いつでもどこでも音楽を聴くのに欠かせないのがイヤホンです。100円ショップでも家電量販店でもイヤホンは様々なところで売られているでしょう。

今回の記事では、進化した3種類のイヤホンの形を軸に、おすすめイヤホンをご紹介いたします。

また、ここで紹介しているおすすめの日本製イヤホンは2019年10月の情報に更新されています。

安いイヤホンはいくらまでが安いの範囲?

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

日本製のカナル型イヤホンのおすすめ3選

今やイヤホンはコンビニや100円ショップなどどこでも売られています。価格帯も様々で、安いもので100円から高いものは何十万円もします。

メーカーものでも安いイヤホンは500円前後ですが、機能はいたってシンプルです。デザインも普通のものが多いでしょう。

デザインが少し良くなり、機能(音質)が良くなれば、5000〜20,000円くらい、高級イヤホンになるとそれ以上の価格で売られています。

また、最近ではワイヤレスイヤホンが増えてきています。ワイヤレス化することでコストもかかるため、有線のイヤホンよりワイヤレスイヤホンの方が価格は上がります。

これらのことを総合的に見てみると、5000円が一つの基準になるでしょう。5000円以下ならイヤホンのコスパとしては良く、それ以上だと高級イヤホンの部類に入ると考えられます。

関連記事
プロ仕様の音を!モニターイヤホンってなに?魅力とおすすめ品7選
ゲーミングイヤホンってなに?選び方とおすすめの品9選を解説
イヤホンの種類と選び方 日本製で安いイヤホンのおすすめ製品を解説
快適な睡眠におすすめ!寝る時に適したイヤホンの選び方とおすすめ寝ホン5選!
ノイズキャンセリングイヤホンの解説 SONY製品を中心におすすめ紹介
骨伝導イヤホンとは? 製品の説明とメリット おすすめ商品の紹介
ランニングに適したイヤホンのおすすめとは 選び方のコツもあわせて解説
可愛いイヤホンの選び方のコツとおススメの可愛いイヤホンを解説
アニソン用イヤホンにはどんなのが適している?おすすめのご紹介
イヤホンは耐久が大事!耐久性のあるイヤホンの選び方とおすすめ商品を紹介!

イヤホンの種類の解説

カナル型は外でもしっかり聞こえる

カナル型は別名、耳栓型と呼ばれています。耳栓のように耳の中に押し込んで装着する密閉度の高いイヤホンです。

外出の際もしっかりと音が耳まで届くので、通勤や通学など電車でイヤホンを使う人におすすめです。

インナーイヤー型型は開放感のある音が出る

インナーイヤー型は耳の穴に少しだけ入れて使うタイプのイヤホンです。

カナル型に比べると、ダイレクトに音が届く感じが少ないのですが、イヤホンの音が出る部分が広いため、開放感のある音が出るのが特徴です。

音が出る部分が平たく、大きいため、音が横に広がります。電車などでインナーイヤー型のイヤホンを使う場合には、音漏れに注意が必要です。

耳掛け型はランニングやウォーキングにおすすめ

耳掛け型は耳の付け根に引っ掛けて使うタイプのイヤホンです。

耳の形が人によって異なるため、カナル型やインナーイヤー型だと、うまく入らなかったり、すぐに取れてしまったりすることがあります。

耳の付け根部分は人によってそこまで違いはないため、耳掛け型のイヤホンは人を選びません。

耳掛け型のイヤホンの音が出る部分は、カナル型やインナーイヤー型と組み合わせたような形のものもあります。

カナル型と組み合わせたものは音はダイレクトに耳の中に届きますし、耳に引っ掛けている分、外れにくいという利点があります。一方、インナーイヤー型と組み合わせたものは音の出る部分が広いため、高音域の音を楽しむことができます。

耳掛け型イヤホンはランニングやウォーキングなど、イヤホンをつけて動作をしたい人におすすめです。

中華製イヤホンが安い理由

似たような形のイヤホンでも中華製というだけで、価格がかなり抑えられているものがあります。

その理由はいくつかありますが、外部に委託せず、すべて自社で作っているイヤホンが多いことも理由の一つです。元々、世界大手メーカーも中国で部品を作っていましたので、中国の工場の人々は働きながらその技術を習得することができるのです。

