いつでもどこでも音楽を聴くのに欠かせないのがイヤホンです。100円ショップでも家電量販店でもイヤホンは様々なところで売られています。

今回の記事では、進化した3種類のイヤホンの形を軸に、おすすめイヤホンをご紹介いたします。

安いイヤホンはいくらまでが安いの範囲?

今やイヤホンはコンビニや100円ショップなどどこでも売られています。価格帯も様々で、安いもので100円から高いものは何十万円もします。

メーカーものでも安いイヤホンは500円前後ですが、機能はいたってシンプルです。デザインも普通のものが多いでしょう。

デザインが少し良くなり、機能(音質)が良くなれば、5000〜20,000円くらい、高級イヤホンになるとそれ以上の価格で売られています。

また、最近ではワイヤレスイヤホンが増えてきています。ワイヤレス化することでコストもかかるため、有線のイヤホンよりワイヤレスイヤホンの方が価格は上がります。

これらのことを総合的に見てみると、5000円が一つの基準になるでしょう。5000円以下ならイヤホンのコスパとしては良く、それ以上だと高級イヤホンの部類に入ると考えられます。

関連記事
プロ仕様の音を!モニターイヤホンってなに?魅力とおすすめ品7選
ゲーミングイヤホンってなに?選び方とおすすめの品9選を解説
イヤホンの種類と選び方 日本製で安いイヤホンのおすすめ製品を解説
快適な睡眠におすすめ!寝る時に適したイヤホンの選び方とおすすめ寝ホン5選!
ノイズキャンセリングイヤホンの解説 SONY製品を中心におすすめ紹介
骨伝導イヤホンとは? 製品の説明とメリット おすすめ商品の紹介
ランニングに適したイヤホンのおすすめとは 選び方のコツもあわせて解説
可愛いイヤホンの選び方のコツとおススメの可愛いイヤホンを解説
アニソン用イヤホンにはどんなのが適している?おすすめのご紹介
イヤホンは耐久が大事!耐久性のあるイヤホンの選び方とおすすめ商品を紹介!

イヤホンの種類の解説

カナル型は外でもしっかり聞こえる

カナル型は別名、耳栓型と呼ばれています。耳栓のように耳の中に押し込んで装着する密閉度の高いイヤホンです。

外出の際もしっかりと音が耳まで届くので、通勤や通学など電車でイヤホンを使う人におすすめです。

インナーイヤー型型は開放感のある音が出る

インナーイヤー型は耳の穴に少しだけ入れて使うタイプのイヤホンです。

カナル型に比べると、ダイレクトに音が届く感じが少ないのですが、イヤホンの音が出る部分が広いため、開放感のある音が出るのが特徴です。

音が出る部分が平たく、大きいため、音が横に広がります。電車などでインナーイヤー型のイヤホンを使う場合には、音漏れに注意が必要です。

耳掛け型はランニングやウォーキングにおすすめ

耳掛け型は耳の付け根に引っ掛けて使うタイプのイヤホンです。

耳の形が人によって異なるため、カナル型やインナーイヤー型だと、うまく入らなかったり、すぐに取れてしまったりすることがあります。

耳の付け根部分は人によってそこまで違いはないため、耳掛け型のイヤホンは人を選びません。

耳掛け型のイヤホンの音が出る部分は、カナル型やインナーイヤー型と組み合わせたような形のものもあります。

カナル型と組み合わせたものは音はダイレクトに耳の中に届きますし、耳に引っ掛けている分、外れにくいという利点があります。一方、インナーイヤー型と組み合わせたものは音の出る部分が広いため、高音域の音を楽しむことができます。

耳掛け型イヤホンはランニングやウォーキングなど、イヤホンをつけて動作をしたい人におすすめです。

中華製イヤホンが安い理由

似たような形のイヤホンでも中華製というだけで、価格がかなり抑えられているものがあります。

その理由はいくつかありますが、外部に委託せず、すべて自社で作っているイヤホンが多いことも理由の一つです。元々、世界大手メーカーも中国で部品を作っていましたので、中国の工場の人々は働きながらその技術を習得することができるのです。

その後、会社を立ち上げたり、自らイヤホンを作ったりしました。コストを抑え、ある程度の品質のイヤホンを作ることができるようになったというわけです。

しかし、日本製と中華製のイヤホンの大きな違いは「品質管理」です。

日本製のイヤホンも部品はほとんど中国の工場で作り、最終過程の組み立てだけを日本でおこなっている、という場合もあります。最後の組み立て部分と品質管理をおこなうことで、基準を超えれば日本製として出荷できます。

