BOSEとは

Bose Corporation(ボーズ コーポレーション)は、1964年にマサチューセッツ工科大学の教授であるアーマー・G・ボーズにより設立されました。

アーマー・G・ボーズはインド系アメリカ人で、インド人の父とアメリカ人の母の間に生まれ、幼い頃から音楽と機械に興味を持ちながらすごしていました。

しかし、ある時アーマー・G・ボーズは自分の買ったオーディオセットのスピーカーから流れる音の悪さにうんざりしたことをきっかけに、自分ならこれよりももっとましな音を出せるスピーカーを作ることができるのではないだろうかと考え、自分で音響機器の製造をしようと思うに至りました。

ちなみにアーマー・G・ボーズは少年時代、生まれ育ったフィラデルフィアでラジオの修理の仕事をしていた経験がありスピーカーの仕組みについてすでに小さい頃から興味をもっていました。

なぜアーマー・G・ボーズはラジオの修理の仕事を始めるに至ったのかというと、アーマー・G・ボーズの父はインテリア用品店を経営していたのですが、当時彼の父の商売はうまくいっていなかったのでアーマー・G・ボーズはおもちゃを買ってもらうことができなかったため、こわれたおもちゃを修理しながら遊んでいる中で機械の構造に興味を持ち始め、やがてラジオに興味を持ったことがきっかけです。

アーマー・G・ボーズは進学したマサチューセッツ工科大学で、BOSEを起業し、音響機器メーカーとして成功を収めるにいたりました。現在でもBOSEは主にスピーカーを販売しており、BOSEのブランドマークのついたスピーカーはライブ会場やカラオケ店などで見かける事ができます。

BOSEのイヤホン・音響機器の特徴

BOSEのつくるスピーカーは家庭用以外にも業務用などでも広く使われています。

BOSEの製品は以前からホームシアターの環境づくりにこだわる人たちや、音楽好きの間で好まれて来ており、映画好きにとっても個人の家の中で複数のスピーカーを組み合わせてホームシアターシステムを作るというを手軽にしたのもBOSEです。

BOSEのイヤホンにはノイズキャンセル機能がついている

BOSEのイヤホンの特徴は、音質にこだわるBOSEならではの屋外、野外で効果的なノイズキャンセル機能がついているため周囲の雑音をシャットアウトして、どこでも高音質な音楽を聞くことができるという点です。

また新しいモデルでは防滴性能を重視していてジョギングやトレーニング中などの汗をかく環境下でも安心して使うことができます。

BOSEのホームサラウンドシステムの特徴はBluetooth

BOSEの販売しているホームサラウンドシステムは、テレビやオーディオの音をそのまま再生する以外にも、例えばスマートフォンやタブレットからWifiやブルートゥースのペアリング機能を使うことでも音楽を再生することができます。

また、デザイン性が優れており、部屋に置いていても違和感を感じないスッキリとしたデザインをしています。

さらに単体だけでなく複数台のBOSE製スピーカーを組み合わせることでフルサラウンドサウンドを楽しむことができる事ができる点が優れていると言えます。

テレビで映画を見る場合など、BOSEのスピーカーがあれば外部接続してよりよいサウンドを楽しめます。

Victoerの価格帯

SoundTouch 300 soundbar

SoundTouch 300 soundbarは、77000円から81000円前後で販売されているBOSEの棒状のスピーカーで、幅978mm×高さ57mm×奥行き108mmと、大体43型の液晶テレビくらいの横幅です。

SoundTouch 300 soundbarはガラス製の天板を使っていて、高級感があります。SoundTouch 300 soundbarへは、HDMIで接続することができます。

QuietComfort 35 wireless headphones II

QuietComfort 35 wireless headphones IIは販売価格37000円から40000円前後で販売されているBOSEのヘッドホンで、特徴としてはGoogleアシスタントを搭載し、音楽再生、メールの送受信、日常作業の管理、着信応答などを音声でコントロールできるという点が他のヘッドホンと大きく違うポイントだといえます。

また、BOSE独自の外部ノイズを継続的に測定・比較し、逆位相の信号を発生させノイズを打ち消すノイズキャンセリング機能を搭載しています。