その後、会社を立ち上げたり、自らイヤホンを作ったりしました。コストを抑え、ある程度の品質のイヤホンを作ることができるようになったというわけです。

しかし、日本製と中華製のイヤホンの大きな違いは「品質管理」です。

日本製のイヤホンも部品はほとんど中国の工場で作り、最終過程の組み立てだけを日本でおこなっている、という場合もあります。最後の組み立て部分と品質管理をおこなうことで、基準を超えれば日本製として出荷できます。

技術が同じでも品質管理にかかる時間と費用を惜しまず行うのが日本であるのに対し、中国では価格を抑えることに重点を置いていると考えるのが良いでしょう。

そのため、とても良いイヤホンに出会う場合もあれば、粗悪品に当たる場合もあるという賭けのような買い物をすることになってしまうのです。

中華製のイヤホンでもメーカーによっては比較的品質が良いものが揃っている場合もあるので、日本でも人気が出てきています。

日本製のカナル型イヤホンのおすすめ3選

Pioneer パイオニア SE-CH3T

グラフェンコート振動版を採用したハイレゾ対応φ5.5mmマイクロドライバーを搭載し、迫力の低域からクリアな高域まで、ハイレゾ再生に最適な伸びのある広帯域再生を実現しています。

シンプルな形状とアルミニウムの質感を生かしたアルマイト処理を施し、上品な輝きと高い質感を持ち合わせたカナル型イヤホンです。

装着方法を選べる2Wayスタイルデザインで、コードを耳の上にかけるオーバーイヤーフィットスタイルにする事が可能です。より装着の安定を図ると共に、コードのタッチノイズを軽減することが出来ます。

ファッションやスタイルに合わせて、5色のカラーバリエーションを展開してるのでプレゼントにもおすすめです。

エレコム フルワイヤレスイヤホン LBT−TWS02BK

充電ケースから取り出すだけで、すぐに使える完全ワイヤレスステレオヘッドホンです。

片側が約4gと軽く、小型なので快適に装着出来ます。

SiriやGoogleアシスタントなどの音声アシスタントに対応しているので、ヘッドホンのボタン操作で簡単にスマートフォンなどの音声アシスタントを呼び出すことが出来ます。

音声操作で音楽をかけたり、音量調節などの操作が可能です。

また音楽を楽しむだけでなく、通話も出来るマイクもついているので便利です。

エンクロージャーの先端にドライバーを設置するDirectContactMount(ダイレクトコンタクトマウント)構造を採用しています。

DirectContactMount構造が、濁りや歪みのない鮮明なサウンドを鼓膜にダイレクトに伝えます。

エレコム フルワイヤレスイヤホン LBT−TWS02BK
created by Rinker
¥3,999(2019/12/06 00:17:37時点 楽天市場調べ-詳細)

