出先で音楽を聴く際に必須アイテムが、イヤホンやヘッドホンです。

しかし、イヤホンやヘッドホンを使用していると音楽に夢中になり周りの音が聞こえなくなってしまい、後ろから迫る自転車などにぶつかると言う事故に遭遇する可能性が高くなります。

そんな問題点を解消したヘッドホンが、「骨伝導ヘッドホン」です。

骨伝導ヘッドホンは、骨を振動させて音を伝える便利なアイテムとなっています。

耳をふさがないまま音楽を聴くことができるため、外からの音が聞こえず反応が遅れてしまうこともありません。

また、一般的なイヤホンやヘッドホンよりも耳が疲れにくいメリットもあります。そこで今回は、骨伝導ヘッドホンについて詳しく解説します。

おすすめの製品も紹介するので是非、参考にしてください。

そもそも骨伝導ヘッドホンとはなにか?

骨伝導ヘッドホンとは、通常のヘッドホンとは違い鼓膜を通さずに頭部や頸部を振動させます。その後、聴覚神経に音を直接伝える仕組みです。

使い方はとても簡単で、こめかみ辺りにヘッドホンの振動部を当てるだけとなっています。

用途は、スマホの音楽を聴いたりなど通常のヘッドホンとほぼ同じです。

ただし、骨伝導ヘッドホンは充電が必須なのでお出かけ前に必ず充電をしているかを確認するように注意しましょう。

骨伝導ヘッドホンの最大のメリットは、耳の穴をふさがないので周りの音をきちんと聞くことができる点となります。

また、鼓膜を振動させない仕組みなので、長時間音楽を楽しんでも耳が疲れにくいです。

骨伝導ヘッドホンは音漏れしやすい

骨伝導ヘッドホンは、性質上音漏れが一般的なイヤホンやヘッドホンより大きいです。ですから、使用する前に周りに配慮する必要があります。

基本的に、公共の場での使用にはあまり向いていないです。

どうしても使用したい場合は、音量を調節するなど音漏れがないように工夫することが大切となります。

骨伝導ヘッドホンのメリット

骨伝導ヘッドホンは、ランニングやサイクリングなどの周りの音が耳に入らないとアクシデントが起きやすい運動をしている際に便利です。

車や自転車が近づいてきたらすぐに気付くことができるので、安全面でも優秀と言えます。

また、電車の移動時に使っていれば駅のアナウンスが聞こえやすいから、乗り間違いをする心配もほぼ不要です。

スポーツ時に使用している人が多いですが、周りの音をキャッチしつつ家事などもこなせるため日常生活の中で気軽に音楽を楽しむことができます。

さらにスマホとペアリングできる製品であれば、ハンズフリーで音量調節などが可能です。

骨伝導ヘッドホンの選び方

骨伝導ヘッドホンの選び方を紹介します。

骨伝導ヘッドホンは、「音質」「装着感」「接続方法」「機能」を必ず確認しましょう。

この4つのポイントをしっかりチェックすることで、自分に合った骨伝導ヘッドホンが選びやすくなります。

骨伝導ヘッドホンの音質

骨伝導ヘッドホンは、音質を重視している普通のヘッドホンと違い人間の骨を鳴らすと言う構造です。専用振動板ではないので、音質がどうしても劣ってしまいます。

しかし、音質が良い骨伝導ヘッドホンを選ぶ方法はあります。

例えば、主流となっているBluetooth対応機の場合、標準コーデック(音声送受信規格)のSBCに限らずaptXにも対応している製品がベストです。

aptXはAndroidでしか使えませんがより高音質なので、音にこだわる人ならチェックしましょう。そして有線タイプを購入するなら、専用アンプ付きの製品を選ぶことがおすすめです。

