最近ではホームシアターだけでなく、ゲームのためにもスピーカーに注目する人が増えています。その中でも、テレビ・PCでより質のいい音を追求するには、5.1chスピーカーがおすすめです。

ここでは、5.1chスピーカーとは、5.1chスピーカーの選び方、おすすめのメーカーや5.1chスピーカーをご紹介します。快適な音響設備で、ますます充実の趣味の時間を演出できます。

5.1chスピーカーとは

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

5.1chスピーカーのおすすめ

5.1chスピーカーは、ホームシアターの基本構成といわれ、DVDに盛り込まれた立体音響をリアルに楽しむのにおすすめです。

さらに、テレビだけでなくPCやPS4などでゲームを楽しむ人も音響を存分に楽しめるのが、5.1chスピーカーでしょう。特に、音の方向がプレイに影響するFPSでは、スコアのアップも期待できます。

5.1chとは、正面のステレオ音声2つ(2ch)セリフをはっきり聞かせるためのセンタースピーカー1つ(1ch)、立体音響のためのリア(後方)スピーカー2つ(2ch)、重低音専用サブウーファーを1つ(0.1ch)で構成されることからきています。

音が360度から聞こえる広がりと迫力があり、スピーカー設置前の音との違いに驚くことでしょう。

オーディオの関連記事
サブウーファーってなに?おすすめのメーカーとおすすめの品を解説
mp3プレイヤーのメリットと選び方 おすすめのメーカーと品を解説
デジタルアンプって何?アナログアンプとの違い 選び方とおススメ品
PS4用スピーカーでゲームから映画まで堪能 選び方からおすすめまで
ps4向けのスピーカーの選び方とおすすめの品の値段と特徴を解説
スマホのスピーカーを自作する方法と本格的なスピーカーのおすすめ品

イヤホンの関連記事
高音質な音が楽しめる!ハイレゾイヤホンの選び方とおすすめ商品を紹介!
骨伝導ヘッドホンってなに?特徴と注意点 おすすめの品を解説
5000円のイヤホンの選び方 形状や音のタイプ おすすめのモデル
ヘッドセットのおすすめ!種類と特徴 シーンに合わせた選び方を解説
bluetoothってなに?Wi-Fiとの違い 接続方法の仕方とは
アニソン用イヤホンにはどんなのが適している?おすすめのご紹介
fpsに適したイヤホンって?ヘッドホンとの比較
重低音のイヤホンはなにがある?選び方とおすすめの紹介
イヤーピースのおすすめの品とイヤーピースの特徴を種類ごとに解説
ハイブリットイヤホンの特徴とは おすすめのイヤホンを紹介
中華イヤホンがマニアの間で人気の理由とデメリット おすすめモデル
カナル型イヤホンとは?インナーイヤー型イヤホンとの違いを解説
メタルを聴くときのイヤホンの選び方とおすすめ3選
ランニングにおすすめの人気Bluetoothワイヤレスイヤホン3選
あなたにワンランク上の音楽を。おすすめのモニターイヤホン3選
サイクリングにおすすめの骨伝導イヤホン・ヘッドホン3選

ヘッドホンの関連記事
電子ピアノにおすすめ!快適に練習や演奏用のヘッドホン!
骨伝導ヘッドホンってなに?特徴と注意点 おすすめの品を解説
コスパのよいヘッドホンのおすすめとそれぞれの特徴を値段別で解説
ヘッドホンのおすすめで特に安いものをご紹介
fpsに適したイヤホンって?ヘッドホンとの比較
ヘッドホンのつけ心地を左右する形と特徴 おすすめのモデルを解説
7.1ch ヘッドホンとはなにか?映画やPS4でおすすめのモデル
ヘッドセットのおすすめ!種類と特徴 シーンに合わせた選び方を解説

2.1chと5.1chと7.1chなどとの違い

テレビなどに繋いで使えるスピーカーには、主なもので2.1chと5.1chと7.1chスピーカーがあります。ほかにも、2.0chや3.1chスピーカーもあるでしょう。

それらのチャンネルの違うスピーカーの違いは、チャンネル数=スピーカーの数と配置にあります。1ch=1つのスピーカー、0.1ch=サブウーファーの組み合わせになります。

また、チャンネル数が大きいほど、スピーカーの距離が近くなり迫力のある音になりますが、大きければいいというものでもないでしょう。

5.1chスピーカーの選び方

スピーカーは、音をよくしてくれますが、生活の邪魔になったり、接続がうまくいかなかったりすると、台無しになってしまうでしょう。選び方には、以下のようなポイントがあります。

置き場所

5.1chスピーカーには、大きく分けて2つの置き場所のタイプがあります。それぞれのスピーカーが独立したマルチスピーカータイプといくつかのスピーカーが一体になったサウンドバータイプがあります。

5.1chスピーカーのマルチスピーカータイプは、5つのスピーカーと1つのサブウーファーの置き場所の確保が必要になります。

セパレートタイプは、一般的には正面のスピーチ2つとセンタースピーカー、サブウーファーが1本のバーになっているものが多いでしょう。バーは小型なので、テレビの前でも設置可能です。他にリアスピーカー2つの置き場所の確保が必要です。

部屋の広さ

置き場所の確保も必要ですが、音に広がりの出るスピーカーはそれぞれ部屋の広さを目安に選ぶのもいいでしょう。

一般的には、6畳程度の部屋やワンルームマンションであれば2.1chスピーカーがいいといわれています。

また、リアスピーカーの置き場所の確保と臨場感がある音を楽しむにもある程度の広さが必要なので、5.1chスピーカーには8畳くらいはあるといいでしょう。

機能

5.1chスピーカーになると、いくつかのスピーカーやプレーヤーなど接続しなければいけません。スピーカーによっては、bluetooth接続可能なものやWi-Fiで簡単に接続できるものもあります。

