現代ではインターネットの音楽配信サービスが普及して、音楽の楽しみ方は、CDをオーディオ装置で再生するスタイルから、デジタル音源をダウンロードしてパソコンやスマホで楽しむスタイルに変化しています。

最近では、CDを超える高音質のハイレゾ音源の配信も人気ですが、パソコンやスマホに内蔵されたオーディオ回路はコスト優先で、ハイレゾの音質を生かすことはできません。

そこで最近人気を集めているのが、ポータブルタイプのUSB-DACです。

一般の方にはなじみがないかも知れませんが、DACはデジタルオーディオに欠かせない重要なパーツのひとつです。そこで、ここではコスパが高い中国製のUSB-DACについて解説します。

そもそもUSB-DACとはなにか?

DAC(Digital to Analog Converter)」は、デジタル信号をアナログ信号に変換する回路のことです。

わたしたちがふだん利用しているMP3などのデジタル音源は、音楽の情報を2進数のデジタル信号に変換し、CDやインターネット配信で提供されています。

デジタル信号は0と1だけの単純なデータで構成されているので、伝送時に発生する雑音やひずみを完全におさえることができます。

デジタル音源を、スピーカーやイヤホンで再生できるアナログ波に変換してくれるのがDACです。

DACはパソコンやスマホや携帯プレーヤーにも内蔵されていますが、ほとんどの場合、音質よりもコスト優先で、ハイレゾ再生はもちろんCD音質でもじゅうぶんな性能とはいえません。

デジタル音源を高音質のアナログ信号に変換できるUSB-DACの人気が高まり、モバイル向けの小型軽量サイズから本格オーディオ用の据え置きタイプなど、商品バリエーションや価格帯が広がっています。

国内アンプと比べた中華アンプの特徴

日本人の多くは、家電やオーディオは日本製が良いと思っている人が多いですが、中国製品のクオリティは日進月歩で進化しており、ものによってはクオリティの高いものが多いです。

USB-DACも同様です。ちまたでは「中華アンプ」などと呼ばれていますが、使ってみれば以下のようなメリットに気づくはずです。

中華アンプの特徴:力強く高解像度な音質

中国製DACの多くは音楽信号の増幅にD級アンプを採用しています。

この「D級」アンプの「D」は「デジタル」の「D」ではなく、分類上の記号にすぎないですが、音の信号を電圧のON/OFFだけで増幅するため消費電力と部品数が少なく、デジタル信号とも相性が良いという特徴があります。

もともとオーディオ回路はシンプルなほど音質に有利な傾向があり、信頼性も高くなります。

中国製のDACは解像度が高く、細かいチューニングをしないため、音質に癖がありません。クラシック音楽が好きな方にとってはデリカシーに欠けることもありますが、ポップ系が好きな方には受け入れやすいパワフルな音質が特徴です。

中華アンプの特徴:リーズナブルなものが多い

中国製のDACは安価な部品を自国で調達できて人件費も安いため、価格的にリーズナブルな製品が多いことも特色のひとつです。

日本製と比べてコスパが高いと思う人も多いでしょう。

中華アンプの特徴:おしゃれでシンプルなデザイン

DACも競合各社が競い合う中で、デザインもシンプルなものから、おしゃれ系、しぶいメカニカル調など、さまざまなタイプが市場に投入されてる事が特徴です。

中華DACの3大人気メーカーの代表製品

群雄割拠の中華DAC市場には、無数の新興メーカーが参入しています。ここでは日本でもおなじみのブランドとその製品をご紹介します。

TOPPINGは豊富なラインナップが特徴

TOPPING(Guangzhou TOPPING Electronics & Technology co., LTD)は、中国の広州に本社を置く電子機器メーカーです。