骨伝導ヘッドホンは装着感に違和感がある

骨伝導ヘッドホンは、通常のイヤホンやヘッドホンに比べて耳に違和感が残りやすいと言われています。何故なら、こめかみを挟んで振動部に当てているためです。

製品によって振動部が大きく違和感が残る…と言うことも少なくありません。

ですから装着感を重視する場合、なるべくコンパクトサイズの製品を選択しましょう。

ただし、最初に違和感があったが慣れたと考えている人もたくさんいるため、必ずしも振動部が大きい製品の装着感が悪いと言うことではないでしょう。

骨伝導ヘッドホンの接続方法の注意点

接続方法は、意外と骨伝導ヘッドホンを購入するうえで重要です。Bluetoothに対応している骨伝導ヘッドホンであれば、スマホの音楽をワイヤレスで流せます。

コードの煩わしさが嫌!と考えているなら、接続方法はBluetoothに対応している製品がおすすめです。一方、有線タイプにも良さがあります。

有線タイプの場合、音質がBluetoothで接続しているときより良いです。コードが絡まっても気にしない、音質を重視しているなら有線タイプが適しています。

骨伝導ヘッドホンの機能(通話機能など)

通話機能を搭載している骨伝導ヘッドホンだと、本体の内蔵マイクを利用してハンズフリーで気軽に通話することが可能です。

サラリーマンなど、日ごろから通話が多い人は通話機能が付いている骨伝導ヘッドホンがあると生活がさらに便利になるでしょう。

そして、通話機能がある骨伝導ヘッドホンを購入する際にもう1つチェックする点があります。それは、ノイズキャンセリング機能があるかどうかです。

通話中にノイズが入る、音がこもっていて聞き取り辛いという自体にならないように、ノイズキャンセリング機能の有無は非常に重要になります。

ノイズキャンセリング機能があれば、通話音声がクリアになるのでさらに通話が楽しくなるでしょう。

骨伝導ヘッドホンのおすすめ

骨伝導ヘッドホンには、有線接続タイプとワイヤレス接続タイプの2種類があってそれぞれにメリットがあります。

この章では、骨伝導ヘッドホンのタイプ別におすすめを紹介します。

ワイヤレス接続タイプの骨伝導ヘッドホン

JUHALL 骨伝導ヘッドホン Bone conduction Bluetooth

価格は、5999円です。
コスパ、音質、機能全てのバランスが良いため人気があります。
独自技術「ウルトラHDサウンド」によって、低音再生がかなり強化されています。
また、他にもハンズフリー通話が可能・アフターフォローも充実しているなどかなり製品として優秀です。

allimity 骨伝導ヘッドホン スポーツサングラス

価格は、4580円となっています。
サングラス一体型なのが特徴的な骨伝導ヘッドホンです。
偏光レンズにより、紫外線や乱反射もカットできる優れものとなります。
もちろん、通話機能も搭載しているため使い勝手も良いです。

 

有線接続タイプ

ボコ(BoCo) earsopen WR-3 CL-1001 (W)

価格は、10584円となります。
最大の特徴は、ハイレゾ対応をしていると言う点です。
アンプは付属していませんが、独自の装着法によって耳の負担が少ない使用感となっています。
しかも、防水性なのでランニング時などに突然雨が降り出しても安心です。

Sumeber 骨伝導ヘッドホン 超軽量の有線ヘッドセット

価格は、4998円です。
専用アンプが付属されているため、音の小ささや音域の狭さを気にする必要がありません。

また、iOS/Android両対応のハンズフリー通話機能やCVCノイズキャンセリング機能なども搭載しているため、長時間の通話もクリアな音質で楽しめます。

防水・防汗設計なのでスポーツ時の使用も快適です。

骨伝導ヘッドホンまとめ

  • 骨伝導ヘッドホンとは、頭部や頸部を振動させ音をダイレクトに聴覚神経に届ける仕組みです。仕組み上、音漏れはどうしても大きくなってしまいます。
  • 骨伝導ヘッドホンの最大のメリットは、周りの音を聞きながら音楽を楽しめることです。
  • 購入する際にチェックするポイントは、「音質」「装着感」「接続方法」「機能」となります。
  • 通話機能のある骨伝導ヘッドホンを購入する場合、ノイズキャンセリング機能のある製品がおすすめです。