こちらの記事は2019年6月20日の記事を2020年6月29日に加筆修正いたしました。

加筆修正箇所
・下記の項目を2020年6月29日の情報に更新いたしました。
 おすすめのレディース用ビーチサンダル
 おすすめのメンズ用ビーチサンダル
 おすすめの室内で履けるビーチサンダル

この記事では、ビーチサンダルの魅力や種類、選び方について解説します。

女性向け・男性向け・室内用の3つの種類に分けて、それぞれおすすめの商品を解説しているため、この記事を読むことで、自分に合ったビーチサンダル購入の検討が出来ます。

ビーチサンダルの魅力

ビーチサンダルの魅力は、気軽に履けて足元をおしゃれに演出できることです。

海だけではなく普段履きにも適している品も少なくありません。

きつい締め付けがなく、素足に近い状態になるため、外反母趾や偏平足の予防にもなります。

蒸れないため、水虫の予防にもつながります。

室内で使えるビーチサンダルがあるのも魅力

ビーチサンダルは海岸などの外で使うイメージが強いですが、室内でビーチサンダル履く方も多いでしょう。

一般的なスリッパよりも開放感があり、暑くならないため、蒸れやすい夏に最適です。

ビーチサンダルの選び方

少し大きめなサイズのビーチサンダルを選ぶ

ビーチサンダルは、スニーカーなどのようにピッタリのサイズで選んでしまうと、窮屈に感じることも少なくありません。

お店などで試着できる場合は、実際に履いて歩きやすさを確認するとよいでしょう。

通販などで注文する場合は試着できないため、足の大きさを測り、足の大きさよりもプラス1.5〜2.5cm程度を目安に選ぶとよいでしょう。

海外製は日本製と比べて、同じサイズでも大きさが異なる場合があります。

通販では口コミやレビューを確認して、サイズの表記が合っているのかを確認するとよいでしょう。

不安な場合は、試着後に返品が可能な通販サイトで購入し、サイズを確認するのがおすすめです。

スニーカーの種類と人気ブランド 選び方とおすすめ品を解説
マラソンスニーカーの選び方と試し履きのコツ おすすめの製品

履き心地のよい素材でビーチサンダルを選ぶ

さまざまな素材のビーチサンダルがあるため、自分好みな履き心地のビーチサンダルを見つけるのがよいでしょう。

ビーチサンダルの素材で最も多いのが、「EVA」という樹脂です。

EVAは柔軟性と弾力性に優れ、耐水性も高い素材であるため、長時間履いていても疲れにくいのが特徴です。

次に多いのがラバー製です。ピッタリと足にフィットするため、履き心地が良く歩きやすいのが特徴です。耐久性と耐水性にも優れています。

おしゃれ重視で選ぶ場合は、レザー製や布製のビーチサンダルがおすすめです。

耐水性や耐久性は樹脂製やラバー製よりも劣りますが、ファッション性に優れているため、普段履きに最適です。

ヒールの有無でビーチサンダルを選ぶ

ビーチサンダルは、ヒールのないフラットな製品が一般的でしたが、現代では、ヒールがあるタイプも多く登場しています。

履いたときに身長が高くなり、足が長く見えるため、スタイルが良く見える効果もあります。

パンプスとハイヒールの違い 足の形の種類 選び方やおすすめ商品10選を解説

デザイン性でビーチサンダルを選ぶ

ビーチサンダルには様々なデザインの製品があるため、自分の好みのデザインのビーチサンダルを選ぶとよいでしょう。

注意したいのは、実際に履くと紐部分しか見えない点です。

デザインが気に入って履いても、足の裏側にほとんど隠れてしまうため、外からは見えづらくなくなります。

また、歩き始めると周りからは底面の色も見えるため、底面の色も確認しておくとよいでしょう。

鼻緒が痛くないビーチサンダルを選ぶ

ビーチサンダルには「鼻緒(はなお)」と呼ばれる、足の親指と人差し指で挟む部分があります。

鼻緒のサイズが合っていないと、指の間が痛くなってしまいがちです。

サイズの合ったビーチサンダルであれば、あまり痛くなることはないため、まずは自分に合ったサイズを選ぶ事が大切です。

サイズが合っていても痛くなる場合は、鼻緒の部分が太いものや、鼻緒がないタイプがおすすめです。

おすすめのレディース用ビーチサンダル

KuaiLu レディース ビーチサンダル

KuaiLu レディース ビーチサンダルは、柔らかいクッション素材を使用しており、歩行の際の衝撃を吸収してくれるため、下半身への負担を軽減してくれます。

鼻緒の部分が、布、レザー、スポンジを組み合わせており、柔らかいため指を痛めることなく履くことが可能です。

また、ヒールカップが付属しており、かかと全体を包み込んでくれるため、安定した履き心地を実現しています。

柔軟性に優れたスポーツ用のアウトソールを底面に採用しており、摩擦にも強いため足が疲れにくいでしょう。

