JBLとは

JBL(ジェイ ビー エル)は、ジェームス・B・ランシングにより1946年に設立されアメリカ合衆国カリフォルニア州ノースリッジに本拠地を置く世界有数の音響機器製造会社です。

現在個人使用向けのJBLとプロフェッショナル向けのJBL Professionalの2つのブランドが存在して高級オーディオ機器メーカーとして知られています。

ちなみにJBLの親会社であるハーマン・インターナショナルはオーストリアの音響機器メーカーであるAKGの親会社でもあります。そしてハーマン・インターナショナルは韓国の財閥系メーカーであるサムスン電子の子会社です。

JBLのスピーカーは伝統的に映画館などでよく使われています。

また、最近では小型のブルートゥースで接続するポータブルのスピーカーに特に力を入れていて、大型のスピーカーがラインナップの多くを占めるBOSEとは対極のような戦略をとっています。

カラーバリエーションを豊富に出すことで、JBLはこれまでスピーカーに手を出すのをためらっていたようなライト層の人たちにも手にとって使ってもらえるような戦略をとっています。

もちろん小型軽量にする過程での限界はあるのですが、スピーカーを買おうか悩んでいる人にも門戸を開いているというのは老舗の音響機器メーカーとして好感が持てます。

また、スピーカーでスマートフォンの着信に出ることができるというような珍しい機能を採用したりしています。

JBLの本社はアメリカの合衆国のカリフォルニア州にあり、その影響からかスマートフォン用のドックスピーカーをいち早く出した音響機器メーカーの一つです。

大型のスピーカーが主流という時代から、スマートフォンの普及により個人が気軽に音楽を楽しむ時代の変化に合わせてJBLも変化を続けています。

JBLのイヤホン・音響機器の特徴

JBLの製品について解説していきます。

・JBLのBluetoothスピーカー
JBLのBluetoothスピーカーは現在のJBLの売れ筋商品です。主にスマートフォンやタブレットの音をブルートゥースで接続して楽しむというような使い方を想定しています。

JBLはあえて、低価格帯のスピーカーを販売し、使う人の個性にあわせた色のスピーカーを使う事ができるようにしています。Bluetoothスピーカーはリチウム電池での駆動を前提としていて、長時間の連続使用ができます。また、一部の製品は防水性能も装備していて、水没にも耐える事ができます。

 

・JBLのイヤホン
JBLの販売しているイヤホンは、独自の技術を採用していて例えば運動中でも耳から外れにくい独自のイヤチップ構造「ツイストロックテクノロジー」を採用していて、走ったりトレーニングの最中でも耳から落ちにくい構造になっているものがあります。

また、ケーブルの絡み防止とイヤホンの落下防止のために、イヤホン部にマグネットを内蔵し、使用しないときは首にかけたまま移動できるというイヤホンもあります。また音質はイヤホンでも高音質です。

JBLの製品の価格帯

JBLは価格帯を広くとっていて予算に合わせたモデルを選ぶことができます。

・STAGE A130

24,183円~26,870円前後で販売されているSTAGE A130は、JBLのブックシェルフスピーカーです。木目調仕上げの外装は高級感があり、スピーカーの性能はホームエンターテイメント用スピーカーとしてはかなり優れている部類に入ります。このSTAGE A130はホームエンターテイメント用に作られていてサラウンドシステムとして使うことができます。

 

・SOUNDGEAR BTA

22,680円~26,870円前後で販売されているSOUNDGEAR BTAは、アイデア商品商品であり、肩に載せて使うという珍しいタイプのスピーカーで、まるでネックピローのような形をしています。
肩に置けばスマートフォンやタブレットとブルートゥース接続して、臨場感ある音楽を楽しむことができるというアイデアあふれるJBLのブルートゥーススピーカーです。