ここではサウンドバー選びのポイントや、おおすめの最新モデルについて解説します。

サウンドバーはその名の通り、棒のように細長いテレビ用の外付けスピーカーで、市場ではさまざまなタイプの商品が数多く販売されています。

この記事を読むことで、テレビの音質を手軽にグレードアップできる「サウンドバー」購入の検討が出来ます。

サウンドバーとはそもそもなにか?

サウンドバーは、テレビの音質向上に特化した、バー(棒)のように細長いスピーカーのことです。

アンプ内蔵型であるため、スピーカーケーブルは必要ありません。テレビの下に置いて有線か無線で接続するだけで、テレビの音声を迫力あるサウンドで楽しめるようになります。

パッシブスピーカーってなに?メリットとおすすめの製品10選
アクティブスピーカーとはなにか?選ぶ際のポイントとおすすめの商品

サウンドバーは薄型テレビ利用者が多く使う

サウンドバーが人気化している理由は、薄型テレビの音質に不満を感じる人が多いためです。現代のテレビは薄さを追求するあまり、内蔵スピーカーまで薄く小さくなっています。

テレビ画面の外枠をせまくしたスリムベゼルデザインの流行により、スピーカーの開口部を視聴者の方に向けることは難しいでしょう。

テレビのデザインや映像の進化とは裏腹に、内蔵スピーカーの音質はよくなるどころか大幅に退化しているのが実情です。

そこで、テレビの音質を手軽に改善できるサウンドバーが人気を集めるようになりました。

テレビの音をよくするためにAVシステムを導入するのは大変ですが、サウンドバーなら安くて設置が簡単なのも人気の理由です。

サウンドバーはホームシアターより設置が楽

ホームシアターはAVアンプと多チャンネルのマルチスピーカーで構成されるのに対し、サウンドバーはスピーカーを1本(サブウーファー別体型は2本)設置するだけで済みます。

本格的なサラウンド再生にはマルチスピーカーのAVシステムが不可欠ですが、サウンドバーの場合、単体でもサラウンド特有の立体的な音場再生が可能なモデルもあります。

サウンドバーの選び方

サウンドバーの選び方①:値段で選ぶ

サウンドバーに限らず、商品を選ぶ場合に最も重要なポイントは値段です。

商品のクオリティが高ければ、値段は安いに越したことはありません。しかし、一般的には安いものほどクオリティは劣る場合がほとんどです。

良い製品を安くゲットするには、予算内で購入できる候補を選び、ネットのタイムセール情報などを毎日欠かさずチェックして、買い時をねらうのが良いでしょう。

サウンドバーの選び方②:メーカーで選ぶ

予算に余裕があれば、サウンドバーは信頼できる大手メーカー製品を選ぶのが賢明です。

ソニー、ヤマハ、パナソニック、ボーズ、JBLなどの製品なら安心して購入することができます。

サウンドバーの選び方③:接続方式で選ぶ

サウンドバーを選ぶ場合、テレビとの接続方式にも注意が必要です。

最も一般的なのはHDMI接続ですが、お手持ちのテレビやレコーダーがARC(Audio Return Channel)規格に対応していないと、光デジタル回線の併用が必要な場合があります。

またBluetooth接続に対応したモデルならケーブルが不要で、スマホの音楽を再生することもできるでしょう。

サウンドバーを他のオーディオ機器と接続したい場合は、光デジタル端子とアナログのRCA、AUX端子などがあると用途が広がります。

他にもWi-Fiを搭載したモデルでアマゾンなどの定額音楽配信サービスを利用できたり、USB接続でハイレゾ音源ファイルを再生可能なモデルもあります。

サウンドバーのおすすめ5選

ヤマハ YAS-108は価格の安さと3D機能が特徴

YAS-108は単体タイプのサウンドバーです。高さは53mmしかないため、テレビの前に置いてもじゃまになることはありません。

価格的にはエントリークラスですが、バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」を搭載し、前後左右に加えて高低方向のバーチャル音場再現にも対応します。

接続端子はHDMIと光デジタル1系統を装備しています。

ソニー HT-X8500は独自の立体音響が特徴

HT-X8500は、幅89cm、高さ6.4cmのコンパクトなサウンドバーです。

サラウンド技術は「Dolby Atmos」「DTS:X」「DTS Virtual:X」などに加えて、ソニー独自の技術「Vertical Surround Engine」を搭載していることが特徴です。

サラウンド対応のコンテンツはもちろん、2chステレオの通常放送でも、バーチャルな三次元立体音響を楽しむことができます。

パナソニック SC-HTB01はゲームモードが特徴

SC-HTB01は、横幅わずか43cmというフルコンポサイズのコンパクトなサウンドバーです。

サラウンド再生は「Dolby Atmos」「DTS:X」「DTS Virtual:X」に対応するほか、オンラインゲームの「FINAL FANTASY XIV」公式推奨のゲームモードを搭載し、迫力のサウンドでゲームの世界観を盛り上げます。

小型なのでデスクトップPC用としても利用可能です。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥31,309(2019/05/26 21:09:10時点 Amazon調べ-詳細)

JBL Bar Studioはオーディオスピーカーの名門

Bar Studioは、オーディオスピーカーの名門、JBL製のサウンドバーです。

実売1万円前後のエントリークラスですが、入力はHDMI (ARC) 、Bluetooth、光デジタル、アナログAUX、USBの各端子を搭載しており、幅広い用途に対応できます。

BOSE SOUNDBAR 500にはスマートスピーカー機能もある

SOUNDBAR500は、Wi-FiでAmazon・Alexaの音声操作に対応できる、スマートスピーカー兼用サウンドバーです。

Alexaに話しかけて定額配信の曲を楽しめるほか、ニュースや天気予報を聞くことができます。

音質はナチュラル系ですが、別売りのサブウーファー「BASS MODULE 500」やワイヤレスリアスピーカー「SURROUND SPEAKERS」を追加して、高級AVシステムにグレードアップすることも可能です。

created by Rinker
BOSE(ボーズ)
¥63,720(2019/05/26 21:09:11時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
BOSE(ボーズ)
¥50,760(2019/05/26 21:09:11時点 Amazon調べ-詳細)

中国製サウンドバーおすすめ3選

XUNPAZ SR100はコスパのよさが特徴

XUNPAZのSR100は、エントリークラスながら、Bluetooth、アナログAUX、光デジタル、USB端子を備えた、高機能のサウンドバーです。

XINGDOZ LP-09は入力方式と付属品が豊富

XINGDOZのSOUNDBAR LP-09は、Bluetooth、アナログAUX、光デジタル、USB端子に加えて、TFカード(microSD)スロットを装備するなど、多彩な入力方式と豊富な付属品が魅力のサウンドバーです。

JO-BTS-04-JPはパワフルな音が特徴

Joly Joy が販売するJO-BTS-04-JPは、90Wの大出力が魅力のBluetooth対応サウンドバーです。

サウンドバーのおすすめについてのまとめ

  • サウンドバーはテレビの音質をグレードアップするために開発された棒状のアンプ内蔵スピーカーです。
  • 現代の薄型テレビは内蔵スピーカーの音質が悪いため、サウンドバーが人気商品となっています。
  • バーチャルサラウンド対応のサウンドバーは、単体でもに三次元の立体音響を楽しむことができます。