機器の接続が苦手な人には、簡単な接続ができるものがおすすめです。

ほとんどの5.1chスピーカーはAVアンプにも対応してますが、拡張の予定があるなら確認しておくといいでしょう。

5.1chスピーカーの中には、バーチャルサラウンドというタイプもあります。バーチャルサラウンドは、リアスピーカーなしに360度方向からきこえるように仮想的に構成されたもののことをさしています。

聴覚の錯覚をうまく利用することで作られるバーチャルサラウンドは、きく際の人の位置によってサラウンドにならないこともあります。

よりサラウンドシステムにこだわりたいなら、リアルサラウンド(実際にリアスピーカーを設置するタイプ)のほうがおすすめです。

5.1chスピーカーのおすすめメーカー

スピーカーのおすすめメーカーは、いくつもあります。しかし、音のお好みは人それぞれでしょう。ここでは、売上ランキングで上位に位置することが多く、汎用性が高い2つのメーカーをご紹介します。

YAMAHA

船やバイク、楽器をもつくるYAMAHAのスピーカーは、日本語に適したスピーカーといわることもあります。バランスのいい音を再生するスピーカーは、発売されている機種も多く場所や広さにあわせたものが選びやすいでしょう。

【ヤマハ スピーカーパッケージ NS-PA40 5.1ch トールボーイスタイル A-YST II方式 ブラック NS-PA40(B)】

スタイリッシュでコンパクトなトール型のYAMAHAのホームシアターパッケージは、初めての5.1chスピーカーとして価格的にもおすすめです。テレビとの相性を考えたデザインは、インテリアとしても優秀でしょう。

音源をそのまま再生、ボーカルも聞きやすいサウンドになっています。リアルサラウンドシステムで迫力ある低音も楽しめるでしょう。

BOSE

音を工学的に捉えて起業したBOSEは、重低音のきいたサウンドが好みの人におすすめのメーカーです。スピーカーといえば、BOSEと答える人も多いでしょう。

きく人にむけたスピーカーが1つ、他の8本は後ろ向きに設置するユニークなサウンドシステムで有名になりました。音楽にこだわりのある人にもおすすめです。

【Bose Lifestyle 650 home entertainment system ホームシアターパッケージ ブラック】

全方向サテライトスピーカーがセットになった、ホームシアターサウンドシステムの高級機種といえるでしょう。コンパクトなスピーカーからはしっかりした低音も響く、迫力のサウンドです。

部屋の広さで音を調節する「ADAPTiQ」を搭載、またWi-FiやBluetoothを使った便利な機能も充実し、長く使えるスピーカーシステムでしょう。

5.1chスピーカーのおすすめ

ここでは、人気があるホームシアター向けの5.1chスピーカーをいくつかご紹介します。

パイオニア

スピーカーの組み立てから創業し創業80周年を迎えたパイオニアは、今でもファンの多いメーカーです。
【Pioneer DVD 5.1ch サラウンドシステム HTZ-232DV】

DVDだけでなく、JPEGや最新のDivXなども再生できるプレーヤーを内蔵したスピーカーです。手ごろな価格とスタイリッシュで置き場所に困らないスピーカーは、初めてサウンドシステムを試してみるにもいいでしょう。

ソニー

テレビとセットでスピーカーを購入することを考えるなら、ソニーもおすすめです。
【ソニー SONY ホームシアターシステム 5.1ch NFC/Bluetooth HT-RT5 M】

コンパクトなだけでなくワイヤレス接続も可能なので、購入してすぐに試すことができるでしょう。4Kにも対応、ソニーのテレビブラビアと調和するデザインになっています。仮想的にサラウンドバックとフロントハイの4chを追加できる「CINEMA STUDIO 9.1ch」も搭載しているので、映画好きの人にもおすすめです。スマホの音楽再生もワンタッチでできる手軽さもあり、家族でワンランクアップしたサウンドを楽しめます。

ソニー SONY ホームシアターシステム 5.1ch NFC/Bluetooth HT-RT5 M
created by Rinker
ソニー(SONY)
¥68,900(2019/10/17 22:06:13時点 Amazon調べ-詳細)

5.1chスピーカーのまとめ

  • 5.1chスピーカーとは、ホームシアターの基本構成といわれ、DVDに盛り込まれた立体音響をリアルに楽しむのにおすすめです。さらに、テレビだけでなくPCやPS4などでゲームを楽しむ人も音響を存分に楽しめるのが、5.1chスピーカーでしょう。
  • 2.1chと5.1chと7.1chなどとの違いはチャンネル数で、実際にはスピーカーの数と配置にあります。
  • 5.1chスピーカーの選び方では、複数のスピーカーがあるので、それらの置き場所、音の広がりを心地よく楽しめる8畳くらいの適度な部屋の広さ、接続方法やバーチャルもしくはリアルサラウンドなのかなどの機能を意識するのがいいでしょう。
  • 5.1chスピーカーのおすすめメーカーには、YAMAHAやBOSEがあります。
  • 他にも、5.1chスピーカーのおすすめをご紹介するので、参考にしてください。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
ソニー SONY ホームシアターシステム 5.1ch NFC/Bluetooth HT-RT5 M
created by Rinker
ソニー(SONY)
¥68,900(2019/10/17 22:06:13時点 Amazon調べ-詳細)