YAMAHAとは

YAMAHA(ヤマハ)は、正式名称は「ヤマハ株式会社」です。楽器や音響機器などの製品を主に取り扱っている日本のメーカーです。1969年には、ピアノ生産台数世界1位となりました。本社は静岡県浜松市中区にあります。

「YAMAHA」が設立されたのは1987年で創業は1887年でした。国内のアコースティックピアノのシェア数は、なんと約6割という、まさしく日本の伝統的な楽器事業を行っているメーカーで、最近ではDTM(デスクトップミュージック)というパソコンソフトも制作しています。ヤマハの前身は、「日本楽器製造株式会社」という企業でした。

YAMAHAにブランド名を変更したのは、1987年からです。そのときは、ブランド名だけでしたが、1987年に創業90周年を迎え、社名も「ヤマハ」に改称されました。

「YAMAHA」の社章を見たことがあるでしょうか?3本の音叉を交叉させたマークになっているのですが、この3本の音叉は「技術・製造・販売」を意味しています。さらに、音楽の基本ともいえる「メロディー・ハーモニー・リズム」を調和するという意味も、こめられています。

その3本の音叉を基本とする通り、ヤマハで開発されるイヤホンは、美しく、心地よいそんな音楽を楽しめるようになっています。音楽にこだわりぬいたYAMAHAだからこそ、実現できたその音質を愛するファンも多く、常に多くのユーザーに求められているメーカーです。

YAMAHAのイヤホン・音響機器の特徴

YAMAHAのイヤホンは、見た目にも可愛らしいデザインや、かっこいいデザインのものが多いのが特徴です。
ヘッドホンとは違う、その装着感にYAMAHAの技術が詰め込まれています。そんなYAMAHAのイヤホンについて詳しくご紹介します。

YAMAHAのイヤホンは、「EPH-」から始まる型番のイヤホンです。最も新しいのは、現在では2017年12月発売のEPH-200です。デザインは、とにかくシンプルでスタイリッシュです。

このイヤホンのすごい点は、まさに「一生もののイヤホンになること」です。一生ものと言うと大げさに聞こえるかもしれません。YAMAHAのEPH-200では、イヤホンのケーブルの交換が可能になっています。

イヤホンが壊れてしまう原因として多いのが、断線ではないでしょうか。このEPH-200であれば、イヤホンをつなぐケーブル部分が切れてしまったとしても、ケーブルを簡単に外して交換ができるので、買い替える必要がありません。耳に馴染んだイヤホンをずっと使うことができるのです。

ケーブル自体も、非常にこだわりぬかれています。たとえば、衣擦れで発生するノイズ音を、ケーブルの素材にPVC素材を使うことによって、衣服とこすれた時にでるタッチノイズを抑える効果があります。

ケーブルが柔らかいので、自由な使いかたができるのです。とにかく自由にその人なりの音楽を楽しむことができるために、考え抜かれているのが、YAMAHAのイヤホンなんですね。
だからこそ多くのユーザーから愛されているのではないでしょうか。

YAMAHA製品の価格帯

YAMAHAのイヤホンの価格帯は、安いものだと1980円程度で購入できるものもあります。性能がいいものは27000円になる場合もありますが、長く使えるのでおすすめのメーカーです。

・EPH-200

2017年12月に発売されたイヤホンです。ケーブルを交換できるため、一度購入すれば長く愛用していただくことが可能です。金額は、27,000円前後です。

・EPH-W53
EPH-200と同じく2017年12月に発売されたイヤホンです。6.4mm径のドライバーユニット搭載のBluetooth対応イヤホンとなっています。18000円前後で販売されています。

・EPH-WS01
カラーバリエーションが豊富で、女性にも好評のデザインのイヤホンです。発売されたのは、2014年11月からです。価格面も安く、1980円から2200円前後の価格で販売されています。

・EPH-32
EPH-WSシリーズとほぼ同時期に発売されました。男性でも使いやすいシンプルなデザインのイヤホンです。
金額は3000円から3500円前後で、お求めやすい価格帯です。”