音楽好きの方にとって、スピーカーやアンプなどの機材は欠かせない存在です。
特に、迫力ある臨場感あふれる音で聞く場合には、アンプが内蔵されたアクティブスピーカーを使うことをおすすめします。
せっかくスピーカーを選ぶなら、できるだけ音の良いものを選びたいものです。
こちらの記事では、アクティブスピーカーの特徴やおすすめのアイテムをご紹介します。

アクティブスピーカーとは

実は、スピーカーはそのままでは音が出せません。
大きな音を出すためには、アンプを別でつなぐ必要があります。
しかし、アクティブスピーカーはアンプが内蔵されていることから、スピーカーそのものから大きな音を出すことができるのが大きな特徴です。

どんなスピーカー?

基本的に、アクティブスピーカーはそれ自体で大きな音が出せることから、手軽に導入できるのがポイントです。
オーディオ機器に詳しくなくても、簡単に使えるのも大きな魅力。
映画や音楽をより楽しむためのツールとして、多くの人に重宝されています。

仕様

アクティブスピーカーの魅力として外せないのが、コンパクトなタイプが豊富であることです。
スペースを取ることなく設置できるため、ワンルームの狭い部屋やデスクの上など、あまりスペースを割くことができないシーンでも役に立つでしょう。

需要

アクティブスピーカーと聞くと、持ち運びがしやすいといったイメージを持つ方も多いでしょう。
イメージ通りアクティブスピーカーはどこでも使うことができ、家の中だけではなく外出中でも楽しめるのもポイント。
外の現場で仕事をしながら音楽を聴きたい人にもうってつけのスピーカーといえます。
また、アクティブスピーカーを使うと、気軽に映画館のような迫力を得られることから、映画好きの方に需要が高いのも特徴でしょう。

アクティブスピーカーの種類

アクティブスピーカーには様々な種類があります。
用途やシーンによって選ぶことができるのもポイントです。
アクティブスピーカーの種類とはどんなものがあるのでしょうか?
使いやすい二つの種類を紹介しましょう。

USBスピーカー

アクティブスピーカーのUSBタイプとは、PC等のUSB端子とつなぐことで利用するスピーカーです。
例えば、PCだけで音楽を聞いたり映画を見たりする場合、PC内のスピーカーとなるため、出力が小さいといったデメリットがあります。
しかし、USBスピーカーとつなぐことで、ダイナミックな音を楽しむことができるでしょう。
また、USB端子から電気が供給されるためACアダプターを使用する必要がないという点もメリットです。

Bluetoothスピーカー

アクティブスピーカーの中でも、現在主流となっているのはBluetoothスピーカーです。
Bluetoothスピーカーの魅力といえば、何と言ってもワイヤレスである点。
さらに、ポータブルタイプと据え置きタイプの両方があります。
ポータブルのBluetoothスピーカーは、防水型のタイプもあり魅力的。
例えば、水場のレジャーに持っていき、気兼ねなく音楽を楽しむことも可能です。
バッテリーが搭載されているため、充電をしておけばある程度の時間は電源を差さなくても使えるのもポイントでしょう。

アクティブスピーカーの使い方

アクティブスピーカーは、使い方が非常に簡単なものが多いのがポイントです。
PCやスマホなどのプレーヤーに接続すれば、すぐに使えるため、知識や技術が必要ありません。
また、種類も多く、目的によって使い分けられるのも魅力。
目的別のおすすめアイテムを紹介していきましょう。

目的

アクティブスピーカーは、目的別におすすめの商品が異なってきます。
例えば、野外で音を楽しみたいといった場合には、断然ポータブルタイプでしょう。
しかも、できるだけ一回の充電で長く使えるタイプがおすすめ。
また、重低音を楽しみたい場合は、対応している重低音スピーカーを使う必要があります。
そのほか、どれくらいのスペースでアクティブスピーカーを使うかによっても、選ぶ商品は異なるでしょう。
想像出力が大きいものほど、広いスペースで楽しむことができます。

おすすめ商品

各社から出ているアクティブスピーカーのうち、目的別におすすめのタイプを3つご紹介しましょう。

野外で楽しむタイプ:JBL CLIP4 Bluetoothポータブルスピーカー

クリップ式であちこちに引っ掛けられるアクティブスピーカー。
カバンにかけて持ち運びできるので、野外で音楽を楽しむ際にもぴったりです。

自宅で楽しむタイプ:Bose Companion 2 Series III multimedia speaker system

パソコンで音楽や映画鑑賞をよくする場合におすすめのこちら。
奥行きのある音で臨場感を存分に体感することができます。

created by Rinker
BOSE(ボーズ)
¥14,000 (2021/09/19 16:01:49時点 Amazon調べ-詳細)

低音を楽しむタイプ:Creative Pebble

 

リーズナブルなのに、重みのある低音を楽しむことができるのがこちら。
スピーカーが45°上を向いており、音を拾いやすいのも特徴です。

まとめ

アクティブスピーカーは、どんどん進化しており、より一層音楽を様々なシーンで楽しめるようになっています。
各メーカーからリリースされている上に、バリエーションがかなり豊富なので、自分のライフスタイルにあったタイプを選ぶことのが大切です。
また、シーン別に何台か持っておくのもよいでしょう。