そもそもデジタルアンプってなに?

オーディオ機器からクオリティーの高いサウンドを出すために欠かせない装置がアンプです。

一体型オーディオシステムや家庭用オーディオコンポーネントなどは、装置内にアンプを内蔵している製品も多数リリースされています。

けれどもより自分好みのサウンドにこだわる人は、アンプ単体で購入し他のデバイスと組み合わせて自分ならではの楽しみ方をしている人も多いです。

今回は、より質の良いサウンドを追求するため、一歩踏み込んだオーディオ機器選びをしたい人向けに、アンプに関する基礎知識とおすすめ製品をご紹介いたします。

デジタルアンプとアナログアンプの違い

アンプにも、アナログとデジタルとの区別がされています。

この二つの違いをはっきりと理解することで、アンプ製品選びもよりスムーズになります。

デジタルアンプは増幅した信号の再生をする機械

デジタルアンプの流れは、入力信号を一旦0・1のパルス信号へ変換して、そのパルス信号のまま増幅してから最後にアナログの音楽信号だけを取り出し、増幅した信号の再生をすると言うものです。

アナログアンプは音楽信号のアナログ波をそのまま使う

昔からあるのがアナログアンプです。「アンプ」と言えば アンプに知識や関心がない人でもなんとなく「アナログアンプ」と思い浮かべるほどポピュラーです。

アナログアンプは 音楽信号のアナログ波をそのままの波形で大きくしながらスピーカーに送り込むものです。有名どころでは、真空管アンプがアナログアンプの代表です。

オーディオの関連記事
5.1chスピーカーってなに?普通のスピーカーとの違いとおすすめ商品
サブウーファーってなに?おすすめのメーカーとおすすめの品を解説
mp3プレイヤーのメリットと選び方 おすすめのメーカーと品を解説
PS4用スピーカーでゲームから映画まで堪能 選び方からおすすめまで
ps4向けのスピーカーの選び方とおすすめの品の値段と特徴を解説
スマホのスピーカーを自作する方法と本格的なスピーカーのおすすめ品

ヘッドホンの関連記事
電子ピアノにおすすめ!快適に練習や演奏用のヘッドホン!
骨伝導ヘッドホンってなに?特徴と注意点 おすすめの品を解説
コスパのよいヘッドホンのおすすめとそれぞれの特徴を値段別で解説
ヘッドホンのおすすめで特に安いものをご紹介
fpsに適したイヤホンって?ヘッドホンとの比較
ヘッドホンのつけ心地を左右する形と特徴 おすすめのモデルを解説
7.1ch ヘッドホンとはなにか?映画やPS4でおすすめのモデル
ヘッドセットのおすすめ!種類と特徴 シーンに合わせた選び方を解説

イヤホンの関連記事
高音質な音が楽しめる!ハイレゾイヤホンの選び方とおすすめ商品を紹介!
骨伝導ヘッドホンってなに?特徴と注意点 おすすめの品を解説
5000円のイヤホンの選び方 形状や音のタイプ おすすめのモデル
ヘッドセットのおすすめ!種類と特徴 シーンに合わせた選び方を解説
bluetoothってなに?Wi-Fiとの違い 接続方法の仕方とは
アニソン用イヤホンにはどんなのが適している?おすすめのご紹介
fpsに適したイヤホンって?ヘッドホンとの比較
重低音のイヤホンはなにがある?選び方とおすすめの紹介
イヤーピースのおすすめの品とイヤーピースの特徴を種類ごとに解説
ハイブリットイヤホンの特徴とは おすすめのイヤホンを紹介
中華イヤホンがマニアの間で人気の理由とデメリット おすすめモデル
カナル型イヤホンとは?インナーイヤー型イヤホンとの違いを解説
メタルを聴くときのイヤホンの選び方とおすすめ3選
ランニングにおすすめの人気Bluetoothワイヤレスイヤホン3選
あなたにワンランク上の音楽を。おすすめのモニターイヤホン3選
サイクリングにおすすめの骨伝導イヤホン・ヘッドホン3選

デジタルアンプのメリット・デメリット

デジタルアンプは省電力で小型かつ軽量

デジタルアンプは発熱が少ないです。

小型化を活かしたデジタルアンプが市場に出回っていますが、これは発熱が少ないというデジタルアンプの特性を活かしたものです。

往来のアナログ方式では自然な音楽再生が難しいのに対し、デジタルアンプは発熱が少ないため、ナチュラルな音が出ます。

デジタルアンプのデメリット

デジタルアンプのデメリットには、音声にどうしてもノイズが入りやすいことがあげられます。これがデジタルアンプ最大のデメリットといえるでしょう。

ノイズをどれだけ抑えられるかが デジタルアンプにとってとても重要なポイントとなってきます。

デジタルアンプの選び方

デジタルアンプを購入する際には、まずは一体型か分離型かを確認しましょう。いずれのタイプのデジタルアンプを選んだにせよ、セット品以外はスピーカーの別途購入は必要となります。

その際は、アンプとスピーカーの音のミックスにより出る音が違ってくるので、こだわりたい人はそれぞれの相性を考えて選びましょう。

オーディオアンプはプリアンプとパワーアンプの大きく二種類に分けることができます。

プリアンプ
主に電圧増幅やトーンコントロールをします。
パワーアンプ
電流増幅をします。プリアンプから送られてくる電気信号をさらに増幅させて、スピーカーから再生できるようにする役割をします。