Panasonic ブルートゥースイヤホン RP-HTX20B-H

安定した装着感を実現する、ダブルホールド形状のカナル型イヤホンです。

楕円形のボディが、耳のトラガス部とアンチトラガス部にぴったりフィットします。

身につける事が楽しくなる、ワントーンカラーのユニセックスデザインでどんなファッションにも合わせやすいです。

Bluetoothの標準コーデックSBCに加えて、高音質AACコーデックにも対応しています。

直径9mmのドライバーユニットを採用し、筐体の音響設計を最適化する事で低音再生を強化しています。

さらに低音に埋もれがちな中高域をクリア再生させることで、バランスのよい音楽を実現し、ジャンルにとらわれず様々な音楽を楽しむことが可能です。

日本製のインナーイヤー型イヤホンのおすすめ3選

オーディオテクニカ ATH-C200BT-BK

音楽と通話がワイヤレスで楽しめるインナーイヤホンです。

直径12mmドライバーがクリアなサウンドを提供し、レンジが広く、抜けの良い再生音を実現します。

Bluetooth A2DP対応機器の音楽をワイヤレスで楽しめる低音の音抜けを向上するベント(音響孔)により、豊かな低域再生が楽しめます。

密閉性を確保しながらも、周囲の音も聞き取りやすいセミオープン構造です。

長時間のリスニングでも疲れにくく、快適な装着感が続くエルゴノミックデザインを採用しています。

やさしく耳にあたるスリムでコンパクトなシリコンボディで、無理なくしっかり装着することが出来ます。

AXES B-FIT AH-BT59 BK Bluetooth ワイヤレスイヤホン

シンプルなデザインと豊富なカラーバリエーションが魅力な、アクセスのB-FIT AH-BT59ワイヤレスイヤホンです。

軽い着け心地で耳にフィットします。

ワイヤレスでの通話や音楽再生が可能です。

高音質で快適なサウンドを実現し、操作も驚くほど簡単で、機械が苦手な人でも安心して使用できます。

Bluetoothが搭載されており、パソコンやスマートフォン、タブレットに対応しています。

簡単3stepで接続することが可能でしょう。

B-FIT AH-BT59ワイヤレスイヤホンの最大の魅力は、驚くほど安い価格です。

ワイヤレスイヤホンを試してみたい人におすすめです。

JVC ビクター HA-EB7BT-W

約12gの小型軽量デザインが、長時間の装着でも快適なワイヤレスリスニングを実現しています。

JVC独自のぴったりフィットイヤーピースを採用したモデルです。

ハウジング部の小型化と軽量設計により、Bluetooth搭載モデルながら約12gで、重さが気にならず快適に使用できます。

さらにイヤーピースのみなので、安定した装着感を得られます。

周囲の音が聞こえやすい「オープン型」を採用しているので、ランニングや外出時の使用も安心です。

また、汗や水しぶきに強い防滴仕様なので、屋内外でのスポーツ時や外出時にも使用出来ます。

リモコン部に内蔵されたバッテリーにより、連続約4.5時間のワイヤレス音楽再生が可能です。

日本製の耳掛け型イヤホンのおすすめ3選

JVC HA-EC9BT-W ワイヤレスイヤホン

可動式イヤーフックで耳にしっかりフィットする、独自のピボットモーションイヤーフックを採用した耳掛け型イヤホンです。

遮音性に優れた標準イヤーピースに加え、屋外使用での安全性に配慮し、周囲の音が聞こえやすい低遮音イヤーピースを付属しています。

高磁力ネオジウムドライバーユニットを搭載し、迫力の高音質サウンドを実現します。

音声アシスタント機能の起動に対応した、簡単リモコンとマイクを搭載し、ハンズフリー通話も可能です。

SONY ソニー MDR-AS410AP

様々な耳にフィットするアジャスタブルイヤーループモデルのスポーツタイプの耳掛け型イヤホンです。

ランニング中にもはずれにくく、ハンズフリー通話も可能です。

高感度9mmドライバーユニットが小型ながら、高感度・高音質化を実現します。

さらに、音の解像度を高め、クリアな中高音と重厚でパワフルな低音を再生する400kJ/m3高磁力ネオジウムマグネットを搭載し、バランスに優れた高音質の音楽を楽しめます。

ケーブル表面の細かい溝により、からみの原因である摩擦を低減し、ケーブルがからみにくいのでリスニング時や持ち歩き時も快適です。

付属クリップでコードをウェアにとめれるので、運動にもおすすめです。

スポーツに映えるビビットな5種類の色があり、ウェアとのコーディネートを楽しめます。

パイオニア SE-E6BT

快適な装着感と、汗や急な雨にも強い防水機能を兼ね備えた耳掛け型イヤホンです。

コンパクトな形状でありながら、バランスに優れた高音質サウンドを再生します。

柔らかなエラストマー素材を耳フックに採用する事で、快適な装着感を実現します。

さらにフックの取り付け角度を耳穴側に傾けることで、運動時のホールド感が高まり、耳からの外れを気にすることなく運動中に音楽を聴くことが可能です。

また、スポーツなどの激しい動きをする度に、コードやコントロールボックスが首に当たるのを防ぐため、余分なコードをまとめるコードアジャスターが付属されています。

あらゆる方向の飛沫から本体を保護する防水保護等級IPX4に対応しており、汗や急な雨でも安心して使用できます。

パイオニアブランドのAndroid向け音声読み上げアプリケーションNotification Appに対応しているため、スマートフォンに届くメール、SMS、LINEなどの今すぐ知りたい情報の通知を読み上げることが可能です。

商品一覧
ご紹介している商品一覧
エレコム フルワイヤレスイヤホン LBT−TWS02BK
created by Rinker
¥3,999(2019/12/06 00:17:37時点 楽天市場調べ-詳細)