音楽を聴くのであれば、高音質で快適に聴きたいと誰もが思うはずです。

ここでは、音楽の高音質化に最適なケーブルスピーカーの概要や基本情報、ケーブルスピーカー選び方やおすすめ商品などを紹介してきます。

そもそもスピーカーケーブルとはなにか?

スピーカーケーブルとは、オーディオ用アンプとスピーカーを接続するためのケーブルのこと言い、使用するケーブルによって、スピーカーから発せられる音質が大きく異なります。

使用するケーブルによって音質が大きく異なるため、最近では音楽愛好家だけでなく、一般的な音楽好きにも注目されている、オーディオの周辺機器とも言えます。

スピーカーケーブルの音質は使用している素材による

音質に影響が出る要因としては、使用されている素材によるものが大きく、スピーカーケーブルには、基本的に電気用の導線として優秀な銅が使われています。

銅線は不純物が多ければ多いほど安価で、不純物が少なくて純度が高まればその分高価になりますが、スピーカーケーブルでは、高価だからと言って快適な音質で音楽が聴けるとは限りません。

確かに純度が高ければ高いほど、音質は良くなりますが、逆に純度が低い方が低音を豊かに感じたりなど、それぞれにメリット・デメリットがあります。

使用している素材には銀素材もある

スピーカーケーブルは一般的に銅素材が使われることが一番多いですが、銅の次に銀素材も使われることがあります。

銀素材も銅素材と同じく、純度によってグレードが決まりますが、音は銅よりも高音で低音は少ないという特徴があります。

このように、使用している素材によってスピーカーケーブルにはさまざまな特徴があります。値段やグレードに囚われず、自分がどの音を好んでいるかを把握して、素材を判断することが大事と言えます。

スピーカーケーブルの種類

スピーカーケーブルには、プラスとマイナスの2本の撚り線を平行に並べた構造の「平行型」、2本の撚り線をさらに捩じり合わせた構造の「ツイスト型」、4本の導線を使用することで断面積の大きい導体を構成した「4芯型」があります。

平行型
リーズナブルなものが多く、被覆も剥しやすく初心者におすすめのタイプで、一般的なスピーカーケーブルとして最も使いやすい銅素材を使ったタイプです。

ツイスト型
電気抵抗の上昇を抑え、高音の伝送を安定化できることが特徴で、ノイズに強くバランスも良いため、高音質化に向いています。

4芯型
マイルドでパワフルな低音を再現できるのが特徴ですが、構造が複雑なため高価なものが多く、初心者向けとは言えないタイプです。

音質

スピーカーケーブルの音質は、細い芯線をたくさん使うと高域が伸びるなどタイプによってそれぞれ特徴が異なります。

自分の好みや使用状況などを事前に把握し、それに適した音質を表現するスピーカーケーブルを選ぶのが大事なポイントです。

スピーカーケーブルのメリット

スピーカーケーブルは、使用することによってさまざまなメリットが生じます。

  • 外部からのノイズが遮断できる
  • 高音質の音楽を楽しめる
  • 幅広い音域で音楽を楽しめる

少なくともこれらのメリットが考えられ、一番のメリットは外部からのノイズを遮断して快適に音楽を楽しめることです。

また、スピーカーケーブルはその特性上、電気抵抗が少ないため、多くの情報量を伝送でき、広帯域の音を出せるため、高音質化した音楽を聴くことができます。

スピーカーケーブルの選び方

ここからは、スピーカーケーブルの選び方を、上記でも紹介した解説を踏まえて紹介していきます。

スピーカーケーブルの選び方:素材

スピーカーケーブルで使用する素材は大きく分けて銅と銀、複合型の3つの素材であることは、上記でも解説しましたが、不純物が多い「TPC(タフピッチ銅)」や、純度が高い「OFC(無酸素銅)」など、さらに細かく分けることができます。

