
ヤマハ(YAMAHA)
¥8,780(2019/10/17 22:19:17時点 Amazon調べ-詳細)
FOSTEX アクティブ・スピーカー PM0.3H(B)
created by Rinker
FOSTEX
¥11,771(2019/10/17 22:19:19時点 Amazon調べ-詳細)
Bose Companion 20 multimedia speaker system PCスピーカー
created by Rinker
BOSE(ボーズ)
¥30,800(2019/10/17 22:19:20時点 Amazon調べ-詳細)