 

電気信号がスピーカーで聞き取れるレベルにまで増幅するのは、ピックアップ→プリアンプ→パワーアンプの流れとなります。

プリアンプとパワーアンプが一体化したプリメインアンプもあります。

プリメインアンプ
電圧増幅やトーンコントロールをするプリアンプと スピーカーを駆動させるためにサウンドを増幅させるメインアンプとが一体化している製品のことです。

一体型のメリットとしてはスペースを取らないことと、比較的安価なものが多いです。配線がシンプルなため、扱いやすいことも利点の一つです。

プリアンプとパワーアンプがそれぞれ分かれているセパレート型を使うメリットとしては、組み合わせの自由度が高いことです。

それにより 自分好みのサウンドを追求できること、クオリティーの高いサウンドが出せることもメリットです。ただしどうしても単価は高くなります。

音の良し悪しの感じ方には個人差がありますが、自分好みに音をカスタマイズできるのもオーディオの楽しみ方の一つではないでしょうか。

デジタルアンプの選び方:入力端子

プリアンプで近頃人気が再燃しているアナログレコードを楽しむためには、微弱な音声信号を増幅できるPhono端子が必要となります。

PHONO端子は微弱な音声信号が増幅可能な端子ですが、何を繋ぐものなのかをご説明いたします。

PHONO端子はアナログターンテーブルを接続する端子で、DJミキサーやオーディオアンプに搭載されています。

アナログレコードにサウンドを記録(レコード)する時、極端なイコライジングが行われます。レコード再生時にはこれを補正して元に戻す必要があります。

アンプやDJミキサーには フォノイコライザーが搭載されていることで PHONO端子に入力された信号を補正します。

デジタルアンプの選び方:パワー

良い音楽を聴くために必要なデバイスは スピーカー・アンプ・プレーヤーの三つです。この三つが揃ってはじめて音を楽しむ環境が整います。

これら再生環境によってもデジタルアンプの必要なパワーは異なってきます。

デジタルアンプの選び方:機能

パソコン内やスマートフォンのミュージックファイルを聴く人なら Bluetooth対応プリメインアプリがおすすめです。

スマートフォンを一度登録しておけば、毎回のペアリングは不要です。ワイヤレスで手軽に接続できるのも便利です。また、Bluetoothで送受信されるミュージックファイルは圧縮されるのが特徴です。

プリメインアプリによって圧縮形式の規格である対応コーデックが異なるため、確認することをおすすめします「Bluetoothオフ」機能は Bluetooth対応アンプの中でもとても便利な機能です。

音質にこだわる方は 無線通信ではノイズ発生することがあるため、通信機能をオン/オフできるかどうかの確認をしておきましょう。

また、スマートフォンからアンプ本体の電源をつけられる「Bluetoothスタンバイ機能」搭載モデルもあります。

スマホを持っているならリモコンがわりに使えて あると便利なシンプル操作のスタンバイ機能です。

おすすめのデジタルアンプ

ONKYO(オンキョー)プリメインアンプA-973

ONKYOがこれまで培ったノウハウを活かして ノイズを最大限抑えることを可能にしたデジタルアンプです。

質の高いサウンド再現にも定評がある優れた製品です。

パイオニア インテグレーテッドアンプ

スピーカー開発に力を入れているメーカーとしても有名です。

サウンドクオリティーも高く、音楽再生には「シンメトリカルアンプ」を使用しています。

シンメトリカルアンプを搭載することで、広範囲の音がチェックでき、音の歪みも抑えられます。

イヤホン・音響機器ブランド SONYの歴史と特徴 価格帯
イヤホン・音響機器ブランド YAMAHAの歴史と特徴 価格帯
イヤホン・音響機器ブランドPanasonicの歴史と特徴 価格帯
イヤホン・音響機器ブランドONKYOの歴史と特徴 価格帯
イヤホン・音響機器ブランド BOSEの歴史と特徴 価格帯
イヤホン・音響機器ブランド Victerの歴史と特徴 価格帯
イヤホン・音響機器ブランド シャープの歴史と特徴 価格帯
イヤホン・音響機器ブランド AudioTechnicaの歴史と特徴 価格帯
イヤホン・音響機器ブランドTDKの歴史と特徴 価格帯
イヤホン・音響機器ブランドKlipschの歴史と特徴 価格帯
イヤホン・音響機器ブランド パイオニアの歴史と特徴 価格帯
イヤホン・音響機器ブランドJBLの歴史と特徴 価格帯
イヤホン・音響機器ブランドKENWOODの歴史と特徴 価格帯
イヤホン・音響機器ブランド AKGの歴史と特徴 価格帯
ZERO AUDIOってどんなメーカー?イヤホンのおすすめ紹介

デジタルアンプについてのまとめ

  • いかがでしたでしょうか。ここでおさらいを致します。
  • アンプにもアナログとデジタルとがある。
  • デジタルアンプのメリットは消費電力が少なく、小型かつ軽量です。
  • デジタルアンプのデメリットは音声にノイズが入りやすいです。
  • デジタルアンプを購入する際には一体型か分離型かを確認しましょう。