迫力・臨場感のあるサウンドを楽しむ場合はスピーカーが最適です。スピーカーには様々な種類がありますが、共通する欠点は場所を取ることにあります。

省スペースのスピーカーだと、サウンドに不満が出る可能性もあります。スピーカーの欠点を解消しつつ、迫力のあるサウンドを聴きたいと言う方におすすめなのが壁掛けスピーカーです。

壁掛けスピーカーなら、空いている壁にかけてそのまま使用することができます。また、省スペースなうえに、圧迫感もほぼありません。

壁掛けスピーカーは、ワンルームの賃貸でも導入しやすいので購入する方も増えています。そこで今回は、壁掛けスピーカーについて焦点を当ててじっくり解説します。

是非、参考にご覧ください。

壁掛けスピーカーのメリット

壁掛けスピーカーは、「省スペース」「共鳴・共振によって起こる音質低下がない」と言う2つの大きなメリットがあります。
まず、壁掛けスピーカーが省スペースな理由を説明します。

通常のスピーカーは、床・テーブルなどの置台が必須です。奥行き20~30cmのスピーカーも存在しており、賃貸のワンルームでは設置できない場合も少なくありません。

一方、壁掛けスピーカーは、スタンドも不要・奥行きが10cm程度の商品も数多いので、圧迫感もほとんどないうえに広くスペースを取る必要もないです。

そのため、テレビなども集中して視聴することが可能です。次に、共鳴・共振によって起こる音質低下がない理由を紹介します。

壁掛けスピーカーは、共振部分が一般的なスピーカーより少ないですが、音が濁ることがなくクリアなサウンドを聴くことができます。

また、設置場所を壁の上方にすることで、部屋全体に響くような音が再生可能です。つまり、生活空間を占領しない・高音質なのが、壁掛けスピーカーのメリットだと言えます。

 

5.1chスピーカーってなに?普通のスピーカーとの違いとおすすめ商品
サブウーファーってなに?おすすめのメーカーとおすすめの品を解説
デジタルアンプって何?アナログアンプとの違い 選び方とおススメ品
PS4用スピーカーでゲームから映画まで堪能 選び方からおすすめまで
ps4向けのスピーカーの選び方とおすすめの品の値段と特徴を解説
スマホのスピーカーを自作する方法と本格的なスピーカーのおすすめ品
パッシブスピーカーで小型の製品のメリットと選び方 おすすめの製品

壁掛けスピーカーの選び方

壁掛けスピーカーの選び方を紹介します。壁掛けスピーカーを選ぶ際は、「タイプ」「取り付けやすさ」「スピーカー」「インテリア」を確認しましょう。

下記に、各ポイントに関して具体的に説明します。

壁掛けスピーカーの選び方:タイプの違い

スピーカーには、「パッシブタイプ」と「アクティブタイプ」があります。壁掛けスピーカーも同様で、購入する際はスピーカーのタイプもチェックすることが大切です。

パッシブスピーカーは、音を鳴らす際に別途でアンプを用意する必要があります。一方、アクティブタイプならアンプがスピーカーに内蔵されているため、設置なども簡単です。

また、パッシブタイプのほうが高価な商品が多いので、予算との兼ね合いが必須となります。アクティブタイプであれば、Bluetoothスピーカーなことが大半なうえに価格も比較的リーズナブルです。

一般的に、パッシブスピーカーのほうが高音質だと言われています。

壁掛けスピーカーの選び方:取り付けやすさ

壁掛けスピーカーは、ネジなどの道具が付属されている場合とそうではない場合があります。付属されていない商品だと、道具を別途購入することが必要です。

そのうえ、別売り壁掛け対応のスピーカーは、壁掛けがしにくいことも少なくありません。ですから、壁掛けスピーカーを初めて購入する方は、道具が付属されている商品がおすすめです。