スピーカーケーブルは、一般的に銅素材が使われているものがほとんどなので、「TPC(タフピッチ銅)」「OFC(無酸素銅)」を事前に理解して、商品を選びましょう。

複合型は、銅と銀を複合されることによって、高音域が弱い銅のデメリットを補ったタイプで、高価なモデルが多い傾向にあります。

スピーカーケーブルの選び方:構造

構造は上記の「種類」でも紹介したように、「平行型」「ツイスト型」「4芯型」の3種類があります。

上記でも紹介しましたが、スピーカーケーブルは構造によっても大きく特徴が異なるため、各構造の特徴を把握して商品を選ぶことがポイントになります。

スピーカーケーブルの選び方:平行型

プラス線とマイナス線が並行しているタイプで、構造が単純な分音の個性を出しやすく、また、メンテナンスもしやすいため、使い勝手もいいです。

音質の印象も、明るく華やかなので、初心者にもおすすめです。

スピーカーケーブルの選び方:ツイスト型

2本の線をねじったタイプで、ねじることによって電気抵抗の上昇を抑える働きと、ノイズを抑える作用に効果があり、高音が減衰しにくくなることが特徴です。

表現される音のバランスも良く、安定感もあるので快適に音楽を楽しむことができます。

スピーカーケーブルの選び方:4芯型

プラス線とマイナス線が内部で2本ずつあるタイプで、ツイストタイプよりもさらに音がマイルドで、低音もしっかりと表現してくれます。

上記でも紹介しましたが、構造が複雑で高級品として扱われているため、初心者には不向きと言えます。

おすすめのスピーカーケーブル

ここからは、おすすめしたいスピーカーケーブルをいくつか紹介していきます。

MONSTER CABLE スピーカーケーブル

  • メーカー MONSTER
  • サイズ 15m
  • タイプ 平行型
  • 素材 銅(OFC)

高音域に強いOFC素材を使用した平行型のスピーカーケーブルで、音質だけではなく、耐久性や柔軟性にも優れていて、初心者の方におすすめのスピーカーケーブルと言えます。

created by Rinker
モンスター(Monster)
¥8,480(2019/03/19 14:26:32時点 Amazon調べ-詳細)

Amazonベーシック スピーカーワイヤー 14ゲージ

  • メーカー Amazon
  • サイズ 30m
  • タイプ 平行型
  • 素材 銅(OFC)

純度99.9%のOFC素材を使用した平行型のスピーカーケーブルで、良品質の割に比較的安い価格で購入できるのが特徴としてあります。構造も平行型なので使いやすく、価格帯も安いので初心者の方におすすめです。

created by Rinker
Amazonベーシック(AmazonBasics)
¥1,999(2019/03/19 14:26:32時点 Amazon調べ-詳細)

BELDEN スピーカーケーブル

  • メーカー BELDEN
  • サイズ 3m
  • タイプ ツイスト型
  • 素材 銅(TPC)

ツイスト型を得意とするBELDEN(ベルデン)の定番ツイストスピーカーケーブルです。

材質は銅ですが、構造をツイスト上にすることによって、高音域もしっかりと表現することができ、使いやすいこともあってか、ユーザーからの評かも高いです。

created by Rinker
Belden
¥1,785(2019/03/19 14:26:33時点 Amazon調べ-詳細)

カレナ4芯スピーカーケーブル 外径8.3mm 灰色

  • メーカー カレナ
  • サイズ 10m
  • タイプ 4芯型

4芯構造にすることによって、磁界を均等に打ち消し合い、それによって放射ノイズを防止した、高性能なスピーカーケーブルです。

曲げやねじれに強いのがメリットで、バイワイヤリング用にも適しており、オーディオ中級者向けの商品と言えます。

スピーカーケーブルおすすめ まとめ

  • スピーカーケーブルは、銅や銀など、使用している素材によって表現される音質が異なります。
  • スピーカーケーブルの構造は、素材の弱点を補ったり、メリットをさらに強調する効果に期待ができ、構造によっては初心者向けのものや、そうでないものまであります。
  • 使用されている素材、スピーカーケーブルの構造など、自分の好みや状況を想定して、それに適した素材や構造のスピーカーケーブルを選びましょう。