crocs ビーチサンダル 202635-309

crocs ビーチサンダル 202635-309は、防臭性に優れているため、ビーチサンダル特有の臭いが気になる方でも安心して使用可能です。

足裏が当たる部分に突起が付属しているため、足裏を刺激し、血行を促進してくれます。

また、クロスライトと呼ばれる特殊樹脂を使用しており、快適なクッション性と軽い履き心地を実現しています。

リサイクルができるため、環境にもやさしいです。

created by Rinker
crocs(クロックス)
¥1,791 (2020/07/04 12:25:05時点 Amazon調べ-詳細)

ZHPUAT レディース ビーチサンダル

ZHPUAT レディース ビーチサンダルは、靴底が凸凹状になっており、滑りにくい状態を作り出してくれます。

アウトソール部分に柔らかいゴムソールを採用しており、クッション性や柔軟性に優れているため、長時間履いても疲れにくいでしょう。

また、鼻緒の内部には柔らかいクッションを使用しているため、指に痛みを感じることなく履けます。

輝きのあるビジューが施されたオシャレなデザインをしています。

おすすめのメンズ用ビーチサンダル

Kitlilur ビーチサンダル メンズ

Kitlilur ビーチサンダル メンズは、速乾性、吸汗性に優れているため、夏場の汗をかきやすい時期でも安心して使用可能です。

低反発素材が採用されており、履き心地もよく、歩きやすいでしょう。

ブラウンとブラックの2種類から選択でき、様々なファッションに合わせやすいデザインをしています。

また、ストラップが付属しているため、位置を調節し、自分が履きやすい履き方ができます。

havaianas メンズ ビーチサンダル

havaianas メンズ ビーチサンダルは、クッション性が高いため、歩行がしやすく疲労を軽減できるでしょう。

シンプルな6色の色が用意されており、オシャレに足元を飾ることができます。

また、havaianasはセレブにも人気の高いブランドで、日本人にも馴染みやすいデザインをしています。

海やプールなど水場に使用しやすいです。

Ranberone ビーチサンダル メンズ

Ranberone ビーチサンダル メンズは、足裏が触れる部分に溝が入っており、摩擦を防止しながら、汗などの湿気を外に逃すこともできます。

線が足に沿って流れているようなデザインをしているため、足にフィットし、非常に快適な履き心地を実現しているでしょう。

また、靴底は滑りを防止する加工がされているため、水場でも安心して歩くことができます。

柔らかい素材で足が疲れにくいため、長時間使用したい方にもおすすめです。

おすすめの室内で履けるビーチサンダル

LOVE YANQI トングスリッパ

LOVE YANQI トングスリッパは、柔らかいレザー素材で足にピッタリとフィットして、歩きやすいビーチサンダルです。

鼻緒部分も柔らかい素材を使っているため、指が痛くなりづらくなっています。

裏面は滑り止め加工が施されているため、室内でも滑りにくく、安全性も高い事が特徴です。

ブラックやグレー、オリーブなど様々な色が用意されているため、自分好みのカラーでおしゃれを楽しむことができます。

NeedBo NDB

NeedBo NDBは、ソール部分が薄く、片足約100gしかない履き心地のよいビーチサンダルです。

クッションが足裏に沿った形状をしているため、足にフィットさせることが可能です。

軽いため、室内で長時間履いていても疲れにくくなっています。

シンプルなデザインであるため、室内以外の街歩きなどにも最適でしょう。

WOTTE ファッションサンダル

WOTTEのこの製品は、厚底でしっかりと衝撃を吸収してくれるビーチサンダルです。

厚底ですが、非常に軽量に作られているため、疲れにくいのが特徴です。

女性向けに作られていますが、サイズが合えば男性でも使える、シックでシンプルなデザインをしています。

鼻緒がないタイプであるため、指の間が痛くなりやすい人にもおすすめです。

ビーチサンダルについてのまとめ

  • ビーチサンダルは、ビーチだけではなく、街歩きでも使いやすい製品です。
  • 室内で履きやすいビーチサンダルもあります。
  • サイズは足の大きさよりも、1.5〜2.5cm大きいものが最適です。
  • 素材はさまざまな種類があるので、自分の好みに合った履き心地のよいものを選ぶとよいでしょう。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
created by Rinker
crocs(クロックス)
¥1,791 (2020/07/04 12:25:05時点 Amazon調べ-詳細)