USB DACも同社の主力製品のひとつで、豊富なラインナップを誇っています。

D10は高コスパで人気のUSB DACです。入力はUSBのみですが、出力はデジタルが光と同軸、およびアナログのラインアウトの3系統を備えています。

S.M.S.Lはアンプが世界的に評価が高い

中国の深圳市に本社を置くS.M.S.L(Shenzhen ShuangMuSanLin electronics Co., LTD)は2009年創業の若い会社ですが、同社のヘッドホンアンプや小型デジタルアンプは世界的に高い評価を得ています。

Sanskrit10thは同社の創立10周年を記念したアニバーサリーモデルです。入力系統は光と同軸 、USBの3系統。主力はラインのみとなっています。

FX-Audio-は日本の会社で中国に作成を委託している

FX-Audio-は大阪市和泉市に本社を置く株式会社ノースフラットジャパンが展開するオーディオブランドです。ノースフラットジャパンは日本の会社ですが、FX-Audioの製品は中国の工場に生産委託されています。

DAC-X5Jはハイレゾ対応のDACです。入力はUSB、光、同軸の3系統をそろえています。ヘッドフォン専用のアンプを搭載しているので、お手持ちのヘッドホンで手軽にハイレゾ再生を楽しめます。

低価格な中華USB-DACのおすすめ3選

中国製品の一番の魅力は高コスパです。ここでは価格が手ごろなUSB-DACをご紹介します。

HiFimeDIY UAE23

UAE23はシンプルでコンパクトなUSB-DACです。入力はUSBのみ、出力は3.5mmミニプラグで、ボリュームはパソコンで調整します。

3.5mmミニプラグに光端子を接続すると、DACをスルーしたデジタル出力が可能になります。

Signstek Audio

Signstek AudioのUSB-DACは、コンパクトで多彩な出力端子を持つユニークなUSB-DAC ヘッドフォンアンプです。入力はUSBのみです。

FX-AUDIO- FX-01J TYPE-B PCM5101A

FX-01J TYPE-B はハイレゾ対応のコンパクトなUSB DACです。デジタル入力はUSBのみで、アナログ出力はステレオRCA端子のみのシンプルな構成です。

バッテリー内蔵型中華USB-DACのおすすめ3選

ポータブルUSB-DACの多くはUSB給電を利用したバスパワード方式ですが、最近ではバッテリー内蔵モデルも増えています。

iBasso Audio D2+ Hj Boa

D2+ Hj Boaは、USB DAC機能を搭載したポータブルヘッドホンアンプです。

USB経由でデジタル信号を入力できるほか、アナログ入力にも対応し、ヘッドホンアンプかDAC単体でも使用可能です。さらにリチウム充電池を内蔵し、1度の充電で最大38時間の連続駆動が可能です。

created by Rinker
iBasso Audio
¥40,156(2019/05/22 09:52:36時点 Amazon調べ-詳細)

S.M.S.L IQ-B

IQ-BはUSB DACを内蔵したハイレゾ対応の充電式ポータブルヘッドホンアンプです。

カラーはブラック、シルバー、ゴールドの3色から選択可能。有機ELディスプレイの採用で、インターフェイスの簡単操作を実現しています。

iFi Audio iFi micro iDSD Black Label

iFi micro iDSD Black LabelはUSB DACを内蔵した充電式ポータブルヘッドホンアンプの最高峰とされる超高級モデルです。

入力はUSBと光、出力はアナログステレオとヘッドホン出力(ミニプラグではなく、6.35mmのフルサイズ)を装備しています。

iFi Audioは英国企業ですが、製品は香港で製造されています。

created by Rinker
iFi Audio
¥70,780(2019/05/22 09:52:37時点 Amazon調べ-詳細)

中華DACについてのまとめ

  • USB DACはUSB経由で入力したデジタル信号をアナログ波に変換するアイテムです。
  • DACはPCやスマホにも内蔵されていますが、外付けタイプのUSB DACは音質が良いので人気があります。
  • 中国製のUSB DACはコスパが高く、機能やデザインのバリエーションが豊富です。