壁にかけることが前提なので、取り付けも簡単な商品が大半となります。ただし、壁掛けスピーカーを設置する場合、壁に穴をあけるのが必須なことが多いです。

賃貸に住んでいる方は、留意しましょう。

壁掛けスピーカーの選び方:スピーカーの種類

オーディオには、スピーカーが一つの筐体に収められている「一体型」と2本のスピーカーが分離された「分離型」があります。

基本的に、音質面で有利となるのが分離型です。しかし、ステレオ音場の広がりが優れている分、壁掛け作業の手間が多いことが分離型の欠点と言えます。

一方、一体型であれば、設置が簡単なことが大半です。つまり、音質で選ぶなら「分離型」・作業が楽なことを重視するなら「一体型」が適しています。

壁掛けスピーカーの選び方:インテリア性

壁掛けスピーカーは、場所を問わず設置することができます。ですので、インテリアが損なうことがないデザイン性も非常に重要です。

基本的に壁掛けスピーカーは、おしゃれでスタイリッシュなデザインの商品がたくさんあります。

購入する前に設置する部屋の雰囲気などを確認し、壁掛けスピーカーの色や形を決めておくと商品選びがスムーズになります。

パッシブタイプの壁掛けスピーカーのおすすめ

パッシブタイプの壁掛けスピーカーのおすすめを紹介します。

ボーズ FreeSpace Loudspeakers DS16S

価格は、8950円です。中高音、高音域の抜けに定評があります。

ボーズは、商業施設などに設置することを想定された業務用スピーカーを数多く販売しているため、そのノウハウが最大限活かされています。

壁掛け設置に最適な音波の放射なので、広い部屋でも響き渡る音です。また、高音質なだけでなく、奥行きも12cmとコンパクトなため場所を選ばず設置することができます。

小型で高音質な壁掛けスピーカーを探している方に、おすすめです。

オンキヨー(ONKYO) スピーカーシステム D-109XM

価格は、6912円となります。

この商品の最大の特徴は、ハイレゾ再生対応・40kHz以上の再生能力を持っていることです。

そのうえ、80kHzまでの超高域再生ができる「バランスドーム型振動板」や低音域をしっかり再生する「N-OMF振動板」を搭載しているため、高音域から低音域まで再現します。

シックな見た目なので、インテリアにも最適です。ハイレゾを再生したい方や、高音質な壁掛けスピーカーを求めている方に向いています。

created by Rinker
オンキヨー(Onkyo)
¥6,912(2019/02/21 05:42:12時点 Amazon調べ-詳細)

アクティブタイプの壁掛けスピーカーのおすすめ

アクティブタイプの壁掛けスピーカーのおすすめを紹介します。

Bose Solo 5 TV sound system ワイヤレスサウンドバー

価格は、32400円です。低音域と迫力のあるサウンドが魅力的な、アクティブタイプの壁掛けスピーカーとなります。

主にテレビ用の壁掛けスピーカーとして使用されており、臨場感のある音を手軽に楽しむことが可能です。また、ケーブル1本でテレビとの接続ができるため、初めて壁掛けスピーカーを利用する方も使いやすいでしょう。

created by Rinker
BOSE(ボーズ)
¥32,400(2019/02/21 05:42:13時点 Amazon調べ-詳細)

B&O Beoplay A1 Bluetooth ワイヤレススピーカー

価格は、25287円となります。この商品は、紐を引っ掛けるだけで設置が完了するため誰でも簡単に使用できます。Bluetooth対応で小型なので、持ち運びにも最適です。

モノラルスピーカーとなっていますが、独自技術により臨場感のある音響を楽しめます。場所を問わず使用できるため、利便性を重視する方におすすめです。

壁掛けスピーカーについてのまとめ

  • 壁掛けスピーカーは、「省スペース」と「共鳴・共振によって起こる音質低下がない」と言う2つのメリットが存在します。
  • 壁掛けスピーカーを購入する際は、「タイプ」「取り付けやすさ」「スピーカー」「インテリア」を要チェックです。
  • 通常のスピーカーと同じように、壁掛けスピーカーにも「パッシブタイプ」と「アクティブタイプ」があります。
  • 2本のスピーカーを収めた「一体型」と分けられている「分離型」だと、分離型のほうが音質が優秀です。