技術が同じでも品質管理にかかる時間と費用を惜しまず行うのが日本であるのに対し、中国では価格を抑えることに重点を置いていると考えるのが良いでしょう。

そのため、とても良いイヤホンに出会う場合もあれば、粗悪品に当たる場合もあるという賭けのような買い物をすることになってしまうのです。

中華製のイヤホンでもメーカーによっては比較的品質が良いものが揃っている場合もあるので、日本でも人気が出てきています。

日本製のカナル型イヤホンのおすすめ3選

NAGAOKA P905GD

ハイレゾ音源に対応しています。経年劣化に強く、よくイヤホンを使う人にもオススメのカナル型イヤホンです。耳に馴染みやすいコンパクトで丸い形状も人気の理由の一つで、女性にも使いやすいデザインや色があります。

価格は3000円代です。

ZERO AUDIO CARBO BASSO ZH-DX210-CB

ZERO AUDIO カナル型イヤホン カルボ テノーレ ZH-DX200-CT
created by Rinker
ゼロオーディオ(ZERO AUDIO)
¥3,350(2019/08/22 17:38:25時点 Amazon調べ-詳細)

8.5mmドライバーユニットを搭載し、量感のある重低音と澄んだ中高域再生を再現できるカナル型イヤホンです。

コードの手触りを良くしたり、タッチノイズを軽減する工夫をしたりと、同じ価格帯の中でもしっかりとした作りになっています。

価格は3000円前後です。

SONY WI-C300

イヤホンの中でも軽量なので、長時間装着していても負担が少なく、持ち運びにも最適です。

8台までのマルチペアリングもできるため、複数の音楽デバイス(スマートフォン、タブレット、パソコンなど)でスムーズに同じ音楽が聴けます。

日本製のインナーイヤー型イヤホンのおすすめ3選

SONY STH32

耳の穴に深く装着しなくても、しっかりとしたサウンドを聴くことができるように工夫して作られています。耳に接触する面積を大きくすることで、長時間装着していても耳への負担が少ないので安心です。

防水対応で、雨の日やキッチンなどの水回りでも水濡れを気にせず、使えます。スマートフォンとの連動もよく、リモコンでボリュームやマイクなどの音の調整はもちろん、ハンズフリー通話やGoogle,Siriなどの音声検索も可能です。

オーム電機 SMT-H12-W 01-7100

iPhoneやiPadなどApple製品に対応したコネクタで作られています。

Appleライセンス認定品です。オーム電機は様々な電気製品を作っている会社で、イヤホンやステレオなどのオーディオにもその技術がいかされています。

価格は約3000円です。

JVCケンウッド HA-F15BT

耳に負担が少なく、長時間装着していても快適に使用することができます。6.5時間の連続再生にも対応しており、内臓バッテリーの持ちも良いです。

また、JVCケンウッドのイヤホンの特長は、デザイン性の良さにもあります。HA-F15BTでは、レトロカラーを配色したツートンデザインとなっています。

日本製の耳掛け型イヤホンのおすすめ3選

Panasonic RP-HZ47

薄型軽量モデルで、薄さは9.9mmの耳掛け型イヤホンです。直径30mmの高性能ドライバーユニットを採用しており、高音質なサウンドを楽しむことができます。

JVCケンウッド HP-AL302-ZA

カラーバリエーションが豊富で、7種類から好きな色を選べます。低反発の素材であるウレタンを使用し、イヤーパッドは密閉型です。

周りが気になる音漏れや外部音の軽減により、さらに快適なサウンドを楽しむことができます。

絡まりやすいコードには、自動巻取機能を搭載しており、コードば絡まる心配がありません。

SONY STH40DJP


耳掛け型のイヤホンの中でも、少し変わった形をしているのが、SONY STH40DJPです。耳たぶ側に引っ掛けて使うタイプのイヤホンで、耳にフットしやすい構造になっています。

周囲の音を聞きながらでも、音楽や通話が楽しめるのが特長です。耳を完全にふさがないため、耳への負担も軽減されます。

価格は3000円代です。

日本製で安いイヤホンでおすすめについてのまとめ

  • イヤホンの価格は安いものから高いものまであるが、5000円以下は安いとみなせる。
  • イヤホンには、カナル型、インナーイヤー型、耳掛け型の3種類がある。
  • 商品にもよるが、中華性イヤホンは安いが質は日本製のものの方が良い。